マイナースケールとは?メジャースケールとの関係性!覚え方や理解の仕方について!

スポンサードリンク

今回は、音楽理論の基本であるマイナースケールについて書いていきます。

マイナースケールはギターであればメジャースケールよりも使用頻度が高く、運指がしやすいスケールなので是非理解しておきたい事です。

良ければ参考にして下さい!

また、メジャースケールについて知らない方はまず、メジャースケールについて書いている記事から読む事をお勧めします。

今回は初心者向けの内容で、メジャースケールについて書いていこうと思います。 メジャースケールは音楽理論の基礎中の基礎で...

マイナースケールとメジャースケールの関係性!

始めに書いておきますが、メジャースケールを理解していればマイナースケールをわざわざ1から勉強する必要はありません。

実は、マイナースケールというのはメジャースケールの始まりの音の2個下の音から始めた音階と同じ並びになってるからです。

例を上げると、CメジャースケールとAマイナースケールで使われている音と並びは全く同じで、ただ始まりの音が違うだけになっています。

・Cメジャースケール

C全D全E半F全G全A全B半C

・Aマイナースケール

A全B半C全D全E半F全G全A

このような事になるので、ギターの指板で説明するならマイナースケールメジャースケールの一番の始めの音から3フレット低い位置から始める事になります。

6弦8フレットから弾けばCメジャースケール

6弦5フレットから弾き始めればAマイナースケール

スポンサードリンク

また、度数で言うならメジャースケールの6度(一番初めの音から数えて6番目の音)から始めた音というように言えますね。

ちなみに、このCメジャースケールとAマイナースケールの関係は平行調と言います。

なので、メジャースケールを理解していればマイナースケールを理解することはとても簡単です。

まとめ

・マイナースケール=全半全全半全全
・メジャースケールとマイナースケールはスタート地点が違うだけで構成音は全く同じ
例Cメジャースケール=Aマイナースケール
・マイナースケールを弾く場合、メジャースケールの始まりの音から3フレット低い位置から弾く
・マイナースケールはメジャースケールの6度から弾き始めたスケール

それでは読んで頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする