今回はFPSをプレイする際に揃えておくと便利なゲーミングデバイスを紹介していきます。

現在では「ゲーミング〇〇」と名前が付いた商品が多数販売されています。

しかしそれらはやり込みたいという方でも全て揃える必要はありません。

この記事では、

・出来れば揃えておくべき物

・無くても良いが揃えておくと便利な物

の2つに分けて書いていくので良ければ参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク

出来れば揃えておくべきデバイス!

ゲーミングヘッドセット

ゲーミングデバイスを揃えようと考えている方は、まず始めにヘッドセットから導入するのがおすすめです。

ヘッドセットはゲーム内の音の出所が掴みやすくなり、敵の足音から敵のいる位置を把握することが出来ます。

それ以外に銃声から位置と距離までも掴めるので、最近流行りのバトルロワイヤル系のタイトルでは必須です。

 

また音質がテレビ等のスピーカーよりも良く、価格が本格的なスピーカーほど高くないので手軽に音響環境を整えられるのも良いです

勿論FPS以外のゲームにも使えるので、映画やその他のゲームを迫力ある音で楽しめたり音楽鑑賞に使用できます。

 

この様にヘッドセットはFPSでの実用性と、それ以外の用途でも使える便利なデバイスです。

とりあえず一つゲーミングデバイスを揃えたいという方はヘッドセットから入るのがおすすめ出来ます。

下の記事で、具体的におすすめなヘッドセットの機種を紹介しているので良ければ参考にしてみて下さい!

【2018年】おすすめFPSゲーミングヘッドセット24選! PS4、PCそれぞれにおすすめな...
今回はFPSをプレイする際に適しているおすすめのヘッドセットと選び方について書いていきます。ヘッドセットを使用する事によって、テレビのスピーカーでは聞こえにくい...

ゲーミングモニター

ゲーミング向けに作られたモニターの違いはズバリ「応答速度」です。

この応答速度が速いことによって、操作をしてからそれが画面に反映されるまでが速くなり操作性が良くなります。

それ以外にも他プレイヤーの行動もインターネット回線から受信されてすぐに反映されます。

これによってラグの軽減に繋がり敵との撃ち合いや緊急時などで有利です。

なのでゲーミングモニターを使うことで、

操作性と周りとのラグを軽減させる

と言う効果があります。

 

その他にもゲーミングモニタには多数のメリットがありますが、残念ながらここでは書ききれません。

下の記事で、より詳しい説明や具体的におすすめなゲーミングモニターの機種を紹介しているので良ければ参考にして下さい。

【応答速度1ms以下】おすすめのFPS向けゲーミングPCモニター18選!PS4とPCそれぞれ...
今回はPS4とPCそれぞれにおすすめなFPS向けPCモニターについて書いていきます。FPS向けのモニターを使う事で普通のテレビよりも操作が画面に反映されるまでの時間が短縮...

ゲーミングマウス(PCの場合)

FPSはマウスによってエイム力が大きく変わるゲームなので、マウスを使う場合は必ずゲーミングマウスを選ぶのがおすすめです。

恐らく今まで普通のマウスを使用して来た方がゲーミングマウスに持ち替えれば、間違いなくエイム力が向上されるでしょう。

しかしゲーミングマウスを使ったことがない方からすると、普通のマウスと何が違うのか気になるかもしれません。

この分かりやすい違いは、

・重量バランス

・クリックのしやすさ(連打のしやすさ)

・持った時のフィット感

・ショートカットボタンの存在

・耐久性

・センサーの性能

等が挙げられます。

 

そしてFPSでの操作面においては「重量バランス」「持った時のフィット感」「センサーの性能」の3つが良いことによってエイムがとても合わせやすいです。

ショートカットボタンに関しても使うボタンが多い「フォートナイト」などの場合はキーをマウスのボタンに振り分けることで、より効率的な操作が出来ます。

また、FPSはマウスに負担がかかるジャンルなので、耐久性にも優れており、長期間使い続けやすいです。

下の記事で、具体的におすすめなゲーミングマウスの機種を紹介しているので良ければ参考にしてみて下さい!

【メーカー別!】おすすめなFPS向けゲーミングマウス21選!マウスの選び方や性能、...
今回はFPS向けのおすすめなゲーミングマウスについて紹介していきます。ゲーミングマウスにも様々な種類があり、スペック表などを見てみると専門用語が多く、あまり詳し...

スポンサードリンク

無くても良いが揃えておくと便利な物!

ゲーミングキーボード(PCの場合)

操作性と耐久性に優れている!

FPS向けのゲーミングキーボードは激しい操作で使う事を前提に作られています。

その為、普通のキーボードよりも押し心地が良く、耐久性も高いです。

特にFPSはキーを酷使するジャンルなので、耐久性の高さは大きなメリットと言えます。

この耐久性に関しては値段が高い物ほど高く、基本的に高価なゲーミングキーボードは激しい使い方をしても長い期間使い続けられます。

その為、高いゲーミングキーボードを購入すればFPSで使用しても長期間交換せずに使えるので、逆にお財布に優しいです。

また普通のキーボードではキーを同時押しした場合、全てのキーが反応しない場合があります。

ゲーミングキーボードでは同時押しに対応しているので、FPSをプレイ中にキーが反応しないということがありません。

「軸」による違い!

ゲーミングキーボードの一番の特徴として、「」と呼ばれるパーツの存在が挙げられます。

この軸は色の名前のものが多く、

赤軸…打鍵感が弱い

青軸…打鍵感が強い

茶軸…赤軸、青軸の中間

・黒軸…叩いて打つのではなく押して打つような軸

シルバー軸…キーが反応するまでの押し込み深さが浅い

ROMER-G…赤軸よりも軽く打鍵音が静かなロジクール製の軸

オレンジ軸…赤軸をRazerがカスタムした軸

緑軸…青軸をRazerがカスタムした軸

・静電容量無接点…機械的な接点がなく理論上壊れることがない軸

この様なものがあります。

なのでそれぞれの特徴をしっかり調べてから選ぶのがおすすめです。

便利な機能や高いカスタマイズ性!

その他、FPSにはあまり必要ありませんが、ショートカットを自由に記憶させる事が出来る「マクロキー」があるので普段使いを便利にすることが出来ます。

また1680万色に光らせられるRGBライトによって見栄えが良く、自分好みに光らせられると言うモデルも存在します。

 

この様に、ゲーミングキーボードは他の機材と比べて、とてもダイレクトにゲームプレイに影響を与えるので、FPSをやり込のであれば必須と言えます。

しかしFPSをキーボードでやりなれていない方からすると、あまり違いがわからないかもしれません。

その為、キーボード操作をやり込んでいる人ほどゲーミングキーボードによる違いが分かりやすいので、初心者の方が無理して導入する必要はありません。

ゲーミングキーボードに関して詳しいことは以下の記事に、軸の種類別の違いやゲーミングキーボードの特徴、厳選したおすすめの機種を軸別に紹介していたり等、かなり細かく書いているので良ければ参考にしてみてください!

FPSにおすすめゲーミングキーボード軸別26選!軸の違いや選ぶ時の注意点について!...
今回はおすすめのゲーミングキーボードについて書いていきます!ゲーミングキーボードは一般のキーボードと比べて、操作面、機能面、耐久性、反応速度等、FPSでの激しい...

ゲーミングチェア

PCでの作業やゲームに集中していると体の疲れに気づきにくく、知らぬ間に腰を痛めてしまうという方は多いです。

ゲーミングチェアはその体への負担を軽減してくれる機能があるのでプレイ環境を格段に良くすることが出来ます。

機能については腰を支えて負担を和らげる「ランバーサポート」や頭を支える「ヘッドレスト」、その他「ロッキング機能」や「リクライニング機能」などです。

これらにより少し休みたいと思えば寄っかかるだけで楽な体勢が取れ、更に倒せばベッドで横になるような状態で休憩出来ます。

その他、ひじ掛けには高さ調整だけでなく角度調整が付いているものもあるので、マウス操作で肘の置き場所にこだわりがある方にピッタリです。

 

この様にゲーミングチェアはプレイヤーの体全体をサポートしてくれるデバイスとなります。

下の記事でおすすめのゲーミングチェアについて詳しく書いてあるので良ければ参考にして下さい。

おすすめゲーミングチェア14選! デスクチェアとの違いやメリット!人気メーカー毎...
ゲーミングチェアは長時間座り続けるゲーマー向けに作られた椅子で、快適に座れる機能が多数ついています。このような座り心地の良い椅子を使う事で、PCなどが快適に使...

スポンサードリンク

まとめ

・初めに揃えるのはヘッドセットがおすすめ!

・ヘッドセットを使う事により、集中力アップや敵の索敵能力向上の他に、ゲームを更に楽しい物にしてくれる!

・ゲーミングPCモニターは撃ち合いや緊急時などで効果を発揮する!

・ゲーミングマウスは普通のマウスと比べて操作性や機能性等、様々な面でFPSに向いている!

・ゲーミングキーボードは普通のキーボードより耐久性やゲームに対する操作性に優れ、ゲームプレイにダイレクトに影響する!

・ゲーミングチェアは座り心地が良く、体への負担を減らしプレイヤー自身の体をサポートしてくれる!

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

Twitterでフォローしよう