【COD:MW】武器カテゴリー毎の強武器一覧!使い易くて強い武器を紹介!【ベータ時点】

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

今回は単純にスペック的に強いだけで無く、

使いやすくて強い武器

と言う事を重視して強武器を紹介していきます。

 

ただし始めに書いておくとどんな状況でも最強な武器は存在しません。

それぞれの武器には得意とする交戦距離があるので、最大限性能を発揮させるには武器ごとに立ち回りを変える必要があります。

この記事では武器の特徴や効果的な使い方、どのような状況で使うのに向いているのかについても書いていくので良ければ参考にして下さい。

・全武器性能一覧はこちら!

スポンサードリンク

アサルトライフル

M4A1(ベータ1週目時点では最強武器)

 M4A1
マガジン容量30発
50発(拡張)
60発(拡張)
RPM824
ADS0.23秒
キル弾数3発(HS)
4発(25m)
5発
キルタイム0.15秒(3発)
0.22秒(4発)
0.29秒(5発)
リロード速度1.37秒

低反動」「高レート」「4発キルが可能な威力」「素速いADS速度」と非の打ち所が無い万能な武器で、近距離から遠距離まで対応しやすくSMGやLMGにも撃ち勝てます。

またアタッチメントによって強化出来る幅が広く、

  • 近距離に特化させるカスタム
  • 中遠距離での安定感を重視するカスタム

と好みに合わせた性能を作り上げることが可能です。

その為、効率を重視する上級者だけで無く、初心者の方にも向いています。

 

始めからアンロックもされているので、FPSを始めたばかりの初心者の方はこの武器から慣れていくのがおすすめです。

おすすめカスタムなど詳しく知りたい方はこちら!

ODEN

 ODEN
マガジン容量20発
25発(拡張)
30発(拡張)
RPM431
ADS0.32秒(通常)
キル弾数2発(HS)
2発(35m + 胸上)
2発(12m + 胸下)
3発
キルタイム0.14秒(2発)
0.28秒(3発)
リロード速度2.02秒

連射速度は低めですが、1発の威力がかなり高く2~3発でキルする事が出来ます。

これによってキルタイムについてもかなり速くなっているので、近距離でも撃ち勝ちやすくなっています。

また反動が大きめですがアタッチメントを付ければ大分収まります。

 

そしてグランドウォーでは「ロングレンジサプレッサー」「耐久バレル」などを付けて射程を強化する事で、かなり広いレンジで素早く倒せるようになります。

なのでグランドウォーで特におすすめな武器です。

その他、TDMやDOMなどあらゆるゲームモードでも高威力を生かしやすいので、アンロック出来たら是非使用してみて下さい。

おすすめカスタムなど詳しく知りたい方はこちら!

スポンサードリンク

サブマシンガン

MP5(ベータ時点では2位の強さ)

 MP5
マガジン容量30発
45発(拡張)
RPM824
ADS0.18秒(通常)
キル弾数2発(HS+10m)
3発(HS)
4発(18m)
5発(30m)
6発
キルタイム0.07秒(2発)
0.15秒(3発)
0.22秒(4発)
0.29秒(5発)
0.36秒(6発)
リロード速度1.78秒

こちらについても「M4A1」同様に、ベータ時点ではトップクラスの強さを持っています。

ただしSMGと言うこともあり、「M4A1」と比べるとブレが少し強めなので、

使いやすくて強い武器

を重視しているこの記事では2位として紹介します。

とは言っても全武器中トップクラスの覗き込み速度で、近距離でのキルタイムも「M4A1」と殆ど変わらないので、近距離においてはこちらの方が使いやすいです。

 

また反動が強めと書きましたが、それはあくまでも「M4A1」と比べたらの話であって、そこまで高反動ではありません。

なので、SMGながらも比較的安定して使いやすくなっています。

また「M4A1」同様に始めからアンロックされているのも良い点です。

比較的簡単に使えて近距離向けの強い武器を使いたい方に向いています。

おすすめカスタムなど詳しく知りたい方はこちら!

ショットガン

今作のショットガンについては現状とても弱いです。

近距離でもしっかり頭周辺を狙わないとワンショットキルが出来ず、初心者の方であればまず使いこなせません。

それでいて、2発でキルするとなるとキルタイムがかなり遅くなり、相手のエイムが下手でない限りまず撃ち勝てません。

なのでこの記事では何も紹介しないでおきます。

スポンサードリンク

ライトマシンガン

M91

 M91
マガジン容量100発
120発(拡張)
150発(拡張)
RPM672
ADS0.35秒(通常)
キル弾数2発(HS)
3発(43m)
4発
キルタイム0.09秒(2発)
0.18秒(3発)
0.27秒(4発)
リロード速度6.12秒

しっかり検証していないので確定ではありませんが、自分が確認出来た限りでは全距離3発キルが出来ました。

今までのCOD作品でもLMGは威力減衰が無く、全距離一定の弾数でキル出来たので今作でも同じ仕様だと思います。

そんな威力を持ちながらもレートもそこそこあるので、理論上では全距離で最速のキルタイムで敵を倒す事が可能です。
(スナイパーなどを除いて)

また装弾数が拡張無しで100発あるというのも大きな強みです。

 

ただし反動が強めなのと、覗き込み速度がかなり遅めなのが欠点となっていて、準備無しで敵と接敵した場合は攻撃する前に倒されてしまいます。

しかしこれらの欠点は今作から追加された新要素である障害物によるリーンアクションでカバーできます。

障害物に銃身を添えている時は反動が少なくなり、ある程度離れていてもフルオートで対処しやすいです。

また待ち構えているところに敵が来てくれれば、覗き込み速度の遅さも関係ありません。

その為、敵が来そうなところを予測して待ち構えて迎撃するという立ち回りが出来る方におすすめ出来ます。

逆に動き回って敵を攻撃しにいくという立ち回りには合わないので、人によっては使いにくい武器と感じるかもしれません。

またリロード速度がとても遅くなっているので、リロードするタイミングにも気を付ける必要があります。

おすすめカスタムなど詳しく知りたい方はこちら!

マークスマンライフル

ベータ1週目で唯一使えた「EBR-14」は2発キルが出来ますが、近距離ではレートが遅くて使い物になりません。

また中遠距離でも反動がかなり強めで扱いがとても難しいです。

なので今回のテーマである「使いやすくて強い武器」には適していないので、おすすめとしては紹介しません。

スポンサードリンク

スナイパーライフル

AX50

今作のスナイパーは今までの作品と比べると覗き込み速度が遅めで、使いにくく感じるかもしれません。

ただしアタッチメントによってその速度を速めればかなり使いやすくなります。

また始めからアンロックされていながらも、基本的に当てさえすればワンショットキルが狙えるのも良い点です。

そして今作のマップは射線が通る位置が多く、遠くからの狙撃が通りやすいのでコツが掴めてくると活躍しやすいです。

 

しかしやはりスナイパーは癖が強い武器なので、慣れていないと全く使い物にならないかもしれません。

なのでスナイパーを使い慣れている方や、これからスナイパーを始めてみたいと言う方におすすめです。

ハンドガン

今作のハンドガンは今までの作品以上にサブウエポン感が強く、かなり弱く設定されています。

特に取り回しのしやすい「M19」については威力が低く、豆鉄砲と言える性能です。

また高威力な「.50GS」についてもヘッドショットであれば一撃ですが、2発キルになると一気にキルタイムが遅くなります。

なので今回の記事ではおすすめとして紹介していません。

ちなみに強いて書くなら、

  • エイム力が良い方は「.50GS」
  • エイム力に自信が無い方は「M19」
  • 基本的にサブウエポンではUAVを落とせるランチャーがおすすめ!

となります。

スポンサードリンク

ランチャー

PILA

車両や飛行物をロックオンして手軽に破壊できる便利なランチャーです。

今作ではUAVが最強キルストリークと言えるくらい重要な物となっているので、それを数秒で落とせる「PILA」はかなり強力と言えます。

また今作では爆発物がとても強く、この武器に関しても爆発範囲が広めで、敵の近くに撃ち込めば簡単にキルが出来ます。

なので、一か所に籠っている敵を一掃するのにも使えるのでとても便利です。

アンロックについても始めからされているのでスナイパー使用時など、どうしてもハンドガンを持ちたい時で無ければ装備しておくのがおすすめ出来ます。

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

 

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

また、物によってはスティック操作に力が入ると固定しきれずに取れてしまう場合があります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「KontrolFreek製のフリーク」がおすすめです。

 

そしてKontrolFreek製のフリークは現在、

の4種類のモデルが存在します。

ちなみに「Vortex」は長期間、Amazonページだと品切れが続いていますが、楽天では購入する事が可能です。

それぞれのモデルの違いについては以下の通りです。

  頂部の形状
(指を置く部分)
高さ
Inferno 凹型 10.1 mm(右)
10.1 mm(左)
Galaxy 凹型 11.8 mm(右)
7.6 mm(左)
Edge 凸型 10.4 mm(右)
5.9 mm(左)
Vortex 凸型(右)
凹型(左)
11.3mm(右)
5.6mm(左)

この様な違いがあるので、好みの高さと形状を考えて選ぶのがおすすめ出来ます。

ちなみに左右で長さと形状が違うモデルもありますが、これは逆に付ける事も可能です。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう