今回はロジクール製ヘッドセットの選び方について書いていきます。

ロジクールは一般のPCデバイスだけでなくゲーミングデバイスでも有名なメーカーでヘッドセットだけでも数多くのモデルが存在します。

その為、ロジクール製だけに絞ってみても数が多いのでどれを選べばいいのか迷う方も多いかと思います。

この記事ではモデルごとにおすすめできる人の特徴を紹介していくので良ければ参考にして下さい。

スポンサードリンク

ロジクール製ヘッドセットの特徴!

PC向けの製品が多い!

ロジクール製品は基本的にPCにインストールして使用する「LOGICOOL ゲームソフトウェア」によってイコライザー設定やバーチャルサラウンドの設定、RGBライトの設定を行います。

その為、ロジクールソフトウェアがインストールされているPCで使う事を前提に作られているものが多く、それ以外のゲーム機などで使用しても、使える事は使えますが本来の性能を発揮出来ません。

ただし、中にはゲーム機で使用する事も考えられている製品も存在します。

見分け方としては、

USB接続→PC向け

イヤホン端子→ソフトウェアがインストールされていない機器でも問題なく使える

と言うのが挙げられます。

ちなみにイヤホン端子接続で使用するものに関してはバーチャルサラウンドやイコライザー設定は出来ず、ロジクールソフトウェアに認識させる事も出来ません。

この記事では商品毎にソフトウェアを使う事を前提にしているかどうかも記載しているので参考にして下さい。

ゲーミング向けとその他用途向けの物が存在する!

ロジクールはゲーミングデバイスで有名なメーカーですが、一般向けなPCデバイスメーカーとしても有名です。

その為、ゲーミングデバイスだけでなくそれ以外の用途向けのデバイスも数多く販売されています。

・一般向けヘッドセットの例

FPSで使う為にロジクール製品を選ぶのであればゲーミング向けとして販売されている物を選んでいきましょう。

この記事ではゲーミング向けとして販売されているヘッドセットのみを紹介しているので是非参考にして下さい。

他メーカーと比べて低価格!

ロジクール製品は性能に対して低価格な物が多く、最も高価格な多機能ワイヤレスヘッドセットであるG933でも15,000円近くで購入出来てしまいます。

他メーカーの多機能ワイヤレスヘッドセットとなると、Razerでは2万円以上しますしAstro gamingでは3万円以上してしまいます。

他の製品に関しても似たような他製品と比べると比較的低価格になっているので、コスパに優れているものが多いです。

その為ロジクールは、なるべくコストを抑えながらも本格的なゲーミングデバイスを揃えたいという方にとてもおすすめ出来ます。

スポンサードリンク

おすすめのロジクールヘッドセット

ゲーム機でも使い易い低価格な有線ヘッドセット「G231

ゲーミングヘッドセット PS4 ロジクール G231 PC Xbox One

こちらはロジクールのソフトウェアを使わずに使用するタイプで、バーチャル7.1chやイコライザー等を調整する事は出来ません。

その為、PCだけでなくゲーム機でも性能を制限されることなく使える利点があります。

それだけあって値段がとても低価格ですがゲーミングヘッドセットとしての性能は高く、価格以上の音質を出してくれます。

また使い心地に関しても軽量でスポーツメッシュ素材によって通気性が良いので長時間使い続けやすいです。

なるべくコストを抑えてゲーム機向けのロジクールヘッドセットを探している方におすすめです。

長時間使い続けやすいゲーム機向けの有線ヘッドセット「G233」

ゲーミングヘッドセット PS4 ロジクール G233 高音質 有線 2.1ch ステレオサウンド PC Nintendo Switch Xbox One

こちらは上で紹介したG231の上位モデルでそちらと同様にロジクールのソフトウェアを使わずに使用するタイプです。

その為、バーチャル7.1chやイコライザー機能などはなくゲーム機でも問題なく使う事が出来ます。

また、G231と同じように軽量で通気性の良い素材で作られているので長時間使い続けやすくなっています。

しかし上位モデルという事もあり、ロジクール独自の特許出願中の技術「Pro-Gドライバー」によって音質が向上されています。

それでありながらも1万円以下で購入出来てしまうので、コスパに優れたゲーム機向けヘッドセットを探している方におすすめです。

低価格ながらもバーチャル7.1ch対応ヘッドセット「G430」

ゲーミングヘッドセット ロジクール G430 Dolby 7.1 サラウンド Windows対応

ロジクールのソフトウェアを使用するタイプの中では最も低価格なヘッドセットです。

その為、上で紹介したモデルと違ってバーチャル7.1chやイコライザー機能を使う事が出来ます。

基本的な音質に関してもとても良く価格以上の性能を持ちます。

コストを抑えてサラウンド機能付きのヘッドセットを探している人におすすめです。

バーチャル7.1ch対応で長時間使い続けやすい低価格なヘッドセット「G433」

ゲーミングヘッドセット PS4 ロジクール G433BK 高音質 有線 サラウンド 7.1ch PC Nintendo Switch Xbox One

軽量化とスポーツメッシュによる通気性の良さが特徴的で、他のロジクール製ヘッドセットだけでなく、他メーカーのヘッドセットと比べてもトップクラスの軽さを持ちます。

その為、長時間の使い続ける事に特化しています。

性能においてもバーチャル7.1chに対応しており、音質も十分に良いです。

それでありながらも価格は約1万円とリーズナブルなので、コスパに優れています。

長時間ゲームをプレイし続ける事が多い方におすすめです。

 

低価格ながらも高機能なワイヤレスヘッドセット「G533」

ゲーミングヘッドセット PC PS4 ロジクール G533 ワイヤレス DTS® 7.1 サラウンド

ロジクール製ヘッドセットの中だけでなく、他メーカーのワイヤレスヘッドセットと比べても低コストなワイヤレスヘッドセットです。

そのコストでありながらも音質はとても良く、バーチャル7.1chにも対応しています。

これの上位モデルであり、ロジクールのフラグシップモデルの「G933」と比べてしまうと機能面に劣りますが、それでもショートカットボタンであるGキーは1つ付いています。

コストを抑えながらも高機能なワイヤレスヘッドセットが欲しい方におすすめです。

高機能高性能な有線ヘッドセット「G633」

ロジクール G633 RGB サラウンド Dolby DTS® 7.1ch Xbox One

ロジクール製の有線ゲーミングヘッドセットの中で最も高額で最も性能が良いモデルです。

ただし、ロジクールのソフトウェアを利用して使うモデルなのでゲーム機との相性は良くありません。

また高額と言っても1万円ちょっとで購入出来てしまうので、他メーカーの高性能ヘッドセットと比べれば低コストとなっています。

機能面ではバーチャル7.1chやイコライザー機能は勿論、ショートカットボタンであるGキーが3つ付いているので「G533」よりも便利に使い易いです。

音質に関してもロジクール独自の特許出願中の技術「Pro-Gドライバー」が搭載されているので低音から高音までバランス良く出力され、音量を大きくしても歪みにくくなっています。

それ以外にもRGBライトが付いているのでヘッドセット自体を1680万色で光らせることが出来ます。

高性能でコスパに優れた有線ヘッドセットを探している方におすすめです。

多機能高性能なワイヤレスヘッドセット「G933」

ゲーミングヘッドセット PC PS4 ロジクール G933 ワイヤレス RGB サラウンド Dolby DTS® 7.1ch Xbox One

ロジクール製ゲーミングヘッドセットのフラグシップモデルで、最も高性能なワイヤレスヘッドセットです。

基本的な機能面においては上で紹介した「G633」全く同じです。

しかし単純にG633をワイヤレス化したモデルと言うわけではなく、同時に複数の機器から音を出力できるようになっており、音質も向上されています。

音質に関してはG933の方がよりドンシャリ感が強くゲーム向けなセッティングがされているので足音が聴こえやすく迫力があります。

また最も高性能でありながらも約15,000円程で購入出来てしまうので他メーカーのハイエンドモデルよりも安く、コスパに優れています。

ロジクール製の高性能ワイヤレスヘッドセットが欲しい方におすすめです。

まとめ!

・LOGICOOL ゲームソフトウェアを利用して最大限の性能を発揮する製品が多い!

・ゲーミング向けと一般向けな製品も販売されている!

・性能に対して低価格な製品が多い!

・ゲーム機でも使い易い低価格な有線ヘッドセット「G231

・長時間使い続けやすいゲーム機向けの有線ヘッドセット「G233

・低価格ながらもバーチャル7.1ch対応ヘッドセット「G430

・バーチャル7.1ch対応で長時間使い続けやすい低価格なヘッドセット「G433

・低価格ながらも高機能なワイヤレスヘッドセット「G533

・高機能高性能な有線ヘッドセット「G633

・多機能高性能なワイヤレスヘッドセット「G933

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

 

Twitterでフォローしよう