スポンサードリンク

 

今回はFFAで上位に入れるコツを書いていこうと思います。

中々上手く行かない方は良かったら参考にしてみて下さい!

 

どうすれば1位になれるか?

ざっくり言ってしまうと、FFAと言うのはとにかく早く沢山の敵を倒すゲームモードです。

他のゲームモードと比べゲームスピードが早く、とにかく倒す事だけを考えて動く必要があります。

なのでキルレを上げるために一箇所に固まって敵を待つだけでは、他の敵より素早くキルする事が出来ず一位にはなりにくいです。

それでは具体的にどうすれば良いのか?

それを次から書いていきます!

 

リスポーン地点を覚える

これはFFAで一番大事な事です。

これを覚えているかどうかでかなり成績が変わります!

FFAでは味方がいないので常に周りを警戒する必要があります。

しかし、リスポーン地点を把握することにより敵が来そうなポイントを先読みすることがしやすく、デス数を低くする事が出来ます。

また、リスポーン地点付近を拠点と考えて立ち回れば、わざわざこちらから出向く必要もなく湧いてきた敵を倒せば良いのでキルスピードも上げやすいです。

ただし、あまりにもリスポーン地点に近い所に行ってしまうと湧いてこなくなってしまうので、近づいても大丈夫な場所を覚える事も重要です!

覚え方として、敵を狩りやすいリスポーン地点は大体激戦区になっている事が多いです。

なのでそれを目印に行動してみて下さい!

 

スポンサードリンク

 

初心者はサプレッサーを付けない方が良い

サプレッサーを付けてしまうと自分の元に敵をおびき出す事が出来ずキルスピードが遅くなってしまいます。

また、中距離以上の敵を倒すことが難しくなり倒し損ねる場合もあります。

サプレッサーを付けないで戦えば敵を倒した時、他の敵が自分を倒す為に群がって来てくれるのでこちらから出向く必要もなく、敵を発見出来ます。

さらにこれをリスポーン地点付近でやればさらに効果が増すのでリスポーン地点で暴れまわることをおすすめします。

しかし、ある程度コツを掴んでいる人で、UAVを使わなくても敵の位置がだいたいわかり、自分から索敵できる人であれば逆に猛威を振るうこともできるので、慣れてきたら使ってみるのも良いかもしれません!

 

考えなしで立ち止まらない、走り回らない

FFAで立ち止まることは死を意味することと思っておいた方が良いです。

このゲームモードは四方八方から敵が来るので不意打ちをされることは日常茶飯事です。

しかし、動き回っていれば不意打ちをしてきた敵も狙いにくくなりミスを誘発させる事も出来ます。

なのでリスポーン地点近くを拠点とする場合も同じ所ぐるぐる回るなどしてとにかく動き回りながら敵を探す事をおすすめします。

しかし、何か考えがあり止まっていたほうがいいと判断した場合等は止まってみても良いかもしれません。

逆に考えなしにだだっ広い場所を走るのは自殺行為なので、常に頭を使いながら死角を作らないように走り回ると良いです!

 

常に障害物を意識する

これをすれば死角を減らす事が出来、デス数を減らせます。

なのでいつでも壁、障害物で身を隠すことを意識しながら立ち回ると良いです。

しかし、どこか一箇所で立ち止まるのはキルスピードが下がってしまい1位を取ることが難しくなるので気をつけて下さい。

 

それでは読んで頂きありがとうございました!

 

スポンサードリンク

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek Vortex」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「FPS Freek Vortex」がおすすめです。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう