【COD:MW】FR 5.56 性能とおすすめのアタッチメント、立ち回りについて!【AR】

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

「FR 5.56」は高火力な3点バーストライフルで、ワントリガーキルも可能な武器です。

特に今作では体力が少ないという事もあり、広い距離でワントリガーキルが狙える強力さを持っています。

 

この記事では詳しい特徴やおすすめのカスタムについて書いていくので良ければ参考にして下さい。

ちなみにRPMと覗き込み速度も記載していますが、多少の誤差があると思うので参考程度によろしくお願いします。

・全武器性能一覧はこちら!

スポンサードリンク

性能とアタッチメント!

性能表

 FR 5.56
マガジン容量30発
50発(拡張)
60発(拡張)
RPM1351
バーストディレイ0.30秒
ADS0.27秒
キル弾数2発(HS)
3発(28m)
4発
キルタイム0.04秒(2発)
0.09秒(3発)
0.43秒(4発)
リロード速度1.67秒
 マガジンADSリロードRPMキル弾数TTK
KILO 14130発0.22秒1.38秒7713発(HS)
4発(30m)
5発
0.16秒(3発)
0.23秒(4発)
0.31秒(5発)
FAL20発0.27秒1.93秒4392発(35m + 胸上)
2発(12m + 胸下)
3発
0.14秒(2発)
0.28秒(3発)
M4A130発
0.23秒1.37秒8243発(HS)
4発(28m)
5発
0.15秒(3発)
0.22秒(4発)
0.29秒(5発)
M1330発0.22秒1.37秒9233発(HS)
5発(25m)
6発
0.13秒(3発)
0.26秒(5発)
0.33秒(6発)
FR 5.5630発0.27秒1.67秒1351
0.30秒(BD)
2発(HS)
3発(28m)
4発
0.04秒(2発)
0.09秒(3発)
0.43秒(4発)
ODEN20発0.32秒2.02秒4312発(HS)
2発(35m + 胸上)
2発(12m + 胸下)
3発
0.14秒(2発)
0.28秒(3発)
FN SCAR 17S20発0.32秒1.43秒5952発(HS)
3発(25m)
4発
0.10秒(2発)
0.20秒(3発)
0.30秒(4発)
AK-4730発0.27秒1.20秒5602発(HS)
3発(胸上)
3発(胸下 + 25m)
4発
0.11秒(2発)
0.21秒(3発)
0.32秒(4発)
RAM-730発0.22秒1.57秒8783発(HS)
4発(25m)
5発(40m)
6発
0.14秒(3発)
0.20秒(4発)
0.27秒(5発)
0.34秒(6発)

アタッチメント

マズル
 長所短所
フラッシュガードマズルフラッシュを低減して射撃中の視認性を良くする。弾速が遅くなる
タクティカルサプレッサーサプレッサー効果・エイム速度が0.015秒遅くなる
・エイム時移動中の揺れが大きくなる
マズルブレーキ連射時のブレが低減・エイム速度が0.015秒遅くなる
・エイム中の揺れが大きくなる
ライトウェイトサプレッサーサプレッサー効果射程距離が短くなる
コンペンセーター・縦反動の軽減・エイム速度が0.015秒遅くなる
・エイム時の揺れが大きくなる
モノリシックサプレッサー・サプレッサー効果
・射程距離を3m強化
・エイム速度が0.03秒遅くなる
・エイム時移動中の揺れが大きくなる
バレル
 長所短所
FR 15.9''コマンド・エイム速度が0.015秒速くなる
・移動速度が速くなる
・弾速が遅くなる
・反動が増加
FR 24.4''スナイパー・射程距離を8m強化
・弾速が速くなる
・反動の軽減
・エイム速度が0.05秒遅くなる
・移動速度が遅くなる
TAC FORGEウルトラライト不明・弾速が遅くなる
・エイム速度が0.015秒遅くなる(バグ?)
レーザー
 長所短所
1mWレーザー・腰撃ちの精度を少し上昇
・明るくないレーザ-で、位置がバレにくい
なし
5mWレーザー・腰撃ち精度が大幅に向上
・ダッシュ後の射撃が速くなる
レーザー光で位置がバレやすい
タックレーザー・エイム速度が0.03秒速くなる
・エイム中の揺れが少なくなる
・エイム時移動中の揺れが小さくなる
レーザー光で位置がバレやすい
サイト
 長所短所
Cronen LP945ミニリフレックス等倍サイト・エイム速度が0.015秒遅くなる
コープコンバットホロサイト等倍サイト・エイム速度が0.015秒遅くなる
オペレーターリフレックスサイト等倍サイト・エイム速度が0.015秒遅くなる
スカウトコンバットサイト3.25倍サイト・エイム速度が0.03秒遅くなる
4.0xフリップハイブリッド4倍サイト・エイム速度が0.05秒遅くなる
エイムOPリフレックスサイト等倍サイト・エイム速度が0.015秒遅くなる
APX5ホログラフィックサイト等倍サイト・エイム速度が0.015秒遅くなる
インテグラル・ハイブリッド1倍と3.25倍に切り替えられるサイト・エイム速度が0.05秒遅くなる
ソロゼロNVG改良版3.25倍ナイトビジョン・エイム速度が0.06秒遅くなる
VLX3.0xサイト3倍サイト・エイム速度が0.03秒遅くなる
スナイパースコープ8倍スコープ・エイム速度が0.12秒遅くなる
バイパーリフレックスサイト等倍サイト・エイム速度が0.015秒遅くなる
GIユニットミニリフレックス等倍サイト・エイム速度が0.015秒遅くなる
PBXホロ7サイト等倍サイト・エイム速度が0.015秒遅くなる
Cronen C480 Proサイト3.5倍サイト・エイム速度が0.03秒遅くなる
モノクルリフレックスサイト等倍サイト・エイム速度が0.015秒遅くなる
可変ズームスコープ3倍と5.6倍に切り替えられるサイト・エイム速度が0.08秒遅くなる
傾斜ハイブリッド1倍と3.25倍に切り替えられる・エイム速度が0.06秒遅くなる
マークサーマルサイト3.25倍サーマルサイト・エイム速度が0.06秒遅くなる
サーマル・ハイブリッド1倍サイトと3.25倍サーマルサイトを切り替えられる・エイム速度が0.06秒遅くなる
Solozeroサイトミニリフレックス等倍サイト・エイム速度が0.015秒遅くなる
ストック
 長所短所
FRウルトラライト・エイム時の移動速度が速くなる・エイム時の揺れが増加
FORGE TACバラストパック・エイム時の揺れが少なくなる・エイム中の移動速度が遅くなる
FFSタックラップ・エイム速度が0.03秒速くなる・エイム時の揺れが増加
アンダーバレル
 長所短所
コマンドフォアグリップ・連射時のブレが低減
・エイム時の揺れの軽減
・移動速度が遅くなる
M203 40mm高性能爆弾・グレラン・エイム速度が0.015秒遅くなる
・移動速度が遅くなる
M203 40mm焼夷弾・焼夷弾・エイム速度が0.015秒遅くなる
・移動速度が遅くなる
12 Gauge Deputy・ショットガン・エイム速度が0.015秒遅くなる
マークフォアグリップ・縦反動の軽減
・腰撃ち精度強化
・エイム速度が0.03秒遅くなる
・エイム中の移動速度が遅くなる
M203 40mmスモークスクリーン・スモーク・エイム速度が0.015秒遅くなる
・移動速度が遅くなる
タクティカルフォアグリップ・エイム時の揺れの軽減・移動速度が遅くなる
M203 40mmリーコン・スナップショット弾・エイム速度が0.015秒遅くなる
・移動速度が遅くなる
バイポッド・伏せとしゃがみ時の反動軽減なし
M203 40mmフラッシュ・フラッシュ・エイム速度が0.015秒遅くなる
・移動速度が遅くなる
レンジャーフォアグリップ・縦反動の軽減
・エイム時の揺れの軽減
・エイム速度が0.03秒遅くなる
・エイム中の移動速度が遅くなる
M203 40mmコンカッション・コンカッション・エイム速度が0.015秒遅くなる
・移動速度が遅くなる
オペレーターフォアグリップ・縦反動の軽減・エイム速度が0.03秒遅くなる
マガジン
 長所短所
50ラウンドマガジン・装弾数が50発になる・エイム速度が0.015秒遅くなる
・移動速度が遅くなる
60ラウンドマガジン・装弾数が60発になる・エイム速度が0.03秒遅くなる
・移動速度が遅くなる
リアグリップ
 長所短所
粒状グリップテープ・エイム時の揺れが軽減
・エイム時移動中の揺れが小さくなる
・エイム中の移動速度が低下
ラバーグリップテープ・反動軽減・エイム時の揺れが大きくなる
ステッピング加工グリップテープ・エイム速度が0.015秒速くなる
・ダッシュ後の射撃が速くなる
・エイム時の揺れが大きくなる
PERK
 長所
高速近接近接攻撃が素早くなる
フルロード所持弾数MAXの状態で開始
フランジブル弾 : 作用中ダメージを与えた敵の自動回復を遅くさせる
スライハンド切迫した状況でのリロード速度が速くなる
リーコン敵のネームプレートが表示される距離が長くなる
稼ぎ屋HSで追加XPを獲得
フランジブル弾 : 障害足を撃つとタクティカルダッシュを無効
ヘビーヒッター殴り攻撃でスタン状態にさせられる
FMJ貫通力とキルストリークへのダメージを強化
冷静沈着より長く息止めが出来る

特徴と立ち回り方について!

高威力な3点バースト武器で、上半身~頭周辺に当てれば広い距離でワントリガーキルが出来ます。

特にヘッドショットを1発でも決めれば2発キル出来るので、積極的に狙っていけば横へ移動している敵にも安定してワントリガーキルが出しやすくなります。

そしてワントリガーキル時のキルタイムがフルオート武器などと比べてかなり速く、後から撃ち始めたとしても撃ち勝つことが可能です。

また、縦反動が強めですがその反動が良い具合に跳ねてくれるので、上半身から撃ち始めればヘッドショットへ勝手に当たりやすいです。

そしてセミオートモードに切り替える事も可能で、この時の精度がとても良く遠距離の場合はこちらの方が使いやすく感じます。

 

弱点としてはバーストディレイが長めな事が挙げられ、2トリガーキルでのキルタイムがとても遅いです。

これによって正面同士での撃ち合いの場合はワントリガーキルで無いと撃ち負けやすくなっています。

なので

  • ワントリガーキル時は最速のキルタイム
  • 2トリガーキル以上はどん底のキルタイム

となっているので、どれだけワントリガーキルを決められるのかが重要になってきます。

その為、使い方のコツとしては、

  • しっかり上半身~ヘッドショットを狙う!
  • 必ず初弾から当てる様にする!
  • 先手を取れる様に、なるべくエイムした状態で交戦する!

と言うのを意識して使うのがおすすめです。

スポンサードリンク

おすすめなアタッチメントの組み合わせ!

近~中距離特化型

 アタッチメント長所短所
バレルFR 15.9''コマンド・エイム速度が0.015秒速
・移動速度が速くなる
・弾速が遅くなる
・反動が増加
レーザータックレーザー・エイム速度が0.015秒速くなる
・エイム中の揺れが少なくなる
・エイム時移動中の揺れが小さくなる
レーザー光で位置がバレやすい
サイト自分が見やすい物・エイム速度が0.015~0.08秒遅くなる
ストックFFSタックラップ・エイム速度が0.03秒速くなる・エイム時の揺れが増加
リアグリップステッピング加工グリップテープ・エイム速度が0.015秒速くなる
・ダッシュ後の射撃が速くなる
・エイム時の揺れが大きくなる

コンセプトとしては、

ADS速度を速めて初弾から当てやすくしたカスタム

となっていて、近~中距離でのワントリガーキルのしやすさに特化しています。

 

まず「FR 15.9”コマンド」はエイム速度の強化以外にも移動速度を速める事が出来ます。

この移動速度強化は違いが実感できるくらい効果があるので、素早く動いて有利に立ち回りやすくなります。

デメリットとして反動が増加してしまいますが、そこまで酷くならないのであまり問題ではありません。

また弾速についてもグラウンドウォーでない限りはそこまで違いが無いので大丈夫です。

 

次に「タックレーザー」はあまり大きなデメリット無く、エイム関連のメリットが多く得られるので付けています。

また、エイムしない限りレーザーが出ないというのも良い点と言えます。

 

そして「サイト」については、

エイム速度が遅くなるので付けない方が良い

と考える方がいるかもしれませんが、個人的に必須と言えるくらい重要なアタッチメントだと思います。

と言うのも今作ではヘッドショットのダメージが大きく、「FR 5.56」の場合は1発でも頭に当てれば2発でワントリガーキルが可能です。

なので今作で有利に立ち回りたいのであれば、積極的にヘッドショットを狙う事が必須となってきます。

そこでサイトを付ける事によって、アイアンサイトよりもヘッドショットのしやすさが圧倒的に良くなりエイムがかなり楽になる筈です。

なので今までヘッドショットを意識していなかった方は、是非BOT撃ちなどで練習して頑張ってみて下さい。

またヘッドショットで無くてもサイトが合った方が3発全てを当てやすくなります。

ちなみに個人的には近~遠距離まで見やすい「スカウトコンバットサイト(3.25倍)」がおすすめです。

 

そして「 FFSタックラップ」「ステッピング加工グリップテープ」はそこまで大きなデメリットが無いながらも身軽さが強化できるので付けています。

特に反動の増加がしないというのが良い点だと思います。

一方でエイム時の揺れが大きくなってしまいますが、1つは「タックレーザー」でカバーできているのと、近~中距離戦を重視するこのカスタムにおいてはそこまで問題ではありません。

 

これらの組み合わせにする事によって、

  • ADS速度が速くなる
  • 反動増加は一段階のみで抑えられる
  • サイトによってワントリガーキルを狙いやすくなる
  • 移動速度が速くなる

と言うメリットが生まれて、近~中距離でのワントリガーキル、そして有利な立ち回りがしやすくなります。

また反動については適度に上へずれるので、正面から胸辺りを狙えば自然とヘッドショットになってくれることが多いです。

逆を言えば頭出しの敵に対処するのが難しいですが、セミオートモードであれば正確な射撃がしやすくなります。

なのでバーストと単発の切り替えを駆使して使用していくのがおすすめです。

スポンサードリンク

安定性重視型

 アタッチメント長所短所
バレルFR 24.4''スナイパー・射程距離を8m強化
・弾速が速くなる
・反動の軽減
・エイム速度が0.05秒遅くなる
・移動速度が遅くなる
レーザータックレーザー・エイム速度が0.015秒速くなる
・エイム中の揺れが少なくなる
・エイム時移動中の揺れが小さくなる
レーザー光で位置がバレやすい
サイトスカウトコンバットサイト
or
VLX3.0xサイト
・エイム速度が0.03秒遅くなる
アンダーバレルコマンドフォアグリップ・連射時のブレが低減
・エイム時の揺れの軽減
移動速度が遅くなる
リアグリップラバーグリップテープ・反動軽減・エイム時の揺れが大きくなる

こちらのコンセプトは、

反動を抑えて中~遠距離でワントリガーキルを狙いやすくしたカスタム

となっています。

 

まず「 FR 24.4”スナイパー」は今回のカスタムで最も重要なアタッチメントで、

  • 縦反動が大きく抑えられる
  • ワントリガーキル可能な距離長くなる

と言うメリットがあります。

特に射程距離に関しては実感できるくらい伸びるので、とても効果的です。

デメリットとしてエイム速度が大きく下がりますが、そこはARらしく無闇に走らない立ち回りでカバーすると良いです。

 

タックレーザー」については上で紹介したカスタムと同じ理由で、大きなデメリット無くエイム関連の性能を強化できるので付けています。

また「FR 24.4”スナイパー」「サイト」で遅くなってしまったエイム速度を少しカバー出来るのも良い点です。

 

そして「サイト」では中遠距離を狙いやすくする「」「」などががおすすめです。

この位の倍率であれば近~中距離でも対処しやすく、遠距離以降も狙いやすく出来ます。

ちなみに「インテグラル・ハイブリッド」など、倍率を変換できるものもありますが、エイム速度が更に遅くなってしまうのであまりお勧めできません。

 

次に「コマンドフォアグリップ」3点バーストの驚異的なレートによる反動が抑える事が出来ます。

これを付ける事によって左右の暴れ具合が変わってくるのでとても効果的です。

またエイム速度を遅くしないというのも良い点と言えます。

 

そして最後に「ラバーグリップテープ」はエイム速度を下げずに反動が軽減されるので付けています。

デメリットとしてエイム安定性が下がりますが、これは「タックレーザー」でカバー出来ているので大丈夫です。

 

これらの組み合わせにする事で、

  • ワントリガーキル可能な距離が長くなる
  • 反動がとても大人しくなって3発全て当てやすくなる
  • サイトによってワントリガーキルを狙いやすくなる

と言うメリットが生まれるので、安定した射撃がしやすくなります。

また上のカスタムと違って反動がとても弱くなるので、3点バーストモードのままでも遠距離や頭出しの敵にも対処しやすいです。

その為、あまり動き回らずに中~遠距離中心で戦いたい方に向いています。

スポンサードリンク

まとめ!

  • ワントリガーキルが出来る3点バーストライフル!
  • 縦反動を利用したヘッドショットがしやすい!
  • バーストディレイが長め!
  • ワントリガーキルを意識して使うのがおすすめ!

この様に「FR 5.56」はワントリガーキルが出来れば、強力な性能を発揮する武器となっています。

しかし2トリガー以上になってしまうとキルタイムがかなり遅くなってしまうのが大きな欠点です。

なのでしっかりと部位を狙って使わなければならないので強力な性能を持っている反面、比較的上級者向けの武器となっています。

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek Vortex」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「FPS Freek Vortex」がおすすめです。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう