スポンサードリンク

 

今回は立ち回りを強化する方法について書いていきます。

FPSではエイム力よりも立ち回りの上手さで強さが大きく変わるゲームなので、

「立ち回りさえ上手ければ全て良し」

と言っても過言ではありません。(流石に最低限のエイム力は必要ですが(笑))

なので、立ち回りについていまいちわからない方は是非参考にして下さい!

 

レーダーを活用する

レーダーは最大限活用しましょう!

慣れてくるとUAVが出ていない状態で、味方の位置、向いている方向、味方の発砲マークから敵の大体の位置を予測することが可能です。

例えば、味方の数が少ない箇所があったならそこから裏を取りに敵が来るかもしれません。

 

また、複数の味方が同じ方向を向いている場合はその先に複数の敵がいる可能性が高く、逆に味方が誰も向いていない方向から敵が忍び寄っているかもしれません。

このように味方の位置と向きだけで様々な情報を得ることができます。

また、赤点の見逃しは絶対にしてはいけません。

 

赤点は味方の位置から予測する手間を省いて敵の位置を把握出来るため、考える時間を短縮して行動が出きます。

その為、一人見逃すごとにキルレとSPMの低下に繋がると言ってもいいくらい重要です。

特に、今作ではゴーストをつけている人が少なくUAVを出せば殆どの敵プレイヤーの位置がわかります。

それだけあって直ぐに撃ち落とされてしまうので1秒1秒を大切に、無駄がないように動いていきましょう!

 

ウォールラン、スラストジャンプを活用する

壁走りとスラストジャンプを利用することで裏取りがとても楽になります。

ポイントとして、一見ステージ外に見える箇所を壁走りで移動するのが効果的です。

 

これは技術云々ではなく、ステージに対する知識力なので初心者の方でもルートを把握出来ればすぐに活用できます。

ステージ外のルートについてはYOUTUBEなどの動画投稿サイトでたくさんの方が解説しているので、そちらを参考にするのが手っ取り早いです。

また、空中ジャンプを使いこなせば角待ちしている人が予想もできない位置から一方的に攻撃できるので、本来勝ち目のない相手でも倒しやすくなります。

 

練習方法は、カスタムゲームでステージの至るところを走り回ってステージを知り尽くしたり、基本的な操作を練習したいのであればフリーランモードをするのがおすすめです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

やられる度に何故やられたのかをよく考える。

やられる度に何故負けたのか、どうすればやられなかったのかを少しでも良いので考えましょう。

そうすると死ぬたびに動きが洗練され、わざわざ死に行く行動が減ります。

このわざわざ死にに行く行動を減らす事で、敵に大型スコアストリークを出される事を防ぐ要因にもなり、キルレと勝率の向上にも繋がります。

特に無理に突っ込みまくって死んでいる人は何も考えていないことが多いので、前へ出るなら突っ込んでも死なないと思うときや、正面から突っ込むのではなく相手の裏を取るように出ていくのが良いです。

 

上手い人の動画を参考にする。

これが一番おすすめです。

特にSMG、ARを持って前線でプレイしている方の動画は立ち回りの参考になります。

また、youtubeなどで動画を見るだけなら外出時でも出来るので、外でもできるFPSの練習法の一つとも言えます。

また、上手い人の動画を見ているとモチベーションも上がる為、負けてばかりで萎えてきてしまっている方にもおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

・まとめ

・レーダーから少しでも多くの情報を予測しながら行動する!
・ウォールラン、スラストジャンプを駆使して敵の不意を突く!
・やられた原因とどうすればやられていなかったのかを考える!
・youtubeを利用して他の人のプレイを研究する!

 

それでは読んでいただきありがとうございました!

コントローラーに付けるだけでエイムが良くなる!便利な2つのFPS向けアタッチメント!

こちらはコントローラーでFPSをプレイしている方にとてもおすすめなアタッチメントです。

スティックでのエイム操作はマウスと違って細かいエイム操作がどうしてもしにくくなります。

そこで「FPS Freek Vortex」を付ける事で右スティックの高さが高くなり、より細かい角度でエイム操作が可能です。

またグリップ部分が滑りにくく指の動きをダイレクトに伝えられるので、単純に操作性も向上します。

それでいて価格も特別高額ではないので、誰にでも購入しやすいのも良い点です。

ちなみにこれの類似品でもう少し価格が低価格な物もありますが、それらは低価格な分グリップ性能に劣ります。

その為、もし購入するのであればもっとも有名で人気のある「FPS Freek Vortex」がおすすめです。

 

そしてもう一つおすすめ出来るのが「GAIMX CURBX」と呼ばれるエイムリングです。

これをスティックの付け根にはめ込むと、倒した時に抵抗が生まれて更に精密なエイムが可能になります。

そしてこちらは6種類の硬さが存在するので初めて購入する方は各種1つずつセットで販売されている「GAIMX CURBXサンプルセット」がおすすめです。

一つ注意点として、こちらをはめ込むと構造上スティックを最大まで倒せなくなります。

なので高感度設定ではない方であれば少し感度を上げるだけで解決できますが、最大感度でプレイしている方は今までの感度が使用出来ません。

その為感度をとても高くしている方は気を付けて下さい。

 

ここまで紹介してきた2つのアタッチメントを付ける事でエイム操作が格段にやりやすくなる筈です。

またこの様なアタッチメントを使っている方がTwitterなどでマウス疑惑を掛けられている事を良く見かけます。

使いこなせればそれだけ正確なマウスに負けないくらいエイムを手に入れる筈なので、エイム力に困っている方は是非試してみて下さい。

Twitterでフォローしよう