今回は「GEAR BEST」様から提供して頂いたメカニカルゲーミングキーボード「Xiaomi Yuemi MK01B」のレビュー記事を書いていきます。

このキーボードは青軸が搭載されたとても打ちやすいゲーミングキーボードで、テンキーレスでコンパクトになっています。

このキーボードが気になっている方やゲーミングキーボードを探している方は是非参考にして下さい。

ちなみにこのキーボードは日本国内のショップで販売されていません。

日本で購入するのであればGEAR BESTで購入するのが価格的、信頼性の面でもおすすめです。


Xiaomi Yuemi MK01B

 

・GEAR BESTの使い方が知りたい方はこちら!

【2018年】GEARBESTの登録方法!実際に購入するまでの手順やサイトの使い方について!
今回は中国のネットショップ「GEARBEST」の登録方法から商品の購入方法まで詳しく書いていきます。GEARBESTは日本では一般的に販売されていないガジェットが売られてい...

商品のコンディション

海外の通販をあまり利用したことがない方からすると長距離で配達されることもあり、商品のコンディションや届くまでの日数に不安を感じる方も多いかと思います。

ここでは写真付きで商品の状態を説明していきます。

これからGEAR BESTの利用を考えている方は参考にして下さい。

ちなみに届くまでの期間は1週間ほどで届きました。

箱のコンディション

若干傷や凹みがありますが大きな損傷や汚れなどはありません。

私自身、中身に問題がなければ良いと思っているので個人的には特に気になりませんでした。

商品自体のコンディション

商品自体は正に新品で汚れなど一切付いていません。

実際に使用してみて不具合などもなかったので、GEAR BESTは安心して使える海外のネットショップと言えます。

・近くの画像

スポンサードリンク

内容物について

説明書は全て漢字!

説明書は全て中国語表記です。

しかし全て漢字と言う事もあり、日本人でも大体の意味は理解出来ます。

内容に関しては主にLEDライト関係の機能や調節方法が書かれています。

コードは着脱式!

このキーボードはケーブル部が一体化されてなく、USBケーブルを繋いで使用します。

なので、例えコードが断線してしまってもコードだけ市販の物と交換してしまえば継続して使い続けられます。

また、ケーブルの長さに関しても自分のPC環境に合わせた長さのUSBケーブルを用意する事が出来るので便利です。

それ以外にも付属してくるUSBケーブルが画像の様に編み込み式で断線しにくい頑丈な作りになっています。

キーの取り外しが簡単!

上の画像の物はキーを簡単に取り外す事が出来る道具です。

これが付属しているので取り外しが簡単で掃除がしやすくなっています。

使い方は以下の通りです。

キーの取り外し方!

この様にキーを挟む形で奥まで突っ込みます。

こうするとキーのそこに引っ掛ける事が出来るので、後は真っすぐ上に引き抜く事で取り外す事が可能です。

・取り外し後

また取り付ける際は軸の十字の溝に合わせてキーを置いて押し込むだけで取り付けることが出来ます。

cmdキーが付属!

デフォルトではwindowsキーが付いていますが、apple製品でも使いやすい様にcmdキーが付属しています。

その為、appleユーザーの方にもおすすめです。

スポンサードリンク

特徴!

外見がスタイリッシュ!

このキーボードは上の画像で見られるようにマットブラックを基調としたクールなデザインとなっています。

その為Razerやロジクール製品の様な派手さはありませんが、逆にシックなデザインが好みな方におすすめです。

また、赤色に光るLEDライトが付いていますがこのライトを使わなくても十分格好良いです。

ちなみに裏側に関してもメタリックでシンプルな作りとなっています。

これでいて大きさがコンパクトなので普通のゲーミングキーボードにはないスタイリッシュさが感じられます。

ゲーミングキーボードとなっていますが一般的なキーボードにも見えるので、ゲーム用途以外で使用する方にもおすすめです。

軸はcherry製の青軸!

このキーボードの軸にはメカニカル軸として有名なcherry製の青軸が使われています。

この青軸の特徴として以下のような事が挙げられます。

・打鍵感が強い

・打鍵音が大きい

・感触は重め

・跳ね返りが大きい

・叩くように打ちやすい

・爽快感が感じられる

その為、叩いて打つようにするととても気持ちよくタイピングが出来ます。

ただし音が結構出るので、あまり大きな音が出せないような環境で使う人にはあまり向いていません。

派手に打ちやすいキーボードが良い方におすすめです。

テンキーがない!

このキーボードにはテンキーが付いていません。

これによって大きさがとてもコンパクトになっているので、デスクのスペースに余裕を持たせることが出来ます。

その為、テンキーを使わない方にとてもおすすめです。

US配列のキーボード

本来日本向けに販売されていないということもあり、US配列(英語配列)のキーボードとなっています。

英語配列がどういうものなのか知らない方からすると

「ただキーに日本語が書かれていないだけのキーボード」

と思われるかもしれませんが違いはそれだけではなく、キーの配置や変換キーなど日本語配列にしかないキーが存在します。

違いがある場所の画像を3箇所貼っていくので参考にして下さい。

・エンターキー付近

・スペースキー付近

・キーボードの左端

これらの違いは慣れてしまえば問題なく使えますが、初めて使った場合は特にenterキーに違和感を感じるかもしれません。

その為、この辺には気を付けて下さい。

少しだけ角度を付けられる!

キーボードの下には画像の様に角度を付けてくれる物が付いています。

これによって若干角度を付けてくれるのですが、これが予想以上に使いやすくしてくれます。

勿論、角度を付けたくないという方でも、このパーツを閉じることで平行に置く事が可能です。

Caps lock、Scroll Lockがオンになるとキーが青色に光る!

普通にゲームやWebサイトを見る分にはこの二つのキーは発動すると厄介な存在になりがちです。

しかしこのキーボードではそれらが発動した場合、そのキーが青く光ってくれるので不具合が起きてもすぐに解決しやすいです。

上の画像の様に周りが赤く光っている中、青色に光ってくれるので一目瞭然ですね。

重量がある!

このキーボードはフレームが金属で出来ているという事もあり重量が1Kg近くあります。

その為、小型ながらもとても重いので、持ち運んで使用するのには向いていません。

ただし、重量がある事によって置いた位置からズレることがないので、安定して操作がしやすいキーボードになっています。

赤軸バージョンもある!

今回自分が提供してもらったモデルは青軸が使われている黒いキーボードですが、「Yuemi MK01B」にはCherry製の赤軸が使われている白いキーボードも存在します。


Xiaomi Yuemi MK01B

こちらは基本来な仕様はそのままに軸とキーボードの色が違うだけとなっているので、赤軸が欲しい方はこちらがおすすめです。

ちなみに赤軸の特徴は以下の通りです。

・打鍵感が弱い 

・打鍵音が静か

・感触は標準的な重さ

この様に赤軸は青軸と正反対な特徴を持っている軸となります。

スポンサードリンク

まとめ!

・外見がスタイリッシュなキーボード!

・Cherry製の青軸が使われている!

・テンキーはなし!

・US配列のキーボード!

・少しだけ角度を付けられる!

・Caps lock、Scroll Lockがオンになるとキーが青色に光る!

・重量は重め!

この様に、FPSなどのゲーミング向けな性能を持ちながらも落ち着いたデザインをしているので、普段使いとしても使いやすいです。

また青軸によって叩くように打つととても爽快感が感じられるので、タイピングするのがとても楽しいです。

落ち着いたデザインのコンパクトなメカニカルキーボードが欲しい方にぴったりなキーボードと言えます。

 

それでは読んで頂きありがとうございました!


Xiaomi Yuemi MK01B

Twitterでフォローしよう