【Apex Legends】ミラージュ アビリティの効果的な使い方と立ち回り、おすすめな武器について!

ミラージュは自分の偽物を作り出したり透明になる等、トリッキーなアビリティを持つレジェンドです。

これによって敵の攻撃を誘って索敵したり、無駄撃ちをさせてリロード頻度を増加させるなど、細かい部分で嫌がらせが出来ます。

また使い方も比較的簡単なので、初心者の方でも扱いやすいです。

 

ただし元から使用出来るレジェンドでは無く、無課金であればランクを20近く上げて12,000クレジット貯めなければアンロック出来ません。

この記事ではそれぞれのアビリティの効果的な使い方やおすすめな武器、立ち回り方について解説していくので是非参考にして下さい。

・全武器の性能表はこちら!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。全ての武器のデータをコマ送りにして調べたので早見表としてまとめました。1フレーム刻みでしか確認が出来ないので、RPMや時間に関しては若干誤差があるかもしれません。ただしこの記事で書いてあるデータ同士で比べればどれだけ優れているのかわかるので是非参考にして下さい。スマホで見る方は横向きにした方が見やすいです。見る前に知っておくべき事!部位毎のダメージ倍率武器交換にかかる時間...

スポンサードリンク

アビリティの詳細と効果的な使い方!

アンコール(パッシブ)

効果の特徴!
  1. ダウン状態の偽物をダウンした位置に作り出す。
  2. 自分自身は透明化してパッと見では分かりにくくなる。

ダウン状態に発動する少し変わったアビリティで、これが発動されると攻撃している側は意外とわかりません。

その為、他のレジェンドよりも少しだけ多く時間稼ぎが出来ます。

ただし、ダウン時にシールドを出してしまうとすぐにバレてしまうので、ミラージュではダウンしたら何もせずに移動するのが効果的です。

ちなみに透明状態でも薄っすら見えてしまうのであっさりやられてしまう事もあります。

サイクアウト(戦術アビリティ)

効果の特徴!
  1. 偽物を前方に走らせる。
  2. 障害物に当たったデコイはその場に立ち尽くす。
  3. 自分視点だと青色に光っているが、他プレイヤーからは本人と遜色無く見える。
  4. 始めの降下時にも2体まで出現させることが出来る。

前方にホログラフの偽物を走らせる能力で、囮として使う事が出来ます。

敵の視点から見ると本人と遜色無い見た目をしているので、意外と騙しやすいです。

具体的な使い方としては、障害物に隠れた敵に向かって放つ事で、回復の邪魔をしたり反射的に撃たせて無駄撃ちをさせられます。

特に敵がレートの高いSMGやARを使用していると、無駄打ちが大きな妨害になるので効果的です。

また適当にデコイを放っておいて、物陰から狙っている敵の索敵としても使えるので、幅広い使い方が出来ます。

スポンサードリンク

ファントム(アルティメットアビリティ)

効果の特徴!
  1. 自身は透明になりながらデコイを複数展開させる。
  2. 透明時でも薄っすら輪郭が見えている。
  3. 透明時は武器を出すことが出来ず攻撃が一切出来ない。
  4. 自分の好きなタイミングで透明状態を解除する事は出来ない。

デコイの集団 + 透明化」と二種類の能力を同時に使うので、発動すれば高確率で敵から逃げる事が出来ます。

なのでどうしてもダメージを受けたくないピンチ時に効果的です。

ただし使い勝手が悪い部分もあり、透明化が自動的に切れるまで攻撃が出来ません。

その為、敵の背後を取って攻撃するというのが少しやりにくいです。

また透明化状態でも薄っすら輪郭が見えているので、真正面などの目立つルートを移動するとバレてしまいます。

なので透明状態でも過信しすぎず、裏を取る場合は解除される時間を考慮しながら見つからない様に移動すると良いです。

スポンサードリンク

相性の良いおすすめな武器!

近〜中距離向けと中~遠距離向けの武器1つずつがおすすめ!

スピットファイア

 

ミラージュのアビリティは近距離から遠距離戦まで幅広く使いやすいので、特に相性の悪い武器はありません。

例えば近~中距離であればデコイで無駄撃ちさせたり、「ファントム」によって緊急回避も可能です。

中~遠距離での遮蔽物越しの撃ち合いでは、デコイで敵の攻撃を誘って顔を出させる事が狙えます。

その為、幅広い状況に対応出来るようにする為に、近〜中距離向けと中~遠距離向けそれぞれ一つずつ装備するのがおすすめです。

 

最後におすすめな武器をまとめると以下の通りです。

  • 近~中距離戦向け

「R-301(AR)」
「R-99(SMG)」
「マスティフ(SG)」
「ピースキーパー(SG)」
「スピットファイア(LMG)」
「ディボーション(LMG)」

  • 中~遠距離戦向け

「G7スカウト(SR)」
「ロングボウ(SR)」
「クレーバー(SR)」
「スピットファイア(LMG)」
「ディボーション(LMG)」

スポンサードリンク

まとめ!

  • ダウンすると「アンコール」が発動するので、すぐにノックバックシールドは出さない方が良い!
  • デコイは敵視点からだと本人と同じように見えるので囮として使うのに効果的!
  • ファントムは不意打ちやピンチからの緊急回避として使うのがおすすめ!

 

この様に「ミラージュ」は直接的に敵へダメージなどを与えるアビリティはありませんが、敵の立ち回りを邪魔する事が可能です。

特にデコイを出す「サイクアウト」は使用しても15秒後に使えるようになるので、とても使いやすいです。

このデコイを上手く使えるかでミラージュの強さが変わってくるので是非使いこなしていきましょう。

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

 

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

また、物によってはスティック操作に力が入ると固定しきれずに取れてしまう場合があります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「KontrolFreek製のフリーク」がおすすめです。

 

そしてKontrolFreek製のフリークは現在、

の4種類のモデルが存在します。

 

それぞれのモデルの違いについては以下の通りです。

  頂部の形状
(指を置く部分)
高さ
Inferno 凹型 10.1 mm(右)
10.1 mm(左)
Galaxy 凹型 11.8 mm(右)
7.6 mm(左)
Edge 凸型 10.4 mm(右)
5.9 mm(左)
Vortex 凸型(右)
凹型(左)
11.3mm(右)
5.6mm(左)

この様な違いがあるので、好みの高さと形状を考えて選ぶのがおすすめ出来ます。

ちなみに左右で長さと形状が違うモデルもありますが、これは逆に付ける事も可能です。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう