【SOULBEAT】低価格で高性能!コスパが高いFPS向けゲーミングヘッドセット!【LB-902】

今回は「ジェンツトレーディング株式会社」様から提供頂いたSOULBEAT LB-902 というゲーミングヘッドセットを紹介していきます。

 

低価格なヘッドセットとして販売されていますが実際使ってみると、値段を遥かに上回るパフォーマンスがあると感じました!

また、こちらは以前レビュー記事を書いたLB-901の後継機で付け心地から音質まで様々な面でアップグレードされています。

LB-901のレビュー記事!

 今回紹介するのは「ジェンツトレーディング株式会社」様から提供して頂いたSOULBEAT  LB-901 と言うゲーミングヘッドセットです。 ゲーミングヘッドセット PS4 SOULBEAT ヘッドホン 901シリーズ ゲーミング FPS 対応 イヤホン マイク 付属 プレステ4 ゲーム用 PC ヘッドフォン ヘッドセット等 COD スカイプ Skype パソコン可能 PS プレイステーション4 Xbox などに対応 日本正規品(レッド&ブラック)posted with カエレバSOULBEAT(ソウルビート)Amazon楽天市場 こちらのヘッドセットは5,000円台のヘッドセットで...

ちなみにですが、自分が初めて使った時は、予想以上に使い心地が良かったのでとても驚きました(笑)

下手に低価格なヘッドセットや1万円近くのヘッドセットを買うよりもおすすめ出来るヘッドセットなので、コスパの良いヘッドセットを探している方は是非参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク

装着感の感想

圧迫感が殆どない!

このヘッドセットの一番良い所だと感じたのは装着感です。

耳の収納スペースが広めに作られており、自分が付けた場合は耳に干渉する部分が殆どありませんでした。

また、耳を覆うように位置するクッションがとてもふかふかしており、圧迫感も殆どない為、ヘッドセットをつけている感覚が殆どありません。

更にこのクッション部分はメッシュになって蒸れにくくなっています。

 

しかし、圧迫感が殆ど無いことによってヘッドセットを付けたまま寝転がったり、頭を振るとヘッドセットの位置がズレてしまいます。

ただ、特別大きく頭を振り回したりしない限りズレることはないので、座ってゲームをする分には全く問題ありません。

個人的に装着感に関しては、1万円以上するヘッドセットに負けないくらい良いと思いました!

周りの音が全く聞こえない!

このヘッドセットは密閉型で、周りのクッション部分が耳を覆い被さるようになっている為、音を流していると周りの音が全く聞こえなくなります。

これによってゲームや音楽鑑賞に集中しやすく、今まで聴こえなかった細かい音まで聴き取りやすくなります。

ただし、この状態で周りの人に話しかけられても全く聞こえないので、その点には気をつけて下さい。

スポンサードリンク

FPSでの使用感!

周りの音が聞こえやすい!

音の定位感がくっきりとしていて、足音の方向がとても分かりやすいです。

また、以前のモデルよりも低音が抑えられ、すっきりとした音質になっているので足音と銃声がとても聞こえやすく、それ以外にも周りの音がクリアに聞こえるので、ゲーム内の空気感がダイレクトに伝わってきます。

 

また、クッション部分で耳が覆われて外部の音が遮断されているのもあり、ゲーム内の反響音などの細かい音まで聞こえやすいです。

実用的な音と臨場感溢れる音質を兼ね備えたヘッドセットだと思いました!

音楽鑑賞での使用感!

クリアな音質で聴きやすい!

以前のモデルでは低音が少し強めで、曲によってはイコライザーを調整しないとモコモコした様に聴こえていましたが、このモデルでは低音が程よく押さえられて、とてもクリアに聴こえます。

また、ゲーミングヘッドセット特有の音の加工感がなく、とてもナチュラルな音質になっています。

低価格なFPS向けのゲーミングヘッドセットとして販売されていますが、音楽鑑賞にも十分使えるヘッドセットに感じました。

機能面での感想!

コントロールスイッチが小さくなった

前機種よりも音量のコントローラーが小さくなっています。

・右がLB-901で左がLB-902

これがコードと同じくらいの大きさになったことで邪魔に感じにくく、コードに重りが付いている感覚がなくなったので、さらに使いやすくなりました。

コードがナイロン製の編み込みから通常のコードに変更されている

以前のモデルのコードは赤と黒の編み込み状になっていましたが、LB-902では一般的な黒いコードになっています。

編み込みのコードがLB-901で黒いコードがLB-902

個人的には編み込みのがデザイン的に格好良いと思っていたので、少し残念に感じました。

とは言っても使い心地的には全く問題ありません。

マイクが収納式ではなくなった

以前のモデルではマイクを使わない場合は、上に持ち上げて邪魔にならない様に出来ましたが、今回のモデルではどこにも収納出来なくなっています。

私自身、最近はボイスチャットを使うことがあまり無いため、マイクはしまえた方が良かったな、と感じました、

しかし、実際使ってみるとマイクの大きさが小さめで、そこまで邪魔には感じません。

スポンサードリンク

まとめ

・とにかく装着感が抜群に良い!

・定位感がくっきりとしていて分かりやすい!

・音楽鑑賞にも十分使える!

 

この様に、低価格なヘッドセットとは思えない作りになっているので、コスパが良く、音楽鑑賞にも使えるFPS向けヘッドセットを探している方にとてもおすすめです!

それでは読んで頂きありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

 

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

また、物によってはスティック操作に力が入ると固定しきれずに取れてしまう場合があります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「KontrolFreek製のフリーク」がおすすめです。

 

そしてKontrolFreek製のフリークは現在、

の4種類のモデルが存在します。

ちなみに「Vortex」は長期間、Amazonページだと品切れが続いていますが、楽天では購入する事が可能です。

それぞれのモデルの違いについては以下の通りです。

  頂部の形状
(指を置く部分)
高さ
Inferno 凹型 10.1 mm(右)
10.1 mm(左)
Galaxy 凹型 11.8 mm(右)
7.6 mm(左)
Edge 凸型 10.4 mm(右)
5.9 mm(左)
Vortex 凸型(右)
凹型(左)
11.3mm(右)
5.6mm(左)

この様な違いがあるので、好みの高さと形状を考えて選ぶのがおすすめ出来ます。

ちなみに左右で長さと形状が違うモデルもありますが、これは逆に付ける事も可能です。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう