【R6S】ドクの使い方、立ち回り方と性能について!おすすめな装備の組み合わせを紹介!【DOC】

ドクの特徴!

固有アビリティ スティムピストル
メインウェポン MP5(サブマシンガン)

P90(サブマシンガン)

SG-CQB(ショットガン)

サブウェポン P9(ハンドガン)

LFP586(ハンドガン)

ガジェット 展開型シールド

有刺鉄線

味方の体力の回復や蘇生を行うことができるスティムピストルを持つオペレーターで、負傷した味方に近づく事無く蘇生が出来、自分自身の回復と蘇生も行うことも出来ます。

その為、ヘッドショット以外をダウン状態にまで持ちこたえさせてくれるルークのアーマーと相性が良いです。

メインウェポンとサブウェポンに関しては、ルークと全く同じ装備となっており扱いやすいMP5とACOGをつけることができます。

一つ違う点と言えば、ガジェットでインパクトグレネードの代わりに有刺鉄線が装備できる点です。

ルークの扱いに慣れていればそのままの使用感でドクも扱えます。

この様に、味方の体力を回復出来る唯一のオペレーターなので、使用する場合は味方の体力に気を配り、ダウンした味方をスティムピストルで安全に助けていきましょう。

スポンサードリンク

固有アビリティ

スティムピストル

生きている味方に対しては体力を40回復、蘇生に使った場合は75回復する事が出来ます。

(自身に対しても同様の効果)

その為、蘇生時に使う場合は、

・遠距離からでも蘇生可能

・本来50回復の所を75まで回復

この2つメリットがあり、とても強力なので味方がダウンした場合は率先して回復させてあげましょう。

ちなみに、通常の蘇生方法で蘇生させてからスティムピストルで回復してあげた場合は、体力90の状態で復活させることが出来るので、余裕があったらその方法で復活させるのが良いです。

ちなみに、回復した体力が上限以上の場合でも一時的に体力が40増えた状態になります。

(最大140まで)

例えば、体力が100の状態でスティムピストルを使えば140になります。

この状態であれば、敵との撃ち合いに負ける事が殆どありません。

その為、最後の一人に対してとどめを刺しに行くときや、複数の敵がいる場所に行くしかない時などにこの特性を利用すると効果的です。

・注意点!

スティムピストルの注意点としては、

・絶対に弾を外さない!

・なるべくラウンド終了までに全弾使い切る!

・ハンドガンと間違えない!

などが挙げられます。

スティムピストルの弾は3発しか所持していないので1発の重みが大きく、外せば体力40、または75をドブに捨ててしまう事になります。

また、使わない場合にも同じ事が言えるので、なるべく無駄使いには気をつけながらも率先して使うようにしましょう。

また初心者の場合、ハンドガンと間違えて敵に撃ってしまったり、逆にスティムピストルと間違えて味方をハンドガンで撃ってしまう場合があるので気を付けて下さい。

スポンサードリンク

メインウェポン

MP5(サブマシンガン)

中レートで反動が制御しやすい安定した性能を持ちます。

また、ACOGを付けることが出来るので、距離が離れた敵も狙いやすいです。

しかし、火力は高くなく威力減衰もあるので、遠距離の敵を確実に倒すにはヘッドショットを狙っていく必要があります。

ドクのメインウェポンの中で最も無難で使いやすい武器です。

P90(サブマシンガン)

MP5とP90どちらを使えば良いのか悩む方もいるかと思いますが、選択されたマップや自分自身のプレイスタイルに合わせて使い分けるのがおすすめです。

P90はレートが高く装弾数が多めなサブマシンガンで、MP5と比べて近距離特化の性能を持ちます。

ただしレートが高い分、反動が強めなのと一発の威力はMP5に劣る為、距離が離れた敵を相手にするには向いていません。

安定性を取りたいならMP5、近距離での火力を取りたいならP90を選ぶのがおすすめです。

SG-CQB(ショットガン)

ポンプアクション式のショットガンで高威力です。

連射する事は出来ませんが、しっかりとエイムすることが出来れば近距離で猛威を振るいます。

近距離メインで立ち回りたい方におすすめです。

サブウェポン

P9(ハンドガン)

低威力低反動な扱いやすいハンドガンです。

また装弾数も16発と十分にあるので、初心者でも扱いやすくなっています。

リボルバーが上手く使えない方や安定して撃ちやすいハンドガンが良い方におすすめです。

LFP586(リボルバー)

高威力のリボルバーで中距離にも十分対応できる性能があります。

ただし装弾数が6発と少なく、エイムするのが少し難しいので使えるようになるには慣れが必要です。

ガジェット

展開型シールド

自分が守りたいポジションに置くことで相手から身を隠しやすい強ポジションを作り出せます。

また、ドクは元々防御力が高く自己蘇生、自己回復が出来るので、展開型シールドによって更に生存率を上げられます。

そして、ルークのアーマーを着ることでダウン状態に持ちこたえられる為、ルーク使用者がいれば更に効果的です。

他にも、部屋の入り口に仕掛けて部屋に入ろうとした敵に無防備となる乗り越え動作をさせたり、フロストマットを隠す事が出来るなど様々な使い方が存在します。

有刺鉄線

上に乗った敵の移動速度を遅くし、ガシャガシャと音を立てさせてくれる便利なガジェットです。

目標付近の部屋の入り口近くや、廊下などに置くだけでも敵からしたらとても厄介になる為、忘れずに置くようにしましょう。

また、手榴弾などの爆発物によって破壊される事が多いので、爆発音によって事前に敵の位置を予想しやすくする効果もあります。

誰でも簡単に使える割にとても強力な効果を持つガジェットと言えます。

スポンサードリンク

おすすめな装備の組み合わせ!

メインウェポン MP5(安定した武器が良い場合)

P90(近距離戦に強くしたい場合)

サブウェポン LFP586(リボルバー)

P9(リボルバーが上手く使えない場合)

ガジェット 有刺鉄線

ドクのスティムピストルはダウン状態の味方を復活させるのにとても効果的なアビリティですが、ダウンせずに死んでしまった場合にはどうしようもありません。

その為、ダウン状態にまで留まらせてくれるルークを使っている方がいる場合に使用するのがおすすめです。

また、基本的にドクよりもルークを選んであげた方が味方の助けになります。

それでは読んで頂きありがとうございました!

この記事では、各オペレーターの使い方や立ち回り方、おすすめな武器などを紹介している記事のリンクを貼っています。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする