【2021年7月】おすすめのFPS向けゲーミングPCモニター!PS4とPCそれぞれに適した物を紹介!【応答速度1ms以下】

今回はPS4とPCそれぞれにおすすめなFPS向けPCモニターについて書いていきます。

FPS向けのモニターを使う事で、普通のテレビよりも

  • 操作が画面に反映されるまでの時間が短縮される
  • 画面のヌルヌル感が増して、操作性や視認性が良くなる

などのメリットが得られて、有利にゲームを進めやすくなります。

その為、ゲーミングモニターはFPSをやり込むのであれば必須と言える機材です。

 

ここではおすすめのゲーミングミニターや選び方について書いていくので良ければ参考にして下さい。

ちなみに今回おすすめしているモデルは応答速度1ms以下に絞って紹介しています。

・売れ筋はこちら!

 

・セール中のゲーミングモニターはこちら!

 

スポンサードリンク

目次

選ぶ時の注意点!

応答速度とは?

応答速度は接続している機材(ゲーム機やPCなど)から発せられた映像データを受信してから画面に移るまでの時間のことです。

なので単純にコントローラーを操作してから実際に画面が動くまでの速さの事を表します。

製品による応答速度の違い!

FPS向けのPCモニターは1msや3msなど速い製品が多いです。

(1msは1000分の1秒)

しかし普通の液晶テレビやPCモニター等の場合、応答速度は10ms以上など遅い製品が多くなっています。

これは普通に映像を見たりPCで作業をする分にあまり応答速度が必要ない為です。

なのでFPS向けのモニターを探しているのであればFPS向けに作られたモデルを選ぶのがおすすめ出来ます。

応答速度の重要さについて!

応答速度の違いは一見微々たる物ですが、FPSや格闘ゲーム等の対人ゲームではとても重要です。

「たかが0.01秒位の差なんて」

と思う方もいるかと思いますがこの速度の違いは上級者同士の戦いであればある程大きくなります。

 

まず基本的にFPSでは初弾を当てた方が撃ち勝つ事が多いです。

そして人間が取り入れた情報に対する反応時間は「平均200ms以上」とされています。

(選択肢が多くなるほど遅くなる)

なのでエイムを合わせて撃つと言う動作をする前にこれだけの時間が掛かるという事です。

また、FPSの上級者であれば反応速度が鍛えられているので尚更その差がシビアになります。

そして応答速度が速いモニターであれば画面に敵が映るまでの時間が速くなり先手が取りやすいです。

なので、

「エイムは合っているのに何故か撃ち合いに打ち負ける」

と言う悩みを抱えている人こそ応答速度の速いモニターはおすすめできます。

 

ちなみに少し前までの応答速度の最速は1msでしたが現在では、

など、更に高速なモデルもあります。

・0.6msのモニター

・0.5msのモニター

・0.1msのモニター

「Hz(リフレッシュレート)」と「fps(フレームレート)」について

モニターに映る映像は1秒間にパラパラ漫画の様に何回も画像を点滅させて表現されています。

この回数が多ければ多いほど現実世界に近い滑らかな映像に見える様になり、特にFPSにおいては大きなメリットを感じられます。

メリットの例を挙げると、

  • 画面の動きが滑らかになって視認性が良くなる!
  • 激しい画面の動きでも目が追いつきやすくなる!
  • 細かい操作が画面に反映されやすくなってエイムの微調整がしやすくなる!
  • 武器の反動モーションなど細かい動きが映像に反映されやすくなって制御がしやすくなる!
  • 映像のヌルヌルとした滑らかさによって操作するのが楽しくなる!

この様な物が挙げられます。

 

そしてHz数とfps数はこの点滅回数に関わるものになっていてそれぞれ、

  • Hz = モニターが1秒間に画像を画面に表示させる回数
    (例 : 120Hz = 1秒間に画面を120回点滅させている)
  • fps = 1秒間に画像データを送信する回数
    (例 : 120fps = 1秒間に映像データを120回モニターへ送信している

この様な物になっています。

なのでモニターのHz数については高い方が高性能で、より滑らかな映像を映す事が出来ます。

ちなみに現在販売されているモニターの最高Hz数は360Hzとなっています。

・360Hzモニター

240Hz以上のモニターの注意点!

  • 240Hzモニター
  • 280Hzモニター
  • 360Hzモニター

などはFPSゲーマーであれば導入したくなる機材ですが、1つ注意点があります。

それは、

「高いfps数を出す為にはPC側のスペックも要求される!」

と言う事です。

例えば240Hzモニターを購入したとしても、240fpsを安定して出せるPCでなければモニターの性能を使い切れないので、

「実際144Hzで十分だった」

と言うことになってしまうかもしれません。

加えてHz数の高いモニターは高額な物が多いです。

なのでPCスペックに自信が無い場合は144Hzモニターを選ぶのがおすすめです。

 

特に360Hzモニターに関してはRTX3080を搭載したPCでも、

  • VALORANT
  • CS:GO
  • R6S

など比較的軽めなゲームで無いと360fps近くをキープする事が出来ません。
詳しくは「AW2521Hのレビュー記事」で書いています。

解像度について!

解像度とは画素(色付けされたドット)の密度の事で、モニターは画面上にたくさんの画素を表示して映像を出力しています。

上の画像は1インチ辺りの画素数の違いによって見え方がどれだけ違うのかを例として表している物です。

(ppi=1インチ辺りに含まれる画素数)

その為、解像度が高いモニターほど高画質に見えるようになります。

この解像度はフルHDやWQHD、4Kなどと言うグレードが存在しており、その違いを表すのが下の画像です。

この様になっているので、

4K(3840×2160)>WQHD(2560×1440)>フルHD(1920×1080)>HD(1280×720)

この順で画質は良くなっています。

ちなみにこの記事では4K、WQHD、フルHDの三種類を紹介しています。

FPS向けモニターの解像度の選び方!

上の解像度の説明だけを読めば、

出来る限り高い解像度の物を選んだほうが良い

と思われるかもしれませんが、FPS向けモニターの場合はそう言うわけではありません。

以下にその理由を書いていきます。

・解像度を上げるとfps数が犠牲となる!

FPS向けモニター選びで一番気を付けなければならないのがこの点です。

高解像度、高fpsで出力する為にはPCの性能、特にグラフィックボードが高性能な物である必要があります。

もしPC側があまり高性能でない場合は、解像度を上げれば出力fps数が下がってしまいます。

 

そしてFPSで重視されるのは一般的に画質よりも画面の動きが滑らかになるfps数の方が重要です。

その為、例え高額なWQHDモニターを購入したとしてもPCスペックが足りなければ、結局フルHD画質でプレイする事になりモニターの性能を使い切れません。

なのでコストを考えながらFPSで使うモニターを選ぶのであれば無理して高い画質のモニターを選ぶ必要はありません。

 

ただし、高性能なグラフィックボードを積んでいて十分なスペックを持つPCを使っているのであれば気にしなくても良いです。

その他、高いHz数を必要としない一人用ゲームや動きの遅いゲーム、普段使い用のモニターとして選ぶ場合は画質重視で選んでしまっても問題ありません。

PS4で使うモニター選びの注意点!

ここまでで、ゲーミングモニターのメインとなる性能について書きましたが、PS4で使うモニターでは注意点があります。

以下にそれぞれの項目に分けて説明していきます。

fps数の制限!

1つ目の注意点はPS4自体の最高fpsが60fpsまでとなっているという事です。

これによって、144Hz等のモニターを使っても結局60fpsまでしか出力出来ません。

この場合どんなに高性能なモニターでもPS4だけで使用するには宝の持ち腐れになってしまいます。

なので、PS4で使用するゲーミングモニターを選ぶ場合は、PCと兼用して使う等の理由がない限り60Hzのモニターを選ぶのがおすすめです。

ノーマルPS4とPS4Proでの対応解像度の違い!

PS4Proでは「フルHD」と「4K」に対応していますが、PS4スリムなどでは「フルHD」までしか対応していません。

また4Kの一つ下である「WQHD」に関してはPS4ProでもPS4スリムでも、両方とも対応しておらずWQHD出力が出来ません。

その為、PS4でのみ使うモニター選びでは、

PS4Pro…4Kモニター又はフルHDモニター

その他のPS4…フルHDモニター

と言う選び方がおすすめ出来ます。

応答速度の制限は無し!

応答速度に関してはPS4でも制限はないのでPC、PS4問わずなるべく速いモニターを選んでいきましょう。

PS5は最高120Hzまで対応

PS4では60Hzまでしか対応していませんが、PS5では120Hzまで対応しています。

なので後々PS5でも使う事を見越しているのであれば、144Hzモニターを選ぶのもおすすめです。

 

ただしPS5向けのモニターについては、細かい仕様など絡んでいて少し複雑になっています。

その為、PS5向けのモニターを探している方は、以下の記事で詳しく解説 + PS5に最適なモニターを紹介しているのでそちらを参考にしてください。

スポンサードリンク

PCモニターのスピーカー性能について

今回紹介しているPCモニターにもスピーカーが付いていますが、基本的にモニターに付いているスピーカー性能は良くありません。

モニターのスピーカーを使っていては周りの音や足音を聞き取る事がとても難しいです。

折角、強くなる為にゲーミングモニターを購入するのにそれでは意味がありません。

なので足音を聴き取りやすくする為にモニターと同時にゲーミングヘッドセットを揃える事をおすすめします。

おすすめなヘッドセットについてはPS4で使う場合とPCで使う場合に分けて、こちらでそれぞれ紹介しているので良ければ参考にして下さい。

FPSにおいて音はとても重要な物で、視界に入っている物事以上の情報が得られます。「足音」「銃声」「リロード音」「装備が揺れる音」「グレネードなどを使う音」これらの細かい音が鳴った方向や距離感を聴き取れれば、視界外の敵への対処がしやすくなり、裏取りの対策もしやすくなります。しかしテレビやモニターのスピーカーは性能が悪く、 細かい音の聴き取りが難しい! 音の方向もわかりにくい! そもそもマイクに音が入ってしまうのでボイチャが使えない!この様な問題があります。 対してヘッドセットでは、 モニターの...

画面の大きさについて!

多くの方は大きな画面で臨場感あるゲームプレイをしたいと思うかもしれません。

しかしFPSで使うゲーミングモニターでは大きなモニターは適してないです。

大きいモニターは画面の大きさだけ目を移動させなけれ全てを視界に入れる事が難しく見逃しの原因になってしまいます。

逆に小さなモニターなら少ない目の動きで画面全てを把握出来るので見逃し防止や目の疲れも抑える事が出来ます。

なので、FPSをプレイする場合はどんなに性能が良くても、大きなテレビは一番適していません。

多くのFPS向けモニターは24インチ、大きくても27インチの物が多くこの記事ではその大きさの物を中心に紹介しています。

その為、大きさに迷った場合はそれらを基準にして選ぶのがおすすめです。

パネルの駆動方式について!

ゲーミングモニターのパネルにはTN方式、VA方式、IPS方式の3つの種類が存在します。

これらの違いは以下のようになっています。

種類 概要
TNパネル 応答速度が早い。

IPSに比べて画質の鮮明さは落ちる。

FPSに向いている

VAパネル IPSパネルよりも応答速度が速い。

TNパネルよりも画質が鮮明。

IPSパネル 色彩が鮮やかで画質が綺麗。

応答速度が遅め。

FPSには不向き。

この様になっているので、基本的にFPSにおいては応答速度の速いTNパネルの物がおすすめです。

しかし、高性能なゲーミングモニターであればこれらの欠点を抑えている物もあり、IPS方式でもFPS向けに設計されている物が存在します。

この記事では主にTN方式、IPS方式のモニターを紹介していきます。

ノングレア液晶がおすすめ!

モニターには「光沢液晶」と「ノングレア液晶」の2つのタイプあり、ゲーミングモニターにおいてはノングレアがおすすめです。

この二つの違いは、画面に外光が映り込んでしまうかどうかということになります。

 

光沢液晶は画面がツルツルしていて外光が反射しやすく、鏡のように周りの光景が見えてしまいます。

対してノングレアは画面の表面の作りを微妙に凸凹させているので、それにより外光を乱反射させて使用者の目に光を届きにくくさせています。

 

また、画面が傷ついても目立ちにくいと言うメリットもあります。

FPSはとても画面に集中するゲームなので、外光や映り込みを防いでくれるノングレアのモニターがおすすめです。

とは言っても、最近のゲーミングモニターでノングレアで無いモニターはほぼ無いので、あまり気にしなくても大丈夫です。

スポンサードリンク

PS4におすすめな60~75Hzモニター!

Acer KG221QAbmix

Acer KG221QAbmix

応答速度1msを持つモニターの中では最安値クラスとなっています。

加えてスピーカーが内蔵されています。

その分、

  • サイズが21.5インチと小さめ
  • TNパネル

など他のモデルと比べると見劣りする部分もあるので、低コストで応答速度の速いモニターを探している方にお勧めです。

ASUS VG245HE-J

ASUS VG245HE-J

ASUS製の75Hzモニターで、応答速度が0.6msと高速になっています。

それでいて価格も2021年6月時点では2万円以内に収まっているので、コスパに優れます。

コストを抑えつつ応答速度の速いモニターを探している方にお勧めです。

I-O DATA EX-LDGC271TB

I-O DATA EX-LDGC271TB

こちらは以前人気の高かった「EX-LDGC252STB」を27インチへ大型化し、応答速度を0.5msへ高速化させたモデルです。

ちなみにこの応答速度は75Hz以下のモニターの中では最速となっています。

その分、75HzのTNパネルモニターとしては高額となってるので、高速な応答速度を求める方におすすめです。

Acer KG242Ybmiix

Acer KG242Ybmiix

こちらはIPSパネルのモニターでありながら応答速度1msを持っています。

なのでTNパネルのモニターと比べると少し高額ですが、IPSパネルらしい鮮やかな映像を映してくれます。

速い応答速度と画質の良さを両立させたい方におすすめです。

Acer VG220Qbmiifx

Acer VG220Qbmiifx

こちらは上で紹介した「Acer RG240Ybmiix」の21.5インチモデルです。

その為、「IPSパネル」「応答速度1ms」と基本的な性能に違いはありません。

またサイズが小さくなっている事によって低価格になっているので、

  • コンパクトなモニターの方が良い方
  • 低価格で「IPSパネル」「応答速度1ms」のモニターが欲しい方

にお勧めです。

Acer VG270bmiifx

Acer VG270bmiifx

こちらは上で紹介した「Acer VG220Qbmiifx」の27インチモデルで、IPSパネルのモニターでありながら応答速度1msを持つモデルです。

なので24インチでは小さく感じる方はこちらの方が向いています。

おすすめな4Kモニター!

144Hz

この項目で紹介しているのは

HDMI2.1に対応している4K/144Hzモニター

となっています。

なので、PCだけで無くPS5でも120Hz表示で使う事が出来るので、その様なモニターを探している方は参考にしてください。

LG UltraGear 27GP950-B

LG UltraGear 27GP950-B

 スペック
サイズ27インチ
パネルNano IPS
HDRHDR600
応答速度1ms
スピーカーなし
入出力端子HDMI2.1×2
DisplayPort1.4×1
USB 3.0ダウンストリーム x 2
USB 3.0アップストリーム x 1
ヘッドホン出力
保証3年間(バックライト含む)

PS5でのみ使う、

  • 4K/120Hz以上対応
  • HDMI2.1に対応

と言うスペックを持ったモニター探しているのであれば、現状最もおすすめなモデルです。

 

と言うのも、2021年6月時点でHDMI2.1に対応しているモニターは、

などがありますが、それらはPC向けの機能面に優れている特徴があります。

それに対してこちらのモデルは、

  • より明るく明暗の差をしっかり表現できるHDR600に対応
    (他の2モデルはHDR400)
  • より色の表現力に優れるNano IPSパネルを搭載
    (他の2モデルは通常のIPSパネル)

綺麗な映像を映すという性能において優れています。

 

一方機能面では、

  • USBハブとして使えるUSB端子が少ない
  • スピーカーが非搭載
  • サイズが27インチと少し小さい
    (他の2モデルは28インチ)

と人によっては見劣りする部分もあります。

しかしUSBハブについてはPCで使わない限りは必要を感じない方が多いと思います。

またスピーカーについても、モニターのスピーカーは音質が悪く取り合えず音が出せる程度のものでしかありません。

 

なのでどちらにしても別でスピーカーを用意するか、ヘッドホンなどを使うのが良いです。

この様にPC向けの機能性に関しては他の2モデルに劣りますが、PS5で使う場合はあまり関係無いので、

「PCでの機能性より画質の良さを重視する」

と言う方にお勧めできます。

ただし人気が高く在庫が安定していないので、今から購入を考えている方はしばらく待つ必要があるかもしれません。

Gigabyte M28U

Gigabyte M28U

 スペック
サイズ28インチ
パネルIPS
HDRHDR400
応答速度1ms
スピーカー3W x2
入出力端子HDMI2.1×2
DisplayPort1.4×1
USB 3.0ダウンストリーム x 3
USB 3.0アップストリーム x 1
USB-C x 1
ヘッドホン出力

こちらは「KVM機能」に対応しています。

KVMとは?
モニターに接続しているキーボード&マウスで、モニターに接続している複数のPCを操作可能

その為、例えば

  • ノートPCとデスクトップPCをこのモニターに接続
  • キーボードとマウスをこのモニターのUSB端子に接続

と言う形にする事で、瞬時に画面を切り替えて同じマウスとキーボードでそれぞれのPCを操作する事が出来ます。

なのでPS5で使う場合は関係無い機能ですが、PCでの機能性も欲しいという方にお勧めです。

 

ちなみに国内正規品の場合は10万円以内で購入する事が出来ますが、そちらは売り切れになっている事が殆どです。

それに対してAmazonでは「国内正規品では無いモデル」が少し高額ながらも在庫が安定しています。

なのでなるべく早く欲しい方はそちらを選ぶのがおすすめです。

Acer Nitro XV282K KV(XV282KKVbmiipruzx)

Acer Nitro XV282K KV

 スペック
サイズ28インチ
パネルIPS
HDRHDR400
応答速度1ms
スピーカー2W x2
入出力端子HDMI2.1×2
DisplayPort1.4×1
USB 3.0ダウンストリーム x 4
USB 3.0アップストリーム x 1
USB-C x 1
ヘッドホン出力

こちらは上で紹介してきたモデルと比べて、USB端子の数が多くなっています。

その為、USBハブ機能を多く使いたいという方にお勧めです。

 

ちなみに国内正規品が7月9日に発売予定ですが、既に在庫切れで予約が出来ない状態になっています。

しかしAmazonでは「国内正規品では無い物」が少し高額ながらも販売されているので、なるべく早く欲しい方はそちらを選ぶのがおすすめです。

60Hz

BenQ EL2870U

BenQ EL2870U

PS4ProやゲーミングPCなど、ゲーミング向けに作られた4kモニターで、

  • 応答速度1ms
  • HDR対応
  • Free sync対応
  • スピーカー付き
  • アイケア機能B.I.+(目に優しい機能)

と言った様に多機能高性能となっています。

特に4K、応答速度1ms、HDR対応と言うのはPS4Proでゲームをするのに大きなメリットと言えます。

それでありながら価格についても28インチ4Kモニターの中では最安値クラスです。

28インチモデルの中で性能とコスパの両方に優れたモデルを探している方におすすめ出来ます。

PC向けの144Hz~165Hzモニター!

フルHD画質(1920×1080)でおすすめなモデル!

I-O DATA EX-LDGC221HTB

I-O DATA EX-LDGC221HTB

 スペック
サイズ21.5インチ
パネルTNパネル
応答速度0.6ms
スピーカー搭載
入出力端子HDMI×2
DisplayPort

こちらは、

  • TNパネル
  • 21.5インチと小型サイズ

となっていることによって、フルHD144Hzモニターの中で最安値クラスとなっています。

それでいて応答速度が0.6msと高速なのでコスパが高いです。

なるべく低価格で性能に優れた小型サイズのモニターを探している方にお勧めです。

Dell S2421HGF

Dell S2421HGF

 スペック
サイズ23.8インチ
パネルTN
解像度フルHD
Hz144Hz
応答速度1ms(GtG)
対応端子DP
HDMIx2
ヘッドホン端子
スピーカーなし
スタンド調整傾き調整
高さ調整
保証3年間(パネル及びバックライトを含む)

こちらは24インチクラスの144Hzモニターとしては、最安値クラスのモニターになっています。

そんな低価格設定でありながら、

  • 保証がパネル及びバックライトを含んで3年間
  • 画質設定の項目が多い
  • 応答速度1ms

など十分な性能と機能を持っています。

なるべく低コストで24インチクラスのゲーミングモニターを探している方にお勧めです。

ちなみにこちらの記事でレビューを書いているので、詳しく知りたい方は是非参考にして下さい。

LG 24GN650-B

LG 24GN650-B

 スペック
サイズ23.8インチ
パネルIPSパネル
応答速度1ms
スピーカー非搭載
入出力端子HDMI×2(120Hz対応)
DisplayPort v1.2

こちらも上で紹介した「Pixio PX248 Prime」と同じく、「IPSパネル」「応答速度1ms」とハイスペックながら低価格なモデルです。

それに加えてこちらはHDRに対応しています。

しかしスピーカーは搭載されていません。

その為、スピーカーを必要とせず、低コストでHDR対応の高速なIPSパネルのモニターを探している方におすすめです。

BenQ MOBIUZ EX2510

BenQ MOBIUZ EX2510

 スペック
サイズ24.5インチ
パネルIPSパネル
応答速度1ms
スピーカー2.5W x 2
入出力端子HDMI 2.0 x2
DisplayPort v1.2

こちらも上で紹介した「Pixio PX247」「LG 24GN650-B」と同様に応答速度が1msと高速なIPSパネルモニターです。

そして上の2つと比べると価格が高額ですが、

  • BenQ独自のHDR技術「HDRi」に対応!
    (HDR表示に最適な画面設定)
  • モニターのスピーカーとは思えない音質を発揮する「treVolo」スピーカー!
  • 自動明るさ調整機能「インテリジェントコントロール」に対応!
  • 色の鮮やかさを調整できる「Color Vibrance」
  • 暗い場所を明るくする「Black eQualizer」
  • 目に優しい「Eye-Care」機能!
  • 用途に合わせて作られた3つのプリセット!

など機能面に優れています。

特にスピーカーについてはモニター下に広くスペースが取られているので、モニターのスピーカーとしては音質が良いです。

またこの性能と多機能でありながら同クラスの他のモニターと比べて低価格になっています。

機能性に優れた高速の応答速度を持つIPSパネルモニターが欲しい方にお勧めです。

    BenQ MOBIUZ EX2710

    BenQ MOBIUZ EX2710

    こちらは上で紹介した「MOBIUZ EX2510」の27インチモデルです。

    大きさ以外に違いは無いので、大きめなサイズが良い方はこちらがおすすめ出来ます。

      Acer VG270Sbmiipfx

      Acer VG270Sbmiipfx

      こちらは他の144Hz~165Hzモデルと比べて高額となっていますが、

      • 応答速度0.5ms
      • IPSパネル(他の応答速度の速いモニターはTNパネル)
      • 165Hz
      • HDR対応
      • 27インチ

      と、とても高性能なモデルです。

      その他にも、暗い所を明るく表示する「Black boost」や目を保護する「ブルーライトシールド機能」などゲーミングモニターの定番機能は一通り付いています。

      ただし高性能な分、144Hz~165Hzモニターの中では高額です。

      IPSパネルで画質が良く、応答速度が速いモデルが欲しい方におすすめです。

      Acer VG240YSbmiipfx

      Acer VG240YSbmiipfx

       スペック
      サイズ24インチ
      パネルIPSパネル
      応答速度0.5ms
      スピーカー2W+2W
      入出力端子HDMI 2.0 x2
      DisplayPort v1.2

      上で紹介した「Acer VG270Sbmiipfx」24インチモデルです。

      サイズの違いに以外については全く同じとなっているので、小さめのサイズの方が良い方はこちらの方がおすすめ出来ます。

      ちなみに価格についても低価格になっているのでコスパも良いです。

      WQHD画質(2560×1440)でおすすめなモデル!

      Pixio PX277 Prime

      Pixio PX277 Prime

       Pixio PX277 Prime
      パネルIPSパネル(非光沢)
      応答速度1ms
      スピーカーなし
      入出力端子HDMI 2.0 x2
      DisplayPort v1.4

      こちらはIPSパネルの165Hzモニターで、応答速度が1msとTNパネル並みの速さを持っています。

      少し前までのIPSモニターは5msなどが多かったので、これはIPSパネルの大きな進化と言えるかもしれません。

       

      また機能面でもHDRやG-SYNC Compatibleに対応しています。

      加えて下の「Acer VG271UPbmiipx」と同クラスの性能を持ちながらも価格が安いです。
      「IPS」「165Hz」「応答速度1ms」と言ったスペックを持っているモニターとしては最安値クラスです。

       

      この様にコスパに優れたIPSパネルモニターとなっているので、

      • 144Hz以上
      • WQHD
      • 高速な応答速度

      これらを持つモニターの中では最もおすすめ出来ます。

      1つ注意点としてスピーカーが付いていないので気を付けて下さい。

      Acer VG271UPbmiipx

      Acer VG271UPbmiipx

      上でも書いた通り、本来IPSパネルは応答速度が遅く、5ms前後の物が多いです。

      それらに対してこちらはIPSパネルながらも、応答速度が1msとTNパネル並みの速さを持っています。

      更に機能面では「HDR 400」に対応しています。

      この様になっているので、TNパネル並みの応答速度とIPSパネルによる鮮やかさを持った画期的なモデルです。

      ちなみに上で紹介した「Pixio PX7」と違ってスピーカーが搭載されています。

      FPSにも使いやすい高画質で応答速度の速いIPSモニターを探している人におすすめです。

      PC向けの240Hzモニター!

      AOC AG251FZ2/11

      AOC AG251FZ2/11

      こちらは応答速度0.5msを持ったモニターの中では最安値クラスに低価格な240Hzモニターです。

      その為、コストを抑えつつ応答速度の速いモデルを探している方におすすめです。

      ちなみにセール時は30,000円以下など、240Hzモニターとしてはぶっ飛んだ安さになっている事が多いので、セール時は必ずチェックしておくと良いかもしれません。

      LG 27GN750-B

      LG 27GN750-B

      • 240Hz
      • IPSパネル
      • 応答速度1ms

      と言うスペックを持ったモニターです。

      加えて機能面でも、

      • ブラック スタビライザー(暗い場所を見やすくする機能)
      • DAS(Dynamic Action Sync)モード(映像のタイムラグを軽減する機能)
      • HDR
      • G-SYNC Compatible
      • FeeSync
      • フレームレスデザイン

      と豊富になっています。

      そして価格についてもIPSパネルの240Hzモニターとしてはそこまで高額では無いので、コスパにも優れています。

      コストを抑えつつ、「IPSパネルよる鮮やかな画質」「TNパネルにも引けを取らない高速の応答速度」を持つモニターを探している方にお勧めです。

      Pixio PX279 Prime

      Pixio PX279 Prime

      Pixioはコスパに優れるゲーミングモニターを販売しているのが特徴的なメーカーです。

      このモデルの特徴として、上で紹介した「LG 27GN750-B」と同じく、

      • 240Hz
      • IPSパネル
      • 応答速度1ms

      と言うスペックを持っていながら、IPSの240Hzモニターの中で最安値となっているので、コスパがとても良いです。

      ちなみにこの価格を可能にしているのは、製造以外に関する余計なコストを最小限にしている為であるようです。

      その為、低価格ながらも作りが悪い訳では無く、他社製モデルと比べても引けを取らない性能を持っています。

      それ以外にも、

      • HDRに対応!
      • FreeSyncに対応!
      • G-SYNC Compatible対応
      • ベゼルレスデザイン!

          と言うスペックを持ちながら、サイズが27インチと大きくなっています。

          低価格で高速の応答速度を持った27インチIPSパネルモニターを探している方にお勧めです。

          I-O DATA EX-LDGC251UTB

          I-O DATA EX-LDGC251UTB

          こちらは240Hzかつ応答速度が0.6msの速さを持つTNパネルのモニターです。

          それでいてHDRに対応しており、価格が240Hzとしては低価格なのでコスパにも優れています。

          またゲーミングモニターとしては珍しく、リモコンが付属しているのも特徴的です。

          応答速度に優れるかつ、リモコンが欲しい方にお勧めです。

          I-O DATA EX-LDGC271UTB

          I-O DATA EX-LDGC271UTB

          こちらは上で紹介した「EX-LDGC251UTB」の27インチバージョンです。

          それだけで無く、応答速度が0.4msと更に高速化されています。

          また同じくリモコンも付属されているので、操作性も良いです。

          27インチでより高性能なリモコン付きモデルが欲しい方にお勧めです。

          Acer KG251QIbmiipx

          Acer KG251QIbmiipx

          こちらはTNパネルで高速な応答速度「0.5ms」を持っています。

          また価格についても240Hzモニターとしてはとても低価格です。

          ただしこちらは上のI-O DATA製と違ってHDRには対応しておらず、リモコンが付属していません。

          その為、少しでも応答速度が速いモデルが欲しいという方におすすめです。

          Acer Nitro XV253QXbmiiprzx

          Acer Nitro XV253QXbmiiprzx

          こちらはIPSパネルのモニターながらも応答速度が0.5msとTNパネルにも負けない速さを持っています。

          なので他のTNパネルよりも画面に映る色の鮮明さに優れ、高画質に感じられるだけでなくトップクラスの応答速度も持っている高性能モデルです。

          機能面についても、「G-SYNC Compatible」「DisplayHDR 400」に対応しています。

          またゲームプレイ時にはあまり関係ないですが、画面を斜めから見ても変色が少ないという特徴もあります。

          IPSパネルらしい鮮やかな画質とTNパネル並みの応答速度が組み合わさった高性能モデルを探している方におすすめです。

           

          ちなみに高さ調整に非対応な代わりに少し低価格になっているNitro VG252QXbmiipx」も存在するので、

          • 少しでも価格を抑えたい
          • 高さ調整は不要
          • 別でモニターアームを用意する

          と言う方は「Nitro VG252QXbmiipx」を選ぶのがおすすめです。

          Acer VG272Xbmiipx

          Acer VG272Xbmiipx

          2020年4月に発売されたばかりのAcer製モデルで、応答速度が0.1msと最速になっています。

          加えてIPSパネルとなっているので広い視野角と色の鮮やかさにも優れており、

          • HDR 400
          • G-SYNC Compatible
          • Black Boost
          • ゲームモード
          • 6軸カラー調整

          など機能面にも優れています。

          そしてここまでハイスペックながらも価格がそこまで高額で無くコスパも良いです。

          最速の応答速度を求める方にお勧めできます。

          ちなみに、

          と2種類のラインナップがあるので、高さ調整が不要だったり別でモニターアームを用意する方は「VG272Xbmiipx」がおすすめです。

          BenQ ZOWIE XL2746S

          BenQ ZOWIE XL2746S

          こちらは以前から人気の高かったモデル「ZOWIE XL2546」の新型モデルで、ゲーミングモニターの王道メーカー「BenQ」の240Hzモニターです。

          特徴としてBenQ ZOWIE独自の技術Dynamic Accuracy + (通称DyAc+)」が搭載されています。

          このDyAcによって激しい画面の動きでも残像感が少なり、より鮮明に滑らかに見えるようになっています。

           

          その他、「フリッカーフリー」や「ブルーライト軽減モード」など基本的な機能に加えて、

          • 暗い箇所を明るく見やすくする「Black eQualizer機能」
          • 色の鮮やかさを20段階で調整できる「Color Vibrance」
          • 画面の設定を手元ですぐに切り替えられる「S SWICH」

          など、機能面に関しても充実しています。

           

          そしてこの新型モデルでは応答速度が0.5msへ高速化されているので、性能面でも優れています。

          ちなみにゲームに集中しやすい様に画面の横に「アイシールド」がついていますが、こちらは取り外し可能です。

          多機能でFPSに特化された240Hzモニターを探している方におすすめです。

          BenQ ZOWIE XL2546K

          BenQ ZOWIE XL2546K

          こちらは上で紹介している「ZOWIE XL2746S」を24.5インチへ小型化し、更に機能面に優れているモデルです。

          またサイズが小さくなっている事によって少し低価格にもなっています。

          特にFPSにおいては、モニターサイズが小さい方が目の移動が少なく済んで見やすく感じる方が多いのでこちらの方が27インチモデルよりも人気が高くなるかもしれません。

          また機能面では「ZOWIE XL2746S」と同じく「DyAc+」に対応しているのに加えて、「XL Setting to share」と言う機能が追加されています。

          この機能によってBenQ ZOWIE独自の無料ソフトを使用して、他の人の設定をダウンロードして使う事が可能です。

          サイズが小さい方が好きな方やコストを抑えながらBenQ ZOWIEの高性能モニターが欲しい方にお勧めです。

          GIGABYTE AORUS FI27Q-X

          GIGABYTE AORUS FI27Q-X

           スペック
          パネルSS IPSパネル
          HDR対応
          応答速度0.3ms
          スピーカーなし
          入出力端子HDMI 2.0 x2
          DisplayPort v1.4
          USB3.0 Type-A x2
          イヤホンジャック
          マイクジャック

          こちらはWQHDと高解像度ながらも240Hzに対応しているモデルです。

          加えてパネルには、応答速度と発色に優れる「Super Speed IPSパネル」が使われており、IPSパネルながらも応答速度0.3msと高速です。

          また「10ビットカラー表示(8bit+FRC)」に対応しており、色再現性能にも優れています。

          更に機能面でも、

          • HDR400に対応
          • PIP/PBPに対応
          • USBハブ機能(給電にも対応)
          • 全方向の調整に対応しているスタンド
          • G-SYNC COMPATIBLEに対応
          • ANC 2.0(ノイズキャンセリング)対応のヘッドホンアンプ搭載
            (インピーダンス最大600Ωのヘッドホンまで対応)

          など多機能になっていて便利に使いやすいです。

          WQHD/240Hzに対応した高性能モデルを探している方におすすめです。

          おすすめの240Hzモバイルモニター!

          ASUS ROG STRIX XG17AHPE(IPS 3ms)

          ASUS ROG STRIX XG17AHPE

          こちらは2020年6月時点で唯一240Hzに対応しているモバイルモニターとなっています。

          サイズが17.3インチと普通のモニターよりも小型になっているので、FPSにおいては目の移動が少なく済ませられるというメリットがあります。

          また重量についても約1kgとなっているので、持ち運びもしやすいです。

          性能面についてもIPSパネルながら応答速度3msと高速で、映像の鮮やかさと高速性も両立されています。

          またバッテリーが内蔵されているので、240Hzの状態で最大3.5時間駆動が出来、高速充電にも対応しているので1時間の充電で2時間駆動させる事も可能です。

          勿論、電源アダプターを指しっぱなしで給電しながら使う事も可能です。

          一つ欠点としてモバイルモニターで240Hzと特殊な製品と言うこともあり、通常の240Hzモニターと比べても価格が高額になっています。

          その為240Hzに対応したモバイルモニターが欲しいという方にお勧めです。

          おすすめの280Hzモニター!

          Pixio PX259 Prime

          Pixio PX259 Prime

          Pixio製の280Hzモニターで240Hzモニターと比べても特別高額で無い価格設定になっています。

          それでありながら、

          • IPSパネル
          • 応答速度1ms
          • フレームレス
          • G-SYNC Compatible(FreeSync)
          • HDR対応

          と性能も十分です。

          なるべく低コストで280Hzモニターを探している方におすすめです。

          ASUS TUF Gaming VG279QM

          ASUS TUF Gaming VG279QM

          ASUS製の280Hzモニターで、IPSパネルながら応答速度が1msと高速です。

          そして「Pixio PX259 Prime」と比べると高額ですが機能面に優れており、

          • G-SYNC Compatible
          • 2W+2Wスピーカー
          • 映像の残像感を軽減する「ELMB SYNC」
          • 暗い所を明るく表示する「Dynamic Shadow Boost」
          • マルチHDRモード

          など豊富なので、性能と機能の両方で高性能なモニターとなっています。

          ここまでのスペックを持っていながら価格はそこまで高額では無いので、コスパに優れた高性能280Hzモニターが欲しい方におすすめです。

          おすすめの360Hzモニター!

          DELL AW2521H

          Dell ALIENWARE AW2521H

           スペック
          パネル IPSパネル
          応答速度1ms
          スピーカーなし
          入出力端子HDMI 2.0 x2
          DisplayPort v1.4
          USB 3.2 Gen1 ×4
          ヘッドホンジャック
          音声ライン出力ジャック

          2021年6月時点で発売されている360Hzモニターの中では最安値で販売されているモデルです。

          それでいて性能、機能面が悪いと言う訳では無く、

          • 応答速度1ms
          • 豊富なUSBハブ
          • NVIDIA G-SYNCに対応
          • NVIDIA Reflex Latency Analyzerに対応
            (マウスの遅延を計測できる)

          と応答速度以外では他モデルに引けを取らない物を持っています。

          その為、なるべく低コストで高性能な360Hzモニターを探している方におすすめです。

          ちなみにこのモデルは現在自分がメインで使用しており、レビュー記事も書いてるので気になる方は参考にしてください。

          Acer Predator X25bmiiprzx

          Acer Predator X25bmiiprzx

           スペック
          パネル IPSパネル
          応答速度0.3ms
          スピーカー2W+2Wスピーカー
          入出力端子HDMI 2.0 x2
          DisplayPort v1.4
          USB 3.2 Gen1 ×3
          USB 2.0 ポート×1
          ヘッドホンジャック

          こちらは2021年6月時点で発売されている360Hzモニターの中で最も高額ですが、性能も最も高性能で応答速度0.3msに対応しています。

          加えて機能面も豊富で、

          • 周囲の光量を検知し、自動で輝度と色を調整する機能
          • 豊富なUSBハブ
          • NVIDIA G-SYNCに対応
          • NVIDIA Reflex Latency Analyzerに対応
            (マウスの遅延を計測できる)
          • HDR 400に対応
          • 2W+2Wスピーカー

          となっています。

          コストを気にせず高性能な360Hzモニターを探している方にお勧めです。

          コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

          こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

          スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

          そこで「FPS Freek」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

          またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

           

          それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

          ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

          また、物によってはスティック操作に力が入ると固定しきれずに取れてしまう場合があります。

          その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「KontrolFreek製のフリーク」がおすすめです。

           

          そしてKontrolFreek製のフリークは現在、

          の4種類のモデルが存在します。

           

          それぞれのモデルの違いについては以下の通りです。

            頂部の形状
          (指を置く部分)
          高さ
          Inferno 凹型 10.1 mm(右)
          10.1 mm(左)
          Galaxy 凹型 11.8 mm(右)
          7.6 mm(左)
          Edge 凸型 10.4 mm(右)
          5.9 mm(左)
          Vortex 凸型(右)
          凹型(左)
          11.3mm(右)
          5.6mm(左)

          この様な違いがあるので、好みの高さと形状を考えて選ぶのがおすすめ出来ます。

          ちなみに左右で長さと形状が違うモデルもありますが、これは逆に付ける事も可能です。

           

          そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

          これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

          そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

          一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

          なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

          その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

           

          ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

          またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

          使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

          Twitterでフォローしよう