【COD:MWR】 G36C 性能や、おすすめアタッチメントとパークについて!【AR】
Call of Duty®: Modern Warfare® Remastered_20161107025102

スポンサードリンク

 

IWに同梱されるMWRは、武器の性能等のゲーム性は一切変更しないそうなので、COD4MWのデータはそのまま参考にすることが出来ます。

 

もし変更点があれば随時変更していきます!

 

 

スペック

 

Call of Duty®: Modern Warfare® Remastered_20161107025102

 

解除Lv37

ダメージ

30-20

(ストパは1.4倍)

発射レート

759RPM

キルタイム

3発 0.237秒

4発 0.316秒

5発 0.395秒

装弾数

マガジン容量 30発

所持弾数 60発

リロード速度

2.1秒

弾切れからのリロード速度

2.97秒

 

使用感

威力はM4A1と同じで低めとなっており、さらにレートも低くリロード速度も遅くなっていて、反動もあります。

なので性能だけ見ればM4A1の劣化バージョンとなってしまっています。

 

ただし、M4A1と違ってエイム時の揺れがないので狙いやすくはなっていますが、ブレがあるのでやはりM4A1の方が使いやすいです。

この武器が好きで、どうしても使いたいという方にしかおすすめ出来ないです。

 

 

スポンサードリンク

 

おすすめアタッチメント

ご自由にどうぞ

 

おすすめパーク

・パーク1
特殊手榴弾×3 解放Lv1

スタン、又はフラッシュグレネードを3つ持てるようになるので初心者から上級者まで誰にでもおすすめできます。

 

また、始めからアンロックされている点も良いところですね!

特に今作はスペシャルグレネードの効果を半減させるタクティカルマスク等が存在しないのでかなり強力となっています。

 

ちなみにスモークグレネードは効果の対象にならず1つしか持てないので気をつけて下さい。

 

RPG-7 解放Lv2

ヘリ対策に使えます。

対人に使う場合は、ソニックブームを付けなければ直撃させないと死なない事が多いです。

 

爆弾処理班  解放Lv14

敵のクレイモアやC4が赤く光って見やすくなるので、理不尽な死を防ぐ事が出来ます。

特にS&Dをプレイする方におすすめです。

 

弾薬帯 解放Lv32

予備弾数が3倍になるのでキルストリークをよく繋げる方におすすめです。

逆にあまり繋げられない方は、このパークを付けても無意味になる場合が多いのでおすすめできません。

 

フラグ×3 解放Lv41

今作のフラグはかなり強力でそれを3つも持てるようになり、とても強力なパークとなっています。

さらに爆発物のダメージ軽減のパークが存在しないので、テキトーに投げるだけでもキル出来る事が多いです。

しかし、純粋に銃撃戦を楽しみたい方にはおすすめできません。

 

・パーク2
ストッピングパワー

これを付けないと、4発当てなければ敵を倒す事が出来なくなりとても厳しいです。

また、M4よりも精度が悪く弾を外す可能性が高くなるので、なおさら必要になります。

 

・パーク3
ディープインパクト

貫通キルを狙う人におすすめです。

 

体調絶好調

機動力に欠けるアサルトライフルですが、これによってある程度カバーできるので走り回る人におすすめです。

 

殉教 解放Lv17

死んだ時にグレネードを落とせるこのパークはドミネーション等のオブジェクト系ルールで役立ちます。

 

特にこの武器の場合は前線で戦う事が多くなり、捌ききれない敵も出て来るのでその敵を巻き添えにし易いです。

 

また、あまり活躍できない初心者でもキル出来る可能性が上がるのでおすすめできます。

しかし、死んで倒す事を前提に立ち回るのは間違っているので、強くなる為にも、初心者の方は殉教に頼りすぎないように気をつけて下さい。

 

デッドサイレンス 解放Lv44

定番ですが、足音を消せるこのパークはとても使えます。

サーチ&デストロイをプレイする方に特におすすめです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

・M4の劣化版のようなアサルトライフル
・威力が低いためストッピングパワーがおすすめ!
・おすすめのパークは、
パーク1

特殊×3

RPG-7

爆弾処理班

弾薬帯

フラグ×3 

パーク2

ストッピングパワー

 

パーク3

ディープインパクト

体調絶好調

殉教

デッドサイレンス

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

 

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

また、物によってはスティック操作に力が入ると固定しきれずに取れてしまう場合があります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「KontrolFreek製のフリーク」がおすすめです。

 

そしてKontrolFreek製のフリークは現在、

の4種類のモデルが存在します。

ちなみに「Vortex」は長期間、Amazonページだと品切れが続いていますが、楽天では購入する事が可能です。

それぞれのモデルの違いについては以下の通りです。

  頂部の形状
(指を置く部分)
高さ
Inferno 凹型 10.1 mm(右)
10.1 mm(左)
Galaxy 凹型 11.8 mm(右)
7.6 mm(左)
Edge 凸型 10.4 mm(右)
5.9 mm(左)
Vortex 凸型(右)
凹型(左)
11.3mm(右)
5.6mm(左)

この様な違いがあるので、好みの高さと形状を考えて選ぶのがおすすめ出来ます。

ちなみに左右で長さと形状が違うモデルもありますが、これは逆に付ける事も可能です。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう