「スピットファイア」は装弾数が多く火力もそこそこあるので、とても人気が高い強武器となっています。

それでいて反動の強さもあまりないので、どの距離でもオールマイティに使える便利な武器です。

この記事では詳しい特徴やおすすめのカスタムについて書いていくので良ければ参考にして下さい。

ちなみにRPMと覗き込み速度なども記載していますが、多少の誤差があると思うので参考程度によろしくお願いします。

・全武器性能一覧はこちら!

全ての武器のデータをコマ送りにして調べたので早見表としてまとめました。1フレーム刻みでしか確認が出来ないので、RPMや時間に関しては若干誤差があるかもしれません...

スポンサードリンク

性能!

スピットファイアの性能!

 スピットファイア
マガジン容量35発
45発(白)
55発(青)
60発(紫)
弾薬ヘビーアモ
ダメージ20
40(HS)
DPS160
RPM532
ADS0.32秒
リロード速度1.67秒
サイト1倍HCOGクラシック
1倍ホロサイト
1~2倍可変式ホロサイト
2倍HCOGブルーザー
3倍HCOGレンジャー
2~4倍可変式AOG
アタッチメントバレルスタビライザー
拡張ライトマガジン
標準ストック

他LMGとの比較!

 マガジン容量ダメージDPSRPMADSリロード速度
ディヴォーション44発172047300.35秒1.65秒
スピットファイア35発201605320.32秒1.67秒

同じ弾を使う武器との比較!

 マガジン容量ダメージDPSRPMADSリロード速度
フラットライン20発
161445950.27秒1.58秒
ヘムロック18発1814412000.27秒1.42秒
プラウラー20発1418211240.23秒1.35秒
スピットファイア35発201605320.32秒1.67秒
ロングボウ5発5555890.35秒1.75秒
ウィングマン6発451352200.20秒1.47秒

優れている点!

装弾数が多い!

装弾数はデフォルトの状態でも35発と多めで使いやすいです。

また拡張マガジンによって60発まで増やす事が可能で、この状態であればリロード無しで複数人を相手に出来ます。

継続戦闘能力に関しては全武器中1番の性能を持っています。

そこそこのDPSを持つ!

DPSについては全武器中6番目と特別高くはありませんが、それでも半数以上の武器より優れています。

その為、正面同士の撃ち合いでも十分使いやすいです。

また反動によるブレも少ないので「3倍HCOGレンジャー」」2~4倍可変式AOG」などを付けられれば、中距離以降にも対応しやすくなっています。

弾薬が「ヘビーアモ」で余裕を持って使いやすい!

ヘビーアモはライトアモほど頻繁に見かける弾ではありませんが、それでも十分な弾数を確保しやすいです。

また人気のある弾種なので、デスボックスを漁れば大抵多くの弾数を補充出来ます。

これによって残弾を気にせず長期的に使いやすいです。

スポンサードリンク

欠点!

近距離戦向けの武器相手だと不利になりやすい!

上でも書いた通りこの武器のDPSはそこそこ高い程度で、これより高いDPSを持つ武器はいくつも存在します。

また「スピットファイア」はレートもあまり高くないので近距離での瞬間火力に優れません。

ちなみにこの武器よりDPSに優れているのは高い順から並べて、

R-99」「ディヴォーション」「ハボック」「R-301」「プラウラー

となっており、どれも近距離に強い武器です。

なのでこれらの武器を持った敵と近距離で対峙してしまうと、よほど相手のエイムが下手でない限り勝ち目がありません。

その為「スピットファイア」を使う場合はもう一つの武器枠で近距離向けの武器を装備しておくと良いです。

そして「スピットファイア」ではなるべく中距離戦のみで運用するのがおすすめ出来ます。

ディボーションとの比較!

「ディボーション」は同じLMG枠で強武器と言える性能を持っています。

その為こちらと迷う方がいるかもしれません。

ここからはこの二つの比較について書いていきます。

火力に関しては「ディボーション」の方が圧倒的に上!

「ディボーション」は最終的に全武器中最も高いDPSを発揮するので、純粋な火力面において「スピットファイア」は足元にも及びません。

もし火力を重視したいのであれば断然「ディボーション」の方がおすすめです。

弾持ちは「スピットファイア」の方が良い!

デフォルトの装弾数では44発の「ディボーション」の方が上ですが、マガジンを付ければ「スピットファイア」の方が多くなります。

また「スピットファイア」はレートが速くないので、断然弾持ちが良いです。

更に使う弾薬についてもエナジーアモは出現しにくい弾なので「ディボーション」では残弾管理に心配が出てきます。

その為、弾切れを心配せず長期的に使える武器が良い方は「スピットファイア」がおすすめです。

取り回しのしやすさは「スピットファイア」の方が良い!

「ディボーション」は撃ち始めが低レートと言う大きなデメリットがあるので、それをカバーするように立ち回らなければなりません。

またADS速度についても若干「スピットファイア」にの方が速くなっています。

なのでどんな状況でも取り回しに優れる武器が良いのであれば「スピットファイア」がおすすめです。

スポンサードリンク

まとめ!

  • 装弾数が多く弾持ちが良い!
  • DPSはそこそこの高さ!
  • レートが低く近距離戦で不利になりやすい!
  • 別で近距離向け武器を持っておくのがおすすめ!

 

この様に「スピットファイア」は装弾数が多く、どんな状況でも安定して使いやすいオールマイティな武器です。

反面、近距離向けの強武器を持った敵と近距離で交戦してしまうと、撃ち負けやすいという弱みがあります。

その為、近距離向けの武器を同時持ちし、スピットファイアで対応する交戦距離を見極めて運用していくのが効果的です。

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek Vortex」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「FPS Freek Vortex」がおすすめです。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう