【R6S】キャッスルの使い方、立ち回り方と性能について!おすすめな装備の組み合わせを紹介!【CASTLE】

キャッスルの特徴!

キャッスルは普通のバリケードよりも頑丈なアーマーパネルを張る事が出来ます。

このアーマーパネルはスレッジハンマーや爆発物、グラズの銃弾や殴りでしか破壊する事が出来ず、1発で破壊するには、スレッジハンマーや爆発物でしか出来ません。

また、グラズの銃弾と殴りで破壊する場合は12回撃つ、または殴らなければ破壊出来ないので手間が掛かってしまいます。

これによって、バリケードを簡単に突破出来なくなるので敵の足止めとして活用できます。

装備出来る武器に関しては、低レートで反動を制御しやすいサブマシンガン近距離に強いセミオートショットガンを使う事が出来るので、近距離メインで戦うか中距離メインで戦うかを選ぶ事が出来ます。

スポンサードリンク

キャッスルの装備!

性能 アーマー=2 スピード=2
固有アビリティ アーマーパネル
メインウェポン UMP45(サブマシンガン)

M1014(ショットガン)

サブウェポン 5.7 USG(ハンドガン)

M45 MEU (SOC)(ハンドガン)

ガジェット インパクトグレネード

展開型シールド

固有アビリティ

アーマーパネル

アーマーパネルは上でも書いたように、頑丈なバリケードでバリケードを張れる場所に張る事が出来ます。

これはグラズ以外の銃弾では破壊も貫通もさせる事が出来無い為、破壊する方法が限られてきます。

破壊する方法をまとめると、

・12回殴る

・グラズのスナイパーライフルで12回撃つ

・ブリーチングチャージなどの爆発物で破壊する

・スレッジのブリーチングハンマーで一発で壊す

この4つの方法が挙げられます。

その為、スレッジや爆発物であれば一発で破壊する事が出来ますが、その他の方法では手間が掛かるので、爆発物を持っていないオペレーターでは実質通ることが出来ない壁となってくれます。

また、自分や味方がバリケードを撤去した場合はアーマーパネルの所持数が回復するので、邪魔に感じた場合は取り外してしまっても問題ありません。

ただし、撤去する場合は隙が出来てしまうので、出来る限り味方の迷惑にならない様に設置していきましょう。

アーマーパネルの効果的な使い方!
・目標付近にはラウンド後半に張るようにする!

ラウンド開始の序盤では遊撃に出ている味方がいる為、序盤から目標付近の部屋に張ってしまうと戻ってこれなくなってしまいます。

その場合、目標付近に戻るために味方に剥がされてしまう可能性があるので、なるべく序盤からは貼らないようにしていきましょう。

また、試合が進めば敵が攻めてきそうなルートが把握しやすくなるので、より敵が邪魔に感じる位置に張りやすくなります。

・ラペリングしてたどり着ける窓には張らない!

敵がラペリングしてたどり着くような窓に張ったとしても、こちらは他の窓から飛び出したりする事が出来無い為、敵は倒される心配をせずに12回叩いて壊す事が出来てしまいます。

その為、外の窓に貼り付けるのであれば一階の窓など、こちらが飛び出していける別の窓がある場所にしましょう。

そうする事で敵は攻撃されることを警戒する必要があるので効果的です。

ただし、時間稼ぎにはなるので場合によっては張ってしまった方がいい場合もあります。

・事前に11回叩いておく!

アーマーパネルは12回叩けば壊すことが出来るので、普通であれば簡単に壊せません。

その為、敵はアーマーパネルへの警戒心が薄くなりがちです。

そこで事前に11回叩いておけば、敵の足音が近づいた時にすぐに壊して攻撃する事が出来ます。

・ミュートにジャマーを置いてもらう!

アーマーパネル付近にジャマーを置いてもらえばブリーチングチャージやブリーチング弾などが機能しなくなり、一発で壊す手段がスレッジのブリーチングハンマーのみとなります。

その為、なるべく破壊されたくない箇所にはジャマーを置いてもらうのが効果的です。

スポンサードリンク

メインウェポン

UMP45(サブマシンガン)

低レートで制御しやすいサブマシンガンで、中遠距離でも安定して狙いやすいです。

ただし、ACOGサイトを付けることが出来ないので遠距離で率先して使うのにはあまり向いていません。

また、レートが低いことによって近距離でも戦いにくいので、なるべく中距離で交戦するのがおすすめです。

M1014(ショットガン)

連射が出来るセミオートショットガンで近距離に強いです。

またセミオートショットガンの中では装弾数が8発と多めになっているので扱いやすくなっています。

サブウェポン

 5.7 USG(ハンドガン)

普通のハンドガンと比べても威力が低めですが、装弾数が20発と多くなっています。

その為、余裕を持ってエイムがし易いです。

ただし、威力が低いので弱っていない敵を倒すのでないのであれば積極的にヘッドショットを狙っていく必要があります。

 M45 MEU (SOC)(ハンドガン)

高威力な代わりに装弾数が7発と少なめなハンドガンです。

安定したエイム力があるのであればこちらの方がおすすめ出来ます。

ガジェット

インパクトグレネード

普通のフラグとは違って、どこかにぶつかった瞬間に爆発します。

その為、壁を破壊するのに使いやすく、その他にも仕留め損なってしまった敵が部屋の中に逃げ込んで見えなくなってしまった場合の追い打ちにも扱いやすいです。

他にも盾持ちの敵にも、相手の後ろの床に着弾する様に投げればダメージを与える事が出来ます

ただし、有効範囲は狭くダメージも低めです。

ダメージを受けていない敵に投げても一撃では倒せないので気をつけて下さい。

展開型シールド

自分が守りたいポジションに置くことで相手から身を隠しやすい強ポジションを作り出せます。

他にも、部屋の入り口に仕掛けて部屋に入ろうとした敵に無防備となる乗り越え動作をさせたり、フロストマットを隠す事が出来るなど様々な使い方が存在します。

スポンサードリンク

おすすめな装備の組み合わせ!

メインウェポン UMP45(サブマシンガン)

中距離メインで立ち回りたい方

M1014(ショットガン)

近距離メインで立ち回りたい方

サブウェポン 5.7 USG(ハンドガン)

装弾数が多いハンドガンが良い方

M45 MEU (SOC)(ハンドガン)

高威力のハンドガンが良い方

ガジェット インパクトグレネード展開型シールド

アーマーパネルは時間が経ってから置く事で味方の迷惑になりにくく、効果的な場所に置きやすくなります。

その為、なるべく長く生き残る為にもあまり遊撃に出たりはせずに、目標付近を守る立ち回りがおすすめです。

それでは読んで頂きありがとうございました!

この記事では、各オペレーターの使い方や立ち回り方、おすすめな武器などを紹介している記事のリンクを貼っています。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする