【R6S】MAVERICK(マーベリック)の使い方、立ち回り方と性能について!おすすめな装備の組み合わせを紹介!【新オペレーター】

マーベリックは補強壁を部分的に破壊できる「BREACHING TORCH」を持っています。

また敵のガジェットを素早く静かに破壊する事も出来ます。

ちなみに早速強すぎるという事で有刺鉄線の破壊時間を長くされてしまいました。

それでもとても便利なガジェットなので、これからの戦略の幅が広がるかもしれません。

またマーベリック自体もスピード3で高火力な武器を持つので、静かに敵の裏を取るように立ち回ると強力です。

この記事ではそんなマーベリックの使い方のコツや特徴について書いていくので良ければ参考にして下さい。

この記事では、各オペレーターの使い方や立ち回り方、おすすめな武器などを紹介している記事のリンクを貼っています。 初期オペレーターSAS (イギリス)スレッジサッチャースモークミュートFBI SWAT (アメリカ)アッシュテルミットキャッスルパルスGIGN (フランス)トゥイッチモンターニュルークドクスペツナズ (ロシア)フューズグラズカプカンタチャンカGSG-9 (ドイツ)ブリッツIQイェーガーバンディット追加オペレーターYear1JTF-2 (カナダ)バックフロストNAVY SEAL  (アメリカ)ブラックビアードヴァルキリーBOPE (...

スポンサードリンク

MAVERICKの装備!

 MAVERICK
性能アーマー=1
スピード=3
固有アビリティBREACHING TORCH
メインウェポンAR-15.50(セミオートライフル)
M4(アサルトライフル)
サブウェポン1911 TACOPS(ハンドガン)
ガジェットスタングレネード
クレイモア

固有アビリティ

BREACHING TORCH

敵の補強壁やガジェットを壊すことが出来るガスバーナーです。

特にガジェットの破壊については静かに一瞬で破壊することが出来るのでとても便利です。

ちなみにTTSに実装当初は「有刺鉄線」も一瞬で破壊出来ましたが、早速修正が入って「2秒間で破壊」に変わりました。

また焼いている時の音が少し大きくなるようです。

それでも叩いて壊すのと違って静かに破壊できるので全く使えない訳ではありません。

ちなみに他のガジェットについては全て一瞬で破壊出来ます。

詳しい仕様については以下に書いていきます。

ブリーチングトーチの仕様!
  • 射程距離は2m!
  • 1マガジンで4秒間撃てる!
  • 落とし戸は3辺削る事で壊せる!
  • 補強していない落とし戸は簡単に破壊できる!
  • ミュートが効かない!
  • 壁を焼いてる最中は向こう側から攻撃が通りやすい!
  • 敵に直接2秒間当て続けるとでダウン!(現実的ではない)

効果的な使い方!

・敵のC4に気を付ける!

これは特に補強壁を焼いている時に気を付けて下さい。

C4の当たり判定は意外と大きく、下側に少し残った壁越しでも一撃で倒されやすいです。

また焼いている最中はバーナーの火によって視認性が悪いので、C4が投げられても気づきにくくなります。

その為、敵にC4を装備できるオペレーターがいる場合は気を付けて下さい。

・壁越しの敵に気を付ける!

上でも書きましたが、壁を焼いている最中は炎によって向こう側への視認性が悪くなります。

対して壁の向こう側では炎によって焼いている箇所が丸わかりなのでヘッドショットを食らいやすいです。

また、すぐに武器を持ち替えて反撃する事も出来ないので、焼いている最中は完全に無防備になります。

敵がいそうなところなどはドローンで確認したり、射線に入らないよう少しずれて焼いていくのが良いです。

・バリケード(アーマーパネル含む)を静かに通る!

普通に真ん中あたりを燃やしてしまうと破壊してしまいますが、下側を燃やせば殆ど無音で通り抜ける事が出来ます。

またキャッスルによるアーマーパネルも焼くことが出来るので、静かに目標付近に行きたい時に役立ちます。

・ミラの破壊は無理にしない!

ミラの破壊もタンクが見える位置に穴をあければ破壊出来ますが、近づく必要があるのであまり現実的ではありません。

逆に返り討ちにされる可能性が高いので、ミラの破壊には使わないのがおすすめです。

・補強壁を通る為の穴を作るのはなるべく避ける!

テルミットやヒバナの様に通り抜けられる穴をあけるのはとても大変です。

少しでも間違えれば燃料が足りず無駄になってしまったり、そもそも時間が掛かるので実用的ではありません。

その為、補強壁の破壊はテルミットやヒバナに任せておきましょう。

・ドローンの通り道や射線を作る!

強化壁の下に穴を空ければドローンを投げ込んだり、ショックワイヤーを破壊するための射線を作ることが出来ます。

またドローン穴の様にクレイモアを仕掛ければ、向こう側で引っかかった敵を倒すことも可能です。

通れるほどの大きさで破壊するのには不向きですが、ちょっとした射線を作るのは得意なので狙いたい場所を開けると効果的です。

スポンサードリンク

メインウェポン

AR-15.50

威力が高いセミオートのアサルトライフルです。

その為、ヘッドショットでなくても2~3発で敵を倒すことが出来ます。

また反動によるブレが少なく、安定して使いやすいです。

ただし装弾数が10発と少なめなので、なるべく外さない様に使う必要があります。

安定したエイムが出来る方におすすめです。

M4

威力が高めでレートもそこそこある高火力なフルオートアサルトライフルです。

それに加えて反動によるブレが少ないので、安定して敵を素早く倒しやすいです。

誰にでも使いやすい武器なので、基本的にマーベリックではこちらの方がおすすめ出来ます。

個人的にアタッチメントはフラッシュハイダーが一番使いやすく感じました。

サブウェポン

1911 TACOPS(ハンドガン)

一発の威力がとても高いハンドガンです。

また反動が全くと言って良いほどないので、メインが弾切れ時などで頼りになりそうです。

ただし装弾数が少なめなのでなるべく外さないように使う必要があります。

ガジェット

スタングレネード

TTS実装当初はスモークグレネードでしたが、便利すぎるという事でスタングレネードに変更されました。

しかしマーベリックはスピードが速く、キルタイムが速い武器も揃っているのでスタングレネードでひるんだ敵を素早く倒しやすいです。

加えて離脱も素早く出来るので代わりに変更されたガジェットながらも相性が良いです。

クレイモア

裏取りをされる恐れがあるルートや、敵が表に飛び出してきそうな窓や入口付近に設置するのが効果的です。

また上でも書きましたがマーベリックではドローン穴の様に穴を作ることが出来るので、壁越しの敵を倒すことにも利用できます。

おすすめな装備の組み合わせ!

 MAVERICK
メインウェポンM4(アサルトライフル)
ガジェットスタングレネード

スポンサードリンク

まとめ!

マーベリックのまとめ!
  • 固有ガジェットで素早く静かにガジェットを破壊できる!
  • 通れるほどの穴を開けるのには向いていない!
  • 射線やドローンを通すための穴を開けるのがおすすめ!
  • 壁を焼いている最中は視認性が悪く隙だらけ!
  • バリケードを静かに通ることが出来る!

この様に「MAVERICK」はスピード3で高火力な強い武器を持ちながらも固有ガジェットも便利なオペレーターです。

特に静かに有刺鉄線などのガジェット破壊やバリケードを通れるのが便利で、スピード3特有の突撃がやりやすいです。

ただし壁を破壊するときは壁越しの敵に対して隙を見せることになるので気を付けて使う必要があります。

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

 

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

また、物によってはスティック操作に力が入ると固定しきれずに取れてしまう場合があります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「KontrolFreek製のフリーク」がおすすめです。

 

そしてKontrolFreek製のフリークは現在、

の4種類のモデルが存在します。

ちなみに「Vortex」は長期間、Amazonページだと品切れが続いていますが、楽天では購入する事が可能です。

それぞれのモデルの違いについては以下の通りです。

  頂部の形状
(指を置く部分)
高さ
Inferno 凹型 10.1 mm(右)
10.1 mm(左)
Galaxy 凹型 11.8 mm(右)
7.6 mm(左)
Edge 凸型 10.4 mm(右)
5.9 mm(左)
Vortex 凸型(右)
凹型(左)
11.3mm(右)
5.6mm(左)

この様な違いがあるので、好みの高さと形状を考えて選ぶのがおすすめ出来ます。

ちなみに左右で長さと形状が違うモデルもありますが、これは逆に付ける事も可能です。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう