スポンサードリンク

 

今回はショットガンを使用している場合の立ち回り方について書いていこうと思います。

 

ショットガンにはセミオート式とポンプ式がありますが、この2つはそれぞれ使い勝手が違うので、その2つに分けて書いていきたいと思います。

 

良ければ参考にしてみて下さい!

 

ショットガンの特徴

メリット

・至近距離ならば敵を一撃で倒せるので瞬間火力に優れる。

・全体的に他の武器よりも弾持ちが良い

デメリット

・他の武器と比べて飛距離が短い。

・しっかり狙いを付けて撃たないと一撃では倒せない為、エイム力が必要。

 

スポンサードリンク

2つに共通する立ち回り方

 

ショットガンが一番本領を発揮するのは、近距離での戦闘です。

 

なのでいかにして、近距離戦に持ち込むかが大事になります。

 

その為にはまず、マップの構造を深く理解する必要があります。

 

特に広いマップで中遠距離戦が多くなるマップでは積極的に裏取りする必要があります。

 

またショットガンにおいて、ジャンプ撃ちや壁走りを使いこなす事はとても大事です。

 

これが出来るかできないかで大きく変わります。

 

他にもショットガンでの角待ちはとても有利になります。

 

なのでただ突っ込むだけでなく、時には敵を待ち伏せして倒す事も重要になります。

 

さらに味方と一緒に行動していれば敵にとって、ショットガンがとても厄介になるので、突撃している味方と掩護し合いながら行動するととても良いです。

 

セミオートの場合の立ち回り方

 

セミオートの場合は基本2発で敵を倒せるようになっているので、連射できると言っても初弾を外してしまうと撃ち負ける可能性があります。

 

なので雑なエイムにならない様に気をつけて初弾を外さない様に気をつけてください。

 

さらに射程距離が短めなので、理想は敵の裏を取り、素早く倒す事になります。

 

ポンプ式の場合の立ち回り方

 

ポンプ式の場合はセミオートよりも1発目を当てる事が大事になります。

 

特に集弾性能が高いargusは中遠距位まで届きますが、その分、弾の当たり判定がとても狭いので気をつけて狙う必要があります。

 

また、相手が2人以上だと一人にしか対応できないので、あまり突っ込みすぎるのはおすすめ出来ません。

 

なのでセミオートよりも考えて行動する必要があります。

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 

 

 

COD BO3 ジャンル別記事一覧

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek Vortex」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「FPS Freek Vortex」がおすすめです。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう