• ゲーミングコントローラー
    SCUF VS NACON どちらがおすすめ?それぞれのメリット、デメリットについて!【FPS向けコントローラー】
    2017年8月31日
  • ゲーミングモニター
    おすすめFPSゲーミングPCモニター17選! PS4,PS4ProとPCそれぞれに適した物を紹介!【2018年】
    2016年6月8日
  • ゲーミングデバイス
    【PS4 Pro 】メリットとデメリットや、FPSで使う場合のアドバンテージについて!
    2016年11月6日
  • ゲーミングチェア
    おすすめゲーミングチェア! ゲーミングチェアとデスクチェアの違い!メリットや有名人気メーカー毎の違いについて!
    2016年10月9日
  • ゲーミングマウス
    PS4でFPSをプレイする際、マウスは使って良いのか悪いのか?
    2016年9月7日
  • ゲーミングヘッドセット
    【2018年】おすすめFPSゲーミングヘッドセット25選! PS4、PCそれぞれにおすすめな物を紹介!【コスパ重視!】
    2016年5月4日
  • ゲーミングモニター
    おすすめの240Hzゲーミングモニター7選!FPSで使う事によるメリットや144Hzモニターとの違いについて!【2018年】
    2017年9月15日
  • ゲーミングデバイス
    PS4 スリム 旧型との違い!メリットとデメリットについて!
    2016年9月25日
  • ゲーミングヘッドセット
    おすすめのポータブルアンプ&据え置きヘッドホンアンプ15選!初心者が選ぶ際の注意点について!【USB-DAC】
    2017年1月15日
  • キャプチャーボード
    おすすめのキャプチャーボード13選!PS4でおすすめな物やキャプチャーボードの選び方について!
    2017年3月3日

今回はFPSをプレイする際に適しているおすすめのヘッドセットと選び方について書いていきます。

ヘッドセットを使用する事によって、テレビのスピーカーでは聞こえにくい敵の足音がどの方向から聞こえたのかバッチリ把握できるようになるのでとても有利です。

さらに、臨場感と音の迫力も上がるのでヘッドセットを使えばモニターのスピーカーでは感じられなかった高クオリティな音声を楽しめます。

その為、FPSは勿論、それ以外のジャンルでも楽しくゲームをプレイする事が出来るのでヘッドセットはFPSプレイヤー以外の方にもおすすめ出来る機材です。

 

また、ヘッドセットはPCやゲーム機など、使用する機材によっておすすめできる物が変わってくるので今回は、

ゲーム機

サウンドカード搭載PC

サウンドカード非搭載PC

の三つに分けて書いています。

自分の使用環境に合った項目を参考にして下さい!

・売れ筋はこちら!

 

・セール中のゲーミングヘッドセットはこちら!

 

スポンサードリンク

目次

ヘッドセットの選び方!

FPS向けなのかどうか確認する!

ヘッドセットには様々なタイプの物が存在しており、同価格帯の物を比べても音にそれぞれ個性があります。

その中で、FPS向けに調整されたヘッドセットが存在します。

このヘッドセットは足音と銃声が聴こえやすく調整されているので、普通のヘッドセットを使うよりも音だけで敵の位置を探りやすくなっています。

しかしこれにはデメリットもあります。

ゲーミングヘッドセットはFPSで使用するにはとても使いやすいですが、音楽鑑賞や映画鑑賞、その他ジャンルのゲームをプレイする際には高音がうるさく感じたり、音に派手さを感じないと言う事が起きてしまう場合があります。

 

なので、FPS以外の使用用途も考えているのであれば、FPS向けのヘッドセットは避けておくか、FPS用とその他の使用用途に分けて2つ用意するのがおすすめです。

ここで紹介している物は、FPS向けのヘッドセットであればそう記載しているので参考にして下さい。

また高額なFPS向けヘッドセットであれば、イコライザー機能が付いており、使用用途に合わせて音を調整できるのでどの使用用途でも扱いやすいです。

 

ワイヤレスと有線の違い!

ワイヤレスと有線にはそれぞれメリット、デメリットがあり、一概にどちらがおすすめとは言い切れません。

以下にそれぞれのメリットデメリットを書いていきます。

有線 ワイヤレス
メリット ・充電が不要 ・配線周りをすっきり出来る
デメリット ・コードの絡まり

・断線の危険性

・充電が必要

・有線の物と比べて値段が高め

また、ワイヤレスは遅延が起きる為、FPSでの使用には向いていないと言われていましたが、現在主流のヘッドセットでは遅延は殆どありません。

なのでどちらか選ぶ際は、

配線をすっきりさせたいか

充電なしで使用したいか

の違いで選ぶと良いです。

スポンサードリンク

ヘッドセットとヘッドホンの違い!

「ヘッドセット フリー素材」の画像検索結果

あまり詳しくない方からすると、この2つは同じ物にも思えますが一つ大きな違いがあります。

それは

マイクが付いているかどうか

の違いです。

ヘッドセットの場合はマイクが付いている為、単体でボイスチャットが出来ます。

しかしヘッドホンの場合はマイクが付いていないので、ボイスチャットをするには別でマイクを揃える必要があります。

なので、ヘッドセットの方が便利になっていますが、ヘッドホンにも1つメリットがあります。

それは、

同価格帯のヘッドセットと比べて、ヘッドホンの方が音質が良い

と言う事です。

ボイスチャットを使わない方や、音質を重視する方はヘッドセットよりもヘッドホンを選ぶのがおすすめ出来ます。

ゲーム機向けヘッドセットの選び方!

PS4などのゲーム機で使用するヘッドセットに関しては注意点が多く、間違って不向きなヘッドセットを購入してしまいがちなので特に気をつけて下さい。

この理由は、現在販売されているヘッドセットの多くはPCで使用する事を前提に作られている為です。

この記事のPS4向けの項目で紹介している物は、ゲーム機で使うのに最適な物をピックアップして紹介しているので安心して参考にして下さい。

USB型ヘッドセットは注意が必要!

まず一番気をつけなければならないのはUSBで接続するタイプの物です。

USBで接続するタイプの物はPCに専用のドライバーをインストールして、それを利用して音を出す事を前提にしている物が殆どです。

その為、このような物をPS4等のコンシューマ機で使用すると、

音が出ない

音が小さい

イコライザー機能が使えない

7.1chサラウンド機能が使えない

等の問題が発生します。

USB型ヘッドセットは高性能で使いたくなりたい所ですが、ゲーム機で使用する場合は避けておくのがおすすめです。

また、今回の記事で紹介しているものはそれを考慮して紹介しています。

ちなみに、HyperX Cloud Revolver S ソニー純正のヘッドセットはUSB接続方式で7.1chサラウンドに対応していますが、PS4で使用する場合でも問題なく使う事が可能です。

3.5mm端子は音質に劣る!

3.5mm端子、言い方を変えればイヤホン端子とも言いますが、こちらはPS4でも動作に問題なく使う事が可能です。

ただし、この端子の場合はPS4から出力される音をそのまま流している状態になるので、他の端子に比べて音質に劣る部分があり、サラウンド機能も使う事が出来ません。

その代わり、光端子やUSB端子の物と比べると高性能な物でも安く販売されています。

ヘッドホンアンプを使うと話が変わる!

3.5mm端子の良い点は送られてきた音をそのまま出すという点です。

ヘッドセットをヘッドホンアンプを通してゲーム機に繋ぐ場合は、PS4から出力された音をヘッドホンアンプで高音質に変身させた音がヘッドセットに送られます。

こうした場合はその使うヘッドホンアンプの性能によって左右されますが、光端子やUSB端子のヘッドセットに負けないくらいの音を出します。

高額な3.5mm端子のヘッドセットはヘッドホンアンプやサウンドカードを通して使う事を前提にされているものが多いです。

なのでヘッドホンアンプを持っているのであれば3.5mm端子のヘッドセットを選ぶのがおすすめ出来ます。

ただし、この場合はヘッドホンアンプも購入する必要があるのでコスト一番高いです。

ゲーム機には光デジタル接続タイプの物がおすすめ!

もし別でヘッドホンアンプなどを購入せずに、ゲーム機で高性能なヘッドセットをきちんとした動作で使いたいのであれば、光デジタル接続方式の物を選ぶのがおすすめです。

光デジタルは基本時に高性能な物ばかりで、PS4等でも動作を制限されることなく使用できます。

ただ一つ欠点として、高性能だけあって高額な物が多いです。

それ以外に特にデメリットはないので、お金に余裕があるのであれば光デジタル接続方式を選ぶのがおすすめです。

光デジタル接続で定番の物は以下の物になります。

PC向けヘッドセットの選び方!

サウンドカードを搭載しているかどうかで選び方が変わる!

使用しているPCにサウンドカードを搭載しているかどうかで、ヘッドセットの選び方が変わってきます。

その選び方は、

サウンドカード搭載PCの場合は3.5mm接続端子(イヤホン接続)がおすすめ!

サウンドカード非搭載PCの場合はUSB接続方式がおすすめ!

となります。

この理由は3.5mm端子の場合、PC側のサウンドカードを利用して音を出しており、USB型の場合はヘッドセット自体に搭載されたサウンドカードを利用して音を出している為です。

仮に高性能なサウンドカードを積んだPCでUSB方式のヘッドセットを利用してしまうと、PCのサウンドカードは一切利用されず、積んでいる意味がなくなってしまいます。

 

その為接続端子の選び方としては、

・高性能なサウンドカードを使いたいなら3.5mm端子

・特にサウンドカードを積んでいないのであればUSB接続方式

と言う選びかたがおすすめです。

スポンサードリンク

PS4でおすすめなヘッドセット!

ワイヤレスサラウンドヘッドセット(ソニー純正品)

ワイヤレスサラウンドヘッドセット

PS4においては純正品が誰にでもお勧めできます。

設定方法も何も難しいことはせずに、ただ本体に繋げるだけで使用可能です。

サラウンド7.1chに対応しており、臨場感と定位感にも優れているので足音の方向などが掴みやすくなっています。

しかし、PC等の他の機器で使用する場合は5.1chになってしまうので気を付けて下さい。

PS4向けの低コストで誰にでも簡単に使えるヘッドセットを探している方におすすめです。

PULSE wireless stereo headset Elite Edition


【リファビッシュ】PULSE wireless stereo headset Elite Edition (輸入版)

こちらもソニー純正品の物で、上のワイヤレスサラウンドヘッドセットの上位機種です。

その分、全体的に性能が向上されており低音の迫力や全体的な音質などが強化されています。

またPS4での使用を前提に作られているので、上のモデル同様にPS4で使うのにぴったりなヘッドセットです。

さらにこちらはPCでも問題なく使用することが出来ます。

純正品でPS4とPC両方に相性が良い物で、さらに上位のスペックを求めている方にとてもおすすめです!

プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット

 

プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット (CUHJ-15005)

ソニー製ワイヤレスサラウンドヘッドセットの上位モデルで以前のものと比べて質感と見た目に高級感があります。

勿論、音質に関しても強化されており全体的な音質と迫力が増して、定位感が更に掴みやすいです。

現在はPSVRのソフトにしか対応していませんが、3Dオーディオにも対応しているので臨場感を出してくれます。

また、上で紹介しているPULSE wireless stereo headset Elite Editionと比べるとバッテリー持ちが良くなっています。

勿論、ヘッドセットコンパニオンアプリを使えば公式が作成したイコライザーのプリセットを使うことも出来、自分好みに調整も可能です。

ちなみに、PS3で使用することは出来ないので気をつけて下さい。

KINGTOP K11シリーズ

 

ゲーミングヘッドセット PS4 KINGTOP ヘッドホン K11シリーズ

こちらは低価格でありながらも値段以上の性能を持っています。

使い方もただPS4のコントローラのイヤホンジャックに差し込めばいいだけなのでとても簡単です。

しかし他のヘッドセットを使ったことある方にとっては物足りなさがあるかもしれません。

敵の足音の位置はつかめるので実用性は高く、音楽鑑賞するだけでも十分使えるほどの性能はあります。

また、このヘッドセットと同価格帯の物はたくさん出ていますが、その中でも作りが良く、amazonのベストセラー1位にもなっています。

取り敢えずヘッドセットを使ってみたいがとにかく安く済ませたいライトユーザーな方におすすめです。

SOULBEAT LB-903

ゲーミングヘッドセット PS4 SOULBEAT ヘッドホン LB-903 ゲーミング FPS 対応 イヤホン マイク 付属 プレステ4 ゲーム用 PC ヘッドフォン ヘッドセット等 COD スカイプ Skype パソコン可能 PS プレイステーション4 Xbox などに対応 【国内正規品】

こちらは低価格帯のヘッドセットでありながら性能や機能面、付け心地がとても優れた製品となっています。

特に付け心地がとても良く、軽量でフィット感があるので長時間使い続けやすいです。

音質に関しても、低価格帯のヘッドセットとは思えないクオリティの音を出し、定位感も上下左右がとてもわかりやすいです。

初めてゲーミングヘッドセットを購入する方やコスパに優れたヘッドセットを探している方におすすめです。

HyperX Cloud KHX-H3CL/WR

キングストン ゲーミング ヘッドセット HyperX Cloud KHX-H3CL/WR ブラック/レッド 音量コントロールBox付属 HiFi対応 2年保証付き

こちらはHyperX Cloudシリーズの中でスタンダードなモデルとなっています。

FPS向けヘッドセットとして有名な製品で値段以上の音質で定位感も良く、迫力ある低音も感じられます。

使用方法も簡単で、モニターかコントローラのイヤホンジャックに指すだけで使用可能です。

性能は高くコスパも良いので、一万円以内に収めておきたい方におすすめ出来ます。

Razer Kraken Pro V2 Black Oval

Razer Kraken Pro V2 Black Oval 

こちらはゲーミングデバイスメーカーとして有名なRazer製のヘッドセットで定位感と音の迫力が好評となっています。

それ以外にも付け心地がとても良く、長時間付け続けても耳が痛くならない様に設計されています。

また、元々7.1Chに対応はしていないヘッドセットなのでゲーム機でも動作を制限されることなく使用可能です。

これだけ高性能ながらも低価格なので、コスパに優れたヘッドセットを探している方におすすめ出来ます。

HyperX Cloud Revolver

キングストン Kingston プロゲーミングヘッドセット HyperX Cloud Revolver

こちらはHyperX Cloudシリーズの上位モデルとなります。

公式的にPCだけでなく、PS4等のコンシューマ機にも対応しているので、PS4でも機能を制限されることなく使用可能です。

また、HyperX Cloudシリーズの上位モデルという事もあり、とても良い音質でゲームをプレイする事が出来ます。

値段がソニー純正と同価格帯となっていますが、こちらのヘッドホンはFPSに特化した物となっていて高音部分をよく聴こえるようにし、足音を聴こえやすくしています。

FPSメインで使用するヘッドセットを探している方におすすめです。

HyperX Cloud Revolver S

Kingston ゲーミングヘッドセット HyperX Cloud Revolver S HX-HSCRS-GM/AS ブラック/ホワイト USBオーディオコントロールボックス付属

こちらはHyperX Cloud Revolverを色の変更等のマイナーチェンジさせた物です。

それ以外にも、バーチャル7.1chサラウンド対応のサウンドカードを搭載したUSBコントロールボックスが付属されています。

このUSBコントロールボックスによる7.1chサラウンドは、他にソフトウェア等を一切使わずに使用できます。

使用するにはUSB接続をする必要がありますが、PCだけでなくPS4、PS4 proにも対応しているので、PS4で使う場合でも100%の性能を引き出す事が出来ます。

ただし、PS4以外のゲーム機ではUSBコントロールボックスは使えないので気をつけて下さい。

(イヤホン端子への接続になり、7.1chサラウンドは使えません)

また、イコライザー機能も付いているのでゲームだけでなく音楽、映画鑑賞等にも使い易くなっています。

これだけ高性能でありながら、価格がPS4で使える7.1ch対応ヘッドセットの中ではとても低価格です。

PS4ユーザーの方で、コスパに優れ、手軽に7.1chサラウンドを利用できるヘッドセットを探している方におすすめです。

ゼンハイザーコミュニケーションズ GAME ONE

ゼンハイザー GAME ONE Black 506080N

公式的にあらゆる機器での使用に対応している為、ゲーム機でも問題なく使えます。

高額なだけあってハイレベルな音質を持ち、特徴としては低音が強く高音が抑えめで、低音による迫力ある音声が楽しめます。

それでいて、FPS向けに作られているので定位感が良く、足音や銃声も聴こえやすいです。

また、マイクの音質が良いので自分の声をクリアな音声で伝えることが出来ます。

Astro Gaming A40 TR + MIXAMP Pro TR

Astro Gaming A40 TR + MIXAMP Pro TR アストロゲーミング 有線サラウンドサウンド ゲーミング・ヘッドセット PC/PS4/PS3対応 [並行輸入品]

今回紹介している中でも高額な部類に入りますが、値段だけあって音質は格段に違います。

ちなみにBO3公式認定されているヘッドセットで定位感に優れており、FPSでの使用に向いています。

またバーチャルサラウンドにも対応しており、臨場感溢れるサウンドも楽しむことが可能で、イコライザー機能により自分好みの音質に設定して更に聴き取りやすくする事も可能です。

(元からプリセットも入っています)

プリアンプが付属されている為、PS4とPCなど他の機材の音を同時に流すことが出来、ゲーム内チャットではなく、スカイプ等の外部チャットを利用する事が出来ます。

 

ゲーミングヘッドセットの中でもとても性能が良い部類に入る物で、さらにPC以外でも100%性能を発揮出来ます。

PS4で使用するゲーミングヘッドセットを探しているなら、これを選べば間違いないので、金銭的に余裕があるのであればおすすめ出来るヘッドセットです!

ちなみにですが、こちらはオープン型となっているので、もし密閉型にしたいのであれば公式で出ているイヤーパッドを付ければ解決します。

公式イヤーパッド

 

Astro Gaming A50

ASTRO – ASTRO Sans Fil A50 GEN 3 PS4 PC – 0817161016715

こちらは上で紹介しているAstro Gaming A40 TR の上位機種となっています。

A40TRとの大きな違いはワイヤレスヘッドセットとなっているのに加えて、デフォルトで密閉型のヘッドセットとなっています。

ASTROA40をワイヤレスで使いたいと言う方におすすめです。

SONY  MDR-HW700DS

SONY デジタルサラウンドヘッドホンシステム MDR-HW700DS

こちらはヘッドセットではなくヘットホンなので、マイクを使うのであれば別で用意する必要があります。

しかし、ワイヤレスバーチャル9.1chサラウンドヘッドホンとなっており、ゲーミングヘッドセットで定番となっているバーチャル7.1chよりも音の定位感、臨場感がとても良く聞こえます。

また、高価格なだけあって音質もドンシャリ等、味付けされたような物ではなく、クリアで上品な音質となっています。

その為、ゲームや映画だけでなく音楽鑑賞にも向いているヘッドホンです。

 

更にこちらは同時に複数のPCやゲーム機、テレビにも接続が出来、光接続とHDMI接続に対応しているので、幅広い端末に接続する事が出来ます。

無線の周波数は障害物に強い2.4Ghzと、他の機器と混線がしにくい5Ghzを自動で使い分けてくれるので、接続不良等が起きにくいです。

 

この様に値段が高いだけ会って細かいところまで配慮されたワイヤレスヘッドホンなので、お金に余裕があるのであればとてもおすすめです。

また、基本的にヘッドセットよりもヘッドホンの方が音質的には優れているので、マイクを使用しない方に特におすすめです!

サウンドカード非搭載PCにおすすめなヘッドセット!

LOGICOOL G430

LOGICOOL サラウンドサウンド ゲーミングヘッドセット G430

コスパにとても優れたヘッドセットです。

他のヘッドセットと比べてとても軽量化されており、イヤーパッドがメッシュ構造になって蒸れにくいので、長時間使用し続ける方にとてもおすすめです。

また、手元で音量コントロールとミュートが可能で、楽に操作することが出来ます。

音質に関しても申し分なく、バーチャル7.1chサラウンドサウンドに対応していて定位感が良く、銃声や敵の足音等が聞き取りやすいです。

低価格でコスパが高く、FPS向けの性能を持つヘッドセットを探している方におすすめです。

SteelSeries Arctis 5

【国内正規品】密閉型 ゲーミングヘッドセット SteelSeries Arctis 5 Black 61443

こちらは約1万円とリーズナブルな価格でありながら、スピーカードライバーがSteelSeries製の3万円越えクラスのフラッグシップモデルと同じものが使われています。

これによってこの価格とは思えない、パワフルでクリアな音が出るので細かい音までとても聴きやすいです。

また定位感と距離感の掴みやすさが好評なヘッドセットとなっており、プロゲーマーである「Stylish Noob」さんが絶賛している事でも有名です。

その為、音だけで広範囲の状況を把握する必要があるPUBGプレイヤーの方に特におすすめ出来ます。

肝心の付け心地に関しても、締め付けられる感じが殆どないので長時間使い続けやすいです。

低コストながらも価格以上のスペックを持っているので、なるべく価格を抑えたい方や、初めて本格的なゲーミングヘッドセットを購入する方にもおすすめ出来ます。

SteelSeries Arctis 7

【国内正規品】密閉型 ゲーミングヘッドセット SteelSeries Arctis 7 White 61464

こちらは上のArctis 5と基本的な性能は同じですが、Arctis 7ではワイヤレス接続で使う事が出来ます。

その為、Arctis 5を無線接続で使用したいと思う方におすすめです。

一つ欠点としては価格がArctis 5よりも6000円以上高くなっています。

しかし、それでもワイヤレス接続が出来るゲーミングヘッドセットの中では低価格な方なので十分コスパに優れたヘッドセットです。

Logicool  G533 ワイヤレス DTS 7.1

Logicool ロジクール G533 ワイヤレス DTS 7.1 サラウンド ゲーミング ヘッドセット

2017年に発売されたロジクール新製品のワイヤレスヘッドセットで、価格が抑えられていながらも音質、機能面がとても良く出来ています。

ロジクール最上位のG933ではドンシャリ気味の音質でしたが、こちらはドンシャリではなく平均的な落ち着いた音を出します。

またDTS7.1chに対応で定位感が掴みやすいです。

さらにバッテリーの持続力も強化されているのと、ワイヤレスによる遅延も抑えられ、軽量化もされています。

ただしその分G933よりなくなっている部分もあり、ショートカットボタンであるGキーとRGBライトがなくなっているのと、無線接続でしか使用できません。

単純な性能だけ見ればG933に劣らず、更に価格も安いので、コスパの良い実用的なワイヤレスヘッドセットを探している方におすすめです。

Logicool Wireless 7.1 Surround Sound Gaming Headset G933

Logicool ロジクール G933 RGB サラウンド ゲーミング ヘッドセット ワイヤレス Dolby / DTS搭載 7.1 PC PS4 Xbox Oneなど対応

ロジクール製ヘッドセットの中で最上級の多機能ワイヤレスヘッドセットです。

同時に3つの機器の音を流す事が可能で、PCの音をワイヤレスで、スマホやミュージックプレイヤーの音を有線から取ることが出来、更に自由にプログラム可能なショートカットボタンである、Gキーが3個ついています

充電時間は半日持つので、プレイ前に充電しておけば問題ありません。

また、FPS向けに作られているのでワイヤレス接続時の遅延も問題なく、DTS7.1chサラウンドにより定位感も掴みやすいです。

ただし、DTS7.1chはPCにロジクールのソフトウェアをインストールして使える様になるので、PS4等の機器ではDTS7.1chは使えないので気を付けて下さい。

ちなみにですが、本体自体を光らせるRGBライトは1680万色自由にカスタムできるので見た目が格好良い利点もあります。

ロジクール製の高性能ワイヤレスヘッドセットが欲しい方におすすめです。

Logicool G433

Logicool G433 7.1ch 高音質 有線 サラウンド ゲーミング ヘッドセット G433BK 7.1ch Pro-G ドライバ PC/PS4/Nintendo Switch

どんな場所でも長時間プレイし続けられると言うのをコンセプトに作られたヘッドセットです。

その為、重量はとても軽く長い間付け続けても疲れにくくなっています。

イヤーパッドには通気性抜群のスポーツメッシュ素材が使われており、取り外して水洗いをする事も可能です。

また、肝心の性能に関してもDTS Headphone:X機能によって7.1chサラウンドに対応している他、ノイズキャンセリングマイクが付いているので、快適にボイスチャットが行なえます。

 

同じロジクール製品であるG933、G533との大きな違いは、こちらは有線接続となっており、Gキーなどのショーカットボタンは付いていません。

また、本体にはLEDなどのライト類は付いていないので他のゲーミングヘッドセットの様に光らせる事も出来ないので気を付けて下さい。

手頃な価格で取り回しに優れたゲーミングヘッドセットを探している方におすすめです。

Razer ManO’War

Razer ManO’War バーチャル7.1ch ワイヤレスゲーミングヘッドセット 【正規保証品】 RZ04-01490100-R3A1

こちらはFPS向けのゲーミングワイヤレスヘッドセットになります。

ワイヤレスヘッドセットは通常、遅延等が起きてしまう可能性があるのですが、こちらはFPS向けに作られているので遅延対策がバッチリ取られています。

なので普通にプレイしていて遅延を感じることはありません。

またイコライザー機能やサラウンド具合の調整等も出来、Razer専用のソフトウェアである「synapse」と呼ばれるもので自分が聞きやすいように自由にセッティングが出来ます。

バッテリーの持ちは良い方なので使う前に充電しておけば、1日ぶっ通しでプレイし続けても充電切れになる事はないと思います。

他にも直接性能に関係があるわけではないですが、イルミネーション機能があり、デザインもカッコいいと言う利点もありますね。

高すぎず、安すぎない値段のワイヤレスヘッドセットを買うのであれば、この辺りを買っておけば後悔することはないと思います。

ASUS Strix 7.1


ASUS Strix ゲーミングヘッドセット Strix 7.1

こちらは他のヘッドセットと違い、バーチャル7.1chサラウンドではなく、リアル7.1chサラウンドとなっているので、音の定位感、臨場感の質がバーチャルとは明らかに違います。

ちなみに、現在リアル7.1chサラウンドに対応しているゲーミングヘッドセットは、これの他だと一番下で紹介している、Razer Tiamat しかありません。

そしてRazerの場合はリアル7.1chに対応しているサウンドカードを搭載する事を前提に作られている為、サウンドカードを搭載していないPCでリアル7.1chを楽しみたいのであればこちらがおすすめです。

Astro Gaming A40 TR + MIXAMP Pro TR

Astro Gaming A40 TR + MIXAMP Pro TR アストロゲーミング 有線サラウンドサウンド ゲーミング・ヘッドセット PC/PS4/PS3対応 [並行輸入品]

PS4でおすすめなヘッドセットでも紹介していますがPCでもおすすめできます。

性能に関してはBO3公式認定ヘッドセットだけあって申し分なく、定位感もばっちりです。

さらにイコライザー機能も付いていて、自分好みに設定も出来ますし、元からFPS向けに設定されたプリセットも存在します。

またオープン型のヘッドセットとなっていますが、密閉型のイヤーパッドが公式的に出されているので、もし密閉型にしたいのであればそれをつければ解決します。

ちなみに、PC以外の機材の音を同時に流すことも出来ます。

なので高性能なヘッドセットをPC以外の機材でも同時に使いたいのであればこちらがおすすめです。

 

 

Astro Gaming A50

ASTRO – ASTRO Sans Fil A50 GEN 3 PS4 PC – 0817161016715

こちらもPS4でおすすめなヘッドセットでも紹介しているものです。

このA50は上のA40TRの上位機種で、ワイヤレス接続にした物となっています。

最高峰のゲーミングワイヤレスヘッドセットを探している方におすすめです。

サウンドカード搭載PC、ヘッドホンアンプ使用時におすすめなヘッドセット!

Logicool  G231 Prodigy

Logicool ロジクール G231 Prodigy ゲーミングヘッドセット G231

今回紹介している中で最も値段の安いものになりますが、性能は価格以上の物を持っています。

音質はこの値段にしてはとても良く、足音もとても聞きやすいです。

長時間付けていても疲れにくくするために軽量化、通気性が良くなっています。

初めてゲーミングヘッドセットに手を出す方や、出来る限り値段の安い物を探している方にとてもおすすめです。

Kingston HyperX Cloud

キングストン Kingston ゲーミングヘッドセット HyperX Cloud KHX-H3CL/WR ブラック/レッド HiFi対応 2年保証付き

コスパがとても良いヘッドセットとなっています。

音質に関してはとても良く、足音と爆発音等、音の区別が良くされているので、聞き取りやすいです。

なので、実用向きな高音部分と、迫力を担当している低音部分のバランスが良いヘッドセットです。

しかし普通のヘッドホンなどと比べると、ゲーミングヘッドセットと言うだけあって、足音等が聞き取りやすいように音がチューニングされているので、音楽鑑賞用等に使うのにはあまり向いていません。

また、こちらは密閉型のヘッドセットなので周りの音が殆ど聞こえなくなり、完全にゲームにだけ集中しやすくなります。

低価格でFPS向けのヘッドセットを探しているのであればとてもおすすめです。

HyperX Cloud Alpha

キングストン Kingston ゲーミング ヘッドセット HyperX Cloud Alpha HX-HSCA-RD/AS レッド/ブラック インライン音量コントロールBox付属 2年保証

とてもクリアな音質で定位感がとてもわかりやすく、細かい音まで拾ってくれるのでちょっとした音も聴こえやすいです。

またそのクリアな音質によってゲームだけでなく音楽鑑賞にも使い易くなっています。

ただし、一つ注意点として、こちらはサウンドカードやヘッドホンアンプを通して繋ぐことを前提に作られています。

その為、公式的にPS4にも対応していますが、コントローラーに直差しで使ってしまうとこのヘッドセットが持つ本来の音質は出してくれません。

なので使用する環境に気を付ければとても良いヘッドセットとなっています。

Kingston HyperX Cloud Revolver

キングストン Kingston プロゲーミングヘッドセット HyperX Cloud Revolver

こちらは上で紹介しているHyperX Cloudの上位機種です。

また、こちらはプロゲーマー向けのヘッドセットと言うことなので、FPSでの使用に特化して作られたヘッドセットになっています。

その為、音質はHyperX Cloudよりもさらに良くなっていて、足音の聞き取りやすさと、爆発音等の迫力のバランスも良く定位感がとても掴みやすいです。

他にも音質が良い部類のヘッドセットなので、こだわる人でなければ音楽鑑賞にも十分使えます。

それなりの値段の物で、FPS向けな高性能なヘッドセットを探している方におすすめです。

ゼンハイザーコミュニケーションズ GAME ONE

ゼンハイザー GAME ONE Black 506080N

ゼンハイザー製のヘッドセットで、下で紹介しているGAME ZEROと同じグレードのヘッドセットです。

密閉型であるGAME ZEROに対してこちらは開放型になっています。

音質の傾向としてはGAME ZEROとは別物で、低音が強めで高音が控えめになっており、低音による迫力ある音声を楽しむことが出来ます。

また、定位感が良く、銃声や足音は聴こえやすい為、ゲーミングヘッドセットとしての実用性も兼ね備えています。

更に、マイクの音質がとても良いと好評されていて、快適なボイスチャット環境を作り出してくれます。

ゼンハイザーコミュニケーションズ GAME ZERO

【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ 密閉型ゲーミングヘッドセット GAME ZERO Black 506079(N)

こちらはゼンハイザー製らしい音質となっているゲーミングヘッドセットです。

低音が強く出てこないので高音が目立ちやすく、銃声や足音などを聴き分ける必要があるFPSにとても相性が良いです。

なので逆を言うと、ゲーム向けに作られているヘッドセットなので音楽鑑賞の音にこだわる方や、低音の迫力を追い求める人には合わないかもしれません。

また、付け心地がとても良いので長時間のゲームプレイにも使いやすいです。

お金に余裕があり、FPS向けの音質を持つ高性能なヘッドセットを探している方におすすめです。

Razer Tiamat 7.1 V2

Razer Tiamat 7.1 V2 リアル7.1chゲーミングヘッドセット【正規保証品】RZ04-02070100-R3M1

こちらは以前ハイスペックゲーミングヘッドセットとして有名だったRazer Tiamatの新型モデルです。

このTiamatシリーズはしばらく新型が出ておらず、旧型の製造もされていなかったので殆ど中古でしか手に入らない状況が続いていましたが、とうとう2017年10月に発売がされました。

その為、旧型の新品はゲーミングヘッドセットとは思えない価格で出回っていましたが、こちらに関しては発売されたばかりでまともな価格で売られているので問題ありません。

 

一番の特徴はバーチャルではなく、リアル7.1chサラウンドに対応している点で、他のヘッドセットと比べて臨場感と定位感に優れています。

これによって音だけで敵の居場所を察知しやすく音の方向、距離まで分かりやすいです。

さらに密閉型ヘッドセットなので、周りの音が殆ど聞こえずゲームの音にだけ集中しやすく、リアル7.1chサラウンドサウンドをフルに体感することが出来ます。

また、こちらはFPS向けに作られたヘッドセットなので、音にこだわる方にとっては音楽鑑賞、映画鑑賞には向かないかと思います。

しかし、十分音に迫力を感じられるので全く使えないということはありません。

 

一つ注意点として、こちらの機能を最大限使用するにはPCにアナログ7.1ch サラウンドサウンド出力可能なサウンドカードが必要になるので気を付けて下さい。

その為、PCにアナログ7.1ch サラウンドサウンド出力可能なサウンドカードが付いているのであればこれしかないと言えるくらいおすすめなヘッドセットです。

逆に対応しているサウンドカードがついていない場合は、値段の割に良くない音質になってしまうのでおすすめできません。

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

関連キーワード
  • 【COD:WW2】全武器の性能一覧!RPMやADS速度、キルタイムとリロード速度について!【1/19アップデート対応!】
  • 【R6S】オペレーター記事の一覧!【まとめ】
  • SCUF VS NACON どちらがおすすめ?それぞれのメリット、デメリットについて!【FPS向けコントローラー】
  • おすすめFPSゲーミングPCモニター17選! PS4,PS4ProとPCそれぞれに適した物を紹介!【2018年】
  • 【2018年】おすすめFPSゲーミングヘッドセット25選! PS4、PCそれぞれにおすすめな物を紹介!【コスパ重視!】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事