【ギター講座】速弾きが出来るようになるコツと練習方法!

スポンサードリンク

ギターを弾いている人であるならば、

速弾きを出来るようになりたい

と思う人はとても多いと思います。

しかし実際にやってみると、

指を素早く動かせない
思ったところを正確に押さえられない
違う弦を弾いてしまう

など、悪戦苦闘してとても人間が出来る事では無いと思う方も多いかと思います。

今回はそんな人に向けて速弾きが出来るようになるポイントを書いていくので、良ければ参考にしてみてください!

出来る人と出来ない人の違い

まずこの違いについて説明すると、それは早く弾こうとしているか、していないかの違いです。

言い方を変えると余裕があるかないかと言う事です。

速弾きが綺麗に出来る人は、自分自身が何を弾いているのかわからないほど速く弾こうと思って弾いてはいないです。

左手は自分が思った通りの場所を押さえ、右手は押さえた弦を弾く、この動作をテンポに合わせて行っているだけです。

対して出来ない人の場合は、

・速く弾こうと思い左手はバタバタと動かして思ったところを押さえられない。
・どこを押さえているのかも分からない為、右手のピッキングも思った通りの弦を弾けない。
・押さえる左手とピッキングする右手のタイミングが滅茶苦茶。

そんな人が多いと思います。

なので弾けない方はまず落ち着いて弾くことを大切にした方が良いです!

スポンサードリンク

どうすれば弾けるようになるのか?

速弾きは左手と、右手の動きをリンクさせる事がとても大切です。

これが出来ないと、左手で弦を押さえ終わる前に右手でピッキングしてしまい、音が出ない等という事が起こります。

なので、左手でしっかり弦を押さえてから右手でピッキングすることを意識してやると良いです!

これが出来るようになれば大分変わります。

他にも16分のリズムは勿論、連符のリズムを覚えることも重要です。

このリズムを理解していないと右手のピッキングに迷いが生まれミスの原因となります。

また、

特に速弾きの練習をした訳じゃないけど、ギターを弾き始めて数年でいつの間にか弾けるようになっていた

という人は結構います。

なので速弾きが出来ないという方はただ単に、

まだギターを弾くことに慣れていない

という事が多いので、速弾きの練習をするのも大切ですが、一番は重要なのはとにかくギターに慣れると言う事です。

練習方法

・クロマチックトレーニング

全くの初心者と言う方はクロマチックトレーニングをきっちり出来るようにしましょう!

この練習をやる必要はないと言う方も良くいますが、確かにあまりにも初心者と言う訳でなければ特に必要ないと思います。

しかし、右手と左手の動きをリンクさせる事が出来ない方はクロマチックトレーニングはしておいた方が良いです。

このトレーニングは右手と左手をリンクさせると言う速弾きの基礎が詰まっている為です!

練習時に気を付ける点として、メトロノームを使って余裕のあるスピードから始め、どんどん速くしていくと言うやり方がおすすめです。

また、この練習に楽しさを見出だせる人は少ないと思うので、気分が沈む前に練習を切り上げるか、他の練習に切り替えるのがおすすめです。

・スケールトレーニング

速弾きのフレーズは、スケールを速く弾いているだけのフレーズの場合が多いです。

その為、スケール練習をして、左手にスケールの形を覚え込ませておけば弦を押さえる時に迷う事なく、素早く押さえられるようになります。

さらに、速弾きだけでなく、初めて見る様フレーズにも対応しやすくなるというメリットもあります!

最低でも、

メジャースケール
マイナースケール

は覚えておくのがおすすめです。

・曲をコピーする

この練習方法が一番楽しいと思いますし、一番実践的でもあります。

ただ単に速弾きの練習だけでなく、プロの方が考えた速弾きフレーズを取り入れることもできます。

なので上の2つの基礎練習と並行して曲のコピーもしていった方がおすすめです。

ちなみに速弾きの練習をするのが目的であるなら、一曲全てをコピーする必要はありません。

速弾きフレーズが出てくるギターソロだけコピーするだけで十分です。

それでは読んで頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする