今回は「自由への反撃」より追加された新SR「デ・リーズル」について書いていきます。

この武器はサプレッサーが搭載されたワンショットキルを狙えるSRとなっています。

詳しい特徴と性能が気になる方は是非参考にしてみて下さい。

ちなみにRPMと覗き込み速度も記載していますが、多少の誤差があると思うので参考程度によろしくお願いします。

全ての武器のデータを動画に録画しスロー再生で調べてみたので、早見表として書いて置きます。自分の環境では0.03秒、0.04秒刻み(1フレーム刻み)でしか動画で確認が出...

スポンサードリンク

特徴!

デ・リーズル M1903
マガジン容量 10発(15発) 5発(7発)
RPM 55RPM

57RPM(RF)

51RPM

52RPM(RF)

覗き込み速度 0.43秒 0.43秒
リロード速度 2.5秒

1.63秒(ハッスル)

2.5秒

1.63秒(ハッスル)

WW2に登場するSRの中で唯一サプレッサーが付いています。

このサプレッサーはデフォルトで付いていて外すことは出来ません。

その為、威力に心配があるように感じるかもしれませんが、腰より上に当てればワンショットキルが可能です。

なので、過去作のSRに慣れている方であれば不自由なく使いやすくなっています。

またレートも「M1903」より若干高くなっているので、連続でワンショットキルを狙いやすいです。

ただし今作の足に当てても倒せてしまう高威力なSRに慣れていると大変かもしれません。

 

さらにこの武器の強みとして装弾数の多さが挙げられます。

拡張マガジンを付けなくても10発入るので、「M1903」の2倍の継続戦闘能力を持ちます。

この様に威力、装弾数がありながらサプレッサーによるメリットもあるのでとても強力です。

その為、スナイパーながらも裏取りを狙って立ち回るというのもおすすめ出来ます。

スポンサードリンク

おすすめの師団!

山岳

サプレッサーと山岳の能力が組み合わさって、敵のレーダー映ることが殆どありません。

その為スナイパーながらも裏取りをして、ワンショットキルを連続で決められる場面が作りだせます。

かっこ良くキルを決めに行きたいという方におすすめです。

機甲

爆発物やタクティカルが気になる場合におすすめです。

また怯み軽減によって先手を打たれてもワンショットキルが決めやすくなります。

おすすめのアタッチメント!

拡張マガジン

元々装弾数が多めな武器ですが、拡張マガジンを付けることで弾切れになる事が殆どなくなります。

マガジン容量を気にせず、連続キルを狙っていきたい方におすすめです。

ラピッドファイア

少しだけレートが上がり、連戦に対応しやすくなります。

微々たる差に思えるかもしれませんが、その少しの差で結果が変わってくるのでアンロックしたら是非付けていきましょう。

弾道較正

ADS時のブレが抑えられて、特に遠距離戦で安定して使いやすくなります。

他に付けたいアタッチメントが特にないのであればこちらを選んでおくのが無難です。

アタッチメントのまとめ!

どのようなカスタムにするのであっても、「拡張マガジン」と「ラピッドファイア」は必ずつけておくと良いです。

三つ目のアタッチメントについては上で紹介している「弾道較正」を付けるのも良いですし、サイト類を付けたいのであればそちらもおすすめ出来ます。

自分がどのように使いたいのかを考えて決めていきましょう。

スポンサードリンク

まとめ!

・サプレッサーが標準搭載されている!

・サプレッサーを外すことは出来ない!

・腰より上であればワンショットキルが出来る!

・装弾数が多い!

・レートが少し高め!

・SRながらも裏取りを狙う立ち回りも効果的!

 

この様に「デ・リーズル」は装弾数が多く十分な火力もあるので積極的にワンショットキルを狙いたい方にとてもおすすめ出来ます。

またサイレンサーが付いていることによって敵の不意を突ければワンショットキルを連発するモンタージュ的なこともやりやすいです。

突スナプレイをしたい方は是非アンロックしてみてはどうでしょうか?

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek Vortex」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「FPS Freek Vortex」がおすすめです。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう