【2020年10月】おすすめのFPS向けゲーミングPCモニター!PS4とPCそれぞれに適した物を紹介!【応答速度1ms以下】

今回はPS4とPCそれぞれにおすすめなFPS向けPCモニターについて書いていきます。

FPS向けのモニターを使う事で普通のテレビよりも操作が画面に反映されるまでの時間が短縮され有利にゲームを進めやすくなります。

その為、ゲーミングモニターはFPSにとてもおすすめな機材です。

ここではおすすめのゲーミングミニターや選び方について書いていくので良ければ参考にして下さい。

・売れ筋はこちら!

 

・セール中のゲーミングモニターはこちら!

 

スポンサードリンク

目次

選ぶ時の注意点!

応答速度とは?

応答速度は接続している機材(ゲーム機やPCなど)から発せられた映像データを受信してから画面に移るまでの時間のことです。

なので単純にコントローラーを操作してから実際に画面が動くまでの速さの事を表します。

製品による応答速度の違い!

FPS向けのPCモニターは1msや3msなど速い製品が多いです。

(1msは1000分の1秒)

しかし普通の液晶テレビやPCモニター等の場合、応答速度は10ms以上など遅い製品が多くなっています。

これは普通に映像を見たりPCで作業をする分にあまり応答速度が必要ない為です。

なのでFPS向けのモニターを探しているのであればFPS向けに作られたモデルを選ぶのがおすすめ出来ます。

応答速度の重要さについて!

応答速度の違いは一見微々たる物ですが、FPSや格闘ゲーム等の対人ゲームではとても重要です。

「たかが0.01秒位の差なんて」

と思う方もいるかと思いますがこの速度の違いは上級者同士の戦いであればある程大きくなります。

 

まず基本的にFPSでは初弾を当てた方が撃ち勝つ事が多いです。

そして人間が取り入れた情報に対する反応時間は「平均200ms以上」とされています。

(選択肢が多くなるほど遅くなる)

なのでエイムを合わせて撃つと言う動作をする前にこれだけの時間が掛かるという事です。

また、FPSの上級者であれば反応速度が鍛えられているので尚更その差がシビアになります。

そして応答速度が速いモニターであれば画面に敵が映るまでの時間が速くなり先手が取りやすいです。

なので、

「エイムは合っているのに何故か撃ち合いに打ち負ける」

と言う悩みを抱えている人こそ応答速度の速いモニターはおすすめできます。

 

ちなみに少し前までの応答速度の最速は1msでしたが現在では、

と今までのゲーミングモニターを更に超える製品が存在します。

・0.6msのモニター

・0.5msのモニター

・0.3msのモニター

Hz数に気を付ける!

Hz数は1秒間に画像を画面に表示させる回数の事を表しています。

例えば144Hzモニターであれば一秒間に144回点滅して新しい画像を表示させていると言う事です。

この数字が大きければ大きいほど、画面が映らない空白の時間を短縮し全体的に画面の動きがスムーズに見えます。

その為、Hz数に関しては出来る限り数字が大きい物を選ぶのがおすすめです。

ちなみに現在販売されているモニターの最高Hz数は240Hzとなっています。

240Hzの注意点!

240HzモニターはFPSゲーマーであれば導入したくなる機材となっていますが1つ注意点があります。

それは

「240fpsを出す為にはPC側のスペックも要求される!」

と言う事です。

240fpsを安定して出せるPCでなければモニターの性能を使い切れない場合があり、

「実際144Hzで十分だった」

と言うことになってしまうかもしれません。

240Hzモニターは高額なものが多いので、PCスペックに心配がある方は144Hzモニターを選ぶのも良いです。

しかし、これから先はFPSに240Hzモニターが当たり前になってくる可能性があるので、先を見越してあえて240Hzモニターを選ぶのも良いかもしれません。

解像度について!

解像度とは画素(色付けされたドット)の密度の事で、モニターは画面上にたくさんの画素を表示して映像を出力しています。

上の画像は1インチ辺りの画素数の違いによって見え方がどれだけ違うのかを例として表している物です。

(ppi=1インチ辺りに含まれる画素数)

その為、解像度が高いモニターほど高画質に見えるようになります。

この解像度はフルHDやWQHD、4Kなどと言うグレードが存在しており、その違いを表すのが下の画像です。

この様になっているので、

4K(3840×2160)>WQHD(2560×1440)>フルHD(1920×1080)>HD(1280×720)

この順で画質は良くなっています。

ちなみにこの記事では4K、WQHD、フルHDの三種類を紹介しています。

FPS向けモニターの解像度の選び方!

上の解像度の説明だけを読めば、

出来る限り高い解像度の物を選んだほうが良い

と思われるかもしれませんが、FPS向けモニターの場合はそう言うわけではありません。

以下にその理由を書いていきます。

・解像度を上げるとfps数が犠牲となる!

FPS向けモニター選びで一番気を付けなければならないのがこの点です。

高解像度、高fpsで出力する為にはPCの性能、特にグラフィックボードが高性能な物である必要があります。

もしPC側があまり高性能でない場合は、解像度を上げれば出力fps数が下がってしまいます。

 

そしてFPSで重視されるのは一般的に画質よりも画面の動きが滑らかになるfps数の方が重要です。

その為、例え高額なWQHDモニターを購入したとしてもPCスペックが足りなければ、結局フルHD画質でプレイする事になりモニターの性能を使い切れません。

なのでコストを考えながらFPSで使うモニターを選ぶのであれば無理して高い画質のモニターを選ぶ必要はありません。

 

ただし、高性能なグラフィックボードを積んでいて十分なスペックを持つPCを使っているのであれば気にしなくても良いです。

その他、高いHz数を必要としない一人用ゲームや動きの遅いゲーム、普段使い用のモニターとして選ぶ場合は画質重視で選んでしまっても問題ありません。

PS4で使うモニター選びの注意点!

ここまでで、ゲーミングモニターの性能のメインとなる性能について解説しましたが、PS4で使うモニターではHz数において2つ注意点があります。

以下にそれぞれの項目に分けて説明していきます。

fps数の制限!

1つ目の注意点はPS4自体の最高fpsが60fpsまでとなっているという事です。

これによって、144Hz等のモニターを使っても結局60fpsまでしか出力出来ません。

この場合どんなに高性能なモニターでもPS4だけで使用するには宝の持ち腐れになってしまいます。

なので、PS4で使用するゲーミングモニターを選ぶ場合は、PCと兼用して使う等の理由がない限り60Hzのモニターを選ぶのがおすすめです。

ノーマルPS4とPS4Proでの対応解像度の違い!

PS4Proでは「フルHD」までと「4K」に対応していますが、PS4スリムなどでは「フルHD」までしか対応していません。

また4Kの一つ下である「WQHD」に関してはPS4ProでもPS4スリムでも、両方とも対応しておらずWQHD出力が出来ません。

その為、PS4でのみ使うモニター選びでは、

PS4Pro…4Kモニター又はフルHDモニター

その他のPS4…フルHDモニター

と言う選び方がおすすめ出来ます。

応答速度の制限は無し!

応答速度に関してはPS4でも制限はないのでPC、PS4問わずなるべく速いモニターを選んでいきましょう。

スポンサードリンク

PCモニターのスピーカー性能について

今回紹介しているPCモニターにもスピーカーが付いていますが、基本的にモニターに付いているスピーカー性能は良くありません。

モニターのスピーカーを使っていては周りの音や足音を聞き取る事がとても難しいです。

折角、強くなる為にゲーミングモニターを購入するのにそれでは意味がありません。

なので足音を聴き取りやすくする為にモニターと同時にゲーミングヘッドセットを揃える事をおすすめします。

おすすめなヘッドセットについてはPS4で使う場合とPCで使う場合に分けて、こちらでそれぞれ紹介しているので良ければ参考にして下さい。

FPSにおいて音はとても重要な物で、視界に入っている物事以上の情報が得られます。「足音」「銃声」「リロード音」「装備が揺れる音」「グレネードなどを使う音」これら...
FREE ALL FPS
主にFPSで強くなる為の攻略情報を書いているブログ

画面の大きさについて!

多くの方は大きな画面で臨場感あるゲームプレイをしたいと思うかもしれません。

しかしFPSで使うゲーミングモニターでは大きなモニターは適してないです。

大きいモニターは画面の大きさだけ目を移動させなけれ全てを視界に入れる事が難しく見逃しの原因になってしまいます。

逆に小さなモニターなら少ない目の動きで画面全てを把握出来るので見逃し防止や目の疲れも抑える事が出来ます。

なので、FPSをプレイする場合はどんなに性能が良くても、大きなテレビは一番適していません。

多くのFPS向けモニターは24インチ、大きくても27インチの物が多くこの記事ではその大きさの物を中心に紹介しています。

その為、大きさに迷った場合はそれらを基準にして選ぶのがおすすめです。

パネルの駆動方式について!

ゲーミングモニターのパネルにはTN方式、VA方式、IPS方式の3つの種類が存在します。

これらの違いは以下のようになっています。

種類 概要
TNパネル 応答速度が早い。

IPSに比べて画質の鮮明さは落ちる。

FPSに向いている

VAパネル IPSパネルよりも応答速度が速い。

TNパネルよりも画質が鮮明。

IPSパネル 色彩が鮮やかで画質が綺麗。

応答速度が遅め。

FPSには不向き。

この様になっているので、基本的にFPSにおいては応答速度の速いTNパネルの物がおすすめです。

しかし、高性能なゲーミングモニターであればこれらの欠点を抑えている物もあり、IPS方式でもFPS向けに設計されている物が存在します。

この記事では主にTN方式、IPS方式のモニターを紹介していきます。

ノングレア液晶がおすすめ!

液晶モニターには光沢液晶とノングレア液晶の2つのタイプあり、ゲーミングモニターにおいてはノングレアがおすすめです。

この二つの違いは、画面に外光が映り込んでしまうかどうかということになります。

光沢液晶は画面がツルツルしていて外光が反射しやすく、鏡のように周りの光景が見えてしまいます。

対してノングレアは画面の表面の作りを微妙に凸凹させているので、それにより外光を乱反射させて使用者の目に光を届きにくくさせています。

また、画面が傷ついても目立ちにくいと言うメリットもあります。

FPSはとても画面に集中するゲームなので、外光や映り込みを防いでくれるノングレアのモニターがおすすめです。

スポンサードリンク

PS4におすすめなモニター!

ASUS VP228HE

ASUS ゲーミングモニター 21.5型FPS向き/1ms/TN/HDMI×1/D-sub/スピーカー内蔵/ブルーライト軽減/VESA/3年保証 VP228HE

こちらは応答速度1msのモニターの中では最安値のモデルで、その分大きさが21.5インチと小型となっています。

しかしこの小型さによって画面全体が視界の中に入りやすく、レーダーやキルログなど画面の端から端まで見る事が多いFPSと相性が良いです。

ただし低コストな分、発色や画質が悪いと感じている方がAmazonレビューで多く見られるので、普段高性能なモニターを使い慣れている方からすると画質に不満を感じるかもしれません。

とにかく低コストでFPS向けモニターを購入したい方におすすめです。

I-O DATA EX-LDGC252STB

I-O DATA ゲーミングモニター 24.5インチ(75Hz) GigaCrysta PS4 FPS向き 0.6ms FreeSync TN HDMI×2 DP EX-LDGC252STB

こちらは以前とても人気のあった応答速度0.8msのモデル「I-O DATA EX-LDGC251TB」の新型モデルです。

大きな違いとして、応答速度が0.6msと更に速くなっており、この速さは60Hzモニターの中では2番目の速さとなっています。
(1番速いのは下で紹介しているこれの27インチモデル「EX-LDGC271TB」)

それでいて価格がとても低価格で、「24インチ」「75Hz以下」「応答速度1ms以下」と言うスペックを持つモニターの中では最安値クラスです。

なので低コストでゲーム機向けの高性能モニターを探している方におすすめ出来ます。

I-O DATA EX-LDGC271TB

I-O DATA EX-LDGC271TB

こちらは「I-O DATA EX-LDGC251TB」を27インチへ大型化し、応答速度を0.5msへ高速化させたモデルです。

その分、価格が高額になっているので、これらの違いが価格に対して魅力に感じる方におすすめ出来ます。

ちなみにAcerからも27インチモデルとして「Acer KG271Dbmiix」がありますが、こちらの方が応答速度が速く低価格となっています。

75Hz以下の中で応答速度最速の27インチモニターを探している方におすすめです。

Acer VG240Ybmiifx

Acer VG240Ybmiifx

こちらはIPSパネルのモニターでありながら応答速度1msを持っています。

なのでTNパネルのモニターと比べると応答速度に対して少し高額ですが、IPSパネルらしい鮮やかな映像を映してくれます。

その為、速い応答速度と画質の良さを両立させたい方におすすめです。

Acer VG220Qbmiifx

Acer VG220Qbmiifx

こちらは上で紹介した「Acer RG240Ybmiix」の21.5インチモデルです。

その為、「IPSパネル」「応答速度1ms」と基本的な性能に違いはありません。

またサイズが小さくなっている事によって低価格になっているので、

  • コンパクトなモニターの方が良い方
  • 低価格で「IPSパネル」「応答速度1ms」のモニターが欲しい方

にお勧めです。

Acer VG270bmiifx

Acer VG270bmiifx

こちらは上で紹介した「Acer RG240Ybmiix」「Acer VG220Qbmiifx」の27インチモデルで、IPSパネルのモニターでありながら応答速度1msを持つモデルです。

なので24インチでは小さく感じる方はこちらの方が向いています。

PS4 Pro、PCにおすすめなFPS向け4Kモニター!

PS4Proでは4K出力に対応していますが、現状4K対応モニターで応答速度に優れているモニターは少ないです。

しかし4K対応でありながらも応答速度が1msで、PS4Proで使う際にオーバースペックになりすぎないモニターも存在します。

ちなみにですが、この項目で紹介しているモニターは28インチと大きめになっています。

FPSで使うには大きすぎるのでは、と疑問に思う方もいるかもしれませんが、4K出力にすると画面に映る物が小さくなり、小さなモニターだと逆に見にくくなってしまいます。

その為、4K映像のモニターはFPSで使う場合でも少し大きめのモニターがおすすめです。

BenQ EL2870U

【PS4 Pro対応】BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ EL2870U 27.9インチ/4K/HDR/TN/1ms/FreeSync対応/HDMI×2/DP1.4/スピーカー/アイケア機能B.I.+

PS4ProやゲーミングPCなど、ゲーミング向けに作られた4kモニターで、

  • 応答速度1ms
  • HDR対応
  • Free sync対応
  • スピーカー付き
  • アイケア機能B.I.+(目に優しい機能)

と言った様に多機能高性能となっています。

特に4K、応答速度1ms、HDR対応と言うのはPS4Proでゲームをするのに大きなメリットと言えます。

それでありながら価格についても28インチ4Kモニターの中では最安値クラスです。

28インチモデルの中で性能とコスパの両方に優れたモデルを探している方におすすめ出来ます。

PC向けの144Hz~165Hzモニター!

フルHD画質(1920×1080)でおすすめなモデル!

Pixio PX247

Pixio PX247

こちらはIPSパネルながらも応答速度が1msと高速なモデルです。

そして機能面についても、

  • スピーカー付き
  • G-SYNC Compatible対応
  • 3年間の保証(一部パーツは2年間)

など機能面とサポート面でも優れています。

それでありながら、応答速度1ms以下の144Hzモニターの中では最安値クラスなので、コスパがとても良いです。

低コストで高性能なIPSパネルモニターを探している方におすすめです。

ASUS VG279Q

ASUS VG279Q

こちらも応答速度が1msと高速なIPSパネルモニターです。

上で紹介した「Pixio PX247」に比べると少し高額ですが、サイズが27インチと大きく

  • EXTREME LOW MOTION BLUR(残像間を軽減する機能)
  • Shadow Boost(暗い所を明るく表示する機能)
  • GameFast(遅延を軽減する機能)

とASUS独自のゲーム向け機能が搭載されています。

それでありながら価格がそこまで高額では無いので、十分コスパに優れています。

多機能で応答速度が速いIPSパネルモニターが欲しい方にお勧めです。

Acer VG270Sbmiipfx

Acer VG270Sbmiipfx

こちらは他の144Hz~165Hzモデルと比べて高額となっていますが、

  • 応答速度0.5ms
  • IPSパネル(他の応答速度の速いモニターはTNパネル)
  • 165Hz
  • HDR対応
  • 27インチ

と、とても高性能なモデルです。

その他にも、暗い所を明るく表示する「Black boost」や目を保護する「ブルーライトシールド機能」などゲーミングモニターの定番機能は一通り付いています。

ただし高性能な分、144Hz~165Hzモニターの中では高額です。

IPSパネルで画質が良く、応答速度が速いモデルが欲しい方におすすめです。

Acer VG240YSbmiipfx

Acer VG240YSbmiipfx

 スペック
サイズ24インチ
パネルIPSパネル
応答速度0.5ms
スピーカー2W+2W
入出力端子HDMI 2.0 x2
DisplayPort v1.2

上で紹介した「Acer VG270Sbmiipfx」24インチモデルです。

サイズの違いに以外については全く同じとなっているので、小さめのサイズの方が良い方はこちらの方がおすすめ出来ます。

ちなみに価格についても低価格になっているのでコスパも良いです。

I-O DATA EX-LDGC242HTB

I-O DATA EX-LDGC242HTB

144Hzモニターの中で速い部類に入る応答速度「0.7ms」を持つ高性能モニターです。

その他、暗い場所を見やすくする「Night Clear Vision」や「フリッカーフリー」など、FPSモニターとして定番な機能も付いています。

またHDRに対応しているのも特徴的です。

この様に性能の高いモニターですが、低価格でコスパに優れます。

なのでコストを抑えながらも応答速度が爆速なFPS向けモニターを探している方におすすめです。

Acer KG241QAbiip

Acer KG241QAbiip

Acer製の応答速度が0.6msと高速なモデルです。

その他暗い所を明るく表示する「Black boost」や目を保護する「ブルーライトシールド機能」などゲーミングモニターの定番機能は一通り付いています。

ちなみに上で紹介した「I-O DATA EX-LDGC242HTB」と殆ど変わらない性能と価格帯なので、どちらかで迷う方がいるかもしれません。

しかしこちらの場合はHDRには対応していません。

その為、

と言う様に選ぶのがおすすめです。

Acer KG251QHbmidpx

Acer KG251QHbmidpx

こちらは上で紹介した「Acer KG241QAbiip」と性能は全く同じですが、24.5インチへ大きくなっています。

その分、少しだけ価格が上がっているので、23.6インチだと小さすぎると感じる方におすすめです。

ASUS VG258QR

ASUS VG258QR

こちらは上で紹介して来た

I-O DATA EX-LDGC242HTB
Acer KG251QHbmidpx

などより更に高速な応答速度0.5msを発揮する高性能モデルです。

加えてこちらは144Hzでは無く最高165Hzまで対応しています。

また「G-SYNC Compatible」と「FreeSync」両方に対応しているので同期技術が欲しい方にも向いています。

その分、上で紹介してきたモデルと比べて少し高額ですが、特別高すぎるという訳では無くコスパにも優れています。

最速の応答速度、165Hz対応、同期技術などが魅力に感じる方におすすめです。

ASUS VG278QR

ASUS VG278QR

こちらは上で紹介した「ASUS VG258QR」の27インチモデルで性能と機能は全く同じです。

その為少し大きめなモニターが欲しい方はこちらが向いています。

GIGABYTE GAMING G27FC

GIGABYTE GAMING G27FC

 スペック
サイズ湾曲27インチ
湾曲率1500R
パネルVA
HDR対応
応答速度1ms
スピーカー2W+2W
入出力端子HDMI1.4×2(144Hzまで対応)
DisplayPort v1.2

グラフィックボードなどで有名な「GIGABYTE」製の湾曲モニターです。

そして多くの湾曲モニターと違って湾曲率が1500Rとなっており、カーブの度合いが強めになっています。
多くの湾曲モニターは1800R。数字が低いほどカーブが強い

この強めなカーブによって人間の目に近い視野感覚を表現されており、より強い没入感を感じやすくなっています。

その他の性能面においても

  • 応答速度1ms
  • スピーカー搭載
  • 暗い場所を明るくする「Black Equalizer」
  • 残像感を軽減する「エイムスタビライザー」
  • タイマーとカウンター機能
  • 画面の真ん中に照準マークを表示する「クロスヘア機能」

など優れています。

その分、価格がフルHD144Hzモニターの中では高額な方なので、高性能な湾曲モニターを探している方にお勧めです。

WQHD画質(2560×1440)でおすすめなモデル!

Pixio PX277 Prime

Pixio PX277 Prime

 Pixio PX277 Prime
パネルIPSパネル(非光沢)
応答速度1ms
スピーカーなし
入出力端子HDMI 2.0 x2
DisplayPort v1.4

こちらはIPSパネルの165Hzモニターで、応答速度が1msとTNパネル並みの速さを持っています。

少し前までのIPSモニターは5msなどが多かったので、これはIPSパネルの大きな進化と言えるかもしれません。

 

また機能面でもHDRやG-SYNC Compatibleに対応しています。

加えて下の「Acer VG271UPbmiipx」と同クラスの性能を持ちながらも価格が安いです。
「IPS」「165Hz」「応答速度1ms」と言ったスペックを持っているモニターとしては最安値クラスです。

 

この様にコスパに優れたIPSパネルモニターとなっているので、

  • 144Hz以上
  • WQHD
  • 高速な応答速度

これらを持つモニターの中では最もおすすめ出来ます。

1つ注意点としてスピーカーが付いていないので気を付けて下さい。

Acer VG271UPbmiipx

Acer VG271UPbmiipx

上でも書いた通り、本来IPSパネルは応答速度が遅く、5ms前後の物が多いです。

それらに対してこちらはIPSパネルながらも、応答速度が1msとTNパネル並みの速さを持っています。

更に機能面では「HDR 400」に対応しています。

この様になっているので、TNパネル並みの応答速度とIPSパネルによる鮮やかさを持った画期的なモデルです。

ちなみに上で紹介した「Pixio PX7」と違ってスピーカーが搭載されています。

FPSにも使いやすい高画質で応答速度の速いIPSモニターを探している人におすすめです。

AOC AG273QCX/11

AOC AG273QCX/11

 AOC AG273QCX/11
パネルVAパネル(非光沢)
応答速度1ms
スピーカー5W × 2
入出力端子HDMI2.0 × 1
HDMI1.4 × 1
DP × 2
D-Sub

こちらはHDR400に対応している湾曲モニターで、視界を包み込む様な形状が特徴的です。

これによって通常のモニターよりも没入感ある映像体験を楽しむことが出来ます。

加えて応答速度1msを持っているのでFPSなどに最適です。

湾曲しているFPS向けなWQHDモニターが欲しい方におすすめです。

MSI Optix MAG272CQR

MSI Optix MAG272CQR

 スペック
サイズ湾曲27インチ
湾曲率1500R
パネルVA
HDR対応
応答速度1ms
スピーカーなし
入出力端子HDMI2.0×2
DisplayPort v1.2

MSI製の湾曲モニターで、応答速度が1msと高速になっています。

そして大きな特徴として湾曲率が1500Rとなっており、カーブの度合いが強めになっています。
多くの湾曲モニターは1800R。数字が低いほどカーブが強い

この強めなカーブによって人間の目に近い視野感覚を表現されており、より強い没入感を感じやすくなっています。

またVAパネルという事もあって、上で紹介してきたモデルよりも低価格です。

ただし上で紹介している同じVAパネルで湾曲モニター「AOC AG273QCX/11」と違って、HDR400には対応していません。

低コストで湾曲率の強いモニターが欲しい方におすすめです。

PC向けの240Hzモニター!

AOC AG251FZ2/11

AOC AG251FZ2/11

こちらは応答速度0.5msを持ったモニターの中では最安値クラスに低価格な240Hzモニターです。

その為、コストを抑えつつ応答速度の速いモデルを探している方におすすめです。

ちなみにセール時は30,000円以下など、240Hzモニターとしてはぶっ飛んだ安さになっている事が多いので、セール時は必ずチェックしておくと良いかもしれません。

LG 27GN750-B (IPS 1ms)

LG 27GN750-B

  • 240Hz
  • IPSパネル
  • 応答速度1ms

と言うスペックを持ったモニターの中では最安値のモデルです。
時期によって価格が上下する可能性があります。

加えて機能面でも、

  • ブラック スタビライザー(暗い場所を見やすくする機能)
  • DAS(Dynamic Action Sync)モード(映像のタイムラグを軽減する機能)
  • HDR
  • G-SYNC Compatible
  • FeeSync
  • フレームレスデザイン

と豊富になっています。

コストを抑えつつ、「IPSパネルよる鮮やかな画質」「TNパネルにも引けを取らない高速の応答速度」を持つモニターを探している方にお勧めです。

Pixio PX5 HAYABUSA2

Pixio PX5 HAYABUSA2

Pixioはコスパに優れるゲーミングモニターを販売しているのが特徴的なメーカーです。

そしてこちらは以前240Hzモニターの中でとても人気の高かった「PX5 HAYABUSA」の新型となっています。

大きな特徴として、240Hzモニターの中では数少ない「IPSパネル」が使われています。

これによって他のTNパネルよりも色の鮮明さに優れており、より高画質に見えやすいです。

そして「IPSパネル」と言えば応答速度に劣る欠点がありますが、こちらは「応答速度1ms」とTNパネルに引けを取らない性能を持っています。

 

そんなスペックを持っていながら2020年4月時点でIPSの240Hzモニターの中で最安値で販売されているので、コスパがとても良いです。

ちなみにこの価格を可能にしているのは、製造以外に関する余計なコストを最小限にしている為であるようです。

その為、低価格ながらも作りが悪い訳では無く、他社製モデルと比べても引けを取らない性能を持っています。

またIPSパネル以外にも、

  • HDRに対応!
  • FreeSyncに対応!
  • G-SYNC Compatible対応
  • ベゼルレスデザイン!

と、機能面でも優れているので現状コスパ最強と言えるモニターと言えます。

なのでコストを抑えつつIPSパネルの240Hzモニターが欲しい方におすすめです。

Pixio PX279 Prime

Pixio PX279 Prime

こちらは上で紹介している「Pixio PX5 HAYABUSA2」と同じく、

  • IPSパネル
  • 応答速度1ms
  • HDRに対応!
  • FreeSyncに対応!
  • G-SYNC Compatible対応
  • ベゼルレスデザイン!

と言うスペックを持ちながら、サイズが27インチと大きくなっています。

また、2020年8月に発売されたばかりと言う事もあって、「Pixio PX5 HAYABUSA2」よりも在庫が安定しています。

また価格についても24.5インチの方が人気の為がこちらの方が少し低価格です。

その為、低価格で高速の応答速度を持った27インチのIPSパネルモニターを探している方にお勧めです。

Pixio PX279RP

Pixio PX279RP

上で紹介している「Pixio PX5 HAYABUSA」「Pixio PX279 Prime」のメーカー「Pixio」から出されている27インチモデルです。

上のモデルと比べるとこちらは「IPSパネル」ではなく「TNパネル」なので、画面が27インチと大きめながらもとても低価格になっています。

また大型ながらも「ベゼルレスモデル」となっているので、画面周りの余計な淵が少なく、より大画面に見やすくコンパクトさもあります。

また応答速度についても1msと十分速いです。

低コストで27インチモデルの240Hzモニターが欲しい方におすすめです。

I-O DATA EX-LDGC251UTB

I-O DATA ゲーミングモニター 24.5型 FPS向き/240Hz/0.6ms/TNパネル/HDR/HDMI×2/DP×1/リモコン付/高さ調整/回転/VESA/3年保証 EX-LDGC251UTB

こちらは240Hzかつ応答速度が0.6msと現状4番目の速さを持つモニターです。

それでいてHDRに対応しており、価格が240Hzとしては低価格なのでコスパにも優れています。

またゲーミングモニターとしては珍しく、リモコンが付属しているのも特徴的です。

 

ちなみにこのモニターは人気が高く、在庫が足りなくて納期が1週間以上、1か月以上となっている事があります。

しかし、このモデルと全く同じ性能で保証期間が長いバージョンの「LCD-GC251UXB」と言うモデルがあります。

こちらのモデルは保証が長い分、若干価格が高いですが存在を知っている人が少ないということもあり比較的在庫が安定しています。

その為「I-O DATA EX-LDGC251UTB」がすぐに購入出来ないという場合はそちらもチェックしてみると良いです。

I-O DATA EX-LDGC271UTB

I-O DATA EX-LDGC271UTB

こちらは上で紹介した「I-O DATA EX-LDGC251UTB」の27インチモデルです。

画面のサイズ以外の大きな違いとして、応答速度が0.4msと驚異的な速さを持っています。

その他は特に違いが無くHDRに対応、リモコンが付属している点も変わりありません。

その為、大きめな240Hzモニターが欲しい方におすすめです。

Acer KG251QIbmiipx

Acer KG251QIbmiipx

こちらは2020年4月時点で3番目に速い応答速度「0.5ms」を持っています。

また価格についても240Hzモニターとしてはとても低価格です。

ただしこちらは上のI-O DATA製と違ってHDRには対応しておらず、リモコンが付属していません。

その為、少しでも応答速度が速いモデルが欲しいという方におすすめです。

Acer XF252QXbmiiprzx

Acer XF252QXbmiiprzx

こちらはここまで紹介して来たAcer製の上位モデルで、2019年8月時点では最速の応答速度0.3msを持っています。

約1年くらい前に応答速度0.5msなどが出始めましたが、こんなにも早くそれらを上回るモデルが出るとは個人的に予想外でした。

なので最近のゲーミングモニターの進化がかなり早く感じます。

ただしこちらは応答速度がかなり速くなっている分、価格がここまで紹介してきたモデルに比べて高額です。

なので最速の応答速度を求める方におすすめ出来ます。

Acer Nitro XV253QXbmiiprzx

Acer Nitro XV253QXbmiiprzx

こちらはIPSパネルのモニターながらも応答速度が0.5msとTNパネルにも負けない速さを持っています。

なので他のTNパネルよりも画面に映る色の鮮明さに優れ、高画質に感じられるだけでなくトップクラスの応答速度も持っている高性能モデルです。

機能面についても、「G-SYNC Compatible」「DisplayHDR 400」に対応しています。

またゲームプレイ時にはあまり関係ないですが、画面を斜めから見ても変色が少ないという特徴もあります。

IPSパネルらしい鮮やかな画質とTNパネル並みの応答速度が組み合わさった高性能モデルを探している方におすすめです。

 

ちなみに高さ調整に非対応な代わりに少し低価格になっているNitro VG252QXbmiipx」も存在するので、

  • 少しでも価格を抑えたい
  • 高さ調整は不要
  • 別でモニターアームを用意する

と言う方は「Nitro VG252QXbmiipx」を選ぶのがおすすめです。

Acer VG272Xbmiipx

Acer VG272Xbmiipx

2020年4月に発売されたばかりのAcer製モデルで、応答速度が0.1msと最速になっています。

加えてIPSパネルとなっているので広い視野角と色の鮮やかさにも優れており、

  • HDR 400
  • G-SYNC Compatible
  • Black Boost
  • ゲームモード
  • 6軸カラー調整

など機能面にも優れています。

そしてここまでハイスペックながらも価格がそこまで高額で無くコスパも良いです。

最速の応答速度を求める方にお勧めできます。

ちなみに、

と2種類のラインナップがあるので、高さ調整が不要だったり別でモニターアームを用意する方は「VG272Xbmiipx」がおすすめです。

BenQ ZOWIE XL2746S

BenQ ZOWIE XL2746S

こちらは以前から人気の高かったモデル「ZOWIE XL2546」の新型モデルで、ゲーミングモニターの王道メーカー「BenQ」の240Hzモニターです。

特徴としてBenQ ZOWIE独自の技術Dynamic Accuracy + (通称DyAc+)」が搭載されています。

このDyAcによって激しい画面の動きでも残像感が少なり、より鮮明に滑らかに見えるようになっています。

 

その他、「フリッカーフリー」や「ブルーライト軽減モード」など基本的な機能に加えて、

  • 暗い箇所を明るく見やすくする「Black eQualizer機能」
  • 色の鮮やかさを20段階で調整できる「Color Vibrance」
  • 画面の設定を手元ですぐに切り替えられる「S SWICH」

など、機能面に関しても充実しています。

 

そしてこの新型モデルでは応答速度が0.5msへ高速化されているので、性能面でも優れています。

ちなみにゲームに集中しやすい様に画面の横に「アイシールド」がついていますが、こちらは取り外し可能です。

多機能でFPSに特化された240Hzモニターを探している方におすすめです。

BenQ ZOWIE XL2546S

BenQ ZOWIE XL2546S

こちらは上で紹介している「ZOWIE XL2746S」を24.5インチへ小型化したモデルで、機能や性能面は全く同じとなっています。

またサイズが小さくなっている事によって少し低価格にもなっています。

その為、サイズが小さい方が好きな方やコストを抑えながらBenQ ZOWIEの高性能モニターが欲しい方にお勧めです。

特にFPSにおいては、モニターサイズが小さい方が目の移動が少なく済んで見やすく感じる方が多いのでこちらの方が27インチモデルよりも人気が高くなるかもしれません。

おすすめの240Hzモバイルモニター!

ASUS ROG STRIX XG17AHPE(IPS 3ms)

ASUS ROG STRIX XG17AHPE

こちらは2020年6月時点で唯一240Hzに対応しているモバイルモニターとなっています。

サイズが17.3インチと普通のモニターよりも小型になっているので、FPSにおいては目の移動が少なく済ませられるというメリットがあります。

また重量についても約1kgとなっているので、持ち運びもしやすいです。

性能面についてもIPSパネルながら応答速度3msと高速で、映像の鮮やかさと高速性も両立されています。

またバッテリーが内蔵されているので、240Hzの状態で最大3.5時間駆動が出来、高速充電にも対応しているので1時間の充電で2時間駆動させる事も可能です。

勿論、電源アダプターを指しっぱなしで給電しながら使う事も可能です。

一つ欠点としてモバイルモニターで240Hzと特殊な製品と言うこともあり、通常の240Hzモニターと比べても価格が高額になっています。

その為240Hzに対応したモバイルモニターが欲しいという方にお勧めです。

おすすめの280Hzモニター!

ASUS TUF Gaming VG279QM

ASUS TUF Gaming VG279QM

こちらは2020年4月時点では唯一の280Hzモニターとなっています。

これによって240Hzをさらに上回る滑らかな映像を映してくれます。

加えてパネルがIPSパネルでTNパネルよりも鮮やかな画質、そして応答速度も1msとIPSパネルとしてはとても速いです。

更に機能面でも

  • G-SYNC Compatible
  • 2W+2Wスピーカー
  • 映像の残像感を軽減する「ELMB SYNC」
  • 暗い所を明るく表示する「Dynamic Shadow Boost」
  • マルチHDRモード

など豊富なので、性能面と機能面両方でてんこ盛りな高性能モニターとなっています。

ここまでのスペックを持っていながら価格はそこまで高額では無いので、コスパに優れた高性能280Hzモニターが欲しい方におすすめです。

それでは読んで頂きありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

 

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

また、物によってはスティック操作に力が入ると固定しきれずに取れてしまう場合があります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「KontrolFreek製のフリーク」がおすすめです。

 

そしてKontrolFreek製のフリークは現在、

の4種類のモデルが存在します。

ちなみに「Vortex」は長期間、Amazonページだと品切れが続いていますが、楽天では購入する事が可能です。

それぞれのモデルの違いについては以下の通りです。

  頂部の形状
(指を置く部分)
高さ
Inferno 凹型 10.1 mm(右)
10.1 mm(左)
Galaxy 凹型 11.8 mm(右)
7.6 mm(左)
Edge 凸型 10.4 mm(右)
5.9 mm(左)
Vortex 凸型(右)
凹型(左)
11.3mm(右)
5.6mm(左)

この様な違いがあるので、好みの高さと形状を考えて選ぶのがおすすめ出来ます。

ちなみに左右で長さと形状が違うモデルもありますが、これは逆に付ける事も可能です。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう