今回はおすすめのマウスコンバーターについて書いていきます。

先に結論から書いてしまうと現状最もおすすめなのはXIM APEXと言うモデルで、もはやこれ一択と言っても良いです。

しかし、これでこの記事を終わらせてしまうのも呆気ないので今回は、

・他のマウスコンバーターを紹介しつつ「XIM APEX」がどれだけ優れているのか?

と言う形で紹介していきます。

これからマウスコンバーターを購入しようか考えている方は是非参考にして下さい。

またXIM APEXを購入する場合は注意するべきこともあるのでそれについても書いていきます。

XIM APEX

マウスコンバーターの注意点!

ゲーム機でのマウス使用を良く思わない方が多い!

FPSではマウスの使用によって得られるアドバンテージが多いので、コントローラーより有利な環境で操作しやすいです。

具体的に有利なポイントは、

・正確なエイムがしやすい!

・一度に複数のボタン操作がしやすくなる!

この2点が挙げられます。

その為コントローラーで操作する事が前提なゲーム機でマウスを使用する事に反対な方はとても多いです。

またクラン募集でも「マウス使用者はNG」と言われているクランも多く見られます。

 

それ以外に動画実況者に関してもゲーム機でのマウス使用者で有名、人気な人はいません。

むしろマウス疑惑を掛けられて一部の人に叩かれている場合もあります。

更に大会でもマウスの使用を禁止している所が殆どです。

なのでゲーム機のFPSタイトルでネット活動やeスポーツをしたいという方にマウスコンバーターはあまりお勧め出来ません。

もしマウスで活動したいのであればゲーミングPCを購入してPCタイトルに移行するのが最善です。

オンボードメモリのマウスがおすすめ!

オンボードメモリに対応していれば、マウス自体に「サイドボタンの設定」「DPI(感度)の設定」「RGBライトの設定」などを保存できます。

これに対応していなければ設定はマウスではなく、専用のドライバーをインストールしているPCに保存されるのでそれ以外の機器では設定が反映されません。

勿論マウスコンバーターには専用ドライバーをインストールする事は不可能です。

その為、非オンボードマウスではマウス自体に設定出来ませんが、サイドボタンの割り当てに関してはXIM APEX側で設定できます。

しかしDPIの設定に関しては、マウス側の設定を高めにしておかなければ不具合が出る可能性があります。

またRGBライトの設定に関しても自分の思い通りに光らせる事が不可能です。

その為、マウスコンバーターに使うマウスは基本的にオンボードメモリに対応した物がおすすめ出来ます。

定番のオンボードメモリ対応マウス!

ゲーミングマウス ロジクール G502RGB DPI切り替えボタン プログラム可能ボタン ウェイト調整 高精度ターゲティング

良くオンボードマウスでコンバーターでの使用におすすめされているのがこちらです。

このマウスにはボタンが全部で12個付いているので、キーボード操作に不慣れな方でもマウスにボタンを割り振って左手の負担を少なく出来ます。

また最高12.000DPIやトラッキング速度が300IPSなど、マウスとしての性能も高いのでFPSでの使用に向いています。

1つ欠点としては重量が168gと重めなので重いマウスが苦手な方には向いていません。

オンボードメモリのキーボードがおすすめ!

キーボードに関しても上で説明したマウス同様にオンボードメモリの物を選ぶのがおすすめです。

しかしキーボードの場合、FPSにマクロキーを使う機会が少ないので、オンボードメモリでないことによって生じる問題は、

「バックライトの光り方を変えられない!」

と言うくらいです。

その為キーボードとしての機能面で制限される事は殆どないので、無理にオンボードを選ぶ必要はありません。

キーボード以外の選択肢!

マウスコンバーター使用者はキーボード操作に慣れていない方が多く、キーボードの代わりに

SONY純正ナビゲーションコントローラー

等を使用する方もいます。

その為、キーボード操作が苦手と言う方はキーボードではなくこのような物を選ぶというのもありです。

XIM APEXについて!

国内正規品は「株式会社しまリス堂」のみ取り扱っている!

XIM APEX PS4/PS3/xbox one/x box360【国内正規品/一年間保証/日本語版アプリAndroid/iphone/PC】

最も信頼が出来る国内正規品と名前付けられたXIM APEXは「株式会社しまリス堂」しか取り扱っていません。

そして「株式会社しまリス堂」では1年間の保証だけでなくメールでのサポートも行っており、このサービスがとても助かります。

と言うのもマウスコンバーターは設定するまでが少し大変で、インターネットや説明書で調べながら設定するのが普通です。

その設定方法でわからないことがあればメールで質問出来るので、調べる手間を省いてサポートを受けながらセッティングを行えます。

またメール対応も返信が早く丁寧に返してくれるので、自分で地道に調べながら設定するよりも素早く作業を進めやすいです。

しかし価格だけで言えば下の項目で説明している並行輸入品の方が低価格です。

初めてマウスコンバーターを購入するという方や、自分で調べるのが面倒と言う方は国内正規品を購入するのがおすすめ出来ます。

並行輸入品の方が低価格で購入出来る!

XIM APEX [並行輸入品]

価格の安さを重視するのであれば「並行輸入品」を購入するのがおすすめです。

並行輸入品であれば驚異的と言って良い位安く購入出来ます。

また安いと言っても1年間の保証もあるので安心して使用可能です。

勿論「しまリス堂」ならではのメールサポートなどはありませんが、使い方に関してはインターネットで調べれば使えないことはありません。

なので、

「わからないことは自分で調べて解決する」

と言うのが苦ではない方は「並行輸入品」の方が圧倒的におすすめです。

他のマウスコンバーターについて!

XIM4

 

今回メインで紹介している「XIM APEX」の旧型モデルです。

マウスコンバーターながらもPCと同じ様な操作感でマウスが使える完成度の高いモデルでした。

XIM APEXはこれを更に上回る精度と反応速度を持ちます。

現在XIM4は製造がされていないのもあり、XIM APEXの2倍近くの価格で販売されている事もあります。

その為、今からこちらを購入する必要はありません。

VENOM-X V4

VENOM-X V4にはマウスとワンド(コントローラー)が付属します。

その為、これさえ購入すればマウスやキーボードなどを別で購入する必要がありません。

しかしワンドが壊れやすかったり動作の不具合があるなど、XIM4より劣る部分もあります。

比較的低価格でコスパに優れるのが強みでしたが、現在ではXIM APEXと同価格帯で、並行輸入品のXIM APEXの方が安く購入できてしまいます。

その為、現状では価格を抑えたい方に対してもあまりおすすめ出来ません。

Cross Hair converter

Cross Hair converter

XIM4並みに高精度なマウスコンバーターです。

しかし細かく設定するには専用のソフトをインストールしたPCを使う必要があります。

対してXIM APEXではスマホのアプリから設定する事が出来るのでとても手軽です。

また設定項目に関してもXIMの方が細かい所までいじる事が出来ます。

価格に関しても並行輸入品のXIM APEXの方が安く、反応速度も上です。

しかし、このコンバーターの大きなメリットとして任天堂Switchで使用する事が出来ます。

XIM APEXでも任天堂スイッチでは使用出来ないので、任天堂スイッチで使えるものを探しているのであればクロスヘアはとてもおすすめです。

タクティカルアサルトコマンダー

唯一SONY公認のマウスコンバーターで連射コントローラーなどで有名なHORI製の物です。

しかし公認とは言っても性能面では他のマウスコンバーターよりも劣っています。

設定を自分で試行錯誤して突き詰めなければ操作がカクつくなど、まともにプレイがしにくいです。

また設定を突き詰めても結局のところPCでの操作よりも操作しにくく、他のマウスコンバーターの方が精度も良いです。

価格に関しても2018年5月時点では並行輸入のXIM APEXと殆ど変わりありません。

その為コストを抑えたいという方にもこちらではなく「並行輸入品のXIM APEX」の方がおすすめ出来ます。

 

ちなみにタクティカルアサルトコマンダーには3つのモデルが存在しますが、これは左手操作のコントローラーが

「キーボード」「キーパッド」「コントローラー」

かの違いだけとなっています。

まとめ!

・2018年5月時点では「XIM APEX」が最もおすすめ!

・「XIM APEX」は「XIM4」を超える新型モデル!

・マウスとキーボードはオンボードメモリの物がおすすめ!

・キーボードの代わりに「SONY純正ナビゲーションコントローラー」などを使うのもおすすめ!

・サポート面で選ぶなら「株式会社しまリス堂の国内正規品」が最強!

・価格の安さで選ぶなら「並行輸入のXIM APEX」がおすすめ!

・任天堂スイッチで使えるマウスコンバーターは「Cross Hair converter」のみ!

 

この様になっているので現在ではライトゲーマーコアゲーマー問わず「XIM APEX」が誰にでもおすすめ出来ます。

特に並行輸入の物であれば以前のXIMシリーズからは考えられない価格で販売されているのでとてもお得です。

マウス導入の敷居も低くなっているので迷っている方は是非導入してみてはどうでしょうか?

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

Twitterでフォローしよう