この記事では「Battlefield V」の情報についてまとめています。

新しい情報が出るたびにまとめていくので良ければ参考にして下さい!

 

発売日 ・通常版…10月19日→11月20日に延期

・デラックスエディション購入者…11月16日から先行アクセス!

先行トライアル EA Access(XBOX ONE)

Origin Access(PC)

これらに加入で11月9日からプレイ可能!

対応ハード PS4、XBOX ONE、PC

 

目次

基本情報!

公式トレーラー

発売日と先行トライアルについて!

通常版の発売日は10月19日となっていますが、デラックスエディション購入者は10月16日からプレイできます。

このデラックスエディションは、特典付きで価格が2,000円近く高額なダウンロード限定販売の物です。

Battlefield V Deluxe Edition(PS STORE)

デラックスエディション限定の特典内容は以下の通りです。

・「Battlefield™ V」ゲーム本編に最大3日間の先行アクセス

・空挺部隊ユニフォームセット5種

・スペシャル任務とスターター任務

・エアリフトで毎週20個のカスタマイズアイテムを入手

 

また先行トライアルへの参加条件は以下の通りです。

・XBOX ONE…EA Access(月額518円)に加入

・PC…Origin Access(月額518円)に加入

PS4については今の所EA AccessもOrigin Accessも未対応なので参加出来るか不明です。

もしかしたら別の方法が用意されてPS4でも出来る様になるかもしれません。

 

ちなみにこの先行トライアルは

「体験版をプレイする」

という扱いですが、Origin Accessなどの説明を読むとプレイデータはそのまま製品版へ引き継がれる様です。

なので装備状況など他プレイヤーと差を付けられるチャンスなので是非参加しておきたいですね。

オープンベータについて!

今の所9月上旬に開催される事が発表されていますが、具体的な日程や参加条件などは決まっていません。

ただし、PS STOREで販売されているDL版の説明では「ベータへの先行アクセス」の特典があるのでDL版を購入している事が条件になるのかもしれません。

もしくは先行アクセスと書いてあるので、一般よりも早めに参加できるだけで、ベータ自体は誰でも参加できるという可能性もあります。

今のところは9月上旬と言う事以外何もわからないので、何か発表され次第追記していきます。

 

オープンベータの日程が9月6日からと発表がされました。

またDL版予約者の方は9月4日から先行でプレイ出来るそうです。

ちなみにPS4、XBOX ONE、PC版全機種が同時に参加できます。

 

プレイ出来るモードは最大64人対戦のコンクエスト。

マップは、

「Rotterdam(オランダの都市)」

「Arctic Fjord(ノルウェー)」

の二つのマップです。

今までにない第二次世界大戦物タイトル!

第二次世界大戦物と言えばフランスやドイツなどヨーロッパでの戦いが定番とされています。

しかし今作では今までにない第二次世界大戦物を目指して作られており、あまり描かれていない部分も登場する様です。

その為、有名どころだけでなくマイナーな戦地、ノルウェー、オランダ、北アフリカなども登場すると発表されています。

また発売後にも新たな戦地が追加される様です。

プレイヤーの動きがよりリアルに!

トレーラーを見ればわかりやすいですが、プレイヤーの一挙一挙の動作がとてもリアルに進化しています。

これはプレイヤーの動きに対しても物理エンジンが適用されているのが大きいそうです。

その為、壁や障害物などに対するプレイヤーの動きがゲーム的でなく、現実に近い動きになります。

またゲーム性での影響として地面の状態などによって移動速度やスライディングの移動距離も変わるようです。

また、ほふく移動の動作もうつ伏せと仰向けに体勢を変える等リアルになっており、360度見渡せるみたいです。

主なモードはキャンペーン、マルチ対戦、協力モードの3つ!

今作ではこの三つのモードが存在します。

更にこれらゲームモードは今までの作品にはない体験が出来ると発表されているのでとても期待出来そうです。

また同時期に発売される「COD:BO4」にキャンペーンがないので、キャンペーン目当てのFPSプレイヤーに一層人気が出るかもしれません。

プレミアムパス廃止=DLCが無料化!

今作では「タイド・オブ・ウォー」と呼ばれる形で全てのプレイヤーが同様のゲーム体験が出来る様に、追加コンテンツが無料化になるようです。

今までDLCは全部でソフト一本分以上の価格で配信されていましたがこれが無料化されるというのはとても良いですね。

ちなみに無料化の理由として、EAのFPS/TPSタイトル「Star Wars バトルフロントII 」の課金制度の反響で懲りたのが理由と噂されています。

Battlefield 1942がベース!

「Battlefield 1942」は2002年に発売されたBFシリーズの原点とも言える作品です。

ファンによって多数のMODも作成され、長期間多くのFPSプレイヤーにプレイされ続けた人気なタイトルでもあります。

今作「BF5」ではこの「Battlefield 1942」をベースに現在の最新技術で開発がされているようです。

スポンサードリンク

キャンペーン「War Stories」について!

ストーリー進行はBF1同様オムニバス形式!

今作のキャンペーンモードもBF1同様に「大戦の書」と呼ばれるそれぞれの戦場での兵士を操作して進めていく形になります。

登場人物に関してはノルウェーのレジスタンスに参加した女性兵士などが出るそうです。

ちなみにトレーラー映像のプレイヤーはフランスのレジスタンスとされています。

キャンペーンについての情報はまだまだ少ないので情報が出次第追記していきます。

マルチ対戦について!

大規模な乱戦が楽しめる「Grand Operations」が登場!

最大64人で対戦できる大規模な対戦モードです。

なのでこれだけ聞けばBF1で言うオペレーションモードに似てる様に思います。

しかしこの新モードのゲーム性はバトルロワイヤル要素が加わったものになっています。

以下にこのゲームモードの特徴を書いていきます。

試合時間は最長1時間!

このGrand Operationsはゲーム内時間で4日間となっており一日は現実世界での15分に相当します。

その為フルでゲームを行うとなると1時間かかるという物です。

ただし途中で決着が付く場合もあるので、大体一試合45~60分とされています。

全8チームによる大乱戦!

このモードの最大の特徴は2チームによる大合戦ではなく、複数のチームによる乱戦仕様になっている点です。

プレイヤーは「4人×8チーム」に分かれて対戦を行います。

ゲームモードはゲーム内の一日ごとに切り替わる!

このモードでは1時間近くずっと同じことをするのではなく15分ごとにゲームモードが切り替わるようです。

これのおかげで1時間と長い時間でもだれる事なく楽しめそうです。

4日目は全員敵のバトルロワイヤルモード!

ゲーム内時間の4日目では今まで組んでいた味方も敵となり、リスポーン無しの完全なバトルロワイヤルモードへ切り替わります。

ちなみに4日目は延長戦と言う扱いで、普通であれば3日目のゲームモードで勝利チームが決まる様です。

最近ではPUBGやフォートナイトなどバトルロワイヤル系が流行っており、BFVと同時期に発売される「COD:BO4」もバトルロワイヤルモードを取り入れています。

これにBFVも乗っかって来ているので、更にバトルロワイヤルブームが加速するかもしれません。

 

・実際のプレイ動画

いつものゲームモードに加えて新モードも登場!

今までにもあった「チームデスマッチ」「コンクエスト」などに加えて

「ブレイクスルー」「フロントライン」「デモリッション」

と呼ばれるゲームモードが追加される様です。

この新モードについてまだ詳しくわかりませんが情報が出次第追記していきます。

またこの他にもゲームモードは存在する可能性があります。

兵科・武器・スキンについて!

いつもの4つの兵科が登場!

いつも通り「突撃兵」「看護兵」「援護兵」「偵察兵」は変わらず登場します。

またこれら以外にも兵科が登場し、それについては後々発表される様です。

武器アタッチメントは7つ付けられる!

今回アタッチメントは最大7つ付けられます。

兵士、武器、乗り物の外見カスタム要素が幅広い!

今までのBFシリーズではあまり外見の変更が出来ませんでしたが、今作ではかなり細かく外見をいじれるみたいです。

これによって

「同じ外見をしている人が殆ど見られない」

というレベルにまでいじれるようになるのでこれは嬉しい情報ですね。

またプレイヤー自身の外見だけでなく武器や乗り物もカスタムできる様です。

ゲームプレイ上に影響が出る課金アイテムなどは一切無し!

武器スキンなどの外見を変更するアイテムは存在しますが、ゲームプレイでアドバンテージを得られるようなアイテムはありません。

その為純粋にプレイヤースキル同士での対戦が出来るので、競技性を求める方にとっては嬉しい情報ですね。

スポンサードリンク

ゲーム性について!

所持弾数が少なく弾数管理や弾薬奪取が重要に!

今作では今までの作品以上に所持弾数が少なく、弾薬の補給をしなければあっという間に弾切れになる様です。

その代わりキルした敵から弾薬が拾えるので、一か所に留まるだけでなく、しっかり弾薬補給をしに出る必要が出そうです。

なので、援護兵による弾薬箱が今まで以上に活躍するかもしれません。

新たなシステム「フォーティフィケーション」

今までのBFでは建築物や壁などの破壊が出来ましたが、今作ではそれに加えて建築要素も加わる様です。

これは拠点を防衛するモードで拠点が壊されてしまってもそれを修復するなどが出来ます。

また援護兵は建築スピードが数倍速く、この辺でも兵科による個性が出される様です。

ちなみに上のトレーラーでは土嚢を建てているのが確認できます。

蘇生がどの兵科でも可能に!

以前のBFでは看護兵のガジェットを使わなければ蘇生が出来ませんでしたが、今作では看護兵でなくても蘇生が行えます。

ただし、他兵科による蘇生は回復量が少なく、蘇生までの時間も長くなるようなのでしっかり差別化がされる様です。

負傷している味方を引きずる事が可能に!

倒されて負傷状態になった味方を引きずる事が可能になり、蘇生する前に安全な場所へ運べるようになります。

これによって安全に蘇生出来る確率が上がるので更に戦略性が高まるかもしれません。

グレネードの投げ返しと銃で撃って爆発させる事が可能!

飛んできたグレネードの投げ返しが可能なゲームは多いですが、撃ち落としが可能なゲームはあまりありません。

恐らく撃ち落とすのは難しいかもしれませんがこの仕様はとても面白そうです。

自然回復だけでは100%回復不可能!

今までのBFではかなり時間が経った後に体力MAXまで回復出来ましたが、今作ではMAXまでの回復は不可能になるようです。

ただし自動回復が消えるわけではない模様。

その為、メディックによる回復アイテムが今まで以上に重要となるかもしれません。

分隊長がロケットなどを呼べる!

トレーラーの最後の方でロケットが降ってきますが、実際のマルチ対戦でプレイヤーが要請出来る様です。

これは分隊全員のスコアに応じて分隊長が呼べるようになります。

ちなみにロケット以外には戦車や重火器、スモークなどがある様です。

操作面について!

スポット連打が不可能に!

BF1でも今までの作品に比べてスポットの判定がシビアになっていましたが、今作では更に厳しくなる様です。

これによってテキトーなスポット連打が不可能になるみたいなのでより競技性が強くなるかもしれません。

ジャンプ撃ちが不可能!

自身でジャンプしてから撃つことは出来ないようです。

ただし落下中などの場合は撃つことが出来るとされています。

スポンサードリンク

協力プレイ「Combined Arms」について!

AI兵士が相手!(ゾンビではない)

協力プレイではBOTを相手に味方と協力して生き残るのがメインとなる様です。

ちなみにゾンビが登場する予定はないと言われています。

最大4人の協力プレイ!

最大プレイ人数は4人とされています。

チームワーク、小隊の兵科構成が重要!

「Combined Arms」の攻略はチームワークが重要とされており、プレイヤーが使用する兵科のバランスも重要とされています。

味方全員で生き残る事が重要!

味方が一人でも死んだ状態でクリアしても得られる経験値が大幅に少なくなってしまうそうです。

この様な要素も踏まえてチームワークが重要とされているのかもしれません。

まとめ!

・今までにない第二次世界大戦物を目指している!

・動きがリアル!

・キャンペーン、マルチ対戦、協力プレイモードがある!

・DLCが無料!

・バトルロワイヤル要素を加えた大人数対戦モード「Grand Operations」が登場!

・いつものゲームモードに加えて新モードも追加!

・外見のカスタマイズ要素が豊富!

・兵科による役割が今まで以上に重要!

・協力プレイは最大4人まで!

 

ネット上では第二次世界大戦物と聞いてがっかりしている意見も見られます。

しかしBFVでは今までにない第二次世界大戦物を目指されているのでとても期待が出来そうです。

また個人的には新モードの「Grand Operations」による大乱戦がとても楽しみです。

これからも情報が追加され次第追記していきます。

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

Twitterでフォローしよう