メジャースケールとは? 覚え方と理解の仕方について!

スポンサードリンク

今回は初心者向けの内容で、メジャースケールについて書いていこうと思います。

メジャースケールは音楽理論の基礎中の基礎で、これを覚えなくては何も始まりません。

また、このスケールを応用することによって自分で練習方法を編み出すこともできます!(これに関しては別記事で書きます。)

なので音楽理論を知りたい、またはギターが上手くなりたいのであれば是非理解しておきたいこととなります。

メジャースケールとは?

メジャースケールとは簡単に言ってしまうと、

ドレミファソラシドの事です!

そしてこのドレミファソラシドはCメジャースケールと呼ばれる物で、アルファベットでこれを表すと、

CDEFGABC

と言うようになります。

なので、この音を表す時に使われるアルファベットの意味は次のようになります。
C=ド
D=レ
E=ミ
F=ファ
G=ソ
A=ラ
B=シ

意外とこれを知らない方は多く、これのおかげで敷居を高く感じてしまう方も多いです。

なので、何もわからないと一見難しそうなアルファベットもCDEFGABCと言った感じに、アルファベット順に音を表している物であって、ドレミファソラシドと何も変わらないという事は理解しておいて下さい!

音の距離(全音、半音)について

次は音の距離である全音と半音について書いていきます。

この全音、半音とは音がどれだけ高くなったのか、下がったのかを表しています。

そして名前の通り、半音は全音の半分の高さを表すことになります。

ギターを弾いている方にわかりやすく言い換えると、ギターのフレットは一つ隣のフレットに移動すると半音高さが変わる構造になっています。

なので、一つ飛ばしでフレットを移動すれば全音先の音と言うことになります。

メジャースケールの構造

それでは本来の話に戻ります。

今回は分かりやすいようにCメジャースケールを例にして書いていきます。

まずCメジャースケールの音を並べてみると、

C D E F G A B (ドレミファソラシ)

となります。

次にこの音達それぞれの音の距離を書き加えていきます。

C 全 D 全 E 半 F 全 G 全 A 全 B 半 C

この様になります。

ドレミファソラシドでは半音となる場所はEとF(ミとファ)の間と、BとC(シとド)の間である事がわかりましたね!

なので、メジャースケールというものが表しているのは、8つの音が、

全全半全全全半

の距離で並ぶ音階の事ということになります。

この全全半全全全半はメジャースケールと言われれば、瞬時に頭に思い浮かぶレベルにまで暗記しておくのがおすすめです。

スポンサードリンク

〜メジャースケールの〜に入るアルファベットの決まり方

これはその音階がスタートする一番始めの音名が付いているだけです。

なので、先程まで例に出していたCメジャースケールはCから始まる音階だったので、Cメジャースケールという名前になっています。

なので例えばA から始まるメジャースケールであればAメジャースケールということになりますし、Fから始まるのであればFメジャースケールという事になります。

しかし、ここで一つ注意点がありまして、例えばAメジャースケールであれば、その音階の構成音は単純に、

ABCDEFG

と言うようなことにはなりません。

この理由についてですが、先程書いたようにメジャースケールとは全全半全全全半の距離で成り立っています。

そしてEFの間とBとCの間は半音の距離なので、仮にAからABCDEFGと書いてしまうと音の距離は、

A全B半C全D全E半F全G全A

と言うようになり、メジャースケールの音の距離である、全全半全全全半とは違うものになってしまいます。(ちなみに、これはAマイナースケールというものになります。)

それではどうすれば良いのかと言うと、このABCDEFGと言うメジャースケールではない音階に#を付けて、メジャースケールの音階に変えてしまえは良いです。

なので、Aメジャースケールを書き表すとこのようになります。

A B C# D E F# G#

なので、Cメジャースケール以外のメジャースケールには、必要に応じて#もしくは♭を付けることを忘れないようにして下さい!

ちなみに、#と♭の付け方にはある規則性があります。

これについては他の記事で書きます。

まとめ

まとめると、

・Cメジャースケールはドレミファソラシドの事!
・CDEFGABはドレミファソラシドを表している。
・メジャースケールは全全半全全全半で成り立っている!
・Cメジャースケール以外のメジャースケールは全全半全全全半になる様に、#又は♭を付ける必要がある。

それでは読んで頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする