【フレッツ光】メリットとデメリットについてや注意点!おすすめ出来る人の特徴!【2017年】

スポンサードリンク

この記事ではフレッツ光の特徴をメリットとデメリットに分けて詳しく書いていきます。

フレッツ光は利用している方がとても多い光回線で、知名度が最も高い光回線でもあります。

その為、初心者の方は特徴を良く理解していないにも関わらずフレッツ光を契約してしまいがちです。

これから契約しようと考えている方は本当に自分に合う光回線なのかを理解してから、契約するか考えるのがおすすめです。

良ければ参考にして下さい!




NTT『フレッツ光』

戸建て向けプラン

回線速度 月額料金 月額料金(キャンペーン適用後) 基本工事費
ギガファミリースマートタイプ 1Gbps 5,700円 4,600円 18,000円
ファミリータイプ 200Mbps 5,200円 4,400円 18,000円

マンション向けプラン

回線速度 月額料金 月額料金(キャンペーン適用後) 基本工事費
ギガマンションスマートタイプ 1Gbps 3,350円 2,950円 18,000円
完全定額プラン 200Mbps 2,850円 2,650円 18,000円

メリット

対応地域が広い!

フレッツ光は全国的に広く普及している光回線で、対応していないエリアが殆どありません。

他の光回線が未対応のエリアでもフレッツ光は対応していると言う事も多く、地方に住んでいる方でも申し込みやすい光回線と言えます。

ただし、未対応の地域も存在します。

下記のリンク先で住所を打ち込むことで対応しているかどうか確認出来るので心配な方は試してみて下さい。

東日本

フレッツ光 サービス提供エリアのご確認。地図からインターネット(光回線)の提供エリアをご確認いただけます。【フレッツ公式|NTT東日本】

西日本

NTT西日本フレッツ公式サイトです。このページでは、フレッツ 光ネクストのサービス提供エリアをご案内しております。フレッツ 光ネクストは、次世代ネットワーク(NGN)ならではの利便性や安定性、信頼性を兼ね備えたフレッツ光の新しい光インターネットサービスです。ただいま、Webから申し込むと月額利用料2ヵ月間無料のWeb限...

多数のプロバイダを自由に選択、変更できる!

フレッツ光は選べるプロバイダの数が膨大で数百種類あります。

その為、プロバイダにこだわる方や、元々お気に入りなプロバイダがある方でも同じように使い続ける事が出来ます。

また、実際に使ってみてイマイチなプロバイダを選択してしまっても、簡単にプロバイダを変更する事が可能です。

ただし、元々使っていたプロバイダの最低利用期間前に解約してしまうと違約金がかかってしまう場合があるので気をつけて下さい。

光コラボレーションに転用できる!

ドコモ光やソフトバンク光など、フレッツ光と同じ回線を使用している光回線、いわゆる光コラボレーションであれば、工事などをせずに簡単に転用する事が可能です。

さらに、転用時にフレッツ光の最低契約期間を終える前だったとしても違約金が免除されます。

転用の注意点!

ここで注意しておきたいのは光コラボへ転用してしまうと、再度フレッツ光に戻す事は出来なくなってしまいます。

もし戻すのであれば、転用した光コラボを解約し再度フレッツ光と契約し直すと言う回りくどい事をしなくてはいけません。

勿論、この時光コラボの最低契約期間前であれば違約金を払うことになってしまうので余計な出費となってしまいます。

フレッツ光契約者の場合、

「簡単に光コラボへ乗り換えられる」

「月額料金が安くなる」

「スマホセット割でお得になる」

など、美味しい話で勧誘される場合が多いですが、フレッツ光に戻したくなる可能性が少しでもあるのであれば、流れで転用しないように気をつけて下さい。

スポンサードリンク

デメリット

基本月額料金が高い

公式サイトなどでフレッツ光の月額料金を確認すると一見、他より低価格に見えますが実際はこの料金にプロバイダ料金がプラスされるので、どんなに安く抑えようとしても他の光回線と比べて基本月額料金は若干高くなってしまいます。

以前は光回線といえばフレッツ光しかありませんでしたが、現在では多数の光回線があり、フレッツ光より安く済ませられるところがたくさんあります。

その為、これから光回線を契約する方でどうしてもフレッツ光が良いと言う方でなければ、利用しているスマホのキャリアによって以下の光回線を選ぶのがおすすめです。

ドコモユーザーの方

今回はドコモ光のメリット、デメリットを中心に書いていきます。 ドコモ光は選べるプロバイダーがたくさんあり、どれを選ぶか...

ソフトバンクユーザーの方

今回はソフトバンク光についてメリットとデメリットに分けて詳しく解説していきます。 ソフトバンク光では、キャッシ...

ソフトバンクユーザーで関東地方に住んでいる方

今回はNURO光のメリット、デメリットについて詳しく書いていきます。 NURO光は業界最速の回線速度を...

auユーザーの方

今回はauひかりについてメリットとデメリットに分けて詳しく書いていきます。 auひかりはauスマートバリューなどの割引...

プロバイダーによっては回線が安定しない場合がある

フレッツ光には多数のプロバイダがありますが、中には回線が安定しないプロバイダも存在します。

基本的にプロバイダは、契約しようとしている代理店がおすすめしているプロバイダや、インターネット上などで評判の良いプロバイダを選ぶのがおすすめです。

また、利用している方が多い大手のプロバイダを選んでしまうと、ゴールデンタイムなど多くの人がネット接続する時間帯に回線が安定しない場合があります。

また上でも書いていますが、プロバイダの変更は簡単に行う事が出来ますが、違約金がかかってしまう場合があるので、プロバイダー選びには気をつけて下さい。

スポンサードリンク

フレッツ光はこんな方におすすめ!

・光回線の対応地域に不安がある方
・プロバイダにこだわりがある方
・フレッツ光にこだわりがある方

それでは読んで頂きありがとうございました!



NTT『フレッツ光』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする