今回はハンドガンについて書いていきます。

他の武器に関しては個別の記事にまとめていましたが、ハンドガンに関してはそれぞれ書く事が少ないので全てまとめて書きました。

良ければ参考にして下さい。

ちなみにRPMと覗き込み速度も記載していますが、多少の誤差があると思うので参考程度によろしくお願いします。

・全武器性能一覧はこちら!

全ての武器のデータを動画に録画しスロー再生で調べてみたので、早見表として書いて置きます。自分の環境では0.03秒、0.04秒刻み(1フレーム刻み)でしか動画で確認が出...

スポンサードリンク

P-08

マガジン容量 8発
RPM 436RPM
覗き込み速度 0.1秒

0.07秒(QD)

キル弾数 3~5発
キルタイム 0.28秒

0.14秒(デュアル)

リロード速度 1.2秒

0.73秒(ハッスル)

セミオートタイプのハンドガンでもう一つのセミオートハンドガンである「1911」と比べてレートが高めになっています。

その代わり威力が低めになっているのでサブウェポンの中で最遅のキルタイムです。

反動の強さなどは1911とあまり大差ないので、他のサブウェポンを解除するまでの繋ぎとして使っていくのがおすすめです。

おすすめのアタッチメント!

拡張マガジン

元々の装弾数が少ないのでそれをカバーするためにおすすめ出来ます。

ただし、拡張マガジンをつけても12発までしか増えず、弾切れは起こしやすいままなので気をつけて下さい。

なるべく丁寧なエイムを心掛けて使っていきましょう。

ステディエイム

基礎トレーニングでデュエリストを付けた場合におすすめです。

1911

マガジン容量 20発
RPM 372RPM
覗き込み速度 0.1秒

0.07秒(QD)

キル弾数 2~4発
キルタイム 0.16秒

0.08秒(デュアル)

リロード速度 0.83秒

0.5秒(ハッスル)

高威力な武器で最短キルタイムがハンドガンの中で最も早いです。

また反動が特別強い訳でもないのでとても使い易くなっています。

近距離であれば2発で倒す事が出来るので、メインウェポンの弾切れ時に持っておくととても便利です。

ただし、装弾数はP-08よりも1発少なくレートも若干遅めになっているので、P-08以上にエイムをしっかりしていく必要があります。

おすすめのアタッチメント!

拡張マガジン

弾持ちが悪いのでそれをカバーする為に是非付けておきましょう。

ただし、拡張マガジンを付けても10発までしか増えないので、どちらにしても残弾数に気をつけて使う必要があります。

ステディエイム

基礎トレーニングでデュエリストを付けた場合におすすめです。

スポンサードリンク

マシンピストル

マガジン容量 20発
RPM 750RPM
覗き込み速度 0.1秒

0.07秒(QD)

キル弾数 4~6発
キルタイム 0.24秒

0.12秒(デュアル)

リロード速度 0.87秒

0.54秒(ハッスル)

サブウェポンで唯一のフルオート武器で、使い勝手だけで言えば最も優秀な武器です。

ただし、威力が少なく射程距離も短めなので、敵を倒すためには多くの弾を撃ち込む必要があります。

また、装弾数が少ないので少しでも外せばマガジンを撃ち尽くしても一人の敵を倒せないと言う事が起きやすいです。

マガジン内の弾数の半分近くを敵に当てないと倒せないので、他のハンドガンを使うときよりも丁寧なエイムをしていく必要があります。

おすすめのアタッチメント!

拡張マガジン

この武器は拡張マガジンを付けるかどうかで使いやすさが大きく変わります。

その為アンロックしたら是非つけておきましょう。

しかし、このアタッチメントを付けても弾持ちはまだまだ悪い方なので、どちらにしてもなるべく弾を外さないようにしていく必要があります。

ステディエイム

基礎トレーニングでデュエリストを付けた場合におすすめです。

スポンサードリンク

まとめ

・P-08は他のハンドガンを解除するまでの繋ぎとして使うのがおすすめ!

・1911は高威力で使いやすいセミオートハンドガン!

・マシンピストルは威力が低く、装弾数が少ないので敵を倒すまでに弾切れになりやすい!

・どのハンドガンも使いこなすにはしっかりとエイムをする必要がある!

・デュエリストを付ければ驚異的なキルタイムを発揮する!

 

今作のハンドガンはあまり強くはなく、不意打ちだとしても丁寧にエイムをしなければ仕留め損ないやすいです。

逆にデュエリストを付ければ近距離で猛威を奮ってくれるので、スナイパーライフルのお供として持つととても役立ちます。

メインとして使っていくのであれば必ずデュエリストは付けていきましょう。

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek Vortex」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「FPS Freek Vortex」がおすすめです。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう