【ギター講座】クロマチックスケールトレーニングの効果的な練習方法について!【初心者向け】

スポンサードリンク

今回はギターの基礎練習であるクロマチックトレーニングについて書いていこうと思います。

クロマチックトレーニングは隣のフレットを順番に弾くと言うとても単純な練習ですが、しっかり丁寧にやると中級者でも意外と難しく感じます。

また、身を入れてやり続ければとても効果が出る練習方法なのでやっておいて損はありません。

良ければ参考にして下さい!

左手の注意点!

親指は指板の裏の丁度真ん中に置く!

まず左手の位置として、親指をネックの裏側の真ん中に置く事が大事です。

これはクラシックフォームと呼ばれています。

この持ち方によって指のストレッチ運動の効果が大きくなり、指使いの練習になります。

なので、普段はネックを握るようにして持っている方もこの練習をする際はクラシックフォームでやる様にするのがおすすめです。

恐らく、普段からクラシックフォームをしていない方がこれをやると、指のストレッチ効果が大きく感じられると思います。

弾き終わった音も離さずキープする!(人差し指から始める場合)

人差し指から始める場合は、次の音を押さえた時に既に弾き終わっている指も離さないように気を付けて下さい。

例 薬指を押さえた時には小指以外の指が押さえた状態になっている

これをしていないと指がバタバタした状態になり、無駄な動きが多く、速弾きが上手く出来ない原因になります。

また、見た目的にもバタバタしていない方が格好良く見えます!

勿論ですが、小指から弾き始める場合は弾いた音から順に離すように弾いてください。

(でないと音がずっと小指のままになりますね(笑))

指をなるべく低空飛行させる!

低空飛行という言い方は、実際に飛行させているわけではないので違いますが、これはあくまでイメージです(笑)

弦を押さえていない指はなるべく高く上げすぎないようにして常に指板に近い位置を保って下さい。

高く上げ過ぎていると、速弾きをする際に素早く弦を押さえることが出来ず、スピードの限界が早く来てしまいます。

離す距離に関しては弦に近ければ近いほど良いので弦から指を離すときは毎回、弦に触れない最低の位置を目指して頑張ってください。

押さえる力は最低限に!

初心者の方にありがちなのが、フレットを押さえる力が強すぎると言うことがあります。

もし力が入り過ぎていると、弦を押さえてから離すまでの時間が遅くなり、速い運指が難しくなるだけでなく余計に疲れてしまいます。

押さえる時は軽く触れる程度、尚且つしっかりと押さえた音が出る程度を意識して必要最低限の力を目指して下さい!

スポンサードリンク

右手の注意点!

出来ればオルタネイトピッキングで弾く!

右手に関しては全てオルタネイトピッキング(上下交互に弾くこと)でやるのが良いですが、初心者の場合はスムーズに弾くことがとても難しく感じるかと思います。

また、上に書いた左手に関する注意点を意識するとさらに難しく、両手ともメチャクチャになり、まともな練習が出来ない可能性があります。

その場合は無理にオルタネイトピッキングはせずに全てダウンピッキングでもいいので、変わりに左手に集中して練習してください!

力を抜く!

右手に関しても左手と同様に、力を抜いてピッキングする様にしましょう!

エレキギターは軽い力で弾いてもアンプから十分な音が出てくれます。

また、普段から力を抜いてピッキングする事により、アクセントを付けたい時の強い力のピッキングの音が映えます。

さらに、速弾きする際の速度の限界を伸ばす事にも繋がるので、弦とピックを軽く当てるくらいの気持ちで弾くのがおすすめです。

練習方法

必ずメトロノームを使ってやる様にしましょう。

初めてやる場合はBPM60位から始めて、4分音符ずつ弾いていくと良いです。

そして左手、右手の注意点を全て守る様に弾いて下さい。

弾いてみるとわかるかと思いますが、一見とても簡単な練習方法がとても難しく感じるかと思います。

特に離した指をなるべく低く維持すると言うのはとても大変です。

しかし、これらがしっかり出来れば速弾きの基礎が見に付くので頑張ってください、

また、速いテンポで出来たとしても、フォームが悪ければ何の意味もありません。
なので綺麗なフォームで弾くことを重視して、そのフォームのままで速く弾けるテンポを伸ばすの目標にやってみてください!

それでは読んで頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする