【COD:MW】ODEN 性能とおすすめのアタッチメント、立ち回りについて!【AR】

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

「ODEN」は低レート高威力なARで2発キルが可能な武器です。

これによって高い火力を持っており、連射速度が遅いながら近距離でも素早いキルタイムでキルしやすくなっています。

またアタッチメント次第で欠点を大きくカバーすることも出来るので、弱点の少ない強武器と言える性能を持ちます。

 

この記事では詳しい特徴やおすすめのカスタムについて書いていくので良ければ参考にして下さい。

ちなみにRPMと覗き込み速度も記載していますが、多少の誤差があると思うので参考程度によろしくお願いします。

・全武器性能一覧はこちら!

スポンサードリンク

性能とアタッチメント!

性能表

 ODEN
マガジン容量20発
30発(拡張)
RPM431
ADS0.285秒(最速)
0.30秒(通常)
0.36秒(最遅)
キル弾数2発
3発
キルタイム0.14秒(2発)
0.28秒(3発)
リロード速度2.02秒
 マガジンADSリロードRPMキル弾数TTK
M4A130発
0.155秒(最速)
0.20秒(通常)
0.275秒(最遅)
1.37秒8374発
5発
0.22秒(4発)
0.29秒(5発)
AK-4730発0.27秒(最速)
0.27秒(通常)
0.33秒(最遅)
1.20秒5603発
4発
0.21秒(3発)
0.32秒(4発)
M1330発0.17秒(最速)
0.20秒(通常)
0.245秒(最遅)
1.37秒9235発
6発
0.26秒(5発)
0.33秒(6発)
FR 5.5630発0.225秒(最速)
0.27秒(通常)
0.33秒(最遅)
1.67秒1351
0.30秒(BD)
3発
4発
0.09秒(3発)
0.43秒(4発)
ODEN20発0.285秒(最速)
0.30秒(通常)
0.36秒(最遅)
2.02秒4312発
3発
0.14秒(2発)
0.28秒(3発)
KILO 141
FAL
FN SCAR 17S

アタッチメント

マズル
 長所短所
フラッシュガードマズルフラッシュを低減して射撃中の視認性を良くする。エイム速度が0.015秒遅くなる
タクティカルサプレッサー・発砲時の音が軽減・エイム速度が0.015秒遅くなる
・エイム時の揺れが大きくなる
マズルブレーキ連射時の反動によるブレが低減・エイム速度が0.015秒遅くなる
・エイム時の揺れが大きくなる
CQBブリーチャーデバイス殴り攻撃が一発でキル出来る様になるなし
ロングレンジサプレッサー・射程距離が長くなる。
・発砲時の音が軽減
・エイム速度が0.015秒遅くなる
・エイム時の揺れが大きくなる
コンペンセーター・反動による縦ブレが少なくなる・エイム速度が0.015秒遅くなる
・エイム時の揺れが大きくなる
バレル
 長所短所
耐久バレル・弾速が2段階速くなる
・射程距離の増加
・反動によるブレが少なくなる
・エイム速度が0.015秒遅くなる
・移動速度が遅くなる
レーザー
 長所短所
1mWレーザー・腰撃ちの精度を少し上昇
・明るくないレーザ-で、位置がバレにくい
なし
5mWレーザー・明るいレーザーで腰撃ち精度が大幅に向上レーザー光で位置がバレやすい
サイト
 長所短所
オペレーターリフレックスサイトアメリカ製リフレックスサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
コープコンバットホロサイトアメリカ製ホログラフィックサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
Solozeroサイトミニフレックス丸みの帯びたサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
エイムOPリフレックスサイト西洋のリフレックスサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
APX5ホログラフィックサイト1倍と4倍に切り替えられるサイト・エイム速度が0.015秒遅くなる
・反動によるブレが大きくなる
マークスカウトサイト3倍率のサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
バイパーリフレックスサイトロシア製リフレックスサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
スナイパースコープスナイパーのスコープ・エイム速度が0.015秒遅くなる
・反動によるブレが大きくなる
ストック
 長所短所
ヘビーストック・反動によるブレが少なくなる
・エイム時の揺れが少なくなる
・エイム中の移動速度が遅くなる
ライトウェイトストックエイム時の移動速度が速くなる・反動によるブレが大きくなる
・エイム時の揺れが大きくなる
アンダーバレル
 長所短所
バイポッド伏せとしゃがみ時の反動によるブレを軽減なし
アングルフォアグリップ水平方向の反動を軽減移動速度が遅くなる
バーティカルフォアグリップ垂直方向の反動を軽減移動速度が遅くなる
マガジン
 長所短所
拡張マガジン・装弾数が10発増える・エイム速度が0.015秒遅くなる
・移動速度が遅くなる
リアグリップ
 長所短所
ハンドガングリップ : スティプル・エイム速度が0.015秒速くなる
・ダッシュ後の射撃が速くなる
・反動によるブレが大きくなる
PERK
 長所短所
高速近接攻撃殴り攻撃が速くなるなし
FMJ貫通力とキルストリークへのダメージを強化なし
リーコン敵のネームプレートが表示される距離が長くなるなし
フランジブル弾 : 作用中ダメージを与えた敵の自動回復を遅くさせるなし
スライハンド切迫した状況でのリロード速度が速くなるなし
ヘビーヒッター殴り攻撃でスタン状態にさせられるなし

特徴と立ち回り方について!

フルオート武器としてはかなり高火力な武器となっていて、基本的に上半身に当てれば2発でキルする事が出来ます。

その為、レートが低いながらもそのキルタイムは全武器中トップクラスの速さで、近距離でも問題無く高火力を発揮出来ます。

また装弾数が20発と少なめですがレートが遅く、キルに必要な弾数も少ないので弾持ちがとても良いです。

なので「拡張マガジン」を付けなくても問題無く使いやすくなっています。

 

ただし威力が高い代わりに反動がとても強く、デフォルトの状態だとフルオートで中距離以降を狙うのが難しいです。

またADS速度が遅く、ARの中でも最遅となっているので急な接近戦への対応も難しくなっています。

その他リロード速度も遅めとなっているので、

  • 遠距離を狙う場合はタップ撃ちをする
  • 予めサイトを覗き込んだ状態で交戦するようにする
  • リロードするタイミングに気を付ける

と言うのを意識して使うのがおすすめです。

スポンサードリンク

おすすめなアタッチメントの組み合わせ!

通常モード向けのカスタム

 アタッチメント長所短所
マズルコンペンセーター・反動による縦ブレが少なくなる・エイム速度が0.015秒遅くなる
・エイム時の揺れが大きくなる
ストックヘビーストック・反動によるブレが少なくなる
・エイム時の揺れが少なくなる
・エイム中の移動速度が遅くなる
アンダーバレルアングルフォアグリップ水平方向の反動を軽減移動速度が遅くなる
マガジン拡張マガジン
or
なし
・装弾数が10発増える・エイム速度が0.015秒遅くなる
・移動速度が遅くなる
リアグリップハンドガングリップ : スティプル・エイム速度が0.015秒速くなる
・ダッシュ後の射撃が速くなる
・反動によるブレが大きくなる
PERKFMJ貫通力とキルストリークへのダメージを強化なし

「ODEN」は2発キル時のキルタイムがとても速く、しっかり上半身に当てさえすれば強力な性能を発揮します。

なのでおすすめなカスタムとしては欠点でもある、

  • 反動の軽減
  • ADS速度の劣化をなるべく抑える

を重視して細かいミスをしにくくするのがおすすめです。

 

まず反動を抑えるアタッチメントとして「コンペンセーター」「ヘビーストック」「アングルフォアグリップ」の三つを付けていますが、これらはそれぞれ

  • コンペンセーター … 縦反動が大幅に軽減される
  • ヘビーストック … 細かなブレが少なくなる
  • アングルフォアグリップ … 横反動が抑えられて縦反動の制御に集中しやすくなる

と言う効果があるので、これらは3つ付けるのがおすすめ出来ます。

 

そして「拡張マガジン」については元々の20発のままでも十分な弾持ちですが、付ける事で5人以上の敵をリロード無しで簡単に倒せるようになります。

なので驚異的な弾持ちが欲しい方におすすめです。

しかし敢えて付けずにADS速度を重視するというのも良いと思います。

 

そして「ハンドガングリップ : スティプル」ではADS速度とダッシュ直後の隙が軽減できます。

またデメリットとして反動が大きくなってしまいますが、上の3つのアタッチメントを付けていれば特に酷くはなりません。

そして最後にパークでは個人的に「FMJ」がおすすめです。

これを付ける事で多少の遮蔽物は関係なく攻撃できるようになるので、頭出しの敵の対処も楽になります。

また元々の威力が高いので遮蔽物越しでも大ダメージが与えられます。

 

これらの組み合わせにする事で、

  • 反動がかなり小さくなる!
  • 装弾数が増えて弾持ちがとても良くなる!
  • ADS速度が0.015秒しか遅くならない!
  • ダッシュ後の隙が軽減する!
  • 貫通力が強化される!

と言うメリットが生まれるので、より高火力が引き立てられて使いやすくなります。

特に反動がとても小さくなるので、デフォルトでは厳しかった遠距離にも対応しやすくなります。

なのでTDMやDOMなど、通常のゲームモードで使いやすくしたい方は是非試してみて下さい。

スポンサードリンク

グラウンドウォー向けのカスタム

 アタッチメント長所短所
マズルロングレンジサプレッサー・射程距離が長くなる。
・発砲時の音が軽減
・エイム速度が0.015秒遅くなる
・エイム時の揺れが大きくなる
バレル耐久バレル・弾速が2段階速くなる
・射程距離の増加
・反動によるブレが少なくなる
・エイム速度が0.015秒遅くなる
・移動速度が遅くなる
サイトマークスカウトサイト3倍率のサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
ストックヘビーストック・反動によるブレが少なくなる
・エイム時の揺れが少なくなる
・エイム中の移動速度が遅くなる
アンダーバレルアングルフォアグリップ水平方向の反動を軽減移動速度が遅くなる

遠距離戦に特化したカスタムで、グラウンドウォーの広大なマップでも距離に関係なく素早いキルがし易くなります。

ただしこのカスタムはADS速度がとても遅くなって、近~中距離では使い物になりません。

その為、「オーバーキル」を装備して近距離向けのメインウエポンとセットで使っていくのがおすすめです。

 

まず「ロングレンジサプレッサー」については射程距離を伸ばすだけでなく、サイレンサー効果も付けてくれるので位置がバレにくくなります。

特に遠くにいる敵であれば音自体が全く聴こえないので、マップが広いグラウンドウォーではかなり有利です。

 

そして「耐久バレル」では弾速を2段階速くなり、遠距離でも思い通りに攻撃しやすくなります。

また反動の軽減と射程距離を伸ばしてくれるのも良い点です。

 

サイト」については遠距離の敵を狙いやすくする為にも、3倍サイトを付けるのがおすすめです。

ちなみに「APX5ホログラフィックサイト」であれば4倍にすることも出来ますが、ブレも強くなってしまうので基本的には「マークスカウトサイト」の方がおすすめ出来ます。

 

次に「ヘビーストック」「アングルフォアグリップ」は、遠距離での細かいブレの制御をしやすくする為に必ず付けた方が良いです。

またアンダーバレルは横反動を軽減する「アングルフォアグリップ」にしている理由については、横反動の方が左右の制御に気を遣うので縦反動の制御より難しいです。

なので水平方向のブレを軽減する方がおすすめ出来ます。

 

これらの組み合わせにする事で、遠距離の敵も素早く倒せるようになり、サプレッサーによって位置もバレにくくなります。

またスナイパーライフルと違ってスコープが光る事が無いというのも良い点です。

なので遠距離に強い武器を使いたい方は是非試してみて下さい。

スポンサードリンク

まとめ!

  • 2発でキルが可能!
  • レートが遅めで弾持ちが良い!
  • 近距離でも問題無く使えるキルタイムを持つ!
  • 反動が大きめ!
  • ADS速度とリロード速度が遅い!

 

この様に「ODEN」は低レートながらもとてつもない高威力を持っているので、近距離にも強いARとなっています。

また欠点である反動の強さについても、アタッチメントによって大きく抑えられるので問題ないです。

アタッチメント次第で近距離から遠距離まで対応しやすい高火力AR

となっているので、個人的に今作で1、2を争う強武器に感じています。

その為、強い武器を使いたい方にとてもおすすめです。

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek Vortex」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「FPS Freek Vortex」がおすすめです。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう