今回は「ASTRO A40 TR + MixAmp Pro TR」のレビューを書いていきます。

この製品はFPSプレイヤーにとても人気なモデルで、特に「MixAmp Pro TR」については世界中の多くのFPSプレイヤーに人気です。

日本国内でもFPS実況プレイヤーに使用されているのが良く見られます。

 

ちなみに海外では2015年から販売されており、日本でも並行輸入と言う形で今まで販売されていました。

そして「ASTRO Gaming」がロジクール傘下になったということもあり、とうとう日本でも2018年9月20日に国内正規品が発売されています。

なので実質3年前の製品です。

しかし現在でも多くのFPSガチ勢に使用されており、最近の最新機種に劣らないスペックを持っています。

今回はそんなハイエンドモデルを詳しくレビューしていくので是非参考にして下さい。

ヘッドセットのカスタマイズ性と機能!

マイクが左右どちらでも付けられる!

このヘッドセットは横部分の「スピーカータグ」と呼ばれるカバーを外すことが出来ます。

それらを外すと上画像の様にスピーカー部が見えますが、マイクの差込口が両方に付いています。

なので「スピーカータグ」を左右逆に付ければマイクの位置を逆転させる事が可能です。

A40TR MOD Kitによって密閉型にも出来る!

元々開放型ですが、別売りの「A40TR MOD Kit」と呼ばれるパーツセットによってイヤーパッドを密閉型に変更する事が可能です。

また横部分の「スピーカータグ」と上部の「ヘッドバンド」も変更することが出来ます。

その為、長期間使い続けてもパーツを変更すればいつでも新品同様の清潔感を保たせられます。

ちなみにこの「A40TR MOD Kit」は国内正規品の物だと「」と「」の二種類だけです。

しかし並行輸入品の物を含めると「グリーン」「HALOモデル」「BO3モデル」が存在します。

その為、ヘッドセットの外見にこだわる方にもおすすめです。

・A40TR MOD Kitを実際に使用したレビュー記事を書きました!

今回はアストロのヘッドセット「A40TR」に「A40 TR Mod Kit」を付けて使用したレビューを書いていきます。このキットはA40TR専用のカスタムパーツです。これを装着する...

ヘッドセット自体にボタン類は一切無し!

アンプとセット販売されているということもあり、ヘッドセット自体にボタン類が一切付いていません。

ただし、コード部にはマイクのON/OFFを切り替えるスイッチが付いています。

・マイクのスイッチ部

そしてマイクのON/OFFどちらの状態になっているのかについては、アンプ側のボタンの色で判断できます。

・アンプのボタンの状態

マイクON

マイクOFF

写真だと光の加減で分かりにくいですが、実物だとマークの色が赤か白かで判別出来るのでとても便利です。

マイクについての注意点!

ノイズゲートの設定を適切にする必要がある!

A40TRのレビューを見てみるとマイクが音を拾わないと評価されている方が良く見られます。

しかしそれらはノイズゲートの設定を適切に出来ていないのが原因と考えられます。

このヘッドセットは騒がしい会場でプレイするプロゲーマー向けと言う事もあり、ノイズゲートがとても強いです。

特にトーナメントは激強です。

その為、一般の家庭で使う場合はノイズゲートを弱い設定にする必要があります。

上画像がマイクの設定画面で、ここからノイズゲートの設定を行います。

・ノイズゲート部分の拡大画像

初めて使う方からすると「ホーム」でも大丈夫と思うかもしれませんがそれも強めです。

ここの設定で弱い設定である「」又は「ストリーミング」にしないとノイズゲートが強過ぎて、大きな声で話す必要があります。

なのでマイクを使う方はこの点に気を付けて下さい。

付け心地について!

イヤーパッドが大きく圧迫感が弱めで長時間使い続けやすい!

装着感については人によって異なるので一概には言えませんが、個人的にはとても良かったです。

上画像の様にイヤーパッドが大きめで耳自体を圧迫されることがないので装着し続けても痛くなりません。

また開放型と言うこともあり圧迫感が弱めなので耳の周りも痛くならず、長時間使い続けやすくなっています。

サイズ調整が無段階で細かく調整できる!

サイズ調整が無段階に変更できるので自分にとっての最適な設定にしやすいです。

また調節部には上画像の様に目盛りがたくさん書かれているので、左右均等に調節しやすくなっています。

頭部への重量感が感じられる!

このヘッドセットは重量が約360gと重めです。

それに加えて上でも書いている通り、圧迫される力が弱めなヘッドセットとなっています。

なので全重量が頭部に乗っかる形になり、圧迫感が強いヘッドセットに比べて髪型が寝やすいです。

ただしヘッドバンド部分に柔らかいパッドが付いているので頭が痛くなることはありません。

またこれは殆どのヘッドセットやヘッドホンに共通するデメリットなので仕方無い部分でもあります。

アンプを使用した場合の音質について!

透き通る音で聴き取り易く、聴き疲れしにくい!

開放型のヘッドセットなので密閉型と違い、音が外部に抜けてすっきりした印象があります。

なので全ての音がダイレクトに耳へ来ないので長時間使っても聴き疲れがしにくいです。

またすっきりしているおかげで高音の伸びが良くクリアに聴こえるので、音の聴き取りもしやすくなっています。

それでいて高音が強すぎるということもないので、とても聴きやすい音質に感じました。

バーチャルサラウンドは奥行きが出て距離感が掴みやすい!

バーチャルサラウンドは製品によって聴き取りやすさが変わります。

物によっては反響しすぎて逆に聴き取りがしにくかったり、お風呂場の様に聴こえる場合もあるほどです。

しかしこちらの場合はそのようなこともなく、立体的に聴き取れる様に補助してくれます。

これによって方向だけでなく距離感も掴みやすくなるので、音だけで取り入れられる情報が多いです。

 

ちなみに、確かにバーチャルサラウンドをOFFにした方がよりくっきりとした定位が得られます。

しかし個人的にこれだとくっきりとしすぎて音の方向が自然に聴こえません。

感覚としては点と点から音が聴こえる印象で、動くと音の位置がカクついているような感じがします。

あくまで感覚の話で実際にカクついているわけではありません。

また音の奥行きも感じられないので距離感もサラウンドに比べて掴みにくいです。

その為、個人的にはサラウンドを使った方が聴き取りやすく感じました。

ただし人、またはゲームタイトルによってはサラウンドを邪魔に感じる場合もあるので、結局好みなどで分かれると思われます。

イコライザー設定が最適化されていて便利!

MixAmp Pro TRにはイコライザー機能が付いており、自分で細かく設定することが可能です。

それだけでなく、ASTROの公式サイトから完成度の高いイコライザープリセットをダウンロードすることが出来ます。

そしてその中でもCODシリーズに特化した「Beastmode2.0」と言う設定が有名です。

またそこから派生した他のFPSタイトル毎に特化して作られた設定も存在します。

 

そして私自身は今まで他のヘッドセットで使用していましたが、やはりヘッドセットによって音質傾向が変わるので自分で軽くセッティングし直す必要がありました。

しかしA40TRを使う事によって、多くの設定がA40TRを前提に作られているということもあり、そのままの設定でとても聴きやすかったです。

なので公式サイトでダウンロードできる設定を最適化して使いたいという方はヘッドセットも揃えて使用するのがおすすめ出来ます。

MixAmp Pro TRを使わない場合について!

A40TR」はヘッドホンアンプである「MixAmp Pro TR」とのセット販売以外に単体でも販売されています。

この項目ではアンプを使わずに使用した感想を書いていくので、単体での購入を考えている方は参考にして下さい。

最大音量がやや小さい!

PS4のコントローラーに接続して使用した限りでは、最大音量が小さく感じました。

特にこのヘッドセットは開放型となっているので、音が抜けやすく尚更小さく聴こえます。

高域が控えめでボワ付きがあり、足音などが聴きとり難い!

これは私自身がアンプの高音域強調設定に慣れているせいもありますが、単体で使用すると高域が弱く感じられます。

また低音が良く出るのでボワ付きがあり、様々な音が混ざり合って音の聴き取りがしにくいです。

それに加えて上で書いたように最大音量があまり上げられないので足音などの聴き取りが難しく感じます。

その為このヘッドセット単体でのFPSなどでの使用はあまり向いていません。

アンプを使ってこそ真価を発揮するヘッドセットと言えます。

ちなみに音質についてはFPS向きではありませんが、定位の掴みやすさはアンプ無しでもとても良いです。

Huaweiのスマホ、タブレットに直指しでは使えない!

このヘッドセットは端子の片方が5極と特殊になっています。

その相性が悪い為か、Huaweiのスマホ、タブレットに指しても認識してくれませんでした。

(ちなみに試した機種は「P10Plus(スマホ)」、「MediaPad M3(タブレット)」の二つです。)

 

ただしメーカーから直接聞いた話では、本来スマホでも問題なく使用できる様です。

試しに自分が過去に使っていた「ギャラクシーS4」に指してみましたが、問題なく認識してくれました。

またHuaweiの端末でも上記の2機種以外でなら使える可能性もあります。

その為、これらの端末での使用も考えている方は気を付けて下さい。

MixAmp Pro TRについて!

ここからはヘッドセットとセット販売されているアンプの機能面について書いていきます。

ちなみにアンプ単体でも販売されているので、アンプのみの購入を考えている方も参考にして下さい。

イコライザーをワンボタンで4種類から切り替えられる!

MixAmp Pro TRは本体自体にイコライザー設定を4つ保存しておけます。

PC自体にはいくつでも保存可能

そしてこの4つのイコライザー設定はPCを使わずに本体の操作だけで切り替えることが可能です。

その変更方法は簡単でイコライザーボタンを押すだけで変えられます。

これによってゲーム毎の設定や音楽鑑賞用など、用途毎に合わせて使いやすいです。

同時に3つの機材から音を流せて便利!

MixAmp Pro TRは同時に以下の機材の音声を流すことが出来ます。

  • ゲーム機
  • PC
  • AUX端子に繋いだ機材(スマホや音楽プレイヤーなど)

その為ゲームをプレイしながらPCのSkypeやDiscordの音声を流し、スマホで音楽を流しながらプレイするなど欲張りな使い方も可能です。

またこれらの音量バランスを下側の小さなノブで調節することが出来ます。

この様に複数の機材を便利に使える機能が搭載されているモデルは少ないので、この点がこのアンプの大きな魅力と言えます。

バーチャルサラウンドをいつでもワンボタンでON/OFF出来る!

バーチャルサラウンドについてもイコライザー同様にワンボタンでON/OFFを切り替えられます。

PCは合った方が良い!

PCが必要なのかどうか気になる方も多いかもしれませんが、PCは必ずあった方が良いです。

PCがなければ初期設定でしか使えないので「イコライザー設定の変更やダウンロード」、上で書いた「ノイズゲートの設定」も出来ません。

ただし一度自分好みに設定してしまえば、後はアンプ自体の操作だけで切り替えられます。

なので私自身一度設定してからはPCにインストールしてあるソフトウェアは全く使用していません。

MixAmp Pro TRについて詳しくはこちらの記事へ!

今回「ASTRO A40 TR + MixAmp Pro TR」と呼ばれるセット商品をレビューしていますが、アンプに関しては2年前に購入し使い込んでいます。

そのアンプについて詳しくは以下の記事で詳しく書いているので、ここに書いている以上にアンプについて詳しく知りたい方はそちらを参考にして下さい。

今回はFPSプレイヤーの定番とされているヘッドホンアンプ「MixAmp Pro TR for PS4」を実際に使用したレビューを書いていきます。ちなみに今回は何処かから提供された物...

まとめ!

  • A40TR MOD Kit」を使う事で密閉型にも出来る!
  • ノイズゲートの設定を弱くするのがおすすめ!
  • イヤーパッドが大きく圧迫感が弱いので長時間使いやすい!
  • 重量が重め!
  • 開放型特有のすっきりした音質で聴き取りやすい!
  • バーチャルサラウンドを使う事で距離感が掴みやすくなる!
  • 用意されているイコライザーが「A40TR」に最適化されていて使いやすい!
  • MixAmp Pro TR」を使わないと物足りなさがある!
  • 「MixAmp Pro TR」だけで操作できることが多く便利!

 

この様に「A40TR」はカスタマイズ性に優れ、「MixAmp Pro TR」に最適化されたヘッドセットとなっています。

また「MixAmp Pro TR」に関しては音質が良いだけでなく、豊富な機能や操作性にも優れとても便利です。

その為、FPSでの音の聴きやすさだけでなく、様々な用途や多くの機材を便利に使いたいという方にも向いています。

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek Vortex」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「FPS Freek Vortex」がおすすめです。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう