【おすすめゲーミングPC】マウスコンピューター(G-TUNE)でおすすめなモデルやそれぞれの特徴について!

スポンサードリンク

今回はマウスコンピューターでゲーミングPCを買う場合におすすめなモデルや選び方、それぞれのモデルの特徴について書いていこうと思います。

良ければ参考にしてみて下さい!

マウスコンピューターについて!

マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューターではゲーミングPC専門のブランドである「G-Tune」と呼ばれる物がありゲーミングPC向けに作られているモデルが多数あります。

それだけあって、他のBTOショップで似たようなスペック同士を比べてみると安い場合が多いです。

また、BTOで選べるパーツが少ないので、パソコンに詳しい方からすれば自由度が少ないと思うかと思いますが、それだけ完成されているモデルであり、あまりパソコンに詳しくない初心者からすれば分かりやすくなっています。

なので、マウスコンピューターでゲーミングPCを購入する方にはG-TUNEで選ぶのがおすすめです。

今回紹介するのは全てG-Tuneの物で、そのモデルをおすすめする理由や、おすすめなカスタム方法についても書いていくので良ければ参考にしてください!

LITTLEGEARシリーズ(コストを抑えたい方向け)

マウスコンピューター/G-Tune

LITTLEGEARはG-Tuneで販売されているゲーミングPCの中でも低価格に設定されているもので、価格が高い物と比べて、ダウングレードされているパーツがあります。

しかし、CPUやメモリ数、搭載できるグラフィックボード等、十分、高性能ゲーミングPCのスペックに達しているので、超ハイスペックPCには劣りますが、コンシューマーゲーム機よりも良い環境でゲームをすることが可能です。

また、PC本体のサイズが小型化されています。

ちなみにですが、こちらは電源を他の物に変えることが出来ず、500W 【80PLUS® SILVER】に固定されているので、GTX 1080を搭載すると電源に少し不安があります。

また、ミニタワー(小型)PCとなっていて、大きい物と比べると排熱性、拡張性に劣るので、熱を発しやすい高性能なGPUを載せるのであれば、上位モデルをおすすめします。

ただし、マウスコンピューター側も動作が可能であるから販売しているので、動かないことはないです。

なので、価格を抑えながらも高性能なグラフィックボードを積みたい方は、出来れば電源をアップグレードすることが出来る、NEXTGEAR-MICROシリーズを選ぶのが良いと思います。

メモリやSSD、HDD等、アップグレードできるパーツもあるので、とにかく値段を抑えながらも高性能な物が欲しい方は、まずはLITTLEGEARを選んで、自分好みにBTOしていくのがおすすめです!

LITTLEGEAR i310SA7-SP2

LITTLEGEAR i310SA7-SP2 [Windows 10 搭載]
LITTLEGEAR i310SA7-SP2-W7D [Windows® 7 Professional 搭載]
・スペック

OS : Windows 10 Home 64ビット

CPU : インテル® Core™ i7-6700 プロセッサー
(4コア/3.40GHz/TB時最大4.00GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)

グラフィックス : GeForce® GTX 1060(3GB)

メモリ : 16GB PC4-17000 (8GB×2/デュアルチャネル)

SSD : 240GB Serial ATAIII

ハードディスク : 2TB SerialATAIII 7200rpm

チップセット : インテル® H110 Express

光学ドライブ : オプション (BTOで追加可能)

電源 : 500W 【80PLUS® SILVER】

保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

・概要

GTX1060を搭載しながらもコストを抑えられたモデルです。

ミドル性能のNEXTGEARGTX1060を搭載している物と比べると、

CPUのダウングレード

チップセットのダウングレード

カードリーダー非搭載

となっております。

プレイするゲームにもよりますが、中画質設定でゲームが出来るミドルスペックの低価格バージョンが欲しい方におすすめです!

LITTLEGEAR i310GA5

LITTLEGEAR i310GA5 [Windows 10 搭載]
LITTLEGEAR i310GA5-W7D [Windows® 7 Professional 搭載]
・スペック

OS : Windows 10 Home 64ビット

CPU : インテル® Core™ i7-6700 プロセッサー
(4コア/3.40GHz/TB時最大4.00GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)

グラフィックス : GeForce® GTX 1070(8GB)

メモリ : 16GB PC4-17000 (8GB×2/デュアルチャネル)

SSD : 240GB Serial ATAIII

ハードディスク : 2TB SerialATAIII 7200rpm

チップセット : インテル® H110 Express

光学ドライブ : オプション (BTOで追加可能)

電源 : 500W 【80PLUS® SILVER】

保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

・概要

GTX1070を搭載しながらも価格が抑えられているモデルです。

下で紹介しているミドル性能のNEXTGEARと比べると、GTX1060搭載の物と同じように、

CPUのダウングレード

チップセットのダウングレード

カードリーダー非搭載

電源を700Wから500wへ変更

となっております。

GTX1070を積んでおけば、多くのゲームでPCらしい高画質設定でゲームをプレイする事が出来るので、コストを出来る限り抑えつつも、本格的なゲーミングPCが欲しい方におすすめなモデルです。

NEXTGEAR-MICRO(コストを抑えつつ高性能GPUが欲しい方向け)

NEXTGEAR-MICROは、LITTLEGEARとNEXTGEARの中間に位置するモデルで、価格を抑えつつLITTLEGEARよりも高性能となっています。

また、こちらは選べるパーツが増えているので、LITTLEGEARよりもカスタマイズ性に優れています。

特に、CPUと電源を上位の物に変えられるのが大きな違いで、高性能グラフィックボードが活かせる組み合わせにすることが可能です。

LITTLEGEARでは、 NVIDIA TITAN Xを積んでいる物以外、電源が500Wの物から変えることが出来ないので、高性能GPUであるGTX1080を積む方は、電源をアップグレードすることが出来るNEXTGEAR-MICROを選ぶのがおすすめです。

NEXTGEAR-MICRO im570PA4

NEXTGEAR-MICRO im570PA4 [Windows 10 搭載]
NEXTGEAR-MICRO im570PA4-W7D [Windows 7 Professional 搭載]

GTX1080を搭載しているモデルです。

おすすめのカスタムとしては、電源が500Wだと少しぎりぎりな感じなので、

電源を700W 電源 ( 80PLUS(R) BRONZE )

又は、700W 電源 ( 80PLUS(R) GOLD ) 

(GOLDの方が変換効率が良く発熱の低下に繋がります。)

このどちらかに変えるのがおすすめです。

また、CPUをi7-6700K に変えることが可能ですが、このモデルのマザーボードはオーバークロックに対応しておらず、このCPUの性能を100%引き出すことが出来ません。

ちなみにですが、こちらもミニタワーPCなのでミドルタワーであるNEXTGEARシリーズと比べると、拡張性、発熱耐性に劣ります。

なので、もしGTX1080の性能をフルに使うためにCPUも上位の物に変えたいのであれば、いっそのこと、編集NEXTGEARシリーズを買ってしまうのがおすすめです。

NEXTGEARシリーズ(ミドル~ハイスペックゲーミングPC)

NEXTGEARはG-Tuneで販売されているものの中で、ミドルクラスに位置するモデルです。

しかし、NEXTGEARの中でも上位に位置するものでは、ハイエンドクラスと言ってもいい位高性能となっています。

また、現状販売されているPCゲームをプレイする場合には余裕のあるスペックになっていて、中間あたりのモデルではオーバースペックになりすぎないくらい性能となっています。

ちなみに、ミドルタワーのPCなので排熱性、拡張性にも優れています。
なので、ゲーミングPCにそれなりにお金をかけることが可能で、どんなゲームでも安定して動作するハイスペックゲーミングPCが欲しい方におすすめです!

NEXTGEAR i650GA7-SP3

NEXTGEAR i650GA7-SP3 [Windows 10 搭載]
・スペック

OS : Windows 10 Home 64ビット

CPU : インテル® Core™ i7-6700K プロセッサー
(4コア/4.00GHz/TB時最大4.20GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)

グラフィックス : GeForce® GTX 1070(8GB)

メモリ : 16GB PC4-17000 (8GB×2/デュアルチャネル)

SSD : 240GB Serial ATAIII

ハードディスク : 2TB SerialATAIII 7200rpm

チップセット : インテル® Z170 Express

光学ドライブ : DVDスーパーマルチドライブ

カードリーダー : マルチカードリーダー

電源 : 700W 【80PLUS® BRONZE】

保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

・概要

GTX1070搭載モデルです。

また、CPUがcore i7の上位モデルとなっているので、GTX1070の性能を存分に発揮させられます。

電源に関しても余裕のある700Wとなっているので、寿命を保ちやすくなっています。

お金に余裕があるのであれば、LITTLEGEARのGTX1070搭載モデルではなく、こちらを購入するのが断然おすすめです。

NEXTGEAR i650PA7-SP2

NEXTGEAR i650PA7-SP2 [Windows 10 搭載]
・スペック

OS : Windows 10 Home 64ビット

CPU : インテル® Core™ i7-6700K プロセッサー
(4コア/4.00GHz/TB時最大4.20GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)

グラフィックス : GeForce® GTX 1080(8GB)

メモリ : 16GB PC4-17000 (8GB×2/デュアルチャネル)

SSD : 480GB Serial ATAIII

ハードディスク : 3TB SerialATAIII 7200rpm

チップセット : インテル® Z170 Express

光学ドライブ : DVDスーパーマルチドライブ

カードリーダー : マルチカードリーダー

電源 : 700W 【80PLUS® BRONZE】

保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

・概要

GTX1080を搭載しているモデルです。

こちらは、SSDが480GBHDDが3TBととても大容量となっていて、複数のゲームデータをSSDに保存する事が出来るので同時並行で複数のゲームをプレイする方に特におすすめです。

そして、そんな大容量の割に価格が安いです!

おすすめのカスタム方法としては、もしハイスペック向けのゲームをやりながら録画や生配信をやるのであればメモリを32GBにして、他のモデルと比べて容量が増えている分、消費電力も多いので、700Wのゴールドに変えるのが良いかと思います。


最後に

勿論ですが、人によって最適に感じるPCは違うので、ここで紹介しているもの以外にも良いと思うものがあるかもしれません。

なのでここの紹介は参考程度に、実際にG-Tuneを一通り見て、自分に合うものを探してみて下さい。

また、ここで紹介している物よりも高性能なものは、値段が30万円〜50万円してしまい、ただのゲーミングPCとしてはオーバースペックになってしまうので、敢えて紹介していません。

それでは、読んで頂きありがとうございました!


マウスコンピューター/G-Tune

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする