今回はジャンプ撃ちについての記事です。

IWではBO3と同じようにスラストジャンプが使えますが、その存在価値には大きな違いがあり、IWにおいてのスラストジャンプはBO3よりもとても重要なアクションと言えます。

その為、ジャンプ撃ちはIWで強くなるために必要不可欠な技術です。

ジャンプ撃ちの重要さに関してはこの記事に詳しく書いています。

FREE ALL FPS
主にFPSで強くなる為の攻略情報を書いているブログ

この記事では上手く出来るようになるコツについて書いているので、良ければ参考にして下さい!

スポンサードリンク

コントローラの持ち方は通常のままで問題なし!

始めに書いておきますが、ジャンプ撃ちを習得する為にSCUF等の特殊なコントローラを使用したり、持ち方を特殊な持ち方に変える必要はありません。

勿論、コントローラに取り付けるFPS向けのアタッチメントも必要ありません。

これらを使用しなくてもジャンプ撃ちを習得する事は可能です。

確かに、突き詰めればSCUF等のコントローラを使用した方が操作性は断然良いです。

しかし、SCUFコントローラはとても高価で、純正コントローラでプレイする方の方が圧倒的に多いです。

また、慣れてしまえば純正コントローラでも自由に激しい動きが出来るようになります。

なのでこの記事では、ソニー純正のノーマルコントローラを使い持ち方も普通の持ち方を前提に書いていきます。

おすすめのボタン設定!

通常の持ち方でデフォルトのボタン設定のままではジャンプ撃ちがやりにくいです。
なので、ボタン設定に関しては

「バンパージャンパータクティカル」

にするのがおすすめです。

バンパージャンパータクティカルとは?

このボタン設定はL2ボタンにジャンプが割り当てられ、×ボタンにタクティカルウエポンが割り当てられます。

それともう一箇所、R3押し込みに姿勢変更が割り当てられ、代わりに○ボタンに近接攻撃が割り当てられます。

バンパージャンパータクティカルの利点!

このボタン設定の最大の利点はL2ボタンでジャンプが出来る事です。

これによって視点移動をするスティックから指を離すことなくジャンプが可能になります。

もう一つ、姿勢変更ボタンに関しても、視点移動のスティックを押す事で操作できる為、より直感的に動かせるようになります。

代わりに、近接攻撃が出しにくくなってしまいますが、IWの近接攻撃は2発当てないと倒せず、近接武器を装備しない限り必要価値があまりないのでそこまで問題ではありません。

むしろ、必要価値が高い姿勢変更がスムーズに出しやすくなるのでとても有効なボタン設定になっています。

スポンサードリンク

ジャンプ撃ちのコツ!

ジャンプ撃ちがやりやすいタクティカルジャンパーに設定しても、最初は上手く出来ないかと思います。

特に、エイムをする為にL1ボタンを押しながらジャンプすると言う動作は、形は出来ても厳密なエイムや、思った様なジャンプ調整が難しいです。

そこで、いくつかに分けてコツを書いていきます。

L2ボタンに常に指は置いておかない!

常にジャンプボタンのL2に中指を置いてしまうと、コントローラの握り込みが強く出来なくなり、安定感がなくなってしまいます。

なので、常に指を置くのではなく、ジャンプしたいときだけ中指を持って行く様にするとやりやすくなります。

L1ボタンからは絶対に指を離さない!

逆に注意して欲しいのは、ジャンプする時にL1からは絶対に指を離してはいけません。

慣れないうちはジャンプする際にL1を担当する人差し指でジャンプをしてしまう事があると思いますが、これではジャンプ中にエイムが出来ずにタクティカルジャンパーにする意味がなくなってしまいます。

なので、どんな時でもL1から人差し指を離さない方が良いです。

スラストジャンプはタップ押しで調節する!

思い切り高く、一気にジャンプしたい時を除けば、基本的に空中時のスラストジャンプは少しずつ高さを調節するように、数回に分けて行うのがおすすめです。

この方が相手から見た時、空中でゆらゆらと上下に動いているので狙いが付けにくくなります。

また、自分にとっては少しずつ調節する事により、一気に上へ上がるよりもエイムが合わせやすくなります。

ジャンプする前にエイム先を決めておく!

ジャンプで上がる位置を特に考えずに上がってしまうと、エイムがしにくくなります。
なので、

エイムする先を決めてからその地点へジャンプする

と言う目標地点を決めておくとエイムがスムーズにやりやすいです。

スポンサードリンク

まとめ

・ボタン設定はバンバージャンパータクティカルがおすすめ!

・L2ボタンには常に指を置いておかない!

・人差し指はL1から絶対に離さない!

・ジャンプで上へ上がる前に、エイムする目標地点を決めておく!

以上となります。

 

ジャンプ撃ちが使いこなせれば立ち回りの幅が広がり、ゲームを有利に運びやすくなります。

また、出来るか出来ないかでこのゲームでの強さが大きく変わります。

なので是非習得を目指して頑張ってください!

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek Vortex」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「FPS Freek Vortex」がおすすめです。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう