【COD:MW】M13 性能とおすすめのアタッチメント、立ち回りについて!【AR】

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

「M13」はレートが高めなアサルトライフルでサブマシンガンよりの性能を持っています。

それでいて低反動で射程距離もSMGより長めなので、幅広い距離で使いやすいです。

 

この記事では詳しい特徴やおすすめのカスタムについて書いていくので良ければ参考にして下さい。

ちなみにRPMと覗き込み速度も記載していますが、多少の誤差があると思うので参考程度によろしくお願いします。

・全武器性能一覧はこちら!

スポンサードリンク

性能とアタッチメント!

性能表

 M13
マガジン容量30発
45発(拡張)
RPM923
ADS0.17秒(最速)
0.20秒(通常)
0.245秒(最遅)
キル弾数5発
6発
キルタイム0.26秒(5発)
0.33秒(6発)
リロード速度1.37秒
 マガジンADSリロードRPMキル弾数TTK
M4A130発
0.155秒(最速)
0.20秒(通常)
0.275秒(最遅)
1.37秒8374発
5発
0.22秒(4発)
0.29秒(5発)
AK-4730発0.27秒(最速)
0.27秒(通常)
0.33秒(最遅)
1.20秒5603発
4発
0.21秒(3発)
0.32秒(4発)
M1330発0.17秒(最速)
0.20秒(通常)
0.245秒(最遅)
1.37秒9235発
6発
0.26秒(5発)
0.33秒(6発)
FR 5.5630発0.225秒(最速)
0.27秒(通常)
0.33秒(最遅)
1.67秒1351
0.30秒(BD)
3発
4発
0.09秒(3発)
0.43秒(4発)
ODEN20発0.285秒(最速)
0.30秒(通常)
0.36秒(最遅)
2.02秒4312発
3発
0.14秒(2発)
0.28秒(3発)
KILO 141
FAL
FN SCAR 17S

アタッチメント

マズル
 長所短所
タクティカルサプレッサー・発砲時の音が軽減・エイム速度が0.015秒遅くなる
・エイム時の揺れが大きくなる
フラッシュガードマズルフラッシュを低減して射撃中の視認性を良くする。エイム速度が遅くなる
マズルブレーキ連射時の反動によるブレが低減・エイム速度が遅くなる
・エイム時の揺れが大きくなる
ブリーチャーデバイス殴り攻撃が一発でキル出来る様になるなし
コンペンセーター・反動によるブレが少なくなる・エイム速度が0.015秒遅くなる
・エイム時の揺れが大きくなる
ライトウェイトサプレッサー・発砲時の音が軽減
・移動速度が上昇
射程距離が短くなり、威力減衰が増加する
バレル
 長所短所
ライト・インテグラルサプレッサー・発砲時の音が軽減
・エイム速度が0.015秒速くなる
弾丸の速度が遅くなる
レーザー
 長所短所
1mWレーザー・腰撃ちの精度を少し上昇
・明るくないレーザ-で、位置がバレにくい
なし
サイト
 長所短所
オペレーターリフレックスサイトアメリカ製リフレックスサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
エイムOPリフレックスサイト西洋のリフレックスサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
コープコンバットホロサイトアメリカ製ホログラフィックサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
スカウトコンバットサイト3倍率のサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
4xハイブリッド1倍と4倍に切り替えられるサイト・エイム速度が0.015秒遅くなる
・反動によるブレが大きくなる
APX5ホログラフィックサイト1倍と4倍に切り替えられるサイト・エイム速度が0.015秒遅くなる
・反動によるブレが大きくなる
インテグラル・ハイブリッド1倍と3.25倍に切り替えられるサイト・エイム速度が0.015秒遅くなる
・反動によるブレが大きくなる
GIユニットミニリフレックス小型のリフレックスサイトエイム速度が0.015秒遅くなる
マークスカウトサイト3倍サイトエイム速度が0.015秒遅くなる
バイパーリフレックスサイトロシア製リフレックスサイト・エイム速度が0.015秒遅くなる
ストック
 長所短所
ライトウェイトストックエイム時の移動速度が速くなる・反動によるブレが大きくなる
・エイム時の揺れが大きくなる
アンダーバレル
 長所短所
バーティカルフォアグリップ垂直方向の反動を軽減移動速度が遅くなる
アングルフォアグリップ水平方向の反動を軽減移動速度が遅くなる
バイポッド伏せとしゃがみ時の反動によるブレを軽減なし
タクティカルグリップ・水平方向の反動を軽減
・反動によるブレが低減
・移動速度が遅くなる
・エイム中の移動速度が遅くなる
マガジン
 長所短所
拡張マガジン・装弾数が15発増える・エイム速度が0.015秒遅くなる
・移動速度が遅くなる
リアグリップ
 長所短所
ハンドガングリップ : スティプル・エイム速度が0.015秒速くなる
・ダッシュ後の射撃が速くなる
・反動によるブレが大きくなる
PERK
 長所短所
ヘビーヒッター殴り攻撃でスタン状態にさせられるなし
リーコン敵のネームプレートが表示される距離が長くなるなし
フランジブル弾 : 作用中ダメージを与えた敵の自動回復を遅くさせるなし
フルロード所持弾数MAXの状態で開始なし
スライハンド切迫した状況でのリロード速度が速くなるなし

特徴と立ち回り方について!

ベータで使えるARの中では最も連射速度が高く、SMGと比較してもかなり高いです。

ちなみにこの連射速度は「MP7」に近い速度となっています。

それでいて反動もそこまで強くなく、射程距離もSMGより長いので中距離でも安定したキルタイムで倒しやすいです。

その他、ARの中では「M4A1」と並ぶ速いADS速度も持ち合わせているので、近距離戦での取り回しにも優れています。

 

しかし逆を言えば中途半端な性能となっており、キルタイムがあまり速くありません

なので急な撃ち合いでは他の強武器に撃ち負けやすいので、予めエイムをした状態で交戦するように立ち回るのがおすすめです。

また、一発の威力が低めなので距離が離れると仕留め損ないや、撃ち負けやすくなります。

なので近〜中距離戦を意識して立ち回るのがおすすめです。

スポンサードリンク

おすすめなアタッチメントの組み合わせ!

 アタッチメント長所短所
バレルライト・インテグラルサプレッサー・発砲時の音が軽減
・エイム速度が0.015秒速くなる
弾丸の速度が遅くなる
アンダーバレルアングルフォアグリップ水平方向の反動を軽減移動速度が遅くなる
マガジン拡張マガジン・装弾数が15発増える・エイム速度が0.015秒遅くなる
・移動速度が遅くなる
リアグリップハンドガングリップ : スティプル・エイム速度が0.015秒速くなる
・ダッシュ後の射撃が速くなる
・反動によるブレが大きくなる
PERKフランジブル弾 : 作用中ダメージを与えた敵の自動回復を遅くさせるなし

「M13」は元々反動が弱く、アタッチメントであまりカバーしなくても使いやすくなっています。

また元々のADS速度が速く、アタッチメントで更に強化が出来るのでその長所を生かすカスタムがおすすめです。

 

まず「ライト・インテグラルサプレッサー」はサプレッサーの効果に加えてADS速度も速くしてくれる強力なアタッチメントです。

その分、弾速が遅くなってしまいますが、元々遠距離を狙うような武器では無いので、近~中距離ではあまり問題ではありません。

 

アンダーバレル」はADS速度を遅くさせずに反動軽減させるアタッチメントが揃っていますが、ここでは水平方向を軽減する「アングルフォアグリップ」がおすすめです。

と言うのも「M13」は縦へブレながら横にブレていく傾向にあり、横反動が大きめです。

そこでこのアタッチメントを付ける事でその反動が大分抑えられるので制御がかなり楽になります。

ちなみに、これは「ハンドガングリップ : スティプル」によるデメリットを受けても反動が弱いままなので、とても効果的なアタッチメントです。

 

次に「拡張マガジン」はADS速度と移動速度が遅くなってしまいますが、それ以上に装弾数が増えるメリットの方が大きいです。

特に「M13」は他の武器以上に弾持ちが悪いので、必須と言えるくらい重要なアタッチメントと言えます。

そして「ハンドガングリップ : スティプル」はADS速度の強化とダッシュ直後の隙を減らしてくれるので、近~中距離向けな「M13」と相性が良いです。

 

最後に「PERK」では自動回復を遅らせる「フランジブル弾 : 作用中」がおすすめです。

これについては上でも書いた通り1発の威力が低いので、中距離以上の敵の場合は倒し損ねる可能性が高いです。

そこでこのアタッチメントを付ける事で、敵を前線から下がらせたり、アシストへ繋げやすくなるので効果的です。

 

これらの組み合わせにする事で、

  • サプレッサー効果が付帯
  • エイム速度がデフォルトより0.015秒速くなる
  • 装弾数が増えて弾持ちが改善される
  • ダッシュ後の隙が少なくなる
  • 敵の自動回復を遅くさせる

と言うメリットが生まれて近距離に対応しやすくなる他、遠距離の敵に対しても嫌がらせが行えます。

またサプレッサー効果によって裏取りもしやすくなるので、前線での立ち回りがしやすくなる筈です。

スポンサードリンク

まとめ!

  • 高レートなSMG「MP7」に次ぐ連射速度を持つ!
  • 低反動で扱いやすい!
  • ARの中ではADS速度がとても速い!
  • キルタイムがあまり早くない!
  • 1発の威力が低いので遠距離には不向き!

 

この様に「M13」は高レートながらも安定感も兼ね備えた使いやすい武器です。

しかし純粋なキルタイムが遅めなので、しっかりしたエイム力が無いと正面同士の撃ち合いで負けやすいかもしれません。

なので使いこなすには、

  • 裏を取る立ち回り
  • 正確なエイム力

が必要なので比較的上級者向けな武器となっています。

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek Vortex」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「FPS Freek Vortex」がおすすめです。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう