【COD:MW】MK2カービン 性能とおすすめのアタッチメント、立ち回りについて!【MR】

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

MK2カービン」はADS速度がとても速いSRと言った様な武器で、レートも高く突スナ向けの武器となっています。

しかしワンショットキルが可能な部位が殆どヘッドショット周辺となっているので、狙う部位を意識して使う必要があります。

 

この記事では詳しい特徴やおすすめのカスタムについて書いていくので良ければ参考にして下さい。

ちなみにRPMと覗き込み速度も記載していますが、多少の誤差があると思うので参考程度によろしくお願いします。

・全武器性能一覧はこちら!

スポンサードリンク

性能とアタッチメント!

性能表

 MK2カービン
マガジン容量6発
RPM106
ADS0.185秒(最速)
0.23秒(通常)
0.275秒(最遅)
キル弾数1発
2発
キルタイム0.56秒(2発)
リロード速度0.85秒

0.55秒(1発毎に)
 マガジンADSリロードRPMキル弾数TTK
EBR-1410発
0.30.5秒(最速)
0.32秒(通常)
0.365秒(最遅)
1.35秒2952発0.20秒
MK2カービン6発0.185秒(最速)
0.23秒(通常)
0.275秒(最遅)
0.85秒

0.55秒(1発毎に)
1061発
2発
0.56秒(2発)
KAR98K

アタッチメント

マズル
 長所短所
フラッシュガードマズルフラッシュを低減して射撃中の視認性を良くする。エイム速度が0.015秒遅くなる
タクティカルサプレッサー・発砲時の音が軽減・エイム速度が0.015秒遅くなる
・エイム時の揺れが大きくなる
マズルブレーキ連射時の反動によるブレが低減・エイム速度が0.015秒遅くなる
・エイム時の揺れが大きくなる
コンペンセーター・反動によるブレが少なくなる・エイム速度が0.015秒遅くなる
・エイム時の揺れが大きくなる
バレル
 長所短所
ショートバレル・エイム速度が0.03秒速くなる
・移動速度が速くなる
・弾丸の速度が二段階遅くなる
・反動によるブレが増加する
耐久バレル・射程距離の増加
・弾速の強化
・エイム速度が0.015秒遅くなる
レーザー
 長所短所
1mWレーザー・腰撃ちの精度を少し上昇
・明るくないレーザ-で、位置がバレにくい
なし
サイト
 長所短所
オペレーターリフレックスサイトアメリカ製リフレックスサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
コープコンバットホロサイトアメリカ製ホログラフィックサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
エイムOPリフレックスサイト西洋のリフレックスサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
スカウトコンバットサイト3倍率のサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
APX5ホログラフィックサイト1倍と4倍に切り替えられるサイト・エイム速度が0.015秒遅くなる
・反動によるブレが大きくなる
Solozeroサイトミニフレックス丸みの帯びたサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
マークスカウトサイト3倍率のサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
ストック
 長所短所
接近戦用ストックエイム速度が0.015秒速くなる・反動によるブレが大きくなる
・エイム時の揺れが大きくなる
アンダーバレル
 長所短所
なし
マガジン
 長所短所
なし
リアグリップ
 長所短所
なし
PERK
 長所短所
ヘビーヒッター殴り攻撃でスタン状態にさせられるなし
FMJ貫通力とキルストリークへのダメージを強化なし
スライハンド切迫した状況でのリロード速度が速くなるなし
フランジブル弾 : 作用中ダメージを与えた敵の自動回復を遅くさせるなし
フルロード所持弾数MAXの状態で開始なし

特徴と立ち回り方について!

恐らくですが、この武器を遠距離向けの武器と思って使った方は、

ワンショットキルが殆ど出来ない弱い武器

と思われるかもしれません。

しかし近~中距離戦メインで使用してみるとその評価は覆ると思います。

と言うのもこの武器の即死範囲はとても狭く、胸か頭にしっかり当てないと1発で倒せません。

そして遠距離でその小さな的に当てるのはとても難しく、当たってるようでも微妙にずれて1発で倒せない事が頻発しやすいです。

 

しかし近~中距離ではその的が大きくなるので、ワンショットキルを狙うのがそこまで難しく無くなります。

それでいてADS速度がかなり速く、これは今までのCOD作品のスナイパーライフルと比べればトップクラスの速さです。

加えて「MK2カービン」は、武器カテゴリーがSRでは無くマークスマンライフルとなっているのでエイムアシストが効いています。

その為、

  • SRとしてはレートがかなり速め!
  • ADS速度もSRとしては最近のCODでは考えられないほどの速さ!
  • 最近のCODのSRでは無かったエイムアシストが効く!

と言う仕様になっているので、BO4などのスナイパーライフルを使い慣れている方であれば、バシバシとワンショットキルを連発できると思います。

 

ただし、やはり遠距離ではあまり使い物にならず、SRの「AX50」やLMGの「M91」またはARの「ODEN」の方が圧倒的に使いやすく強いです。

その為、マークスマンライフルながらも、遠距離戦は避けて近~中距離戦で立ち回るのがおすすめです。

スポンサードリンク

おすすめなアタッチメントの組み合わせ!

 アタッチメント長所短所
バレルショートバレル・エイム速度が0.03秒速くなる
・移動速度が速くなる
・弾丸の速度が二段階遅くなる
・反動によるブレが増加する
レーザー1mWレーザー・腰撃ちの精度を少し上昇
・明るくないレーザ-で、位置がバレにくい
なし
サイトマークスカウトサイト3倍率のサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
ストック接近戦用ストックエイム速度が0.015秒速くなる・反動によるブレが大きくなる
・エイム時の揺れが大きくなる
PERKスライハンド切迫した状況でのリロード速度が速くなるなし

上でも書いたように「MK2カービン」は遠距離戦で使おうとすると微妙なので、ADS速度を速めて近~中距離戦特化にしてしまうのがおすすめです。

なので今回のカスタムについても射程距離や弾速などは気にせず、近距離での使いやすさを重視して構成しています。

 

まず「ショートバレル」ではADS速度を0.03秒速めてくるので、かなり効果的なアタッチメントです。

そして「 1mWレーザー」はデメリットが特に無い点と、もしもの時の腰撃ちが当たりやすくなるので付けています。

ただし、レーザーによる位置バレを避けたいと思う方は何も付けない方がおすすめです。

 

そして「サイト」では通常の3倍サイトである「 マークスカウトサイト」か「スカウトコンバットサイト」がおすすめ出来ます。

他にも1倍と4倍に切り替えられる「APX5ホログラフィックサイト」もありますが、これについては

  • ブレが大きくなってしまう
  • 倍率を切り替える煩わしさが出てくる
  • 4倍は近距離だとズームが強すぎる

と感じられるのであまりお勧めできません。

その他の1倍サイトだと敵が小さくなって、ヘッドショットと胸が狙いにくくなってしまいます。

そこで3倍サイトであれば程よい倍率で敵が大きく見え、近距離でもあまり不自由さは無いので使いやすいです。

 

次に「接近戦用ストック」はADS速度を速く出来るので付けています。

またデメリットについても近~中距離で立ち回る、クイックショットを狙っていくのであれば全く気にならないので、このカスタムと相性が良いです。

 

そして最後に「PERK」では切迫時のリロード速度を速める「スライハンド」がおすすめ出来ます。

大きな理由としてはこの武器は1発ずつ弾込めをするので、細かなリロードが多くなりがちです。

なのでその隙を減らす為にも「スライハンド」はとっておきのアタッチメントと言えます。

 

これらの組み合わせにする事で、

  • ADS速度が0.03秒速くなる!
  • 腰撃ち精度の強化!
  • 3倍率サイトによってエイムがしやすくなる!
  • リロード速度の向上!

これらのメリットが生まれるので、近~中距離でのクイックショットがやりやすくなります。

なのでMWで突スナプレイをしたい方や、4連フィードなどを取りたい方は是非試してみて下さい。

スポンサードリンク

まとめ!

  • マークスマンライフルと言うよりはスナイパーライフルに近い武器!
  • ADS速度が速くクイックショットが決めやすい!
  • スナイパー系武器としては連射速度が速め!
  • 頭か胸に当てないとワンショットキルが取れない!

 

この様にワンショットキルを決めるには正確なエイムが必要になりますが、ベータで使えた中では最も突スナに向いている武器でした。

またこの取り回しの良さはADS速度の速さとエイムアシストがある分、過去作と比べてもかなり使いやすくなっています。

なので今までの作品の様に、スピーディーなスナイパープレイをしたい方におすすめです。

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek Vortex」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「FPS Freek Vortex」がおすすめです。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう