【COD:MW】.357 性能とおすすめのアタッチメント、立ち回りについて!【HG】

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

「.357」は1発の威力が高いリボルバーで、ヘッドショットであれば1発キルが出来ます。

またアタッチメントによってショットガン化する事も可能です。

 

この記事では詳しい特徴やおすすめのカスタムについて書いていくので良ければ参考にして下さい。

ちなみにRPMと覗き込み速度も記載していますが、多少の誤差があると思うので参考程度によろしくお願いします。

・全武器性能一覧はこちら!

スポンサードリンク

性能とアタッチメント!

性能表

 .357
マガジン容量6発
RPM113
ADS0.18秒
キル弾数1発(HS+23m)
2発(45m)
3発
1発(スネークショット + 10m)
2発(スネークショット + 13m)
3発(スネークショット + 23m)
キルタイム0.53秒(2発)
1.06秒(3発)
リロード速度1.97秒
 マガジンADSリロードRPMキル弾数TTK
X1613発0.12秒1.02秒2722発(HS)
3発(18m)
4発(28m)
5発
0.22秒(2発)
0.44秒(3発)
0.66秒(4発)
0.88秒(5発)
19117発0.12秒1.02秒2602発(HS)
3発(22m)
4発(40m)
5発
0.23秒(2発)
0.46秒(3発)
0.69秒(4発)
0.92秒(5発)
.3576発0.18秒1.97秒1131発(HS+23m)
2発(45m)
3発
1発(スネークショット + 8m)
2発(スネークショット + 13m)
3発(スネークショット + 23m)
0.53秒(2発)
1.06秒(3発)
M1910発0.12秒0.92秒3002発(HS)
3発(15m)
4発
0.20秒(2発)
0.40秒(3発)
0.60秒(4発)
0.80秒(5発)
.50 GS7発
0.18秒1.12秒1571発(HS+15m)
2発(28m)
3発
0.38秒(2発)
0.76秒(3発)

アタッチメント

マズル
 長所短所
フラッシュガードマズルフラッシュを低減して射撃中の視認性を良くする。弾速が遅くなる
マズルブレーキ連射時のブレが低減・エイム速度が0.015秒遅くなる
・エイム中の揺れが大きくなる
コンペンセーター・縦反動の軽減・エイム速度が0.015秒遅くなる
・エイム時の揺れが大きくなる
バレル
 長所短所
.357スナブノーズ・エイム速度が0.015秒速くなる
・移動速度が速くなる
・弾速が遅くなる
・反動が増加
シルバーフィールド・オーディナンス.357・射程距離が3m伸びる
・弾速強化
・エイム速度が0.015秒遅くなる
.357ロング・射程距離が8m伸びる
・弾速強化
・反動軽減
・エイム速度が0.03秒遅くなる
・移動速度が遅くなる
レーザー
 長所短所
1mWレーザー・腰撃ちの精度を少し上昇
・明るくないレーザ-で、位置がバレにくい
なし
5mWレーザー・腰撃ち精度が大幅に向上
・ダッシュ後の射撃が速くなる
レーザー光で位置がバレやすい
タックレーザー・エイム速度が0.015秒速くなる
・エイム中の揺れが少なくなる
・エイム時移動中の揺れが小さくなる
レーザー光で位置がバレやすい
サイト
 長所短所
オペレーターリフレックスサイト等倍サイト・エイム速度が0.008秒遅くなる
エイムOPリフレックスサイト等倍サイト・エイム速度が0.008秒遅くなる
コープコンバットホロサイト等倍サイト・エイム速度が0.008秒遅くなる
GIユニットミニリフレックス等倍サイト・エイム速度が0.008秒遅くなる
Solozeroサイトミニリフレックス等倍サイト・エイム速度が0.008秒遅くなる
スカウトコンバットサイト3.25倍サイト・エイム速度が0.06秒遅くなる
APX5ホログラフィックサイト等倍サイト・エイム速度が0.008秒遅くなる
バイパーリフレックスサイト等倍サイト・エイム速度が0.008秒遅くなる
VLX3.0xサイト3倍サイト・エイム速度が0.06秒遅くなる
Cronen LP945ミニリフレックス等倍サイト・エイム速度が0.008秒遅くなる
モノクルリフレックスサイト等倍サイト・エイム速度が0.008秒遅くなる
Cronen C480 Proサイト3.5倍サイト・エイム速度が0.06秒遅くなる
Lockwoodハンドガンスコープ4倍サイト・エイム速度が0.12秒遅くなる
トリガーアクション
 長所短所
軽量トリガー・連射速度を7RPM増加・エイム時の揺れが大きくなる
耐久トリガー・エイム時の揺れの軽減
・移動中のエイム時の揺れの軽減
・連射速度が遅くなる
マッチグレードトリガー・連射速度を2RPM強化
・エイム時の揺れの軽減
・腰撃ち精度が悪くなる
マガジン
 長所短所
スネークショットバックショット
(ショットガン化)
射程距離が短くなる
リアグリップ
 長所短所
粒状グリップテープ・エイム時の揺れが軽減
・エイム時移動中の揺れが小さくなる
・エイム中の移動速度が低下
Lookwood.357カスタムストック・反動軽減
・エイム時の揺れが軽減
・エイム時移動中の揺れが小さくなる
・エイム中の移動速度が低下
・エイム速度が0.03秒遅くなる
ラバーグリップテープ・反動軽減・エイム時の揺れが大きくなる
ステッピング加工グリップテープ・エイム速度が0.03秒速くなる
・ダッシュ後の射撃が速くなる
・エイム時の揺れが大きくなる
FSSレイダーストック・反動軽減
・エイム時の揺れが軽減
・エイム時移動中の揺れが小さくなる
・エイム中の移動速度が低下
・エイム速度が0.015秒遅くなる
PERK
 長所
高速近接近接攻撃が素早くなる
フルロード所持弾数MAXの状態で開始
フランジブル弾 : 傷害ダメージを与えた敵の自動回復を遅くさせる
スライハンド切迫した状況でのリロード速度が速くなる
リーコン敵のネームプレートが表示される距離が長くなる
稼ぎ屋HSで追加XPを獲得
フランジブル弾 : 障害足を撃つとタクティカルダッシュを無効
ヘビーヒッター殴り攻撃でスタン状態にさせられる
FMJ貫通力とキルストリークへのダメージを強化

特徴と立ち回り方について!

威力の高いリボルバーで、23m以内であればヘッドショットで1発キルが可能です。

またヘッドショットで無くても45m以内で2発キルが出来るので、サブウエポンながらも遠距離にも対応できます。

その他「スネークショット」を付けてショットガン化する事で、近距離であればヘッドショットで無くてもワンショットキルが可能になります。

 

しかし連射速度が遅く、2発キル時のキルタイムがとても遅いです。

この遅さによって、ヘッドショットを決められないと全距離において不利になりやすいので、撃ち合いにはあまり強くありません。

また装弾数も少なく、ハンドガンとしてはリロード速度が遅いという欠点もあります。

その為、この武器の場合は「スネークショット」によって、サブウエポン枠で使えるショットガンとして運用するのがおすすめです。

もし高威力のハンドガンを使いたいのであれば「.50GS」の方が連射速度が速いので、そちらを使うのが効果的と言えます。

スポンサードリンク

おすすめなアタッチメントの組み合わせ!

 アタッチメント長所短所
レーザータックレーザー・エイム速度が0.015秒速くなる
・エイム中の揺れが少なくなる
・エイム時移動中の揺れが小さくなる
レーザー光で位置がバレやすい
トリガーアクション軽量トリガー・連射速度を7RPM増加・エイム時の揺れが大きくなる
マガジンスネークショットバックショット
(ショットガン化)
射程距離が短くなる
リアグリップステッピング加工グリップテープ・エイム速度が0.03秒速くなる
・ダッシュ後の射撃が速くなる
・エイム時の揺れが大きくなる
PERKスライハンド切迫した状況でのリロード速度が速くなるなし

上でも書いたようにこの武器は「スネークショット」を付けてショットガン化するのがおすすめです。

そして、ショットガン化した場合はエイムした方がワンショットキル出来る距離が伸びるので、エイム速度を速める為に「タックレーザー」「ステッピング加工グリップテープ」を付けています。

軽量トリガー」については数値上だとそこまで変わらない様に思えますが、実際の使用感においては違いが感じられるので、元々遅い連射速度をカバーする為にもおすすめです。

そして最後に「スライハンド」は元々少ない装弾数とリロード速度の遅さをカバーする為に付けています。

 

これらの組み合わせにする事で、

サブウエポン枠で使えるエイム速度の速いショットガン

として使えるので、近距離戦で強力な性能を発揮してくれます。

なのでオーバーキルを使わずにサブで近距離向けの武器を使いたい方におすすめです。

スポンサードリンク

まとめ!

  • ヘッドショットでワンショットキル出来るリボルバー!
  • 連射速度が遅く、2発キル時のキルタイムがとても遅い!
  • スネークショットでショットガン化するのがおすすめ!

 

この様に「.357」はデフォルトの状態で使おうとすると、ヘッドショットをしなければ不利になりやすいので扱いの難しい武器です。

しかし「スネークショット」を付ける事で、近距離ならワンショットキルが確実になるので、とても強力な武器になります。

その為、メインで遠距離向けの武器を持って、サブで近距離特化の武器を使いたいという場合におすすめです。

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek Vortex」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「FPS Freek Vortex」がおすすめです。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう