【COD:BOCW】MP5 性能とおすすめのアタッチメント、立ち回りについて!【SMG】

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

今回は「MP5」の特徴や性能、おすすめのカスタムなどについて書いていきます。

・全武器性能一覧はこちら!

スポンサードリンク

性能とアタッチメント!

他サブマシンガンとの比較

 ダメージRPMTTK弾速乗り物ダメージ
MP532(15.24m)
32(17.98m(+18%))
32(19.05m(+25%))

32(12.95m(-15%))
32(11.43m(-25%))
8570.28秒(5発)
0.35秒(6発)
200m/s
280m/s(+40%)
360m/s(+80%)
400m/s(+100%)
24
72(+200%)
AK-74U38(7.62m)
38(8.99m(+18%))
38(9.52m(+25%))

38(6.48m(-15%))
38(5.72m(-25%))
6970.258秒(4発)
0.344秒(5発)
200m/s
280m/s(+40%)
360m/s(+80%)
400m/s(+100%)
28.5
85.5(+200%)
Milano82142(12.7m)
42(14.99m(+18%))
42(15.88m(+25%))

42(10.8m(-15%))
42(9.52m(-25%))
5760.313秒(4発)
0.417秒(5発)
400m/s
560m/s(+40%)
720m/s(+80%)
800m/s(+100%)
31.5
94.5(+200%)
KSP 4550(11.43m)
50(13.49m(+18%))
50(14.29m(+25%))

50(9.72m(-15%))
50(8.57m(-25%))

7220.166(3発)
0.419(4発)
0.17秒(BD)
300m/s
420m/s(+40%)
540m/s(+80%)
600m/s(+100%)
37.5
112.5(+200%)
 マガジンADSリロードスプリントアウト腰撃ち精度
MP530発
40発(+33%)
50発(+67%)
0.275秒
0.2475秒(10%)
0.23375秒(15%)
0.20625秒(25%)

0.2915秒(-6%)
0.297秒(-8%)
0.3025秒(-10%)
0.31625秒(-15%)
2.6秒
2.1秒(+18%)
2.0秒(+25%)
1.6秒(+40%)

2.9秒(-10%)
0.32秒
0.272秒(+15%)
0.224秒(+30%)

0.336秒(-5%)
0.352秒(-10%)
7ミル
5.6ミル(+20%)
4.9ミル(+30%)
4.55ミル(+35%)

8.05ミル(-15%)
AK-74U30発
40発(+33%)
50発(+67%)
0.30秒
0.27秒(10%)
0.255秒(15%)
0.225秒(25%)

0.318秒(-6%)
0.324秒(-8%)
0.330秒(-10%)
0.345秒(-15%)
2.5秒
2.1秒(+18%)
1.9秒(+25%)
1.5秒(+40%)

2.8秒(-10%)
0.32秒
0.272秒(+15%)
0.224秒(+30%)

0.336秒(-5%)
0.352秒(-10%)
7ミル
5.6ミル(+20%)
4.9ミル(+30%)
4.55ミル(+35%)

8.05ミル(-15%)
Milano82132発
45発(+41%)
55発(+72%)
0.25秒
0.225秒(10%)
0.2125秒(15%)
0.1875秒(25%)

0.265秒(-6%)
0.27秒(-8%)
0.275秒(-10%)
0.2875秒(-15%)
2.2秒
1.8秒(+18%)
1.7秒(+25%)
1.3秒(+40%)

2.4秒(-10%)
0.32秒
0.272秒(+15%)
0.224秒(+30%)

0.336秒(-5%)
0.352秒(-10%)
6.5ミル
5.2ミル(+20%)
4.55ミル(+30%)
4.22ミル(+35%)

7.47ミル(-15%)
KSP 4530発
42発(+40%)
48発(+60%)
0.275秒
0.2475秒(10%)
0.23375秒(15%)
0.20625秒(25%)

0.2915秒(-6%)
0.297秒(-8%)
0.3025秒(-10%)
0.31625秒(-15%)
2.4秒
2.0秒(+18%)
1.8秒(+25%)
1.4秒(+40%)

2.6秒(-10%)
0.32秒
0.272秒(+15%)
0.224秒(+30%)

0.336秒(-5%)
0.352秒(-10%)
7ミル
5.6ミル(+20%)
4.9ミル(+30%)
4.55ミル(+35%)

8.05ミル(-15%)
 基本速度ダッシュ速度射撃中速度エイム中速度
MP517.38km/h
16.85km/h(-3%)
17.38km/h
18.25km/h(+5%)
16.67km/h(-4%)
16.51km/h(-5%)
16.51km/h
17.33km/h(+5%)
16.01km/h(-3%)
14.85km/h(-10%)
13.76km/h
15.14km/h(+10%)
15.82km/h(+15%)

13.34m/h(-3%)
10.96km/h(-20%)
10.32km/h(-25%)
AK-74U17.38km/h
16.85km/h(-3%)
17.38km/h
18.25km/h(+5%)
16.67km/h(-4%)
16.51km/h(-5%)
16.08km/h
16.88km/h(+5%)
15.59km/h(-3%)
14.468km/h(-10%)
13.76km/h
15.14km/h(+10%)
15.82km/h(+15%)

13.34m/h(-3%)
10.96km/h(-20%)
10.32km/h(-25%)
Milano82117.38km/h
16.85km/h(-3%)
17.38km/h
18.25km/h(+5%)
16.67km/h(-4%)
16.51km/h(-5%)
16.51km/h
17.33km/h(+5%)
16.01km/h(-3%)
14.85km/h(-10%)
13.76km/h
15.14km/h(+10%)
15.82km/h(+15%)

13.34m/h(-3%)
10.96km/h(-20%)
10.32km/h(-25%)
KSP 4517.38km/h
16.85km/h(-3%)
17.38km/h
18.25km/h(+5%)
16.67km/h(-4%)
16.51km/h(-5%)
16.51km/h
17.33km/h(+5%)
16.01km/h(-3%)
14.85km/h(-10%)
13.76km/h
15.14km/h(+10%)
15.82km/h(+15%)

13.34m/h(-3%)
10.96km/h(-20%)
10.32km/h(-25%)
 垂直反動制御水平反動制御センタリング速度エイム時のブレ制御被弾時のエイム安定性
MP5252J
239.4J(+5%)
236.88J(+6%)
221.76J(+12%)
214.2J(+15%)
208J
176.8J(+15%)
166.4J(+20%)

224.64J(-8%)
10ft·lb30N10N
5N(+50%)
2N(+80%)
1N(+90%)
AK-74U288J
273.6J(+5%)
270.72J(+6%)
253.44J(+12%)
244.8J(+15%)
224J
190.4J(+15%)
179.2J(+20%)

241.92J(-8%)
10ft·lb30N10N
5N(+50%)
2N(+80%)
1N(+90%)
Milano821322J
305.9J(+5%)
302.68J(+6%)
283.36J(+12%)
273.7J(+15%)
225J
191.25J(+15%)
180J(+20%)

243J(-8%)
10ft·lb30N10N
5N(+50%)
2N(+80%)
1N(+90%)
KSP 45200J
190J(+5%)
188J(+6%)
176J(+12%)
170J(+15%)
-300J
-255J(+15%)
-240J(+20%)

-324J(-8%)
10ft·lb30N10N
5N(+50%)
2N(+80%)
1N(+90%)

アタッチメント

サイト
 特徴
クイックドットLED等倍サイト
マイクロフレックスLED等倍サイト
スナップポイント等倍サイト
ミルストップ・リフレックス等倍サイト
ホークソモア1.4倍サイト
ダイアモンドバック・リフレックス等倍サイト
コブラ・レッドドット1.5倍サイト
シリックス・ホロスカウト1.75倍サイト
2倍ビジョンテック2倍サイト
3倍アクシアルアームズ3倍サイト
マズル
 長所短所
マズルブレーキ9・垂直反動制御が+5%なし
フラッシュガード9レーダー表示フェード+70%
(1秒→0.3秒)
なし
サウンドサプレッサー・サプレッサー効果・有効射程距離が-15%
インファントリーコンペンセーター・垂直反動制御が+12%水平反動制御-8%
エージェンシー・サプレッサー・サプレッサー効果
・垂直反動制御が+15%
・有効射程距離が-25%
SOCOMエリミネーター
バレル
 長所短所
9.5”拡張・銃口初速が+40%なし
9.8"キャバルリーランサー・乗物へのダメージが+200%なし
9.5”レンジャー・銃口初速が+100%エイム中の移動速度-25%
9.8”テイクダウン・有効射程距離が+25%・ダッシュ移動速度-5%
10.8"パラトルーパー・銃口初速が+80%
・有効射程距離が+18%
・エイム中の移動速度-20%
・ダッシュ移動速度-4%
9.3"ゴールドスクアドロン
アンダーバレル
 長所短所
フォアグリップ・水平反動制御が+15%なし
ブルーザーグリップ近接攻撃速度+30%なし
パトロールグリップ・ダッシュ時の移動速度が+5%
なし
フィールドエージェントグリップ・垂直反動制御が+6%
・水平反動制御が+20%
射撃中の移動速度が-10%
レッドセルフォアグリップ・ダッシュ時の移動速度が+5%
・近接攻撃速度が+30%
・移動速度が-3%
・射撃中の移動速度が-3%
・エイム中の移動速度が-3%
MI6エルゴノミックグリップ
ボディ
 長所短所
ステディエイムレーザー・腰撃ち精度が+20%なし
マウントフラッシュライト・探知可能距離+10%
(10.16メートル)
なし
SWAT 5mwレーザーサイト・腰撃ち精度が+35%・エイム速度が-8%
エンバー照準ポイント・探知可能距離+17%
(10.16メートル)
・腰撃ち精度が+30%
・エイム速度が-10%
・ダッシュ初速が-10%
ナイトストーカースポットライト
SOFターゲット照準器
ストック
 長所短所
タクティカルストック・エイム中の移動速度が+10%なし
折り畳み式ストック・ダッシュ初速が+15%なし
ダスターストックスライディング速度+5%なし
コマンドアセンブリ・射撃中の移動速度が+5%
・エイム中の移動速度が+15%
腰撃ち精度が-15%
ストックなし・ダッシュ初速が+30%腰撃ち精度が-15%
バイパードロップストック
マガジン
 長所短所
ファストマグ・リロード速度が+18%なし
40ラウンドドラム・装弾数+33%
・開始時の弾薬数が+33%
・マガジンサイズが+33%
・リロード速度が-10%
40ラウンドスピードマグ・リロード速度が+25%
・装弾数+33%
・開始時の弾薬数が+33%
・マガジンサイズが+33%
・エイム速度が-10%
STANAG50ラウンドドラム・マガジンサイズが+67%
・開始時の弾薬数が+67%
・装弾数+67%
・リロード速度が-10%
・エイム速度が-15%
ヴァンダルスピードローダー・リロード速度が+40%
・開始時の弾薬数が+25%
・エイム速度が-6%
SALVO50ラウンドファストマグ
ハンドル
 長所短所
クイックドローハンドル・エイム速度が+10%
なし
インパクトハンドル被弾時のエイム安定性が+90%なし
ドロップショットハンドグリップ被弾時のエイム安定性が+50%なし
タスクフォースリアグリップ・エイム速度が+25%ダッシュ初速-10%
ウォーデンタイトグリップ・エイム速度が+15%
・被弾時のエイム安定性が+80%
ダッシュ初速-5%
ポイントマン・スナップグリップ

特徴と立ち回り方について!

MP5」は高レートで1発のダメージもそこそこある高火力SMGとなっており、特に近距離での撃ち合いで有利を取りやすいです。

また、同じSMG「AK-74U」と比べると最短キルタイムに劣りますが、「MP5」の方がレートが高い事によって、1発外した時のキルタイムロスが少なく済むと言う強みがあります。

 

反面、アルファテストで使えた他のSMG「タイプ821」「AK-74U」と比べると

  • 1発のダメージが少ない
  • 小刻みな反動が多め

と言う特徴があるので、距離が離れるほど不利になりやすいです。

その他にも、

  • リロード速度が他のSMGと比べても遅い
  • レートが高いことによって弾切れになるまでが速い

という事によって弾持ちが悪く、リロードをするタイミングを見極めるのも難しくなっています。

 

その為、立ち回り方としては、

  • なるべく近距離~中距離で交戦するようにする
  • 弾切れになった時は無理にリロードせずサブウエポンを活用する

と言うのを意識するのがおすすめです。

スポンサードリンク

おすすめなアタッチメントの組み合わせ!

安定性重視カスタム

 アタッチメント長所短所
マズルマズルブレーキ5.56・垂直反動制御が+10%なし
バレル9.2"パラトルーパー・銃口初速が+100%
・有効射程距離が+100%
エイム中の移動速度-20%
アンダーバレルフォアグリップ・水平反動制御が+10%なし
ボディステディエイムレーザー・腰撃ち精度が+21%なし
マガジン40ラウンドスピードマグ・リロード速度が+30%
・装弾数+33%
・開始時の弾薬数が+33%
・マガジンサイズが+33%
・水平反動制御が-10%

こちらは反動軽減を強化して扱いやすさを重視したい方にお勧めなカスタムです。

まず「マズルブレーキ5.56」「フォアグリップ」によって反動の軽減をしています。

加えて「9.2″パラトルーパー」によって弾速と射程距離を強化しているので、中距離にも対応しやすくしています。

 

そしてボディの「ステディエイムレーザー」で腰撃ち精度を上げる事によって、近距離戦にも強くしています。

特に「MP5」は連射速度が速く弾を多くばらまけるので、腰撃ちが使いやすいです。

 

最後にマガジンでは「40ラウンドスピードマグ」によってこの武器の弱点である、

  • リロード速度の遅さ
  • 連射が速いことによる弾持ちの悪さ

と言う点をカバーしています。

デメリットとして「水平反動制御-10%」が付いてしまいますが、この点は「フォアグリップ」でカバーされています。

ただし、それでもデメリットが気になる場合は「ファストマグ」でリロード速度を強化するのがおすすめです。

スポンサードリンク

サプレッサー型カスタム

 アタッチメント長所短所
マズルサウンドサプレッサー・サプレッサー効果・有効射程距離が-15%
バレル9.2"パラトルーパー・銃口初速が+100%
・有効射程距離が+100%
エイム中の移動速度-20%
アンダーバレルフォアグリップ・水平反動制御が+10%なし
ボディステディエイムレーザー・腰撃ち精度が+21%なし
マガジン40ラウンドスピードマグ・リロード速度が+30%
・装弾数+33%
・開始時の弾薬数が+33%
・マガジンサイズが+33%
・水平反動制御が-10%

今作においてサプレッサー効果はとても強力なので、個人的にサプレッサーを付けるカスタムの方がおすすめです。

そしてサプレッサーを付ける場合は上のカスタムから「マズルブレーキ5.56」を変更するのが良いと思います。

またサプレッサーによって射程距離が短くなりますが、この点は「9.2″パラトルーパー」でカバーされています。

 

ただし、これによって垂直方向の反動は元の強さになるので、中距離以降でのエイムは難しくなります。

その為、こちらのカスタムにする場合はなるべく中距離以降は避けて、裏取り重視の立ち回りで動くのがおすすめです。

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

 

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

また、物によってはスティック操作に力が入ると固定しきれずに取れてしまう場合があります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「KontrolFreek製のフリーク」がおすすめです。

 

そしてKontrolFreek製のフリークは現在、

の4種類のモデルが存在します。

ちなみに「Vortex」は長期間、Amazonページだと品切れが続いていますが、楽天では購入する事が可能です。

それぞれのモデルの違いについては以下の通りです。

  頂部の形状
(指を置く部分)
高さ
Inferno 凹型 10.1 mm(右)
10.1 mm(左)
Galaxy 凹型 11.8 mm(右)
7.6 mm(左)
Edge 凸型 10.4 mm(右)
5.9 mm(左)
Vortex 凸型(右)
凹型(左)
11.3mm(右)
5.6mm(左)

この様な違いがあるので、好みの高さと形状を考えて選ぶのがおすすめ出来ます。

ちなみに左右で長さと形状が違うモデルもありますが、これは逆に付ける事も可能です。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう