ヘムロックは3点バーストのアサルトライフルでしっかりしたエイムが出来れば素早く大ダメージを与える事が出来ます。

また射撃モードを単発に切り替える事で、素早い連射速度で正確な射撃を行う事も可能です。

その為、

ヘムロックは単発モードに切り替えて使うべき

と言われているのを多く見かけます。

この記事では詳しい特徴やおすすめのカスタムについて書いていくので良ければ参考にして下さい。

ちなみにRPMと覗き込み速度なども記載していますが、多少の誤差があると思うので参考程度によろしくお願いします。

・全武器性能一覧はこちら!

全ての武器のデータをコマ送りにして調べたので早見表としてまとめました。1フレーム刻みでしか確認が出来ないので、RPMや時間に関しては若干誤差があるかもしれません...

スポンサードリンク

性能!

ヘムロックの性能!

 ヘムロック
マガジン容量18発
24発(白)
27発(青)
30発(紫)
弾薬ヘビーアモ
ダメージ18
36(HS)
DPS144
RPM1200(バースト)
423(単発)
バーストディレイ0.24秒
ADS0.27秒
リロード速度1.42秒
サイト1倍HCOGクラシック
1倍ホロサイト
1~2倍可変式ホロサイト
2倍HCOGブルーザー
3倍HCOGレンジャー
2~4倍可変式AOG
アタッチメントバレルスタビライザー
拡張ヘビーマガジン
標準ストック

他ARとの比較!

 マガジン容量ダメージDPSRPMADSリロード速度
フラットライン20発
161445950.27秒1.58秒
ヘムロック18発1814412000.27秒1.42秒
R-30118発141828000.27秒1.52秒
ハボック25発181986820.25秒1.52秒

同じ弾を使う武器との比較!

 マガジン容量ダメージDPSRPMADSリロード速度
フラットライン20発
161445950.27秒1.58秒
ヘムロック18発1814412000.27秒1.42秒
プラウラー20発1418211240.23秒1.35秒
スピットファイア35発201605320.32秒1.67秒
ロングボウ5発5555890.35秒1.75秒
ウィングマン6発451352200.20秒1.47秒

優れている点!

腰撃ち精度が良い!

ヘムロックはアサルトライフルながらも腰撃ち精度がとても良いです。

その為、近距離戦であればわざわざADSしなくても十分戦う事が出来ます。

ADS = サイトを覗き込む事

またヘムロックの3点バースト時の瞬間火力はとても高いです。

なのでバーストライフルで中距離戦向けの武器に見えますが、意外と近距離戦にも強くなっています。

単発モードにする事で反動制御が楽になる!

3点バーストモードでは若干上へブレるので、離れた距離の敵に対して3発ヒットさせることが難しいです。

そこで単発モードにすることで、殆ど無反動で連射が可能になります。

ちなみに使用感としてはレートが若干高めな「G7スカウト」の様な感じです。

その為、中遠距離の敵に対しては単発モードで対応するのがおすすめ出来ます。

欠点!

3点バーストモードでは射撃後の硬直時間がある!

これはバースト武器なので仕方ない部分と言えます。

一度撃った後に「0.24秒」の硬直時間が発生するので隙が大きいです。

その為、バーストモードで使用する場合はなるべく弾を外さずに、一度の射撃で大ダメージを与える必要があります。

もしバーストモードが使い難く感じるのであれば単発モードで使用するのがおすすめです。

3点バーストモード時は反動が強め!

3点バーストモード時では上へのブレが強めです。

これによって中距離以上で3発全て当てるのが難しくなっています。

その為上でも書いたように、距離が離れている場合は単発モードで使用するのがおすすめです。

3点バーストモード時の弾持ちが悪い!

3点バースト時では一度に3発撃つ事になるので、デフォルトの装弾数18発だと6回撃てば弾切れになります。

これによって継続戦闘能力が弱く、弾の減りも速くなりがちです。

その為3点バーストをメインに使う場合は残弾管理に気を付ける必要があります。

遠距離戦ではSR相手に不利になりやすい!

上でも書いたように単発モードにした状態であれば反動が弱く、遠距離の敵にも対応しやすくなります。

しかしSRと比べて1発の威力が低いので、遠距離から敵のダウンを奪うのは難しいです。

その為、相手が遠距離に強い武器を持っている様であれば、無理に応戦しない様にするのがおすすめ出来ます。

単発モードと3点バーストモードの使い分け方について!

腰撃ちで対応する近距離では3点バーストモードがおすすめ!

ADSせずに腰撃ちだけで対応出来る近距離であれば瞬間火力が高い「3点バーストモード」がおすすめ出来ます。

上でも書いたように腰撃ち精度が良いので、しっかり照準を合わせれば3発全てがヒットしやすいです。

ただしデフォルト状態では6回撃つだけでマガジンが空になるので、なるべく少ない射撃数で仕留める様にしていきましょう。

中距離以降では単発モードがおすすめ!

中距離以降であれば1発1発を正確に叩き込める単発モードがおすすめ出来ます。

むしろ無理に3点バーストで対応しようとしても、3発全てヒットさせることが出来ず、無駄に弾をばら撒くだけになりやすいです。

また単発モードと言ってもその連射速度は速く、これは「G7スカウト」の約1.5倍程となっています。

その為、セミオート武器に慣れていない方でも使いやすく感じるかもしれません。

まとめ!

  • 腰撃ち精度に優れている!
  • 単発モード時はほぼ無反動の状態で連射出来る!
  • 3点バースト時は反動が強め!
  • 3点バースト時は弾持ちが悪い!

 

この様に「ヘムロック」はバーストライフルと言う印象が強いですが、単発モードがとても使いやすくなっています。

その為、交戦距離に合わせて射撃モードを切り替えて運用するのが効果的です。

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek Vortex」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「FPS Freek Vortex」がおすすめです。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう