今回はゲームのプレイ内容を録画出来るキャプチャーボードについて書いていきます。

現在では多くの方が動画投稿サイトに実況プレイ動画等を上げているので、使用している方はとても多い機材となっています。

また、FPSやレースゲーム等、やり込み要素が多いゲームでは、自分のプレイ動画を録画して立ち回り等を研究、反省する方もいるので、動画を投稿する人でなくても使い道がある機材です。

なので、実況プレイをしない方にもおすすめできる機材となっているので、良ければ参考にしてみて下さい!

・売れ筋はこちら!

 

スポンサードリンク

キャプチャーボードのメリット!

録画だけでなく、スクリーンショットを撮るのにも便利!

キャプチャーボードの機種によっては、常に自動で録画されていて後から数時間前の映像に遡れる機能があります。

これによって、取り逃してしまったスーパープレイ映像や面白映像、スクリーンショットを取り直す事が可能です。

PC上でゲーム機の映像を流せる!

キャプチャーボードを使うことによって、PCの画面上にゲーム画面を表示させることが出来ます。

その為、攻略サイトを別ウィンドウで表示させたままプレイすることも出来ますし、スカイプやミュージックプレイヤー等を同時に起動させて快適なプレイ環境を作る事もできます。

勿論、ゲームに集中したければフルスクリーンにする事も可能です。

 

また、デュアルモニター環境にしていれば一画面をゲーム画面にしたままもう一つの画面を丸々使えるのでとても便利です。

ただし、キャプチャーボードの機種や、PCのスペックによっては遅延が発生してしまい、ゲームの操作がしにくくなる可能性があるので気をつけて下さい!

キャプチャーボードの種類!

出力端子(PCとの接続方法)の違いについて!

キャプチャーボードには以下の接続方法があります。

内蔵型(PCI Express)

PC内部に画像の様なパーツを取り付けて使用します。

これによってPC周りをすっきりさせる事が出来ます。

なので、拡張が可能なデスクトップPCでしか使用できないので、ノートパソコンで使う事は出来ません。

外付けタイプ

こちらはUSB接続でPCと繫ぐものです。

その為、拡張する事が出来ないノートパソコンでも使用する事が出来ます。

ちなみにですが、性能に関して2種類とも違いは無いので、単純に自分の使用環境に合わせて選ぶのがおすすめです。

キャプチャーボードのエンコード方式の違い!

キャプチャーボードには2つのエンコード方式があります。

エンコードとは、録画したデータを動画ファイルとして変換する事です。

ソフトウェアタイプ

PC上でエンコードします。

その為、遅延を最小限に抑えられますが、その分PCに負担が掛かります。

高画質で録画する場合はPCのスペックが足りないと遅延の発生やスムーズに録画できないなどの問題が発生する可能性があります。

ハードウェアタイプ

キャプチャーボード本体でエンコードをします。

これによってPCのスペックに左右されずに動作が可能です。

その代わりソフトウェア形式と比べて遅延が発生しやすいです。

 

このようになっているので、自分の使っているPCやプレイ環境に合わせて選んで下さい。

スポンサードリンク

入力、出力端子に気をつける!

これに気をつけなければ、性能の良い高価なキャプチャーボードを購入しても使用する事が出来ません。

注意点として、

・USB3.0専用かどうか?

・HDMI以外の端子に対応しているかどうか?

(HDMI以外のゲーム機を録画する場合)

この2点に気をつけて下さい。

 

特にUSB形式に関しては、USB3.0の方が高画質、高リフレッシュレートで録画出来る為、USB2.0のみのPCを使用している方でも間違って購入しがちです。

なので使っているPCのUSB差込口とキャプチャーボードのスペックを良く確認しておくのがおすすめです。

(USB3.0の差込口は青色になっています。)

HDCPについて

HDCPとはコピーガードの事で、録画やスクリーンショット等をさせない様にする機能です。

これが付いているゲーム機は本来であればキャプチャーボードで録画する事が出来ません。

HDCPが付いたゲーム機は、

・PS3

・PS4

・PS VITA TV

が挙げられます。

しかし、PS4では本体の設定画面でHDCPを無効化する事が出来るので問題ありません。

なので、HDCPの対策が必要なゲーム機は

・PS3

・PS VITA TV

の2つになります。

HDCPを回避する方法

HDMI分配器を用意する!

HDMI分配器を通してPS3とキャプチャーボードを繋げば回避できます。

ただし、HDMI分配器だったら何でもいいというわけではないので気をつけて下さい。

HDCP回避の為に使われる分配器として、下記の物がよく選ばれているので無難に済ませたい方はそちらがおすすめです。

また、分配器の余った出力先にモニターをさせば、モニターまでの信号は本体からダイレクトに届くので遅延を防ぐ事が出来ます。

このやり方が一番簡単で、メリットも大きいのでおすすめです!

HDCPを回避できるキャプチャーボードを使う!

HDCPを回避する事が可能なキャプチャーボードも存在します。

それが下の物です。

外付けタイプ

内蔵タイプ

これらはHDCPを気にする事なく録画する事が出来るキャプチャーボードとして有名です。

ただし、公式的に対応しているわけではありません。

HDCPを回避させる様にするには、本体内部の部品を一部切断する必要があり、そうした場合保証が効かなくなります。

なのでPS3を録画する際に、どうしてもキャプチャーボードのみで録画したい方にしかこれらはおすすめ出来ません。

スポンサードリンク

おすすめの外付け型キャプチャーボード!

I-O DATA ビデオ/VHS 8mm  GV-USB2

I-O DATA ビデオ/VHS 8mm DVD ダビング パソコン取り込み ビデオキャプチャー 「アナレコ」 GV-USB2

低価格で手っ取り早くキャプチャーしたい方に向いています。

PCとゲーム機を繫ぐだけで使用できるので初心者でも使いやすいです。

また他の製品の様に個体がなくケーブルだけとなっており、場所を取らないのも良い点です。

但しHDMI接続には対応していないので、PS4等のHDMI接続の機種には使えません。

レトロゲームを録画したい方におすすめです。

MI-GAME-DOGA

【 ゲーム 動画 キャプチャー ボックス 】 簡単 録画 60fps フル HD 高 画質 遅延 無し シンプル PS3 Wii U X box MI-GAME-DOGA

低価格でありながらも、HDMI接続であれば、

1920/1080p 30p

1280/720p 60p

のどちらか選択でき、とても高画質で録画する事が出来ます。

またPCを使わずに、この本体にUSBメモリ等の記録媒体を差し込むだけで録画が可能です。

コスパがよく使い方も簡単なので、初心者の方におすすめ出来ます。

I-O DATA GV-HDREC

I-O DATA HDMI キャプチャーボード パソコン不要 Nintendo Switch 動作確認済 フルHD SDカード/HDD保存 GV-HDREC

フルHD(1920/1080p)の状態で60pで録画できる製品としては最安値クラスのモデルです。

また、ただ画質が良いだけでなくmicroSDカードを指してPCを使わずに録画することも出来ます。

操作面に関しても本体自体に何のボタンかわかりやすく付いているので、初心者の方でも使いやすいです。

更に対応機種についても公式的に様々な機種に対応しています。

対応機種一覧
  • PS4
  • 任天堂switch
  • Xbox ONE
  • Wii U
  • セガサターン
  • スーパーファミコン
  • スマホなど

これらに対応しているので、レトロゲームから最新機種まで幅広く使いやすいです。

コストを抑えて手軽に高画質で録画出来るモデルを探している方におすすめ出来ます。

Elgato Game Capture HD60S

Elgato Game Capture HD60 S

Elgato製の人気なモデルで多くのゲーム実況者の方に使用されています。

詳しい性能としては、フルHD(1920/1080p)の状態で60pの録画が可能です。

さらに「Flashback録画」と言う機能によって録画していなくても自動で録画してくれます。

これによって数時間前まで遡って録画させることが出来るので取り逃すことがありません。

またこの製品には「パススルー機能」が付いているので、録画画面に遅延が殆ど発生しません。

ただし全くないわけではないので、FPSなどをプレイする方は「HDMIスプリッター」を使うのがおすすめです。

他にもUSB2.0の環境では使用出来ず、HDMIのみ対応となっているので気を付けて下さい。

AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875


AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875 ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス 日本正規代理店品 DV358 AVT-C875

手軽に録画出来る高性能なキャプチャーボードでとても人気なモデルです。

この製品の大きな特徴として、SDカードを差し込むことによってPC使わずこの本体だけで録画する事が可能です。

また「パススルー機能」によって遅延も抑えられています。

ただし全くないわけではないので、FPSなどをプレイする方は「HDMIスプリッター」を使うのがおすすめです。

その他PCを使用した場合は1時間前まで遡ることが出来るので、良いシーンの取り逃しを防ぐ事も出来ます。

画質に関しては、1080pでは30Hz、720pでは60Hzです。

またAVerMedia専用のソフト「RECentral」を使う事で手軽にライブ配信することも出来ます。

手軽に録画が出来るキャプチャーボードを探している方におすすめ出来ます。

AVerMedia Live Gamer Portable 2 AVT-C878


AVerMedia Live Gamer Portable 2 AVT-C878 ゲームの録画・ライブ配信用キャプチャーデバイス DV422

こちらは上で紹介した「AVT-C875」の上位機種です。

その為、単体録画機能など機能面には違いがありません。

一番の変更点は1080pでも60Hzで録画できるようになったということです。

なので、高画質で滑らかに録画したい方におすすめです。

ただし、HDMI入力の録画にしか対応していないので気をつけて下さい。

AVerMedia Live Gamer EXTREME GC550

AVerMedia Live Gamer EXTREME GC550 USB3.0対応HDMIキャプチャーデバイス 1080p/60fps DV399 GC550

こちらは上で紹介しているAVT-C875」「AVT-C878」と同じメーカーの物でそれらの上位機種となっています。

ただしこちらは上の2つと違い、単体録画機能が無いのでPCを用意する必要があります。

その分遅延が抑えられており、さらにHDMI以外にも対応しているので幅広い機種で使用できます。

ただしUSB3.0のみ対応なので気を付けて下さい。

また「Elgato HD60 S」の様に数時間以上前の映像を遡ることも可能です。

単体録画機能を必要とせず、高画質で幅広いゲーム機で録画出来る多機能キャプチャーボードが欲しい方におすすめ出来ます。

おすすめの内蔵型のキャプチャーボード!

Elgato Game Capture HD60 Pro


Elgato Game Capture HD60 Pro

Elgato Game Capture HD60シリーズの中で最上位モデルの物です。

1080p/60pに対応しているのでとても高画質で録画する事が出来ます。

他のElgato Game Capture HD60シリーズと機能、性能は殆ど同じですが、他のモデルにはないインスタントビュー機能があります。

この機能を使うことにより遅延が更に抑えられるので生配信をする時などにとても役立ちます。

他のモデルと同様にHDMIのみ対応となっています。

Blackmagic Design キャプチャーカード Intensity Pro 4K 003062

Blackmagic Design キャプチャーカード Intensity Pro 4K 003062

こちらは4K画質を30pで録画が可能なキャプチャーボードです。

それだけあって値段は他のものと比べて高めです。

また、HDMIだけでなくS端子やアナログ端子まで、様々な端子に対応しているので、最新機器からアナログ機器まで幅広く使用できます。

さらに、ハリウッドの映像編集で使われているツールと同じルーツの物が無償同梱されます。

4K画質で録画したい方や、動画を作りこみたい方にとてもおすすめです。

それでは読んで頂きありがとうございました!

 

Twitterでフォローしよう