今回は光学アタッチメントに関して書いていきます。

一見、ただ見やすくするだけでなんの効果もなさそうなサイト関係ですが、実はブレを抑制する付属効果を持つサイトも存在します!

良ければ参考にしてみてください!

 

スポンサードリンク

 

 

リフレックス

 

ズーム倍率 1倍
効果 なし

 

このサイトには付属効果は特にありませんが、ドットによって敵にエイムを合わせやすくなります。

ただし付けることによって1ポイント使ってしまうのと、つけなくてもアイアンサイトに慣れてしまえば必要がないので、このサイトをつけるのであれば他のアタッチメントやパークを付けるのがおすすめです。

とは言っても付ければエイムがしやすくなり、特に中遠距離を狙う時はアイアンサイトよりもしっかり狙えるので人によっては必須とも言えます。

 

リーコン

 

 

ズーム倍率 3倍
効果 センタリング性能が上昇

(撃ち終わってから広がったレティクルが元の位置に戻る速さが向上)

リコイル減少
(発砲時のブレの強さが減少)

 

ズーム倍率が3倍になる中遠距離戦に強いサイトです。

また、付けることによってブレの強さが弱くなる効果がある為、エイムの制御がしやすくなります。

しかしズームされる分、近距離では狙いにくくなってしまうのでサブマシンガンなど、近距離で戦う武器にはあまりおすすめ出来ません。

その為、ライトマシンガンやアサルトライフルなど、遠距離向けの武器と相性が良いです。

 

 

スポンサードリンク

 

Varix 3

 

ズーム倍率 1倍、3倍に切り替え可能
効果 センタリング性能が上昇

(撃ち終わってから広がったレティクルが元の位置に戻る速さが向上)

リコイル減少
(発砲時のブレの強さが減少)

 

こちらはリフレックスとリーコンが合体したハイブリッドなサイトです。

覗いている間に近接攻撃ボタンを押せば、3倍と等倍それぞれに切り替える事ができます。

さらに、こちらもリーコンと同様にブレが弱くなる効果センタリング性能上昇の効果が付いているので、性能的にはリフレックスサイトやELOサイトより良くなっています。

しかし、サイトの枠がリーコンと同じ様に丸い形なので、近距離では見にくく感じるかもしれません。

 

BOA 3

 

ズーム倍率 2倍
効果 センタリング性能が上昇

(撃ち終わってから広がったレティクルが元の位置に戻る速さが向上)

 

こちらは他プレイヤーをサイトの枠内に捉えると、敵ならば枠が赤色に、味方なら青色に光ります。

別に捉えた人物自体が光を帯びて見やすくなると言う訳ではないので、この機能自体は劇的に使えるというわけではありません。

しかし、こちらにはセンタリング性能上昇の効果があります。

覗いた見た目がリフレックスサイトに似ているので、代わりにこちらを使うのもありかと思いますが、こちらはズーム倍率が2倍になっているので、近距離が少し狙いにくく全く同じ様に使う事は出来ません。

 

サーマル

 

ズーム倍率 2倍
効果 センタリング性能が上昇(撃ち終わってから広がったレティクルが元の位置に戻る速さが向上)

リコイル減少
(発砲時のブレの強さが減少)

 

毎度出てくるサーマルサイトですが、今回特に良い所と言えば、覗き込んだ状態でもミニマップが見れる事です。

これによって、索敵がしやすくなり、目の前に集中しすぎて敵に背後を取られる事も少なくなると思います。

また、ブレを抑える機能が付いているのでより扱いやすくなっています。

 

ELO

 

ズーム倍率 1倍
効果 なし

 

リフレックスの上側の枠を取っ払って見やすくした物です。

特に付属効果はないですが、とても見やすいので全体的に命中率を上げることが出来ると思います。

しかし、リフレックスサイトの上の枠がないことで逆に見にくく感じる人もいるので、合うか合わないは個人差があります。

個人的には、最も見やすく扱いやすいサイトだと思っています。

 

スポンサードリンク

 

まとめ!

・サイトには、リコイル減少やセンタリング性能上昇の効果が付いているものがある!

・リフレックス、ELO以外のサイトには付属効果が付いている!

・結局の所、サイトの見やすさと使い易さで選ぶのがおすすめ!

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

 

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek Vortex」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「FPS Freek Vortex」がおすすめです。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう