おすすめのルーター5選! スマホやタブレットのWi-Fi接続や、FPSで使うのにおすすめな物を紹介!

スポンサードリンク

今回はおすすめのルーターについて書いていこうと思います。

このルーターはしっかりしている物を使っているのと使っていないのとで、オンラインゲームでの回線速度や、スマホ等のWi-Fi回線速度等に大きく影響するので、しっかりした物を選ぶのがおすすめです!

また、初めにルーターについて詳しく書いていくので、ルーターについてあまりよく知らない方はルーターの役割についてから読むのをおすすめします!

ルーターの役割について!

このルーターと言うものは、ネット回線を分配する役割を持っています。

その為、家にある一本のネット回線にルーターを繋ぐことで、ルーター本体に複数のLANケーブルを繋ぐことで有線接続がいくつも出来るようになったり、無線LANを飛ばしてWi-Fi接続も可能となります。

電源タップと同じような役割りを持っていることになりますね。

なので、どんなに性能の良いルーターを使っていても、家に付いている回線自体が弱い物だと、回線自体が強くなるわけでは無いのであまり効果は望めません。

性能の良いルーターというものは、本来のネット回線を潤滑に分配する事が出来る、という様になっています。

回線速度が速い物など、おすすめなインターネット回線に関しては下の記事で紹介しているので、良ければ参考にしてみて下さい!

FPSやWi-Fiにおすすめなインターネット回線!光回線とモバイル回線7つを紹介!
今回は、おすすめのインターネット回線について書いていきたいと思います! このような記事を見ている方は、これから引っ越し...

ルーターの選び方!

いざルーターを選ぼうと思い、スペックを見てみると5GHz、2.5GHz、300Mbs等、何も知らない方からすると一体何を表しているのかよくわからないかと思います。

なので、ルーターのスペック表によく書かれている項目について説明していきます。

Ghz数について!

ルーターには主に5GHzと2.5GHz(2.4Ghzと記載されている場合もある)の2つの規格が使われています。

これは無線接続で使う場合に使用する部分なので、有線接続で使う場合は関係がありません。

この2つにはそれぞれ次のような長所短所が存在します。

・5GHz

長所

2.4Ghzよりも回線速度が速い

ルーター以外で5GHzという周波数はあまり使われていない為、他の機器と混線しにくく安定しやすい。

短所

2.4GHzに比べて床や壁等に弱い

通信距離が長いと不安定になりやすい。

古い端末だと5GHzに対応していない場合がある。

・2.4GHz

長所

床や壁等の障害物に強い

電波が遠くまで届きやすい

古い端末でも使用可能。

短所

5GHzに比べて回線速度が遅い

電子レンジ等、ルーター以外の機器にもよく使用されている周波数なので混線しやすい

この様な性質を持っている為、2階建ての一軒家などで、家全体に電波を飛ばしたいのなら2.4GHzを使い、ルーター近くで速い回線速度が欲しいのならば5GHzを使うのがおすすめです。

しかし、最近の高性能なルーターであれば5Ghzで2階建ての一軒家で使用しても、家の作りによっては出来ないこともありますが、問題なく使えることが多いです。

また、ルーターには2.4GHzと5GHz両方対応している物が多いです。

Mbps数について!

これは回線速度を表しているもので、1秒間の内に何メガビット遅れるのかを表しています。

例えば、1Mbpsであれば1秒間に1メガビット1Gbpsであれば1秒間に1ギガビット送れるということになります。

その為、数値が高ければ高い程、回線速度が速いと言うことになり、値段も高くなります。

規格について

無線ルータには以下のような規格が存在します。

・IEEE802.11ac 6.9Gbps 2.4G帯/5GHz帯
・IEEE802.11n   300Mbps 2.4G帯/5GHz帯
・IEEE802.11a 54Mbps 5GHz帯
・IEEE802.11g 54Mbps 2.4GHz帯
・IEEE802.11b 11Mbps 2.4GHz帯

この規格に対応していない端末を無線で繋ごうと思っても接続する事は出来ないので、ルーターを選ぶ前に端末のスペックを良く確認する等、気をつけて下さい。

現在では2014年に出来たIEEE802.11acが一番性能が良い企画なのですが、2014年以前に作られていた端末を接続する事は出来ません。

また現在販売されているルーターは、ほぼ全ての規格に対応している物が多いので、ある程度選びやすくなっています。

スポンサードリンク

おすすめのルーター一覧!

それでは、おすすめのルーターを紹介していきます!

順番に関しては値段の安い物から順に書いています。

BUFFALO WSR-300HP/N

BUFFALO 11n/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) エアステーション Qrsetup Giga Dr.Wi-Fi 300Mbps WSR-300HP/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] (利用推奨環境1人・ワンルーム)

・スペック

対応Hz

2.4Ghz

対応規格

IEEE802.11n/g/b

有線LAN端子数

3つ

推奨同時使用者数

1人

無線最大回線速度

300Mbps(11ac)

54Mbps(11g)

11Mbps(11b)

ギガ対応(有線)

こちらは今回紹介している中で最も低価格な物ですが、有線であれば1Gbps以上にも対応しており、無線で使用してもスマホ等のWi-Fiで使うには十分な速度があります。

しかし、こちらはワンルーム向けのルーターとなっているので、自宅が広い方やルーターが置いてある部屋とは別の部屋でWifiを利用する方には合わないかもしれません。

(自宅の構造上によっては別の部屋でも使用できる場合もあります)

ワンルームに住んでいる方にとてもおすすめなルーターとなっています。

BUFFALO 11n/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) エアステーション Qrsetup Giga Dr.Wi-Fi 300Mbps WSR-300HP/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] (利用推奨環境1人・ワンルーム)
by カエレバ

BUFFALO WHR-1166DHP3

BUFFALO 【iPhone6対応】 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) エアステーション QRsetup ハイパワー ビームフォーミング対応 866+300Mbps WHR-1166DHP3 (利用推奨環境3人・3LDK・2階建)
・スペック

対応Hz

5Ghz

2.4Ghz

有線LAN端子数

4つ

推奨同時使用者数

3人

ビームフォーミング機能搭載

対応規格

IEEE802.11ac/n/a/g/b

最大通信速度

866Mbps(11ac)

300Mbps(11n)

54Mbps(11a、11g)

11Mbps(11b)

ギガ対応(有線)

こちらは、2階建ての一軒家に向けて作られているもので、電波が広く届きやすくなっています。

また、IEEE802.11acに対応している端末であればとても快適に接続する事が出来ます。

勿論ギガ対応もしているので、FPS等のゲームにも向いています。

さらにビームフォーミング機能と言うものがあり、これはデバイスの位置を自動で判別して効率よく電波を飛ばしてくれます。

これによってWi-Fiが安定して繋ぎやすいです。

なので、少し広めの一軒家に住んでいる方におすすめな物となっています。

BUFFALO 【iPhone6対応】 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) エアステーション QRsetup ハイパワー ビームフォーミング対応 866+300Mbps WHR-1166DHP3 (利用推奨環境3人・3LDK・2階建)
by カエレバ

BUFFALO WXR-1900DHP2

31tgydc79gl

BUFFALO【iphone6S 対応】11ac/n/a/b/g 無線LAN親機(Wi-Fiルーター)エアステーション バンドステアリング対応 1GHzデュアルコアCPU搭載 1300+600Mbps WXR-1900DHP2 (利用推奨環境6人・4LDK・3階建)

・スペック

対応Hz

5Ghz

2.5Ghz

有線LAN端子数

4つ

推奨同時使用者数

6人

対応規格

IEEE802.11ac/n/a/g/b

通信速度

1300Mbps(11ac)

600Mbps(11n)

54Mbps(11a、11g)

11Mbps(11b)

ビームフォーミングEX機能搭載

こちらは上で紹介している物よりも更に電波が強い物で、広範囲に電波を届かせる事が出来ます。

IEEE802.11acに対応している端末であれば無線でも1Gbpsを超える速さにも対応しているのでとても快適です。

推奨同時使用者数が多めなのも良いところです。

また、ビームフォーミングEXと呼ばれる、ビームフォーミングをさらに改良された機能があり、これによって50%通信速度が向上されています。

さらに、付いている3本のアンテナは自由に角度調整が出来るので、ピンポイントで通信が安定する場所を作ることも可能です。

自宅が広い方や、同時にWi-Fiを使用するデバイス数が多い方におすすめです。

BUFFALO【iphone6S 対応】11ac/n/a/b/g 無線LAN親機(Wi-Fiルーター)エアステーション バンドステアリング対応 1GHzデュアルコアCPU搭載 1300+600Mbps WXR-1900DHP2 (利用推奨環境6人・4LDK・3階建)
by カエレバ

ASRock G10

ASRock 【ゲーミングルーター】 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) GamingBoost ビームフォーミング 赤外線リモコン機能対応 1733+800Mbps G10

・スペック

メモリ

256MBフラッシュメモリ

512MBメインメモリ

対応Hz

5Ghz

2.4Ghz

最大通信速度

2.4GHz 800Mbps

5GHz 1733Mbps

対応規格

IEEE802.11ac/n/a/g/b

ゲーミングブースト機能

セルフヒーリング機能

ビームフォーミング機能

H2R同梱

こちらはゲーミングルーターと呼ばれるもので、FPS等の回線速度が重要になるゲームでの使用に特化したものです。

それだけあって、通信速度の速さがとても早いです。

また、電波が届く範囲も広いので自宅が広い方でも使用できます。

このルーターにはH2Rと言う、持ち運び可能な小型ルーターも同梱されていますが、これはルーターの役割だけでなく、テレビ等のHDMI端子に繋ぐことで、スマホ等の端末の映像を流す事も出来ます。

ゲーミングブーストと言うのは、複数の端末を繋げている場合に1つの端末に電波の帯域を集中させて、その端末の回線速度を優先的に速くさせるものです。

その為、ゲームをやる時だけこの機能をオンにすればとても快適にプレイする事が出来ます。

また、ビームフォーミング機能もあるので効率よく端末に電波を送ることが出来ます。

セルフヒーリングと言うのは、設定した時間に自動的に再起動してルーターの寿命を伸ばしたり、パフォーマンスの維持等の効果があります。

さらに、専用のアプリを使うことで、外出時でもスマホから自宅の家電製品を遠隔操作することが可能です。

例えば、帰宅前にエアコンを遠隔操作して予め暖房を入れて部屋を暖めておくと言う事も出来ます。

とても高機能なルーターとなっているので、コアゲーマーだけでなく、多機能なルーターを探している方にもおすすめです。

ASRock 【ゲーミングルーター】 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) GamingBoost ビームフォーミング 赤外線リモコン機能対応 1733+800Mbps G10
by カエレバ

エイスース(ASUS) RT-AC88U

ASUSTek 11a/b/g/n/ac対応 2167+1000Mbps高速無線ルーター ゲーミング最適化機能 WTFAST搭載 Aiprotection powered by Trendmicro RT-AC88U
・スペック

メモリ

NAND128MB

DDR3 512MB

対応Hz

5Ghz

2.4Ghz

有線LAN端子数

8つ

最大通信速度

2.4GHz 1000Mbps

5GHz 2167Mbps

対応規格

IEEE802.11ac/n/a/g/b

USB 3.0 (1)

USB 2.0(1)

ゲームのラグを減らす「WTFast」機能

電波の通信優先度を1つに高める「Adaptive QoS」

接続機器を狙い撃つ様に電波を飛ばす「Ai Radar」

有線LAN接続で2000Mbpsを実現させるリンクアグリゲーション機能

ルーター用セキュリティ機能の「AiProtection」

スマホから設定を変えることが出来る専用のアプリが存在

こちらは今回紹介している中で最も通信速度が速く、高額な物となっています。

そんな値段だけあって、様々な機能があり、性能はとても良くなっています。

電波の強度がとても強いので、自宅が広い方や、一度に複数のデバイスを同時に使う方にもおすすめできます。

WTFast機能はWTFast社のGamers Private Network(GPN)を利用し、ネット接続する際の経由地を減らす事が出来ます。

その結果、タイムラグを減らすことに繋がるのでゲームのPing値を最大30〜60%低くする事が出来ます。

また、この機能はゲーム機やPC以外にも使うことが出来、スマホやタブレットにも利用する事が出来ます。

Adaptive QoSゲームへの通信を優先するように設定することで、他の人が動画等をストリーミング再生しても、その影響力を受けないようにする事が出来ます。

Ai Radarは上の製品でもあったビームフォーミング機能を更に強化させた物で、更に電波を効率良くデバイスに届かせる事が可能になっています。

リンクアグリゲーション機能は、8つある有線LANポートの内2つが対応しているもので、この2つの有線LANポートを同時に1つデバイスに繫ぐ事で最大2000Mbpsの速度で接続出来る物です。

この様に、FPS等の速い回線速度が必要になるゲームにピッタリな機能、性能を持っているのでコアゲーマーの方にとてもおすすめなルーターとなっています。

ASUSTek 11a/b/g/n/ac対応 2167+1000Mbps高速無線ルーター ゲーミング最適化機能 WTFAST搭載 Aiprotection powered by Trendmicro RT-AC88U
by カエレバ

まとめ

・低価格でありながらもそれなりの性能を持っているコスパが良い物を探している方は、 BUFFALO WSR-300HP/Nがおすすめ!
・2階建て向けの物で、電波が強く、効率良く端末まで電波を届けてくれる物を探している方は BUFFALO WHR-1166DHP3 がおすすめ!
・3階建て向けでさらに電波が強い物を探している方は BUFFALO WXR-1900DHP2がおすすめ!
・ゲーミングルーターで便利な機能が豊富なルーターを探している方は ASRock G10 がおすすめ!
・とにかく通信速度が速いルーターを探している方は ASUSTek RT-AC88U がおすすめ!

それでは読んで頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする