【COD:BOCW】AK-47 性能とおすすめのアタッチメント、立ち回りについて!【AR】

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

今回は「AK-47」の特徴や性能、おすすめのカスタムなどについて書いていきます。

・全武器性能一覧はこちら!

スポンサードリンク

性能とアタッチメント!

他アサルトライフルとの比較

 ダメージRPMTTK弾速乗り物ダメージ
XM430(45.72m)
30(91.44m(+100%))
30(114.3m(+150%))

30(38.86m(-15%))
30(30.63m(-33%))
7220.332秒(5発)
0.416秒(6発)
650m/s
845m/s(+30%)
910m/s(+40%)
1300m/s(+100%)

552.5m/s(-15%)
487.5m/s(-25%)
22.5
67.5(+200%)
Krig635(50.8m)
35(101.6m(+100%))
35(127m(+150%))

35(43.18m(-15%))
35(35.56m(-30%))
6520.368秒(5発)
0.460秒(6発)
650m/s
845m/s(+30%)
910m/s(+40%)
1300m/s(+100%)

552.5m/s(-15%)
487.5m/s(-25%)
26.25
78.75(+200%)
AK-4738(38.1m)
38(76.2m(+100%))
38(95.25m(+150%))

38(32.38m(-15%))
38(28.57m(-25%))
6000.3秒(4発)
0.400秒(5発)
650m/s
845m/s(+30%)
910m/s(+40%)
1300m/s(+100%)

552.5m/s(-15%)
487.5m/s(-25%)
28.5
85.5(+200%)
QBZ-8332(45.72m)
32(91.44m(+100%))
32(114.3m(+150%))

32(38.86m(-15%))
32(30.63m(-33%))
6810.352秒(5発)
0.441秒(6発)
650m/s
845m/s(+30%)
910m/s(+40%)
1300m/s(+100%)

552.5m/s(-15%)
487.5m/s(-25%)
24
72(+200%)
 マガジンADSリロードスプリントアウト腰撃ち精度
XM430発
40発(+33%)
50発(+67%)
0.30秒
0.27秒(+10%)
0.255秒(+15%)
0.225秒(+25%)

0.318秒(-6%)
0.324秒(-8%)
0.33秒(-10%)
0.345秒(-15%)
2.6秒
2.1秒(+20%)
2.0秒(+25%)
1.7秒(+35%)

2.9秒(-10%)
0.40秒
0.34秒(+15%)
0.28秒(+30%)

0.419秒(-5%)
0.44秒(-10%)
7.5ミル
6ミル(+20%)
5.25ミル(+30%)
4.5ミル(+40%)

8.63ミル(-15%)
Krig630発
40発(+33%)
50発(+67%)
0.30秒
0.27秒(+10%)
0.255秒(+15%)
0.225秒(+25%)

0.318秒(-6%)
0.324秒(-8%)
0.33秒(-10%)
0.345秒(-15%)
2.4秒
1.9秒(+20%)
1.8秒(+25%)
1.6秒(+35%)

2.6秒(-10%)
0.40秒
0.34秒(+15%)
0.28秒(+30%)

0.419秒(-5%)
0.44秒(-10%)
7.5ミル
6ミル(+20%)
5.25ミル(+30%)
4.5ミル(+40%)

8.63ミル(-15%)
AK-4730発
40発(+33%)
50発(+67%)
0.30秒
0.27秒(+10%)
0.255秒(+15%)
0.225秒(+25%)

0.318秒(-6%)
0.324秒(-8%)
0.33秒(-10%)
0.345秒(-15%)
2.6秒
2.1秒(+20%)
2.0秒(+25%)
1.7秒(+35%)

2.9秒(-10%)
0.40秒
0.34秒(+15%)
0.28秒(+30%)

0.419秒(-5%)
0.44秒(-10%)
7.5ミル
6ミル(+20%)
5.25ミル(+30%)
4.5ミル(+40%)

8.63ミル(-15%)
QBZ-8330発
40発(+33%)
50発(+67%)
0.283秒
0.2547秒(+10%)
0.24055秒(+15%)
0.21225秒(+25%)

0.299.98秒(-6%)
0.30564秒(-8%)
0.3113秒(-10%)
0.32545秒(-15%)
2.5秒
2.0秒(+20%)
1.9秒(+25%)
1.6秒(+35%)

2.8秒(-10%)
0.40秒
0.34秒(+15%)
0.28秒(+30%)

0.419秒(-5%)
0.44秒(-10%)
8ミル
6.4ミル(+20%)
5.6ミル(+30%)
4.8ミル(+40%)

9.2ミル(-15%)
 基本速度ダッシュ速度射撃中速度エイム中速度
XM416.51km/h
17.33km/h(+5%)
16.51km/h
17.33km/h(+5%)
15.85(-4%)
15.68km/h(-5%)
14.77km/h
15.51km/h(+5%)
13.29km/h(-10%)
6.53km/h
6.86km/h(+5%)
7.84km/h(+20%)
9.16km/h(+40%)

5.23km/h(-20%)
Krig616.51km/h
17.33km/h(+5%)
16.51km/h
17.33km/h(+5%)
15.85(-4%)
15.68km/h(-5%)
14.77km/h
15.51km/h(+5%)
13.29km/h(-10%)
6.53km/h
6.86km/h(+5%)
7.84km/h(+20%)
9.16km/h(+40%)

5.23km/h(-20%)
AK-4716.51km/h
17.33km/h(+5%)
16.51km/h
17.33km/h(+5%)
15.85(-4%)
15.68km/h(-5%)
14.36km/h
15.07km/h(+5%)
12.92km/h(-10%)
6.53km/h
6.86km/h(+5%)
7.84km/h(+20%)
9.16km/h(+40%)

5.23km/h(-20%)
QBZ-8316.95km/h
17.78km/h(+5%)
16.95km/h
17.78km/h(+5%)
16.25(-4%)
16.09km/h(-5%)
15.68km/h
16.45km/h(+5%)
14.09km/h(-10%)
7.15km/h
7.5km/h(+5%)
8.58km/h(+20%)
10.01km/h(+40%)

5.71km/h(-20%)
 垂直反動制御水平反動制御センタリング速度エイム時のブレ制御被弾時のエイム安定性
XM4360J
342J(+5%)
338.4J(+6%)
324J(+10%)
316.8J(+12%)
30J
25.5J(+15%)
24J(+20%)

32.4J(-8%)
10ft·lb39N10N
5N(+50%)
2N(+80%)
1N(+90%)
Krig6276J
262.2J(+5%)
259.44J(+6%)
248.4J(+10%)
242.88J(+12%)
-32J
-27.2J(+15%)
-25.6J(+20%)

-34.56J(-8%)
10ft·lb22.5N10N
5N(+50%)
2N(+80%)
1N(+90%)
AK-47390J
370.5J(+5%)
366.6J(+6%)
351J(+10%)
343.2J(+12%)
-84J
-71.4J(+15%)
-67.2J(+20%)

-90.72J(-8%)
15ft·lb22.5N10N
5N(+50%)
2N(+80%)
1N(+90%)
QBZ-83350J
332.5J(+5%)
329J(+6%)
315J(+10%)
308J(+12%)
-85J
-72.25J(+15%)
-68J(+20%)

-91.8J(-8%)
12.5ft·lb22.5N10N
5N(+50%)
2N(+80%)
1N(+90%)

アタッチメント

サイト
 特徴
クイックドットLED等倍サイト
マイクロフレックスLED等倍サイト
ミルストップ・リフレックス等倍サイト
ホークソモア1.4倍サイト
コブラ・レッドドット1.5倍サイト
シリックス・ホロスカウト1.75倍サイト
2倍ビジョンテック2倍サイト
3倍アクシアルアームズ3倍サイト
4倍ロイヤル&クロス4倍サイト
マズル
 長所短所
マズルブレーキ7.62・垂直反動制御が+5%なし
フラッシュガード7.62レーダー表示フェード+70%
(1秒→0.3秒)
なし
サプレッサー・サプレッサー効果・銃口初速が-15%
・有効射程距離が-15%
インファントリーコンペンセーター・垂直反動制御が+12%水平反動制御-8%
エージェンシー・サプレッサー・サプレッサー効果
・垂直反動制御が+10%
・銃口初速が-25%
・有効射程距離が-25%
バレル
 長所短所
18.2”拡張・銃口初速が+30%なし
18"キャバルリーランサー・乗物へのダメージが+200%なし
20”レンジャー・銃口初速が+100%エイム中の移動速度-20%
15.5”テイクダウン・有効射程距離が+150%・ダッシュ移動速度-5%
18.2"パラトルーパー・銃口初速が+40%
・有効射程距離が+100%
・エイム中の移動速度-20%
・ダッシュ移動速度-4%
アンダーバレル
 長所短所
フォアグリップ・水平反動制御が+15%なし
ブルーザーグリップ近接攻撃速度+30%なし
パトロールグリップ・ダッシュ時の移動速度が+5%
なし
フィールドエージェントグリップ・垂直反動制御が+6%
・水平反動制御が+20%
射撃中の移動速度が-10%
インフィルトレーターグリップ・移動速度が+5%
・射撃中の移動速度が+5%
・エイム中の移動速度が+5%
なし
ボディ
 長所短所
ステディエイムレーザー・腰撃ち精度が+20%なし
マウントフラッシュライト・探知可能距離+10%
(10.16メートル)
なし
SWAT 5mwレーザーサイト・腰撃ち精度が+40%・エイム速度が-8%
エンバー照準ポイント・探知可能距離+17%
(10.16メートル)
・腰撃ち精度が+30%
・エイム速度が-10%
ダッシュ初速(スプリントアウト)が-10%
ナイトストーカースポットライト
SOFターゲット照準器
ストック
 長所短所
タクティカルストック・エイム中の移動速度が+20%なし
スプリントパッド・ダッシュ初速が+15%なし
ダスターストックスライディング速度+5%なし
コマンドアセンブリ射撃中の移動速度が+5%
・エイム中の移動速度が+40%
腰撃ち精度が-15%
ストックなし・ダッシュ初速が+30%腰撃ち精度が-15%
マガジン
 長所短所
ファストマグ・リロード速度が+20%なし
40 RD・装弾数+33%
・開始時の弾薬数が+33%
・マガジンサイズが+33%
・リロード速度が-10%
40ラウンドスピードマグ・リロード速度が+25%
・装弾数+33%
・開始時の弾薬数が+33%
・マガジンサイズが+33%
・エイム速度が-10%
ベークライト50ラウンド・マガジンサイズが+67%
・開始時の弾薬数が+67%
・装弾数+67%
・リロード速度が-10%
・エイム速度が-15%
ヴァンダルスピードローダー・リロード速度が+35%
・開始時の弾薬数が+33%
・エイム速度が-6%
SALVO50ラウンドファストマグ
ハンドル
 長所短所
クイックドローハンドル・エイム速度が+10%
なし
インパクトハンドル被弾時のエイム安定性が+90%なし
ドロップショットハンドグリップ被弾時のエイム安定性が+50%なし
タスクフォースリアグリップ・エイム速度が+25%ダッシュ初速-10%
ウォーデンタイトグリップ・エイム速度が+15%
・被弾時のエイム安定性が+80%
ダッシュ初速-5%
ポイントマン・スナップグリップ

特徴と立ち回り方について!

「AK-47」は高威力とそこそこのレートを持ったアサルトライフルで、素早いキルタイムを発揮します。

その為、アルファテストで使えたARの中では最もキルタイムが速く、全武器と比較してもかなり早い部類に入ります。

また、デフォルトの状態では反動が少し強めですが、アタッチメントによって反動を軽減し中距離以降でも高威力を発揮させやすいです。

そして高倍率サイトとの相性も良く、体力の多い今作でも仕留め損なう事無く遠距離の敵をキルしやすくなっています。

 

その他、

  • レートが高すぎない
  • 威力が高い

と言う事によって多くの弾数を撃ちすぎずに戦い続けられるので継続戦闘力にも優れます。

 

ただし高火力武器と言っても近距離では「MP5」「AK-74U」の方が強く、機動力にも劣るので率先して前に出ると言うのには向いていません。

その為、立ち回りについては前に出すぎず、中~遠距離戦から敵を狙い撃つように動くのがおすすめ出来ます。

そうすることによってこの武器の圧倒的な火力が発揮させやすく、相手からするとかなり厄介な存在になります。

 

それでもSR相手だと火力を発揮する前にやられてしまうので、相手に上手いSRがいる場合は気を付けるのが良いです。

スポンサードリンク

おすすめなアタッチメントの組み合わせ!

中遠距離型カスタム

 アタッチメント長所短所
サイト3倍アクシアルアームズ3倍サイト
マズルマズルブレーキ7.62・垂直反動制御が+10%なし
バレル18.2"パラトルーパー・銃口初速が+50%
・有効射程距離が+100%
エイム中の移動速度-15%
アンダーバレルフォアグリップ・水平反動制御が+10%なし
マガジン40 RD・装弾数+33%
・開始時の弾薬数が+33%
・マガジンサイズが+33%
なし

・ガンファイターで追加する場合

 アタッチメント長所短所
ボディステディエイムレーザー・腰撃ち精度が+20%なし
ストックタクティカルストック・エイム中の移動速度が+34%なし
ハンドルMIKEフォースリアグリップ・エイム速度が+8%なし

まずサイトについては中~遠距離でのエイムをしやすくする為に「3倍アクシアルアームズ」がおすすめです。

4倍トライラックスSUIT」についてはズームが強すぎて「AK-47」のブレが強く感じやすくなってしまうのと、近~中距離で使いにくくなってしまうのであまりお勧めは出来ません。

 

そしてマズルの「マズルブレーキ7.62」アンダーバレルの「フォアグリップ」の2つによって反動が大幅に軽減されます。

これによって3倍ズーム時でも反動があまり気にならなくなるので、高倍率サイトを付ける場合は必ず付けるのがおすすめです。

また、バレルの「18.2″パラトルーパー」で初速と射程距離を延ばす事によって、中遠距離での命中率と威力をを強化しています。

 

最後にマガジンでは元々リロード速度が速いので、デメリットを発生させずに装弾数を増やせる「40 RD」を付けるのがおすすめ出来ます。

これによって元々の弾持ちの良さが更に強化され、リロード速度も速いので隙を大幅に減らす事が可能です。

スポンサードリンク

サプレッサー型カスタム

 アタッチメント長所短所
サイト3倍アクシアルアームズ3倍サイト
マズルエージェンシー・サプレッサー・サプレッサー効果
・垂直反動制御が+5%
・銃口初速が-15%
・有効射程距離が-15%
・水平反動制御が-5%
バレル18.2"パラトルーパー・銃口初速が+50%
・有効射程距離が+100%
エイム中の移動速度-15%
アンダーバレルフォアグリップ・水平反動制御が+10%なし
マガジン40 RD・装弾数+33%
・開始時の弾薬数が+33%
・マガジンサイズが+33%
なし

サプレッサーを付ける場合は上のカスタムで「マズルブレーキ7.62」を「エージェンシー・サプレッサー」に変更するのがおすすめです。

こうする事でデフォルトの状態よりも反動を抑えつつ、射程距離についても「18.2″パラトルーパー」でカバーできます。

またBOCWにおいてサプレッサーによる消音とレーダーに映らない効果はとても強力なので、効率を求める方はこちらのカスタムの方がおすすめ出来ます。

 

ただし、上で紹介したカスタムに比べると反動増加と射程距離が短くなっているので、「3倍アクシアルアームズ」の代わりに、

  • コディアック・リーコン( 2倍サイト)
  • シリックス・ホロスカウト(1.75倍サイト)

に変更して低倍率化するのも良いと思います。

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

 

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

また、物によってはスティック操作に力が入ると固定しきれずに取れてしまう場合があります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「KontrolFreek製のフリーク」がおすすめです。

 

そしてKontrolFreek製のフリークは現在、

の4種類のモデルが存在します。

ちなみに「Vortex」は長期間、Amazonページだと品切れが続いていますが、楽天では購入する事が可能です。

それぞれのモデルの違いについては以下の通りです。

  頂部の形状
(指を置く部分)
高さ
Inferno 凹型 10.1 mm(右)
10.1 mm(左)
Galaxy 凹型 11.8 mm(右)
7.6 mm(左)
Edge 凸型 10.4 mm(右)
5.9 mm(左)
Vortex 凸型(右)
凹型(左)
11.3mm(右)
5.6mm(左)

この様な違いがあるので、好みの高さと形状を考えて選ぶのがおすすめ出来ます。

ちなみに左右で長さと形状が違うモデルもありますが、これは逆に付ける事も可能です。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう