今回はFPSをプレイする際に適しているおすすめのヘッドセットと選び方について書いていきます。

ヘッドセットを使用する事によって、テレビのスピーカーでは聞こえにくい敵の足音がどの方向から聞こえたのかバッチリ把握できるようになるのでとても有利です。

さらに、臨場感と音の迫力も上がるのでヘッドセットを使えばモニターのスピーカーでは感じられなかった高クオリティな音声を楽しめます。

その為、FPSは勿論、それ以外のジャンルでも楽しくゲームをプレイする事が出来るのでヘッドセットはFPSプレイヤー以外の方にもおすすめ出来る機材です。

 

また、ヘッドセットはPCやゲーム機など、使用する機材によっておすすめできる物が変わってくるので今回は、

ゲーム機

サウンドカード搭載PC

サウンドカード非搭載PC

の三つに分けて書いています。

自分の使用環境に合った項目を参考にして下さい!

・売れ筋はこちら!

 

・セール中のゲーミングヘッドセットはこちら!

 

スポンサードリンク

目次

ヘッドセットの選び方!

FPS向けなのかどうか確認する!

ヘッドセットには様々なタイプの物が存在しており、同価格帯の物を比べても音にそれぞれ個性があります。

その中で、FPS向けに調整されたヘッドセットが存在します。

このヘッドセットは足音と銃声が聴こえやすく調整されているので、普通のヘッドセットを使うよりも音だけで敵の位置を探りやすくなっています。

しかしこれにはデメリットもあります。

ゲーミングヘッドセットはFPSで使用するにはとても使いやすいですが、音楽鑑賞や映画鑑賞、その他ジャンルのゲームをプレイする際には高音がうるさく感じたり、音に派手さを感じないと言う事が起きてしまう場合があります。

 

なので、FPS以外の使用用途も考えているのであれば、FPS向けのヘッドセットは避けておくか、FPS用とその他の使用用途に分けて2つ用意するのがおすすめです。

ここで紹介している物は、FPS向けのヘッドセットであればそう記載しているので参考にして下さい。

また高額なFPS向けヘッドセットであれば、イコライザー機能が付いており、使用用途に合わせて音を調整できるのでどの使用用途でも扱いやすいです。

 

ワイヤレスと有線の違い!

ワイヤレスと有線にはそれぞれメリット、デメリットがあり、一概にどちらがおすすめとは言い切れません。

以下にそれぞれのメリットデメリットを書いていきます。

有線 ワイヤレス
メリット ・充電が不要 ・配線周りをすっきり出来る
デメリット ・コードの絡まり

・断線の危険性

・充電が必要

・有線の物と比べて値段が高め

また、ワイヤレスは遅延が起きる為、FPSでの使用には向いていないと言われていましたが、現在主流のヘッドセットでは遅延は殆どありません。

なのでどちらか選ぶ際は、

配線をすっきりさせたいか

充電なしで使用したいか

の違いで選ぶと良いです。

スポンサードリンク

ヘッドセットとヘッドホンの違い!

あまり詳しくない方からすると、この2つは同じ物にも思えますが一つ大きな違いがあります。

それは

マイクが付いているかどうか

の違いです。

ヘッドセットの場合はマイクが付いている為、単体でボイスチャットが出来ます。

しかしヘッドホンの場合はマイクが付いていないので、ボイスチャットをするには別でマイクを揃える必要があります。

なので、ヘッドセットの方が便利になっていますが、ヘッドホンにも1つメリットがあります。

それは、

同価格帯のヘッドセットと比べて、ヘッドホンの方が音質が良い

と言う事です。

ボイスチャットを使わない方や、音質を重視する方はヘッドセットよりもヘッドホンを選ぶのがおすすめ出来ます。

ゲーム機向けヘッドセットの選び方!

 

PS4などのゲーム機で使用するヘッドセットに関しては注意点が多く、間違って不向きなヘッドセットを購入してしまいがちなので特に気をつけて下さい。

この理由は、現在販売されているヘッドセットの多くはPCで使用する事を前提に作られている為です。

この記事のPS4向けの項目で紹介している物は、ゲーム機で使うのに最適な物をピックアップして紹介しているので安心して参考にして下さい。

USB型ヘッドセットは注意が必要!

まず一番気をつけなければならないのはUSBで接続するタイプの物です。

USBで接続するタイプの物はPCに専用のドライバーをインストールして、それを利用して音を出す事を前提にしている物が殆どです。

その為、このような物をPS4等のコンシューマ機で使用すると、

・音が出ない

・音が小さい

・イコライザー機能が使えない

・7.1chサラウンド機能が使えない

等の問題が発生します。

USB型ヘッドセットは高性能で使いたくなりたい所ですが、ゲーム機で使用する場合は避けておくのがおすすめです。

また、今回の記事で紹介しているものはそれを考慮して紹介しています。

ちなみに、HyperX Cloud Revolver S ソニー純正のヘッドセットはUSB接続方式で7.1chサラウンドに対応していますが、PS4で使用する場合でも問題なく使う事が可能です。

3.5mm端子は音質に劣る!

3.5mm端子、言い方を変えればイヤホン端子とも言いますが、こちらはPS4でも動作に問題なく使う事が可能です。

ただし、この端子の場合はPS4から出力される音をそのまま流している状態になるので、他の端子に比べて音質に劣る部分があり、サラウンド機能も使う事が出来ません。

その代わり、光端子やUSB端子の物と比べると高性能な物でも低価格で販売されています。

3.5mm端子はヘッドホンアンプを使うのがおすすめ!

3.5mm端子の良い点は送られてきた音をそのまま出すという点です。

その為、ヘッドホンアンプやサウンドカードを通して繋ぐ事で出力された音を高音質に変身させた音がヘッドセットに送られます。

こうした場合はその使うヘッドホンアンプの性能によって左右されますが、光端子やUSB端子のヘッドセットに負けないくらいの音を出します。

特に高額な3.5mm端子のヘッドセットはヘッドホンアンプやサウンドカードを通して使う事を前提にされているものが多いです。

なのでヘッドホンアンプを持っているのであれば3.5mm端子のヘッドセットを選ぶのがおすすめ出来ます。

ただし、この場合はヘッドホンアンプも購入する必要があるのでコストが一番高いです。

ちなみにFPSプレイヤーに定番とされるヘッドホンアンプは以下の3つが挙げれます。

ゲーム機には光デジタル接続タイプの物がおすすめ!

もし別でヘッドホンアンプなどを購入せずに、ゲーム機で高性能なヘッドセットをきちんとした動作で使いたいのであれば、光デジタル接続方式の物を選ぶのがおすすめです。

光デジタルは基本時に高性能な物ばかりで、PS4等でも動作を制限されることなく使用できます。

ただ一つ欠点として、高性能だけあって高額な物が多いです。

それ以外に特にデメリットはないので、お金に余裕があるのであれば光デジタル接続方式を選ぶのがおすすめです。

光デジタル接続で定番の物は以下の物になります。

PC向けヘッドセットの選び方!

サウンドカードを搭載しているかどうかで選び方が変わる!

使用しているPCにサウンドカードを搭載しているかどうかで、ヘッドセットの選び方が変わってきます。

その選び方は、

サウンドカード搭載PCの場合は3.5mm接続端子(イヤホン接続)がおすすめ!

サウンドカード非搭載PCの場合はUSB接続方式がおすすめ!

となります。

この理由は3.5mm端子の場合、PC側のサウンドカードを利用して音を出しており、USB型の場合はヘッドセット自体に搭載されたサウンドカードを利用して音を出している為です。

仮に高性能なサウンドカードを積んだPCでUSB方式のヘッドセットを利用してしまうと、PCのサウンドカードは一切利用されず、積んでいる意味がなくなってしまいます。

 

その為接続端子の選び方としては、

・高性能なサウンドカードを使いたいなら3.5mm端子

・特にサウンドカードを積んでいないのであればUSB接続方式

と言う選びかたがおすすめです。

スポンサードリンク

1万円以下のコスパに優れるヘッドセット!

この項目では1万円以下の格安と言われる価格帯のヘッドセットを紹介していきます。

ちなみに全て3.5mm接続となっているのでゲーム機でも問題なく使用可能です。

また時期や在庫状況によって値上がりしている場合もあるので気を付けて下さい。

KINGTOP K11

ゲーミングヘッドセット PS4 KINGTOP ヘッドホン K11シリーズ

こちらは最低低価帯ながらも値段以上の性能をもつヘッドセットです。

敵の足音の位置は掴めるので実用性は高く音楽鑑賞にも十分使えます。

その手軽さと性能によってamazonレビュー1500件以上で4つ星評価ととても人気です。

とにかく安く実用的に使えるゲーミングヘッドセットを探している方におすすめです。

おすすめポイント!
・低価格ながらも値段以上の性能を持つ!
・レビュー数が多く評価も高い!
・コスパに優れたヘッドセット!

SOULBEAT LB-903

ゲーミングヘッドセット PS4 SOULBEAT ヘッドホン LB-903 ゲーミング FPS 対応 イヤホン マイク 付属 プレステ4 ゲーム用 PC ヘッドフォン ヘッドセット等 COD スカイプ Skype パソコン可能 PS プレイステーション4 Xbox などに対応 【国内正規品】

こちらは低価格帯のヘッドセットながら性能や機能面に優れた製品となっています。

特に付け心地がとても良く、軽量でフィット感があるので長時間使い続けやすいです。

音質に関しても、低価格帯のヘッドセットとは思えないクオリティの音を出し、定位感も上下左右がとてもわかりやすいです。

初めてゲーミングヘッドセットを購入する方やコスパに優れたヘッドセットを探している方におすすめです。

おすすめポイント!
・低価格ながらも値段以上の性能を持つ!
・付け心地がとても良い!
・長時間使い続けやすい!
・コスパに優れたヘッドセット!

Logicool  G231 Prodigy

Logicool ロジクール G231 Prodigy ゲーミングヘッドセット G231

ゲーミングデバイスで有名なロジクールの最安値クラスのゲーミングヘッドセットです。

しかしその性能と使いやすさは価格以上の物を持っています。

音質はこの値段にしてはとても良く、定位感が掴みやすいです。

また長時間付けていても疲れにくくするために軽量化、通気性が良くなっています。

初めてゲーミングヘッドセットに手を出す方や、性能を求めつつコストを抑えたい方におすすめです。

おすすめポイント!
・低価格ながらも音質が良いコスパに優れたヘッドセット!
・軽量で通気性が良く長時間使い易い!
・出来る限り低価格な物を探している方におすすめ!

Razer Kraken Pro V2 Black Oval

Razer Kraken Pro V2 Black Oval 

こちらはゲーミングデバイスメーカーとして有名なRazer製のヘッドセットで低価格ながらも、定位感と音の迫力が好評となっています。

付け心地に関しても優れており、長時間付け続けても耳が痛くならない様に設計されています。

また、元々7.1Chに対応はしていないヘッドセットなのでゲーム機でも動作を制限されることなく使用可能です。

高性能ながらも低価格なので、1万円以下で購入出来るRazer製ヘッドセットを探している方におすすめ出来ます。

おすすめポイント!
・Razer製の中では低価格なヘッドセット!
・定位感と音の迫力が良い!
・長時間付け続けても耳が痛くならない!
・ゲーム機でも動作を制限されることなく使用可能!

PS4でおすすめなヘッドセット!

SONY純正モデル!

ワイヤレスサラウンドヘッドセット(ソニー純正品)

ワイヤレスサラウンドヘッドセット (CUHJ-15007)

PS4においては純正品が誰にでも使い易くおすすめできます。

設定方法も特に難しいことはせず、ただ本体にUSBデバイスを繋ぐだけで使用可能です。

機能面に関してもサラウンド7.1chに対応しており、臨場感と定位感に優れ足音の方向などが掴みやすくなっています。

また純正の一番の強みとして、ゲームタイトルごとに公式が作成した最適な音質設定が用意されています。

これはPS4側にヘッドセットコンパニオンアプリをインストールしておくだけで利用できるのでとても便利です。

PS4向けの誰にでも簡単に使えるヘッドセットを探している方におすすめです。

おすすめポイント!
・PS4での使用に最適!
・誰でも簡単に使い易い!
・サラウンド7.1chに対応!
・ゲームタイトル毎に最適な音質設定が可能!

PS4向けのミドルクラス!

HyperX Cloud Silver

キングストン ゲーミングヘッドセット HyperX Cloud Silver HX-HSCL-SR/NA ブラック/シルバー インライン音量コントロールBox付属 2年保証

こちらはFPS向けヘッドセットとして有名なHyperX Cloudシリーズの一つです。

それだけあって定位感がはっきりとわかりやすく、迫力ある低音も感じられます。

またクッション性の高いイヤーパッドと程よい締め付け感が合わさってフィット感が良く、長時間快適に使い易いです。

そして、このSilverはPC向けとして発売された「HyperX CloudⅡ」をPS4向けに作り直した製品となっており、PS4でも問題なく使える様になっています。

価格以上の性能と見た目に高級感があるので、一万円前後でコスパに優れたヘッドセットを探している方におすすめ出来ます。

おすすめポイント!
・FPSでの使用に特化された「HyperX Cloud」シリーズの一つ!
・「HyperX CloudⅡ」をベースにPS4向けに作られたモデル!
・定位感がはっきりとわかりやすい!
・迫力ある低音!
・フィット感が良い!

PS4でもサラウンド7.1chに完全対応したモデル!

HyperX Cloud Revolver S

Kingston ゲーミングヘッドセット HyperX Cloud Revolver S HX-HSCRS-GM/AS ブラック/ホワイト USBオーディオコントロールボックス付属

こちらはHyperX Cloud Revolverを色の変更等のマイナーチェンジさせた物です。

それ以外にも、バーチャル7.1chサラウンド対応のサウンドカードを搭載したUSBコントロールボックスが付属されています。

このUSBコントロールボックスによる7.1chサラウンドは、他にソフトウェア等を一切使わずに使用できます。

使用するにはUSB接続をする必要がありますが、PCだけでなくPS4などのゲーム機にも対応しているので、PS4で使う場合でも100%の性能を引き出す事が出来ます。

 

また、イコライザー機能も付いているのでゲームだけでなく音楽、映画鑑賞等にも使い易くなっています。

これだけ高性能でありながら、価格がPS4で使える7.1ch対応ヘッドセットの中ではとても低価格です。

PS4ユーザーの方で、コスパに優れ、手軽に7.1chサラウンドを利用できるヘッドセットを探している方におすすめです。

おすすめポイント!
・FPSでの使用に特化された「HyperX Cloud」シリーズの一つ!
・HyperX Cloudシリーズの最上位モデル!
・PS4でも手軽に7.1chサラウンドが出来る!
・イコライザー機能も使用可能!
・7.1ch対応ヘッドセットの中ではとても低価格!
・コスパに優れた高性能ヘッドセット!

サウンドカード、ヘッドホンアンプを使用した場合におすすめなヘッドセット!

この項目で紹介するのは3.5mm端子のヘッドセットなので使おうと思えばどの機材でも使用可能です。

ただしゲーム機でのベストな使い方としては、プリアンプを組み合わせて使用する事が挙げられます。

定番としては、

・なるべく低価格で済ませたいなら「Creative Sound BlasterX G5

・金銭的に余裕がありゲーム機とPC両方で使える物はMixAmp Pro TR for PS4

・金銭的に余裕があり、PCに特化された物は「ゼンハイザー GSX 1000

これらをゲーム機との間に繋ぐ事でこのヘッドセットの真価が発揮されます。

なのでこの項目で紹介している物はヘッドセットとヘッドホンアンプもしくはサウンドカードを別々で用意できる方におすすめです。

ちなみに「Razer Tiamat 7.1 V2」は求められる環境が特殊なので特に気を付けて下さい。

ゼンハイザー製ハイエンドクラスのヘッドセット!

ゼンハイザー GAME ONE

ゼンハイザー GAME ONE Black 506080N

ゼンハイザー製のオープン型ヘッドセットです。

特徴としては高音が抑えめで低音による迫力ある音声が楽しめます。

それでいてFPS向けに作られているので定位感が良く足音や銃声も聴こえやすいです。

また、マイクの音質が良いので自分の声をクリアな音声で伝えることが出来ます。

おすすめポイント!
・公式的にPCからゲーム機にまで対応している!
・低音が強めで迫力あるサウンドを出す!
・FPS向けで定位感に優れる!
・マイクの音質がクリア!

ゼンハイザー GAME ZERO

【Amazon.co.jp 限定】 ゼンハイザー ゲーミングヘッドセット密閉型/ノイズキャンセルマイク GAME ZERO SE 【国内正規品】

こちらは上のGAME ONEと同グレードのモデルです。

大きな違いとして密閉型になっているのでゲーム音にだけ集中できます。

また音質では低音が抑えられて高音が強調されたFPSに向けな設定です。

その為音楽鑑賞時の音や低音の迫力を求める人には向いていません。

FPSに特化したモデルを探している方におすすめです。

おすすめポイント!
・低音が控えめなGAME ONEと正反対な性質!
・FPSでの使用に特化したヘッドセット!
・付け心地がとても良い!

ゼンハイザー GSP 500

ゼンハイザー ゲーミングヘッドセット 開放型/ノイズキャンセルマイク GSP 500【国内正規品】

こちらは2018年に発売されたオープン型の新型ゼンハイザー製ヘッドセットで、「GAME ONEの上位機種です。

GAME ONE自体もクリアな音質を持つ高性能なヘッドセットでしたが、さらにクリアに聴こえやすく進化しています。

ただし、付け心地が以前のモデルと変わっており縦方向に伸びにくいです。

その為、頭が大きい方には合いにくいかもしれません。

GAME ONEから正統進化したヘッドセットが欲しい方におすすめです。

おすすめポイント!
・GAME ONEの上位モデル!
・クリアな音質がよりクリアに!
・開放型で蒸れにくい!

ゼンハイザー GSP 600

ゼンハイザー ゲーミングヘッドセット 密閉型/ノイズキャンセルマイク GSP 600【国内正規品】

こちらは2018年に発売された密閉型の新型のゼンハイザー製ヘッドセットで「GAME ZERO」の後継機です。

GAME ZEROでは低音が控えめでFPSにのみ特化したモデルでしたが、こちらは低音が強化されて迫力が増しています。

勿論、音質のクリアさにも優れておりあらゆる音が聴こえやすいのは変わっていません。

しかしフィット感が強くなっているので頭が大きい方やゆったりした付け心地が良いという方は要注意です。

GAME ZEROの低音が足りないと感じていた方や、FPS以外の用途でも使いたいという方におすすめです。

おすすめポイント!
・GAME ZEROの上位モデル!
・低音の迫力が強化!
・密閉型でゲームに集中しやすい環境を作り出す!

環境を整えられれば最強のヘッドセット!

Razer Tiamat 7.1 V2

Razer Tiamat 7.1 V2 リアル7.1chゲーミングヘッドセット【正規保証品】RZ04-02070100-R3M1

こちらは以前ハイスペックゲーミングヘッドセットとして有名だったRazer Tiamatの新型モデルです。

一番の特徴はバーチャルではなくリアル7.1chサラウンドに対応している点で、臨場感と定位感に優れます。

これによって音だけで敵の居場所を察知しやすく音の方向、距離まで分かりやすいです。

さらに密閉型ヘッドセットなので、周りの音が殆ど聞こえずゲームの音にだけ集中出来ます。

ただしFPS向けに作られたヘッドセットなので、音にこだわる方にとっては音楽鑑賞、映画鑑賞には向きません。

しかし、基本性能の高いヘッドセットなのでこだわらなければ使えないわけではないです。

 

一つ注意点として、こちらの機能を最大限使用するにはバスリダイレクト機能に対応したサウンドカードが必要です。

この機能がなければ低音担当のサブウーファーから音が出ず、値段の割に良くない音質になってしまいます。

その為、この機能に対応したサウンドカードが付いているのであればこれしかないと言えるくらいおすすめなヘッドセットです。

ちなみに良く使用されているサウンドカードとしては「ASUSTek STRIX RAID DLX」などが挙げられます。

おすすめポイント!
・ハイスペックゲーミングヘッドセットとして有名なRazer Tiamatの新型モデル!
・リアル7.1chサラウンドに対応!
・FPS向けの音質!
・密閉型ヘッドセットでゲームの音にだけ集中しやすい!
・機能を最大限使用するにはバスリダイレクト機能に対応したサウンドカードが必要!

PCとゲーム機あらゆる機材でおすすめなモデル!

ミドルクラスの3.5mm端子ヘッドセット!

HyperX Cloud Alpha

キングストン Kingston ゲーミング ヘッドセット HyperX Cloud Alpha HX-HSCA-RD/AS レッド/ブラック インライン音量コントロールBox付属 2年保証

デュアルチャンバードライバー」と呼ばれる音が歪みにくいドライバーが搭載されています。

これによって同時に複数の音が鳴ってもごちゃごちゃせず、細かい音まではっきりと聴き取りやすいです。

加えて定位も良いので音だけで有利不利が大きく変わるFPSにピッタリです。

また音質自体もとてもクリアなので音楽鑑賞としても使いやすくなっています。

ちなみにこちらはイヤホン端子のヘッドセットなので、ヘッドホンアンプを使う事でより良い音質にする事が可能です。

おすすめポイント!
・歪みにくくクリアで分離感ある音が出る!
・抜群の定位感と音の明瞭さ!
・ゲームだけでなく音楽鑑賞や映画鑑賞にも使い易い!
・ヘッドホンアンプを使うとより良くなる!

Razer製の高性能なワイヤレスモデル!

Razer Thresher 7.1

Razer Thresher 7.1 PS4®対応 Dolby 7.1ch サラウンドサウンド ワイヤレスヘッドセット 【日本正規代理店保証品】 RZ04-02230100-R3M1

ゲーミングデバイスメーカーとして有名な「Razer」製のワイヤレスヘッドセットです。

公式的にPS4でもバーチャルサラウンド7.1chに対応しているので不自由なく使う事が出来ます。

また肝心な音質に関してもFPS向けに足音や銃声などが聴きとりやすく設定されており、定位感も前後左右上下がとてもわかりやすいです。

それに加えてワイヤレスとなっているので利便性にも優れます。

これだけ高性能ながらも約2万円で購入出来るので十分コスパに優れたヘッドセットと言えます。

ちなみに「Thresher 7.1 」にはこちらの上位機種として「Razer Thresher Ultimate for PS4」が存在します。

しかしこの二つは性能面に違いはありません。

1つ大きな違いはPCとゲーム機を同時に接続し切り替えて使える様にするヘッドセットハンガーが付属するかどうかだけです。

その分「Razer Thresher Ultimate for PS4」は少し高額なので、同時に接続して使いたいという方でなければこちらの方がおすすめです。

おすすめポイント!
・公式的にPS4に対応している為、不自由なく使い易い!
・バーチャルサラウンド7.1chに対応!
・FPS向けの音質設定と定位感に優れる!
・ワイヤレス接続で利便性に優れる!
・上位機種として「Razer Thresher Ultimate for PS4」が存在する!
・複数の機材を同時に繋ぎたいと言うわけでなければこちらの通常版がおすすめ!

Razer Thresher Ultimate for PS4

Razer Thresher Ultimate for PS4(R) DOLBY + 7.1 サラウンド ワイヤレスヘッドセット【日本正規代理店保証品】RZ04-01590100-R3A1

こちらは上で紹介している「Razer Thresher 7.1 」の上位モデルです。

しかし音質などの性能面に違いはありません。

この上位モデルには接続するケーブルの分配器を兼ねるヘッドフォンハンガーが付属しており、これによってスイッチ一つで接続する機材を切り替える事が可能です。

その為このヘッドセットをPCとゲーム機兼用として使うのであればこのモデルがおすすめ出来ます。

ボイチャを使わない方向けの9.1chサラウンドヘッドホン!

SONY  MDR-HW700DS

SONY デジタルサラウンドヘッドホンシステム MDR-HW700DS

こちらはヘッドセットではなくヘットホンなのでマイクは付いていません。

マイクを使う場合は別で用意する必要があります。

しかしバーチャル9.1chサラウンドとなっており、ゲーミングヘッドセットで定番となっているバーチャル7.1chを超える臨場感があります。

音質に関してはドンシャリなどの味付けされた物ではなくクリアな音質となっています。

その為、ゲームや映画だけでなく音楽鑑賞にも向いているヘッドホンです。

 

更に同時に複数のPCやゲーム機、テレビにも接続が出来、光接続とHDMI接続に対応しているので、幅広い端末に接続する事が出来ます。

無線の周波数は障害物に強い2.4Ghzと、他の機器と混線がしにくい5Ghzを自動で使い分けてくれるので、接続不良等が起きにくいです。

この様に値段が高いだけ会って細かいところまで配慮されたワイヤレスヘッドホンなので、お金に余裕があるのであればとてもおすすめです。

また、基本的にヘッドセットよりもヘッドホンの方が音質的には優れているので、マイクを使用しない方に特におすすめです。

おすすめポイント!
・マイクは付いていない!
・バーチャル9.1chサラウンド対応!
・ゲーム以外の用途にも使い易い!
・幅広い端末で使用可能!
・同時に複数の機材に接続可能!
・他の機器と混線がしにくい!

PCにのみおすすめなUSB接続ヘッドセット!

PC向けの入門へッドセット!

LOGICOOL G430

LOGICOOL サラウンドサウンド ゲーミングヘッドセット G430

低価格でコスパに優れたヘッドセットです。

軽量化がされておりイヤーパッドがメッシュ構造になって蒸れにくいので、長時間使用し続けやすくなっています。

音質に関しても申し分なく、バーチャル7.1chサラウンドサウンドに対応していて銃声や敵の足音等が聞き取りやすいです。

コスパに優れたFPS向けヘッドセットを探している方におすすめです。

おすすめポイント!
・低価格でコスパに優れたヘッドセット!
・軽量化とメッシュ構造によって長時間使用し続けやすい!
・バーチャル7.1chサラウンドサウンドに対応!

ミドルクラスのPC向けヘッドセット!

SteelSeries Arctis 5

【国内正規品】密閉型 ゲーミングヘッドセット SteelSeries Arctis 5 Black 61443

こちらは1万円台のヘッドセットでありながら、スピーカードライバーがSteelSeries製の3万円越えクラスのフラッグシップモデルと同じものが使われています。

これによってこの価格とは思えない、パワフルでクリアな音が出るので細かい音までとても聴きやすいです。

また定位感と距離感の掴みやすさが好評なヘッドセットとなっており、PUBGのプロゲーマーの方に絶賛されている事でも有名です。

その為、音だけで広範囲の状況を把握する必要があるPUBGプレイヤーに特におすすめ出来ます。

肝心の付け心地に関しても、締め付けられる感じが殆どないので長時間使い続けやすいです。

ミドルコストながらも価格以上のスペックを持っているので、なるべく価格を抑えたい方や、初めて本格的なゲーミングヘッドセットを購入する方にもおすすめ出来ます。

おすすめポイント!
・スピーカードライバーがSteelSeries製の3万円越えクラスのフラッグシップモデルと同じ!
・パワフルでクリアな音!
・PUBGのプロゲーマーの方に絶賛されている事でも有名!
・長時間使い続けやすい!

SteelSeries Arctis 7

【国内正規品】密閉型 ゲーミングヘッドセット SteelSeries Arctis 7 White 61464

こちらは上のArctis 5と基本的な性能は同じですが、Arctis 7ではワイヤレス接続で使う事が出来ます。

その為Arctis 5を無線接続で使用したい方におすすめです。

一つ欠点としては価格がArctis 5よりも若干高くなっています。

それでもワイヤレス接続が出来るヘッドセットの中では低価格な部類です。

コスパに優れたワイヤレスヘッドセットを探している方におすすめ出来ます。

おすすめポイント!
・Arctis 5と基本的な性能は同じ!
・ワイヤレス接続で使用可能!
・ワイヤレスヘッドセットの中では低価格な部類!
・コスパに優れたワイヤレスヘッドセットを探している方におすすめ!

Logicool  G533

Logicool ロジクール G533 ワイヤレス DTS 7.1 サラウンド ゲーミング ヘッドセット

ロジクールのワイヤレスヘッドセットで価格が抑えられていながらも音質が良く、バーチャル7.1chサラウンドなど機能面にも優れます。

その他バッテリーの持続時間が15時間と長く、軽量化もされているので長時間使い続けやすいです。

また、自由にカスタマイズ可能なマクロボタン「Gキー」が一つ付いているので利便性にも優れています。

ワイヤレスヘッドセットの中で低価格ながらも多機能、高音質となっているので、実用的なコスパに優れる物を探している方におすすめです。

おすすめポイント!
・ワイヤレスヘッドセットの中では低価格!
・バッテリー駆動時間が長い!
・重量が軽い!
・マクロボタン搭載!
・実用的なコスパに優れるワイヤレスヘッドセット!

Logicool G933

Logicool ロジクール G933 RGB サラウンド ゲーミング ヘッドセット ワイヤレス Dolby / DTS搭載 7.1 PC PS4 Xbox Oneなど対応

ロジクール製ヘッドセットの中で最上級の多機能ワイヤレスヘッドセットでG533の上位モデルです。

同時に複数の機器の音を流す事が可能で、PCの音をワイヤレスでスマホ等の音を有線から取ることが出来ます。

またG553では1つしか付いていなかったGキーが3個ついています。

その他RGBライトにが付いているのでヘッドセット自体を1680万色で光らせる事も可能です。

ロジクール製の高性能ワイヤレスヘッドセットが欲しい方におすすめです。

おすすめポイント!
・ロジクール製の最上級多機能ワイヤレスヘッドセット!
・同時に複数の機器の音を流す事が可能!
・マクロボタンが3個搭載!
・RGBライト搭載!

Logicool G433

Logicool G433 7.1ch 高音質 有線 サラウンド ゲーミング ヘッドセット G433BK 7.1ch Pro-G ドライバ PC/PS4/Nintendo Switch

どんな場所でも長時間プレイし続けられると言うのをコンセプトに作られたヘッドセットです。

その為、重量はとても軽く長い間付け続けても疲れにくくなっています。

イヤーパッドには通気性抜群のスポーツメッシュ素材が使われており、取り外して水洗いをする事も可能です。

また、肝心の性能に関してもDTS Headphone:X機能によって7.1chサラウンドに対応している他、ノイズキャンセリングマイクが付いているので、快適にボイスチャットが行なえます。

同じロジクール製品であるG933とG533との大きな違いは、こちらは有線接続となっておりGキーが付いていません。

また、本体にライト類は付いていないので気を付けて下さい。

手頃な価格で取り回しに優れたゲーミングヘッドセットを探している方におすすめです。

おすすめポイント!
・どんな場所でも長時間プレイし続けられるヘッドセット!
・重量はとても軽い!
・イヤーパッドは通気性抜群のスポーツメッシュ素材!
・7.1chサラウンドに対応!
・長時間ゲームをプレイする方におすすめ!

ハイエンドクラスなPC向けヘッドセット!

Razer ManO’War

Razer ManO’War バーチャル7.1ch ワイヤレスゲーミングヘッドセット 【正規保証品】 RZ04-01490100-R3A1

こちらはFPS向けのゲーミングワイヤレスヘッドセットです。

ワイヤレスヘッドセットは通常、遅延等が起きてしまう可能性があるのですが、こちらはFPS向けに作られているので遅延対策がバッチリ取られています。

なので普通にプレイしていて遅延を感じることはありません。

またイコライザー機能やサラウンド具合の調整等も出来、Razer専用のソフトウェア「synapse」で自分が聞きやすいように音質をセッティング出来ます。

バッテリーの持ちは最大20時間持つので1日ぶっ通しでプレイし続けても充電切れにはなりません。

その他イルミネーション機能があり、デザインがカッコいいです。

Razer製の高性能なワイヤレスヘッドセットが欲しい方におすすめです。

おすすめポイント!
・遅延が極限までに抑えられたワイヤレスヘッドセット!
・Razer専用のソフトウェア「synapse」で音質のセッティングが可能!
・バッテリー持ちがとても良い!
・デザインが格好良い!

ASUS Strix 7.1


ASUS Strix ゲーミングヘッドセット Strix 7.1

こちらはバーチャル7.1chサラウンドではなく、リアル7.1chサラウンドです。

これによってバーチャルにはない音の定位感、臨場感が感じられます。

ちなみに、現在リアル7.1chサラウンドに対応しているゲーミングヘッドセットは、これの他だと一番下で紹介している、Razer Tiamat しかありません。

そしてRazerの場合はリアル7.1chに対応しているサウンドカードをPCに搭載する事を前提に作られているので、誰でも気軽に導入出来るものではありません。

その点こちらに関しては、このヘッドセット単体でリアル7.1chサウンドを体感できます。

サウンドカードを搭載していないPCでリアル7.1chを楽しみたい方におすすめです。

おすすめポイント!
・リアル7.1chサラウンド対応ヘッドセット!
・バーチャルサラウンドにはない臨場感!
・サウンドカードなどを導入せず、これ単体でリアルサラウンド機能が使える!

それでは読んで頂きありがとうございました!

Twitterでフォローしよう