【COD:WW2】STG44 性能とおすすめのアタッチメントについて!【AR】

スポンサードリンク

今回はベータに登場した武器の中でとても人気のあるアサルトライフル、「STG44」について書いていきます。

ちなみにベータで実際に使ってみて感じた使用感を元に書いているので、製品版では細かい性能が変わるかもしれません。

性能に変化があった場合はその都度追記していきます。

良ければ参考にしてください!

特徴

M1941と同様にとても扱いやすいフルオートアサルトライフルです。

性能に関してはレートが高いながらも反動が少なく、ラピッドファイアを付けても殆どブレません。

その為、グリップを付けなくても遠距離まで狙いやすいです。

また、装弾数は30発なのでM1941と違って弾持ちも特別悪くは感じません。

ただし威力が少し弱く、遠距離戦ではM1941よりも多くの弾を撃ち込む必要があり、きちんと上半身に当てないと撃ち負けてしまう事が多いです。

正面からの遠距離戦はなるべく避けて、近中距離戦を意識するように立ち回るのがおすすめです。

スポンサードリンク

おすすめのアタッチメント!

クイックドロー

撃ち合い時の撃ち勝つ確率を上げてくれるアタッチメントです。

特に、STG44は威力が低く、弾を多く撃ち込む必要がある為、少しでもタイムロスを減らす事が重要になります。

また覗き込み動作が早くなる事で、思った箇所へエイムがしやすくなると言うメリットもあります。

ラピッドファイア

STG44は威力が少し弱い為、距離が離れれば離れるほど火力不足を感じてきます。

その為、火力を上げてくれるラピッドファイアは是非付けておきたいアタッチメントです。

また、グリップを付けなくても殆どブレの大きさは変わらないのでとても相性の良いアタッチメントと言えます。

拡張マガジン

拡張マガジンは付けなくても元々の弾持ちは悪くないので問題ありませんが、付ける事によって装弾数が45発となり殆ど弾切れの心配がなくなります。

前線に出て戦う事が多い方に特におすすめです。

アタッチメントまとめ!

歩兵師団にしているのであれば上記の3つのアタッチメントが安定します。

もし、歩兵師団以外にするのであれば、クイックドローとラピッドファイアはこの武器の短所をカバーする重要なアタッチメントなので、拡張マガジンを外すと良いです。

また、拡張マガジンは特別付けなくてはならないアタッチメントと言うわけではないので、人によってはサイト類や大口径、FMJ等を付けるのもおすすめ出来ます。

スポンサードリンク

全体のまとめ!

・レートが高めで低反動な扱いやすいアサルトライフル!

・若干威力が低めで正面からの遠距離戦では扱いにくい!

・クイックドロー、ラピッドファイアは必ず付けておくのがおすすめ!

この様に、STG44は精度がとても良い武器で安定して敵を狙いやすい武器です。

また威力が若干低いと書いてはいますが、きちんと上半身や頭付近を狙っていればそこまで気にはなりません。

なのである程度エイムが良い人ほど扱いやすい武器と言えるので、初心者の方はこの武器を使う事で上半身とヘッドショットを狙う練習になると思います。

それでは読んで頂きありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする