今回は4Kモニターの選び方とおすすめなモデルについて紹介していきます。

4Kモニターは今までの規格の物をはるかに超える画質を発揮してくれるので、導入すれば今までの使用環境を大きく快適にしてくれます。

一度4Kを導入してしまえば、もうFullHD等には戻れなくなってしまうかもしれません。

私自身、一時期4KモニターとFull HDモニター二つを並べて使っていましたが、Full HDの粗さに耐えきれなくなってしまい買い替えてしまいました(笑)

 

しかし、4Kモニターを導入する場合はいくつか注意点があります。

その注意点に関しても詳しく解説しているので、これから4Kを導入しようとしている方は是非参考にしてみて下さい。

・Amazonがおすすめする4Kモニター!

 

・セール中の4Kモニターはこちら!

 

スポンサードリンク

目次

4kモニターの特徴!

4Kと今までのHD等との最大の違いは解像度です。

解像度と言うのは画素(色付けされたドット)の密度の事で、モニターは無数の画素を表示して映像を出力しています。

上の画像は1インチ辺りの画素数の違いによって見え方がどれだけ違うのかを例として表している物です。

(ppi=1インチ辺りに含まれる画素数)

そしてこちらの画像は「4K」「WQHD」「Full HD」「HD」の比較画像です。

画素数は上画像の様に(横×縦)と表される事が多く、この画素数の求め方は単純に掛け算をする事で把握できます。

それぞれの具体的な画素数の違いは以下の通りです。

4K 3840×2160 8,294,400
WQHD 2560×1440 3,686,400
Full HD 1920×1080 2,073,600
HD 1280×720 921,600

見てわかるように4Kは今までの物を大幅に超える画素数を誇ります。

画素数が多ければ画素同士の途切れが少なくなり、キメ細かい精細な画像として人間は認識出来ます。

現在でもFull HDのモニターやテレビを使っている方が多いかと思いますが、
その方からすれば4Kは4倍近い解像度を持つ映像に見えるので、差を大きく感じられるかと思います。

解像度が高くなることで以下のメリットがあります。

4Kモニターにする事によるメリット!

大画面でも高画質を維持できる!

画面のサイズが大きくなると、ドットが分散されてしまうので画質は低下してしまいます。

しかし、画素数が多い事で大画面でも高密度が維持されて解像度が低下しにくいです。

その為4Kによる高解像度は大画面ととても相性が良いです。

文字が見やすくなる!

今までの数倍以上の解像度によって文字の輪郭がはっきりします。

勿論、HD画質でも十分はっきりとした輪郭で表示されていますが、4Kはこれをさらに上回る表現をするので、一度4Kに慣れてしまうとそれ以外の画質が荒く見えてしまう程です。

これによって1字1字視点を集中しなくても読みすくなるので、文章が素早く読めるのに加え、目への負担を軽減する事にも繋がります。

その為4Kモニターは綺麗な画質で映像を見たいという方以外に、PCで文字を扱う作業をする方にもおすすめです。

1つのモニターだけでマルチモニター環境に出来る!

4KはFull HDの約4倍の解像度を持つので、Full HDで表示されるページを同じ様に表示させた場合、4分1程度のサイズで開く事になります。

これは27インチなどの大きさの4Kモニターでは小さすぎて見にくく感じるかもしれませんが、40インチなどの大画面モニターであれば問題なく綺麗な画質で見やすいです。

その為、モニター複数とモニターアームを購入してマルチモニター環境にするよりも、大型の4Kモニターを1台購入するだけで4K画質に対応したマルチモニター環境を作り出すことが出来ます。

また、4Kモニターの多くは1つの画面でマルチモニター環境にしやすくする機能が付いている製品が多いので、無理なく使いやすいです。

ちなみに、小さすぎて見えないという場合でも、PC側の設定で画面の倍率を変えれば問題なく使えるので、27インチなどのサイズでも問題なく使えます。

4Kモニターの注意点!

PCのグラフィックボードに負担が掛かる!

4K出力をする為にはPCの映像出力を担当しているパーツ「グラフィックボード」の性能が求められます。

しかしただインターネットや文字を見たりする程度であればそこまで心配する必要はありません。

4K対応動画やゲームをする場合は必ず高性能なグラフィックボードが必要なので、本格的に4K映像を使いたいという方は使っているPCのスペックに気をつけて下さい。

映るものが小さくなる!

上でも少し書きましたが解像度が上がることによって、映るものが全体的に小さくなってしまいます。

大画面モニターであれば特に問題ありませんが、24インチなどの小さめなサイズの場合、そのまま使用すると画面が小さくて見えにくいという事が起きやすいです。

これはPC側の設定で画面の倍率を変えることで解決できるので、小型の4Kモニターを購入しようとしている方は気をつけて下さい。

スポンサードリンク

4kモニターの選び方!

大きさをチェック!

せっかく大きなモニターを購入したとしても、置き場所が確保出来なければ意味がありません。

大きさについてはAmazonページなどに載っているので、置き場所に心配がある人は購入する前にチェックしておくと良いです。

使われているパネルの違い

モニターのパネルには「IPSパネル」「VAパネル」「TNパネル」の3種類が存在します。

この3つの違いは以下の通りです。

種類 概要
TNパネル 応答速度が早い
IPSに比べて画質の鮮明さは落ちる
FPSなどのアクションゲームに向いている
VAパネル IPSパネルよりも応答速度が速い
TNパネルよりも画質が鮮明
黒の表現力が高い
コントラスト比が高め
IPSパネルとTNパネルの中間的な性能
IPSパネル 色彩が鮮やかで画質が綺麗
応答速度が遅め
視野角(斜めからモニターを見ても映像が見える範囲)が広い

 

このようにこれら3つは異なる特性を持っているので自分の使用用途に合うパネルのモニターを選んでいきましょう。

輝度

輝度はその名前の通り、画面の明るさを示すもので、単位は「cd/㎡(カンデラパー平方メートル)」で表示されます。

この数値が高ければモニターのバックライトの明るさが明るいということになり、明るい場所で離れた位置から画面を見た場合でも映像がハッキリ見えやすいです。

しかし高すぎると目に負担が掛かりやすいというデメリットもあるので、離れた位置からモニターを見る環境でない限りはあまり気にする必要はありません。

基本的に一般の家庭でPCモニターとして使う場合であれば、150〜300で十分な場合が多いです。

また輝度の強さはモニター側の設定で調節する事が出来るので、スペック表で高い輝度を持つモニターでも問題なく使うことは可能です。

コントラスト比は静的コントラスト比を参考にする!

コントラストと言うのは画面に映る明暗の差を表しています。

例えばコントラストが「1000:1」であれば、明るい場所は暗い場所に比べて1000倍の明るさで表示されるという事になります。

これの比率が大きければ大きいほど明暗の差がしっかり描かれるのでメリハリある映像に感じられます。

その為、一般的にコントラスト比は高い方が良いとされていますが、人によっては高すぎるとギラギラしすぎて目が疲れやすく感じる場合があります。

そのような場合、コントラスト比は調整する事が出来るので、下げて使う様にしましょう。

 

一つ注意点として、コントラスト比を見比べる場合は必ず「静的コントラスト比」を参考にするようにして下さい。

コントラスト比には「静的コントラスト比」と「動的コントラスト比」の二種類が存在し、それぞれの特徴は以下の通りです。

静的コントラスト比 バックライトを調節せずにどれだけ明暗差を表現出来るかを表す 1000:1など
動的コントラスト比 バックライトを調節してどれだけ明暗差を出しているのかを表す

(全画面が真っ黒時の状態と真っ白時の状態を比較した物)

100万:1など

 

バックライトは映っている画面全体を明るくしてしまいます。

その為、同時に表示されている明るい場所と暗い場所とで対比されていない動的コントラスト比はあまり参考になりません。

それもあってメーカー側も動的コントラスト比を表記せず、静的コントラスト比のみをスペック表に記載している場合が多いです。

なので動的コントラスト比だけを見れば「何百万:1」など桁違いのコントラスト比があるように感じられますが、実際に重要である「静的コントラスト比」がどうなっているのかわからないので気を付けて下さい。

スピーカーの性能!

基本的にPCモニターのスピーカーはどんなに高価なモニターでもあまり良くありません。

その為、それなりの音質でPCなどを使っていきたいのであればスピーカーやヘッドフォンなどを用意するのがおすすめです。

4Kに対応している入力端子の数と種類!

同じ4Kモニターでもメーカーやモデルによって入力端子の数に違いがあります。

それだけでなく4K画質に対応している端子はHDMI2.0とDisplayPortの二種類のみです。

それ以外の端子であるHDMI1.4などに繋いでも4K出力する事は出来ないので、複数の機材を1つのモニターに繋いで使用しようとしている方は気を付けて下さい。

保証期間の内容!

多くのモニターにはメーカーから保証が付けられていますが、モデルによって保証の内容や期間が違います。

例えば保証期間が3年間とされていながらも、パネルとバックライトに関しては1年間のみとされている事があります。

この記事では紹介しているモニター毎に保証内容を書いているので参考にして下さい。

その他機能!

フリッカーレス(フリッカーフリー)

画面に発生するちらつき(フリッカー)を防ぐ機能です。

このちらつきが発生してしまう映像を見続けていると目に負担が掛かり疲れやすくなってしまいます。

その為、目に優しい映像を提供してくれる機能となっています。

ちなみにメーカーによってフリッカーレスとフリッカーフリーと別の名前で表記されている場合がありますが、これは名前が違うだけで全く同じ機能です。

ブルーライト軽減機能

ブルーライトはパソコンスマホ等の映像から発せられる強い青色の光の事で、画面上を明るく照らして見やすくしてくれる効果があります。

しかしこの光は紫外線に近い波長を持つ網膜にまで届く強い光なので、長時間見続けていると目へ負担が掛かってしまいます。

ブルーライト軽減機能によってこの光を抑えることが出来るので、この機能もフリッカーレスと同じ様に目に優しい機能となっています。

超解像技術(スーパーシャープネステクノロジー)

4Kモニターに4Kではない映像(SDやHD)を映した場合、画面の大きさに合わせて拡大表示されてしまうので画質が落ちてボヤ付いた映像になってしまいます。

しかし超解像技術が付いていればモニター側でボヤ付かない映像に改善してくれます。

ちなみにAcer製モニターの場合、この機能はスーパーシャープネステクノロジーと言う機能名となっており効果は全く同じものです。

PIP/PBP

PIPは上画像の様に、メイン画面上に小さなサブ画面を出せる機能です。

そしてPBP機能はモニターに接続されているPCやゲーム機など複数の機材の画面を同時に表示できる機能の事です。

このPBP機能に関しては2つまでの物と4つまでの物が存在します。

ちなみにI-O DATA製の物に関してはPBPではなく「POP」と別の機能名で表記されていますが全く同じ機能です。

スポンサードリンク

49インチでおすすめなモニター!

I-O DATA EX-LD4K492DB

I-O DATA 4K モニター 49インチ 4K(60Hz) PS4 Pro HDR ADS HDMI×3 DP×1 リモコン付 3年保証 土日サポート EX-LD4K492DB

パネル方式 IPS(ノングレア)
HDR 対応
入出力端子 HDMI2.0
HDMI1.4×2
DP1.2
アナログRGB
USB
ヘッドホン端子
応答速度 4ms
スピーカー 6W×2
機能 フリッカーレス
ブルーライト軽減機能
PIP/PBP(2画面)モード
エンハンストカラー機能
超解像技術
テレタッチ(別売り)
リモコン あり
保証期間 3年間(バックライト、パネル含む)

数少ない4K対応の49インチモニターです。

IPSパネルで綺麗な映像表現が可能で、超解像技術によってあらゆるコンテンツを綺麗に映してくれます。

また別売りのテレタッチを揃えれば画面全体をタッチパネル化する事が可能です。

多機能高性能で大画面な4Kモニターを探している方におすすめ出来ます。

43インチでおすすめなモニター!

Dell P4317Q

Dell ディスプレイ モニター P4317Q/4K/42.5 インチ/IPS/8ms/DP,mDP,HDMI,VGA,RS232/USBハブ/3年間保証

パネル方式 IPS(ノングレア)
HDR 未対応
入力端子 DP1.2
mDP1.2
HDMI1.4×2
VGA
USB3.0(アップストリーム)
USB3.0x4
オーディオ入力
ヘッドホン端子
RS232
応答速度 8ms
スピーカー 8W×2
機能 マルチクライアントモニター
PIP/PBP(4画面)機能
リモコン なし
保証期間 3年間(バックライト、パネル含む)

こちらはビジネス向けのモニターとなっており、同時に最大4つの機器を接続して画面を4分割表示させることが出来ます。

それ以外にもUSBポートが全部で5つ付いているのでスマホの充電などに使えてとても便利です。

多くの機材を繋いで同時に使いたいという方におすすめです。

LG 43UD79-B

LG モニター ディスプレイ 43UD79-B 42.5インチ/4K/IPS非光沢/HDMI×4・DP・USB Type-C・RS-232C/スピーカー/ブルーライト低減

パネル方式 IPS(ノングレア)
HDR 未対応
入力端子 HDMI2.0x2
HDMI1.4×2
DP
USB
RS232C
ヘッドホン端子
応答速度 8ms
スピーカー 10Wx2 Rich Bass対応
機能 PIP/PBP(4画面)
DASモード
ブラックスタビライザー
OnScreen Control
ブルーライトを低減
Rich Bass
リモコン有無 あり
保証期間 3年間(バックライト、パネル含む)

こちらは多機能高性能なモニターとなっていてPBP機能によって同時に最大4つの機器の映像を出力出来ます。

その他にも画面に表示されるまでのタイムラグを減らす「DASモード」や「OnScreen Control」によって簡単にモニターの設定を変更する事が出来ます。

またスピーカーには低音域まで幅広く出力してくれる「Rich Bass」によってモニターのスピーカーとしては迫力ある音声を出してくれます。

その他にも4Kに対応している端子であるHDMI(Ver2.0)2つとDisplayPortが1つの合計3つが付いているのでとても便利です。

多機能高性能な42.5インチモニターを探している方におすすめです。

LG 43UD79T-B

【Amazon.co.jp限定】LG モニター ディスプレイ 43UD79T-B 42.5インチ/4K/IPS非光沢/HDMI×4・DP・USB Type-C・RS-232C/スピーカー/ブルーライト低減

パネル方式 IPS(ノングレア)
HDR 未対応
入力端子 HDMI2.0x2
HDMI1.4×2
DP
USB
RS232C
ヘッドホン端子
応答速度 8ms
スピーカー 10Wx2
機能 PIP/PBP(4画面)
DASモード
ブラックスタビライザー
OnScreen Control
ブルーライトを低減
Rich Bass
リモコン有無 あり
保証期間 3年間(バックライト、パネル含む)

こちらは基本的な性能は上で紹介している「43UD79-B」と同じですが、モニタースタンドの形状が違います。

この形状によって高さや角度の変更をする事が出来ませんがその分価格が安くなっています。

しかしVESAマウントには対応しているので別でモニターアームを用意するのであれば問題ありません。

モニターアームを利用するという方はこちらの方がおすすめです。

I-O DATA EX-LD4K432DB

I-O DATA モニター ディスプレイ 43型 EX-LD4K432DB (4K/60Hz/DisplayPort搭載/リモコン付/3年保証/土日もサポート)

パネル方式 ADS(IPSパネル)ハーフグレア
HDR 対応
入力端子 HDMI2.0
HDMI1.4×2
アナログRGB
DP
USB
ヘッドホン端子
オーディオ入力
応答速度 5ms
スピーカー 6W×2
機能 フリッカーレス
ブルーライト軽減機能
エンハンストカラー機能
リモコン有無 あり
保証期間 3年間(バックライト、パネル含む)

こちらはADSパネルとなっていますが、実際は名前が違うだけでIPSパネルと同じものです。

特徴としてはADSパネルでHDRに対応していながらも価格がそこまで高額ではありません。

またリモコンが付属されていて利便性にも優れています。

コスパに優れるHDR対応のADSパネルモニターを探している方におすすめです。

JAPANNEXT JN-VT4300UHD

JAPANNEXT JN-VT4300UHD

こちらは今回紹介している43インチ4Kモニターの中では最安値のモデルです。

2019年7月時点では4万円台前半ととても低価格になっています。

ただし価格が抑えられている分、特別な機能は付いていません。

コストを抑えて43インチ4Kモニターが欲しい方におすすめです。

32インチでおすすめなモニター!

LG 32UD99-W

LG モニター ディスプレイ 32UD99-W 31.5インチ/4K(3840×2160)/HDR対応/IPS非光沢/USB Type-C、HDMI×2、DisplayPort/スピーカー搭載/高さ調節、ピボット対応

パネル方式 IPS(ノングレア)
HDR 対応
入力端子 HDMI2.0×2
DP
USB Type-C
応答速度 5ms
スピーカー 5Wx 2‎‎
機能 FreeSync
HDR10
DASモード
ブラックスタビライザー
Rich Bass
ブルーライトフィルター機能
フリッカー・レス
超解像技術
PIP/PBP
リモコン有無 なし
保証期間 3年間(バックライト、パネル含む)

LG製の多機能で高性能なモニターです。

IPSパネルに加えてHDRに対応しているので、より鮮やかな映像表現をしてくれます。

またPIP/PBPにも対応しているので作業用途として使うのにとても便利です。

HDRに対応した高性能なモニターを探している方におすすめ出来ます。

Acer BM320bmidpphzx

Acer 4K モニター ディスプレイ BM320bmidpphzx 32インチ/AdobeRGBカバー率100%/フレームレス/スピーカー内蔵/HDMI端子対応

パネル方式 IPS(ノングレア)
HDR 未対応
入力端子 HDMI2.0
DP
mini DP
DVI
ヘッドホン端子
応答速度 5ms
スピーカー 2W
機能 フリッカー・レス
ブルーライトフィルター機能
PIP/PBP(2画面)
6軸カラー調節機能
スーパーシャープネス・テクノロジー
リモコン有無 なし
保証期間 3年間(バックライト、パネルは1年間)

IPSパネルのAcer製モニターで「6軸カラー調節機能」「スーパーシャープネス・テクノロジー(超解像機能)」などが特徴的です。

ただし、下で紹介していますが同じAcer製モニターでHDRに対応しているモデルも存在します。

なのでIPSパネルやスーパーシャープネス・テクノロジーにこだわりがないのであればそちらの方がおすすめです。

BenQ PD3200U

BenQ デザイナーズ モニター ディスプレイ PD3200U 32インチ/4K UHD/IPS/DisplayPort,miniDisplayPort,HDMI搭載/Dual view対応

パネル方式 IPS(ノングレア)
HDR 未対応
入力端子 HDMI2.0x2
DP
mini DP
ヘッドフォン端子
応答速度 4ms
スピーカー 5W x 2‎‎
機能 フリッカーフリー
ブルーライト軽減
CAD/CAMモード
暗室モード
アニメーションモード
キーボードビデオマウス (KVM) スイッチ
DualView (デュアルビュー)
リモコン有無 なし
保証期間 3年保証(パネル、バックライトは1年保証)‎

WEBデザイナー向けに作られたIPSモニターで写真やイラストを扱う作業をする上で役立つ機能が付いています。

  • ディテールがより鮮明に表示される「暗室モード」「アニメーションモード」
  • イラストの線や形にコントラストを付けて見やすくする「CAD/CAMモード」
  • 接続した2台のPCを1つのキーボードとマウスで操作できる「KVMスイッチ」

など、他のモニターには無い機能が搭載されているので、イラスト作業に使うモニターを探している方におすすめです。

PHILIPS 328P6VUBREB/11

PHILIPS 328P6VUBREB/11

パネル方式 VA(ノングレア)
HDR HDR 600
入出力端子 HDMI2.0x2
DP
USBType-Cx1
ヘッドホン端子
応答速度 4ms
スピーカー 3W×2
機能 ブルーライト軽減機
保証期間 5年間(バックライト、パネル含む)

フィリップス製のVAパネルモデルで、HDR600に対応しているのが特徴的です。

またUSB端子が付いているのでノートPCを繋いで使う事も出来ます。

また保証期間がバックライト、パネル含んで5年間ととても長いのも良い点です。
(多くのメーカーは3年間、1年間などが多いです。)

保証期間が長く、HDR、USB端子を搭載したVAパネルを探している方におすすめです。

LG 32UK550-B

LG 32UK550-B

パネル方式 VA(ノングレア)
HDR 対応
入出力端子 HDMI2.0x2
DP
ヘッドホン端子
応答速度 4ms
スピーカー 5W×2
機能 HDR効果
AMD FreeSync
DASモード
ブラックスタビライザー
フリッカーレス
ブルーライト軽減機能
超解像技術
保証期間 3年間(バックライト、パネル含む)

LG製の多機能なVAパネルのモニターです。

特徴としては「HDR効果」に対応しています。

この機能はHDRでは無い映像をHDR画質に変換するという機能です。

LG製ならでは多機能さとHDR効果が欲しい方に向いています。

Acer ET322QKwmiipx

Acer モニター ディスプレイ ET322QKwmiipx 31.5インチ/VA/4K/DisplayPort v1.2/HDR Ready対応/AMD Free Sync/ 3年保証

パネル方式 VA(ノングレア)
HDR 対応
入力端子 HDMI2.0x2
DP
ヘッドホン端子
応答速度 4ms
スピーカー 2W×2
機能 AMD FreeSync
6軸カラー調節機能
ブルーライトフィルター機能
フリッカー・レス
PIP/PBP(2画面)
リモコン有無 なし
保証期間 3年(パネル・バックライトユニットは1年)

HDRに対応しているモニターの中では低価格なモデルです。

その他にもAMD FreeSync対応しているのでAMD製のグラボを積んでいるPCで使う事で最大限の性能を発揮する事が可能です。

またVAパネルのモニターなので黒の表現力とコントラスト比に優れています。

HDRに対応しているコスパに優れた32インチモニターを探している方におすすめです。

28インチでおすすめなモニター!

【PS4 Pro対応】BenQ EL2870U

【PS4 Pro対応】BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ EL2870U 27.9インチ/4K/HDR/TN/1ms/FreeSync対応/HDMI×2/DP1.4/スピーカー/アイケア機能B.I.+

PS4ProやゲーミングPCなど、ゲーミング向けに作られた4kモニターで、

  • 応答速度1ms
  • HDR対応
  • Free sync対応
  • スピーカー付き
  • アイケア機能B.I.+(目に優しい機能)

と言った様に多機能高性能となっています。

それでありながら価格についても28インチ4Kモニターの中では最安値クラスです。

28インチモデルの中で性能とコスパの両方に優れたモデルを探している方におすすめ出来ます。

27インチでおすすめなモニター!

EIZO FlexScan EV2785-WT

EIZO FlexScan 27.0インチ ディスプレイモニター (4K UHD/IPSパネル/ノングレア/ホワイト/USB Type-C搭載/5年間保証&無輝点保証) EV2785-WT

パネル方式 IPS(ノングレア)
入力端子 HDMIx2
USB3.1 Type-Cx1
DPx1
ヘッドホン端子
応答速度 5ms
スピーカー 1W×2
機能 フリッカーフリー
ブルーライト軽減機能
オートカラーモード
サーカディアン調光
リモコン有無 なし
保証期間 5年間

国産の高級モニターメーカー「EIZO」製のモニターです。

EIZOのモニターは他のメーカーと比べて高額ですが、より正確な色を表現する性能が高く写真を扱う仕事をしている方などに向いています。

このモニターの特徴としてベゼル(画面の縁)が極細となっており、普通の27インチよりも大きな画面に見えます。

これによってデュアルモニター環境にして並べた場合でも2つのモニターの境を気にせずシームレスに見やすいです。

また、4K27インチでは数少ないUSB端子が付いているモデルでもあります。

その他、時間帯によって自動でブルーライトを調節してくれる機能などが付いています。

ベゼルが少ない高性能モニターを探している方におすすめです。

BenQ PD2700U

BenQ PD2700U

パネル方式 IPS(ノングレア)
HDR 対応
入力端子 HDMI2.0x2
DP
mini DP
ヘッドフォン端子
応答速度 5ms
スピーカー 2W x 2‎‎
機能 フリッカーフリー
ブルーライト軽減
CAD/CAMモード
暗室モード
アニメーションモード
キーボードビデオマウス (KVM) スイッチ
DualView (デュアルビュー)
輝度自動調整B.I
保証期間 3年保証(パネル、バックライトは1年保証)‎

BenQのWEBデザイナー向けに作られたIPSモニターで、写真やイラストを扱う作業をする上で役立つ機能が付いています。

ちなみに32インチモデルの項目で紹介した「PD3200U」の27インチバージョンです。

しかし小さいながらも性能と機能面では追加されている事があり、

  • HDRに対応
  • 明るさを自動調節する「輝度自動調整B.I」

の2点が追加されています。

またその他「PD3200U」にも搭載されていた機能として

  • ディテールがより鮮明に表示される「暗室モード」「アニメーションモード」
  • イラストの線や形にコントラストを付けて見やすくする「CAD/CAMモード」
  • 接続した2台のPCを1つのキーボードとマウスで操作できる「KVMスイッチ」

はそのまま搭載されています。

その為、WEBデザイナー向けの綺麗な映像を表示する多機能モニターを探している方におすすめです。

LG 27UL850-W

LG 27UL850-W

パネル方式 IPS(ノングレア)
HDR 対応
入力端子 HDMI2.0x2
DP
USB
ヘッドホン端子
応答速度 5ms
スピーカー 5W×2
機能 Black Stabilizer
DASモード
フリッカーフリー
ブルーライト低減モード
AMD FreeSync
リモコン有無 なし
保証期間 3年

HDRに対応している27インチIPSモニターです。

機能面にも優れており、フリッカーフリーやブルーライト低減モードなどの基本的なものからDASモードやAMD FreeSync等にも対応しています。

またUSB端子が1つとスピーカーも搭載されているので利便性にも優れます。

27インチモニターでHDRに対応している多機能モニターを探している方におすすめです。

LG 27UL650-W

LG 27UL650-W

パネル方式 IPS(ノングレア)
HDR HDR400
入力端子 HDMIx2
DP
ヘッドホン端子
応答速度 5ms
スピーカー なし
機能 Black Stabilizer
DASモード
フリッカーフリー
ブルーライト低減モード
AMD FreeSync
リモコン有無 なし
保証期間 3年

こちらは上で紹介している「LG 27UL850-W」の下位モデルです。

違う点として、

  • スピーカーが未搭載
  • USB端子が未搭載

となっています。

その分、価格が抑えられているのでスピーカーなどが必要に感じない方はこちらがおすすめです。

LG 27UK600-W

【Amazon.co.jp限定】LG モニター ディスプレイ 27UL600-W 27インチ/4K/DisplayHDR400/IPS非光沢/HDMI×2、DisplayPort

パネル方式 IPS(ノングレア)
HDR HDR400
入力端子 HDMIx2
DP
ヘッドホン端子
応答速度 5ms
スピーカー なし
機能 Black Stabilizer
DASモード
フリッカーフリー
ブルーライト低減モード
AMD FreeSync
リモコン有無 なし
保証期間 3年

こちらは上で紹介している「27UK650-W」と似たモデルです。

1つ違う点としてはアームの高さ調整と回転が出来なくなっています。

その分、少し価格が抑えられているので、アームは別で用意する方などはこちらがおすすめです。

LG 27UL500-W

【Amazon.co.jp 限定】LG ゲーミング モニター ディスプレイ 27UL500-W 27インチ/4K/HDR(標準輝度:300cd/㎡)/IPS非光沢/HDMI×2、DisplayPort/FreeSync/ブルーライト低減

パネル方式 IPS(ノングレア)
HDR
対応
入力端子 HDMIx2
DP
ヘッドホン端子
応答速度 5ms
スピーカー なし
機能 ブルーライト低減機能
フリッカーフリー
DASモード
超解像技術
AMD FreeSync
Super Resolution+
リモコン有無 なし
保証期間 3年

こちらはエントリーモデルと位置づけられた物で、低価格で購入しやすいLG製4Kモニターです。

その分、上のモデルと比べるとHDR400(400cd/㎡)では無くHDR(300cd/㎡)になっています。

なるべく安くHDR対応の27インチ4Kモニターが欲しい方におすすめです。

24インチでおすすめなモニター!

Dell P2415Q

Dell ディスプレイ モニター P2415Q 23.8インチ/4K/IPS非光沢/6ms/HDMI,DPx2(MST)/sRGB99%/USBハブ/3年間保証

パネル方式 IPS(ノングレア)
入力端子 HDMI2.0
DP
mDP
USB
ヘッドホン端子
応答速度 6ms
スピーカー なし
リモコン有無 なし
保証期間 3年

DELL製のIPSパネルモニターです。

他のモニターの様に特別な機能は付いていませんが、24インチモニターの中で唯一USB端子が付いています。

DELL製のモニターが良い方やUSB端子が欲しい方におすすめです。

LG 24UD58-B

LG モニター ディスプレイ 24UD58-B 23.8インチ/4K(3840×2160)/IPS 非光沢/HDMI×2、DisplayPort/ブルーライト低減機能

パネル方式 IPS(ノングレア)
入力端子 HDMI2.0x2
DP
ヘッドホン端子
応答速度 5ms
スピーカー なし
機能 フリッカーセーフ
ブルーライト低減モード
AMD FreeSync
DASモード
超解像技術
Black Stabilizer
SUPER Resolution+
リモコン有無 なし
保証期間 3年間(バックライト、パネル含む)

LG製のIPSパネルモニターで様々な機能が付いています。

それでありながらも価格は抑えられているのでコスパに優れています。

コスパに優れたLG製モニターが良い方におすすめです。

まとめ!

・4Kモニターは桁違いの解像度を持つ!

・大型モニタと相性が良い!

・映像だけでなく文字が見やすくなる!

・大型4Kモニター一つだけでマルチモニター環境が実現できる!

・4K画質でゲームや映像を見る場合は高性能なグラフィックボードが必要!

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

 

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek Vortex」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「FPS Freek Vortex」がおすすめです。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう