今回は発売前ながらもASTROの「A50 WIRELESS + BASE STATION」をロジクール様から提供して頂いたのでレビューを書いていきます。

こちらはハイエンド機種で有名なASTRO製品の中でも、最上位に位置しているワイヤレスモデルで、ASTROの高品質なサウンドをワイヤレスで体験する事が出来ます。

その分、価格については「A40 TR + MixAmp Pro TR(2019年新型)」より更に高額ですが、実際に使ってみて音質と取り回しの良さがとても優れていると感じました。

なのでコストを気にせず、高性能なワイヤレスモデルを探している方にピッタリだと思います。

 

ちなみに私自身は海外で発売されていた旧型モデルは所持していないのでそちらとの比較は出来ません。

ただしこれの有線タイプである「A40 TR + MixAmp Pro TR(2019年新型)」を今回一緒に提供して頂いたので、そちらとの比較を混ぜながら書いていきます。

購入検討中の方は是非参考にして下さい。

 

一つ注意点として、こちらを提供された2019年6月時点ではASTROのソフトウェアがA50に対応しておらず、以下の項目については初期設定の状態でしか使えません。

  • マイクの音量
  • マイクのノイズゲート設定
  • イコライザーの3つのプリセット

なので今回のレビューは初期設定で使用した感想となります。

ちなみにこれに対応するのは7月下旬頃となるそうなので、発売前には問題無く使えるはずです。
(発売日は8月1日)

今回書いた一部の内容については、後々ソフトウェアが対応した後に追記修正していきます。

開封と内容物!

箱(前面)

 

箱(背面)

 

ヘッドセット本体

 

ヘッドセット以外の内容物

 

ヘッドセットとアンプ以外で同梱されている物としては、

  • 光ケーブル
  • マイクロUSBケーブル
  • 説明書と注意書き
  • 保証書

となっています。

スポンサードリンク

ヘッドセットとベーステーションについて!

A50ではベースステーションがアンプと無線機の役割をしているので、これをPS4やPCに接続して使用します。

この項目ではヘッドセットとベースステーションについて書いていきます。

殆どの操作系統はヘッドセットに搭載!

操作ボタンについてはヘッドセットの右側に搭載されています。

上画像がその右側の画像で左から、

  • 電源スイッチ
  • サラウンド機能のON/OFF
  • EQプリセットの切り替え

となっており、電源スイッチが一番上に来る形になります。

そして一番下にはボリューム調整のダイヤルが付いています。

ボリューム調整

 

そして右側のサイド部分では、ボイチャ音声とゲーム音の音量バランスを調整する事が可能です。

この様にサイド部分には「VOICE」「GAME」と印字されており、音を大きくしたい方を押す事で音量を上げる事が可能です。

 

そしてヘッドセットの左側にはマイクが付いているだけでその他ボタン類は付いていません。

このマイクは倒すとONになる仕組みになっており、上画像の様に立てた状態では音を拾わない様になっています。

ちなみにA50ではマイクの取り外しをする事は出来ません。

ベースステーションについて!

ベースステーションの後ろには端子差込口とPS4/PCのモード切替が付いています。

一通り左側から書き並べると、

  • PS4/PCモード切替スイッチ
  • USB端子(スマホなどの充電に使えます。)
  • 光デジタル端子入力
  • 光デジタル端子出力
  • AUX入力
  • micro USB入力

となっています。

そして前面はディスプレイとなっていて、現在のヘッドセットの状態が表示されます。

ちなみに表示されている内容については左から、

  • バッテリー残量
  • PS4/PCモードどちらになっているのか。
  • サラウンド機能のON/OFF
  • 何番目のイコライザー設定になっているのか。

となっています。

またA50をベースステーションの上に置く事で充電をする事が可能です。

置き場所とヘッドセットの接続部はマグネット式になっているので、厳密に合わせなくてもしっかり置きやすくなっています。

お互いの接続部

スポンサードリンク

付け心地について!

ワイヤレスによって取り回しが良い!

ワイヤレスは取り回しがとても良く、ケーブルを気にせず使えるのでとても便利です。

例えば少し席を外す時はヘッドセットを付けたまま離れる事が出来たり、ケーブルの絡まりや断線の心配もありません。

これらの点はワイヤレスでしか感じられないメリットなのでとても良かったです。

大きなイヤーパッドで耳が直接当たらない!

イヤーパッドのサイズが大きめになっており、耳を覆い被さる形で装着出来ます。

これのお陰で直接触れる部分が無く、耳が痛くなることがありません。

またイヤーパッド自体も柔らかいので、耳周りの負担も少ないです。

側圧が少し強め!

側圧については少し強めに感じます。

付け始めはイヤーパッドが柔らかいのであまり気になりませんが、数十分以上付け続けていると少し負担に感じてきます。

なので側圧が強めなヘッドセットが苦手な方には向いていないかもしれません。

ちなみにこちらの有線モデルである「A40 TR + MixAmp Pro TR」は全くと言って良いほど側圧がありません。

なのでこの側圧の強さが個人的に2モデルの大きな違いに感じました。

開放型で蒸れにくい!

A50は開放型のヘッドセットとなっており、イヤーパッドが布製になっています。

これによって通気性に優れ、最近の熱くなってきた時期でも快適に使いやすいです。

サイズ調整の幅が狭い!

これについては個人的に問題無かったですが、人によっては問題になる可能性があると思うので書いておきます。

私自身はそこまで頭が大きい方では無く、大抵のヘッドセットでは3割~5割くらいのサイズ調整で丁度良く感じます。

しかしA50では上画像の様に最大まで伸ばして、若干余裕があって丁度良いと感じるサイズ感でした。

ちなみにこれは「A40TR」以上に小さいサイズで、そちらの方では目盛りが1~2位で丁度良いと感じます。

A40TRの場合

 

その為、今までヘッドセットのサイズで悩んだことがある方はこの点に気を付けて下さい。

スポンサードリンク

音質について!

この項目を読む前の注意点として、上で書いた通りソフト側が対応しておらずイコライザーを調整する事が出来ません。

なので現時点でのレビューはデフォルトで用意されている3つのプリセットを使っての物となります。

ソフト側が対応したらまた追記していきます。

デフォルトのイコライザー設定でもクリアで聴き取りやすい!

元々高音質なヘッドセットなのでイコライザー設定を変更しない状態でも、音の聴き取りがとてもしやすいです。

ちなみにFPSでは3種類のデフォルト設定の内、1番目の設定が一番エッジが聴いた高音が出て使いやすく感じました。

ソフト側が対応してイコライザーが調整できる様になったら、設定を変えて再度追記していきたいと思います。

バーチャルサラウンドはくっきりした定位を自然な表現にする!

サラウンド機能を使わない状態だとくっきりとした定位で、点から音が出ている様な感覚で聴こえます。

これによって正確な位置が掴みやすいですが、人によってはっきりしすぎて不自然さを感じるかもしれません。

 

そこでサラウンド機能をONにすると、そのくっきりした定位を残響感で包んで、現実世界に近い自然な感覚にしてくれます。

加えてその残響感の響きによって距離感も掴みやすくなるので、FPSに使うのにも効果的です。

その為、他の製品でサラウンド機能が聴き取りづらく感じた方でも「A50 WIRELESS + BASE STATION」のサラウンドは聴きやすく感じると思います。

 

しかしサラウンドを使わない方がはっきりした定位になるので、人によっては使わない方が良いと感じるかもしれません。

この辺は人の好みによって変わると思うので、実際に聞き比べて使うかどうか決めるのがおすすめです。

「A40 TR + MixAmp Pro TR」と比べると若干音質が劣る!

これは「A40 TR + MixAmp Pro TR」の音質が良すぎるというだけで、A50の音質が悪い訳ではありません。

「A40 TR + MixAmp Pro TR」の組み合わせでは音の広がりと分離感がズバ抜けていて、細かい音の聴き取りと聴き分けがしやすくなっています。

そちらと比較してしまうと「A50 WIRELESS + BASE STATION」はそこまでのクリアさは感じられません。

 

なのでワイヤレスによる利便性よりも音質を重視する方は「A40 TR + MixAmp Pro TR」の方がおすすめです。

とは言っても「A50」自体も十分高音質でクリアなヘッドセットなので、聴き取りにくいわけではありません。

実際に「A40 TR + MixAmp Pro TR」と比較しなければ音質が悪いと言う印象は持たないと思うので、高性能なワイヤレスモデルを探している方におすすめ出来ます。

その他良かった点!

オート電源OFF機能が便利!

A50は電源を付けっぱなしで放置押していても音が出ていなけば勝手に電源がOFFになってくれます。

これのおかげで電源を切り忘れてもバッテリー切れになる事が無いので良かったです。

また原理はわかりませんが、少し触れたり持ち上げたりするだけで電源が入ってくれるので、復帰させるのも手軽です。

同時に3つの機材から音を流せる!

ベースステーションではMixAmp Pro TRと同じように、

  • USBケーブルからの音
  • 光デジタルケーブルからの音
  • AUX端子からの音

これら3種類の音を同時に流す事が出来ます。

なので使いようによってはPS4からのゲーム音、PCからのチャット音声、スマホから音楽を流すと言った使い方も可能です。

注意点!

PS4 Slimで使う場合は「HDMIオーディオ分配器」が必要!

PS4 PROでは無く普通のPS4Slimには光デジタル端子が付いていません。

しかし「A50 WIRELESS + BASE STATION」をPS4で使用する場合は光デジタルで接続する必要があるので、このままでは使えないです。

そこで、PS4Slimで使う場合は光デジタル端子を使えるようにする「HDMIオーディオ分配器」が必要になります。

おすすめの「HDMIオーディオ分配器」としては「保証期間の長さ」「動作の安定性」「価格の安さ」の点から以下のモデルがおすすめです。

A50以外のヘッドセットを使う事は出来ない!

アンプと無線機の役割をするベースステーションはA50専用機となっているので、他のヘッドセットを使う事は出来ません。

なので自分の好きなヘッドセットでASTROサウンドを使いたいという方はMixAmp Pro TRの方がおすすめ出来ます。

スポンサードリンク

まとめ!

  • ASTRO製の中で最上位クラスのワイヤレスモデル!
  • ワイヤレスで取り回しが良い!
  • イヤーパッドが快適!
  • 側圧が少し強め!
  • サイズ調整の幅が小さめ!
  • サラウンド機能が高性能で聴き取りやすい!
  • 音質の良さとクリアさにおいては「A40 TR + MixAmp Pro TR」の方が良い!
  • オート電源OFFで切り忘れても安心!
  • 同時に複数の機材から音が流せる!

 

この様に「A50 WIRELESS + BASE STATION」は高性能アンプとして有名なMixAmp Pro TRの操作感をそのままにワイヤレスに対応させたモデルとなっています。

その為、ワイヤレスの利便性を取りながらASTROによる高音質を使いたいという方にとてもおすすめです。

しかし聴き比べてみると、上でも書いたように音質については「MixAmp Pro TR」の方が優れています。

なので利便性よりも音質に拘るという方はMixAmp Pro TRを選ぶ方がおすすめです。

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek Vortex」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「FPS Freek Vortex」がおすすめです。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう