【初心者必見!】正しいゲーミングPCの選び方!おすすめのBTOショップの紹介や、BTOをおすすめする理由について!

スポンサードリンク

BTOパソコンをおすすめする理由!

BTOと言うのは、BTOショップ側が作っているモデルのパーツを変更したり、付いていないパーツを付ける等のオーダーをして、自分好みに組立ててもらったものを購入するというものです。

これによって、基本となるモデルをアップグレード、ダウングレードさせたり、不必要なソフトを入れずに、値段を安くする事も出来ます。

なので、
パソコンは自作できないけど、細かい部分まで自分好みのパソコンにしたい!
自分が使わない無駄なソフトを入れずに安く済ませたい!

と言う方にとてもおすすめです。

また、BTOショップで購入する場合は、電気屋等で売られているメーカーが作った同スペック帯のPCと比べて比較的に安く購入がしやすいです!

その為、コストをなるべく抑えたい方におすすめです!

BTOパソコンの購入方法!

BTOパソコンはインターネット上で簡単にオーダーする事が可能です。

流れを簡単に説明すると、

1 まずは基本となるモデル選ぶ
2 組み合わせるパーツを選ぶ(パーツを選ぶ毎に見積もりの値段が瞬時に変わり、確認が出来ます。)
3 見積もりを見て、納得がいけば購入手続きへ

と言うようになります。

この時、パソコンに詳しくない方は2の部分で、

どのパーツにすれば良いのか分からない

という方が多いかと思います。

しかし、BTOショップの多くは

そのパソコンのモデルと相性の良いパーツ

ピックアップして選択肢を出してくれていたり、仮に組み合わせたパーツの相性が悪い場合は警告してくれたりもするので、初心者でも分かりやすくなっています。

勿論、パーツ同士の相性に関わらず、何のパーツを選んでもOKなカスタムの自由度が高いBTOショップもあるので、その様なショップは上級者向けなので、初心者にはおすすめ出来ません。

PCパーツの役割について

先程、パーツの選び方は簡単と書きましたが、全く何も分からない初心者がいざBTOショップでパーツ選びをすると、どのパーツがなんの役割をしているのか全く分からないかと思います。

当ブログにある、おすすめなゲーミングPCを紹介している記事でも、それぞれのモデル毎に、おすすめなカスタム方法を紹介していきますが、パーツの役割を理解すれば、さらに自分好みのBTOパソコンを選ぶ事がしやすくなります。

なので、それぞれのパーツの役割やゲーミングPCにおいての選び方等を書いていくので是非参考にして下さい。

CPU(脳)について

こちらは、人間で言う脳みその役割をしています。

これの性能が良ければ全体的な処理能力が速くなり、スムーズにPCが動きやすくなります。

また、CPUの性能が悪いと、他のGPU等のパーツの性能を完全に引き出す事が出来ません。

なので、性能が良いGPUを積むことが必要になるゲーミングPCではなるべく高性能なものを選ぶのがおすすめです。

少し前までは、core i5でも大丈夫と言われていましたが、段々ハイスペックを必要とするPCゲーム(VR対応ゲームやBF1等の高画質ゲーム)が出てきています。

なので、これから先に出て来るゲームも積極的にプレイ出来るようにしたいのであれば、core i7にしておくのがおすすめです。

また、同じcore i7でも上位モデルと下位モデルが複数存在します。

これが上位のものになればなるほど、グラフィックボードの性能を100%引き出しやすくなるので、搭載するグラフィックボードの性能を考慮して選ぶのがおすすめです。

ちなみにですが、CPUの交換を後々自分でやる場合は少し手間が掛かってしまうので予めきちんと選ぶべきパーツだと思います。

スポンサードリンク

GPU(グラフィックボード)について!

ゲーミングPCにおいては一番重要なパーツです。

ハイスペック向けのゲームをやらないのであれば、GTX750TI、または750TIよりも性能が上がった後継機GTX1050等でもいいかと思いますが、快適にプレイするには性能が足らないので、画質設定を落としてプレイする事になってしまいます。

なので、もしハイスペック向けのゲームをやるのであれば、GTX980以上のスペックを持ったGPUがおすすめです。

現在、ハイスペックなゲーミングPCで主流になっているグラフィックボードは以下のものとなります。

・GTX1060

消費電力を抑えながらも、性能はGTX980(前世代の最高モデル)と同じくらい高性能となっており、PS4、XBOX ONE等のコンシューマ機よりは綺麗な画質になります。

しかし、GTX1070以上のものと比べてしまうと物足りない性能で、BF1等のハイスペック向けのゲームの場合は画質設定を部分的にを中設定にする必要が出てきます。

また、こちらには3Gbモデル6Gbモデルの物が存在します。

3Gbの方はメモリを半分にしただけでなく、CUDAコア数を1280から1152に減らしています。

それによって性能的には6Gbモデルよりも劣りますが、その差は数パーセント程しかありません。

なので、GTX1060を選ぶのであれば低価格な3Gbモデルを選ぶのがおすすめです。

もし3Gbモデルより性能の良いものを選びたいのであれば、GTX1060の6Gbモデルでなく、ワンランク上のGTX1070モデルの方をおすすめします。

・GTX1070

こちらはGTX1060を超える画質設定でプレイする事が可能です。

その為、PS4、XBOX ONE等のコンシューマ機とは比べ物にならない程の高画質になります。

VR等をプレイする場合にも高クオリティを維持できるので、値段を抑えつつ、どんなゲームでも高画質で出来るようにしたいという方は、GTX1070を買っておけば問題ありません。

・GTX1080

GTX1070でも綺麗な画質を出力出来ますが、こちらはそれを更に超えるグラフィックボードです。

ハイスペック向けゲームであるBF1では、最高設定の画質に設定に設定しても100FPS以上の状態で安定したプレイが可能です。

なので現状どんなゲームでも最高設定でプレイする事が出来るので、コアゲーマーの方におすすめです。

・NVIDIA TITAN X

現在最も高性能なグラフィックボードです。

その為、GTX1080を更に超える性能を持っています。

しかし値段が単体で10万円以上するのと、現状ではGTX1080で十分なので、どうしても最高スペックにしたいという方でなければ必要ないかと思います。

SSD、HDDについて!

データを保存するパーツです。

これの容量が多ければ多いほど多くのデータをPCに保存する事が出来ます。

SSD、HDDの大きな違いはデータを読み込む速さです。

この速さはSSDの方が速く、HDDの数倍の速さがあります。

なので、windows等のOSをHDDではなくSSDに保存しておけば、PC起動時にOSを読み込む速度が速くなるので、PCの立ち上がりがほんの数秒で済みます。

こんな便利なSSDですが、デメリットが存在します。

それはHDDと比較した場合、

寿命が短い
容量の割に値段が高い

と言うのがよく言われている主なデメリットです。

なので、現在主流なのはSSD、HDD両方を付けて、

OSやゲーム自体のデータ、その他ソフトのデータはSSDに
ゲームのセーブデータや、画像、動画、音楽データ等をHDDに

保存すると言う形が多いです。

SSDの容量に関しては、クリアしてやらないゲームデータを削除する様に管理していれば128GB、256GBでも十分ですし、もし同時に複数のゲームをやりたいのであれば512GB以上あれば余裕だと思います。

HDDの容量は人にもよりますが、1TB以上あれば大抵の方は十分だと思います。

メモリ(机)について!

メモリについての説明には机に例えられる事が多いです。

このパーツの役割は、データのやり取りを一時的に記憶しておく領域で、ここに保存されているデータは素早く呼び出す事が出来ます。

なのでこれの容量が多ければ、複数の作業を同時に安定して行うことが出来ます。

これを、

メモリが大きい=机が広い

と言いかえて説明してみると、

広い机であれば、同時に複数の資料を出して作業する事が出来るのに対し、資料を一つしか置けない机だと作業効率は下がってしまう、

こっちの方が納得しやすいかと思います。

現在販売されているPCゲームを快適にプレイするだけであれば、メモリは16GBあればBF1等のハイスペック向けのゲームでも問題なく動作します。

しかし、ゲームを起動しながら生配信や録画等をすると負荷がかかる為、動作が不安定になる可能性があります。

そこでメモリが32GB以上あれば、ハイスペック向けのPCゲームをやりながら、録画や生配信等をしても快適の状態を維持できるようになります。

また、動画編集はPCに負担がかかる作業なので、実況プレイや、動画作成、編集等をする場合はメモリは多い方が良いです。

ちなみに、以前は同時に作業しないのであれば、ゲームには8GBで十分と言われていました。

現在でも、メモリが8GBでも問題なく動作するゲームはたくさんありますが、推奨メモリ16GBのゲームが出てきており、ハイスペック向けのPCゲームをやるのであれば、16GBは欲しいとも言われています。

なので、ハイスペック向けのPCゲームをガンガンやるつもりの方や、録画や生配信、動画編集等をする方はこれから先の事も考慮して、32Gbを選ぶのがおすすめです。

電源パーツについて

電源はコンピューターが動作する為のエネルギーを供給するパーツで、電源コンセントから受け取った100V の交流電流を、12Vの直流電流に変換します。

これに表記されているW数が大きければ大きいほど、供給出来る電力が多くなります。

また、電源は表記されているW数を完全に供給できる訳ではなく80PLUSランク呼ばれる変換効率の度合いによって、80〜90%程が供給されるようになっています。

そのランクの詳細は以下のようになっています。

80PLUS スタンダード

出力20%・・・80%以上

出力50%・・・80%以上

出力100%・・・80%以上

80PLUS ブロンズ

出力20%・・・82%以上

出力50%・・・85%以上

出力100%・・・82%以上

80PLUS シルバー

出力20%・・・85%以上

出力50%・・・88%以上

出力100%・・・85%以上

80PLUS ゴールド

出力20%・・・87%以上

出力50%・・・90%以上

出力100%・・・87%以上

80PLUS プラチナ

出力20%・・・90%以上

出力50%・・・92%以上

出力100%・・・89%以上
このパーツの選び方としては搭載しているパーツそれぞれの消費電力を元に考えて決めるのがベストです。

もし、必要な電力を供給できない場合はPCが上手く動作しなかったり搭載されているパーツが壊れる事があります。

逆に大きすぎると無駄に電気代を払う事になってしまうので、電源選びにはとても気を使うのがおすすめです。

ちなみにですが、ゲーミングPCにおいては500〜700w位が丁度良い場合が多いです。

スポンサードリンク

初心者におすすめなBTOショップ

次におすすめなBTOショップについて書いていこうと思います。

先に結論から言ってしまうと、BTOショップは有名、または人気なショップで買うのであればどこで買っても同じ様な物です。

なのでショップを選ぶ際はまず、自分が理想とするPCのスペックを決めておいて、それぞれのショップでそのスペックに近いPCを見積もり、一番安い、一番使われているパーツの品質が良いと思ったショップで買うのがいいと思います。

下の4つのBTOショップは有名かつ人気で、初心者でも選びやすいシステムになっているので、手始めに下の四つのサイトで見積もってみてはどうでしょうか?

ドスパラ


ドスパラ
BTOショップの中で最も有名な所です。

特にドスパラが販売しているGALLERIAシリーズゲーミングPCの定番として有名なので、もしドスパラでゲーミングPCを購入するのであればGALLERIAシリーズから選ぶのがおすすめです。

マウスコンピューター(G-Tune)

マウスコンピューター/G-Tune

ゲームパソコンブランド 「G-Tune」 TOP

マウスコンピューターで購入する場合はゲーミングPC専門のブランドである「G-Tune」で購入するのがおすすめです。

ゲーミングPC専門と謳っているだけあって、高性能なPCでも比較的安く購入する事が出来ます。

マウスコンピューター(G-TUNE)についてはこちら!

【おすすめゲーミングPC】マウスコンピューター(G-TUNE)でおすすめなモデルやそれぞれの特徴について!
今回はマウスコンピューターでゲーミングPCを買う場合におすすめなモデルや選び方、それぞれのモデルの特徴について書いて...

パソコン工房

パソコン工房「GeForce GTX 1070搭載ゲーミングノートPC」

パソコン工房 -ゲームパソコン-

パソコン工房もマウスコンピューター同様に、「LEVEL∞」と言うゲーミングPC専門ブランドを持っているBTOショップです。

こちらは、高性能なパーツで組まれている割には値段が安いという場合が多く、セールが頻繁に行われているので、本来の値段よりもさらに安く買える可能性が高いです。

また、パーツを選ぶ画面ではそのパーツがどんな役割をしているのかや、スペック表の読み方等が解説されているので初心者でも選びやすくなっています。

ツクモ

BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】

こちらは、ネット上での評判で悪く言われている事が少なく無難なBTOショップとも言われています。

BTOでのパーツの選択肢は少なめですが、それによって、あまりパソコンに関して詳しくない方でも選びやすくなっています。

価格に関しては、他のBTOショップと比べて安い場合もあるので比較的安い部類に入ります。

ツクモでゲーミングPCを買う場合は、ゲーミングPCのレギュラーモデルであるG-GEAR、またはハイエンドモデルのG-GEAR neoから選ぶのがおすすめです。

それでは読んで頂きありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする