今回は7弦を交えて押さえるコードフォームを紹介していきます。

コードの押さえ方はコードトーンを押さえて響きが良ければ何でも使えます。

その為、ここで紹介している物以外にもコードフォームはたくさん存在します。

この記事ではコードフォームを

Rm3P5m7

の色付きで表記しておりその周りに存在する

「Ⅵm7で使えるテンションノート」と「コードフォームに使用していないコードトーン」

も表記しているので、自分が押さえやすいフォームやテンションを交えたフォームを探すのにも活用してみて下さい。

ちなみに内容についてはⅡm7コードの記事と全く同じです。

・他のコードはこちら!

7弦を交えたコードフォームをを書いている記事のまとめです。7弦のレギュラーチューニングとドロップチューニング時のコードフォームを書いています。良ければ参考にし...

スポンサードリンク

7弦 = R

フォーム①

フォーム②

7弦 = m3

フォーム③

フォーム④

7弦 = P5

フォーム⑤

フォーム⑥

フォーム⑦

スポンサードリンク

7弦 = m7

フォーム⑧

フォーム⑨

フォーム⑩

スポンサードリンク

 

Twitterでフォローしよう